シンプルに考える


☆原点から考えて行動する.

以下に、森川亮著、書籍「シンプルに考える」の写真2枚を添付します。
b0312424_5304367.jpg

b0312424_531034.jpg<写真解説>
上写真は書籍の表紙、下写真は冒頭文の写真で、「会社にとっていちばん大事なことはヒット商品をつくり続けること」と書かれています。

私は、27歳のときから商品開発の仕事をしてきました。
もう、かれこれ28年になります。
社会人となって30余年、ずっと素敵な商品を追い求めてきました。
しかし、この数年、企画した新商品が世に出ないという不遇の歳月を過ごしてきました。
私としては「まずまず」と思っても、会社トップが首を縦に振らないのです。
どれもこれも試作で終わりました。
「企画倒れ」ばかり。だんたんと自己嫌悪に陥り、感性の衰えを感じ、自信を失っていきました。そこで、6月1日、新商品開発の責任者を辞退することにいたしました。
会社から言われたのではありません。自分からです。

辞任して数日後、私は「あん」という映画を見ました。
映画「あん」は、→ここをクリック!
その映画を見た翌日、立ち寄った本屋で白い本を手に取りました。
森川亮(もりかわあきら)著の「シンプルに考える」と本でした。
この著者は、LINE株式会社の代表取締役をしていた人で、会社を大成功させて引退、今は顧問に就任している成功者です。
今、輝きの頂点にいる天才が、「商品開発」について語っている書籍でした。

彼は、次のように言っています。
「本当に大切な1%に100%集中すること」
1%とは本質のこと。枝葉ではなく根っ子に焦点を当てろと言うのです。
さらに彼は、「会社にとっていちばん大切なこととは何か?それはヒット商品をつくり続けること」「イノベーション(革新)は目指さない。ユーザーが求めていないものをガンガンやっても意味がない。それは自己満足です」「私もいろいろ失敗してきました。一つのパターンが、二歩先、三歩先のサービスを狙っての失敗でした」と記していました。
そして、彼は次のようにも語っているのです。



1.熱こそが成功の条件。使命感をもってユーザーに尽くす。
2.ビジネスは戦いではない。ライバルではなくユーザーだけを見る。
3.お金を中心に考えない。価値を生み出すことに集中する。
4.仕事は自分でとりにいく。やりたいことを仕事にする。
5.自分の感性で生きる。会社や上司に自分を合わせない。
6.確信が持てるまで考え抜く。考え抜いて末の失敗は成功のもとになる。
7.成功を捨て続ける。それが事前の価値を高める唯一の方法。



共感した7項目を書いてみました。
自分の仕事に熱意が涌くか、お客様の心を知っているのか、お客様の満足を得られる商品なのか、常に真っさらな心で歩んでいるか‥
この本は、そういう根本的な視点を教えてくれるのです。
ともあれ、自分をもう一度作り直すつもり。
牧口先生は57歳から創価教育学会を創立されました。
私は55歳、まだまだ頑張りますよ!(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-06-09 05:38 | 希望の哲学 | Comments(2)
Commented by うるとらまん at 2015-06-09 09:38 x
おはよー!

菊川さんは仕事が好きで向上心旺盛で責任感ある方ですね。
私は単細胞でとことん考えるのが苦手です。
しかし、思い切り働ける時間は限られてきました。

今、努力していることが結実するのか、努力すればするほど霞んできますが努力できる環境であることに感謝し楽しく行こうと思います。

Commented by sokanomori3 at 2015-06-09 23:12
うるとらまんさん、こんばんわ。
責任感はありますが、仕事が好き、向上心があるというのは、本人としては疑問です。(^^)
仕事は好きになる努力をしていますが、嫌いな仕事もあります。
向上心は気分次第です。
好きなことはもちろん考えますが、嫌いなことは考えられません。(笑い)
思いっ切り働けたピークは過ぎ去り、かなり年齢も感じております。^^

そうですね、楽しく、感謝して前進したいです!
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

一度 極寒の中で 空腹に..
by ちよ at 12:26
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:17
ゆりこさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:15
こんばんわ、ありがとうご..
by とろサーモン at 23:33
非公開さん、了解しました..
by sokanomori3 at 21:03
とても美味しそうだったの..
by ゆりこ at 16:21
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 11:31
ちよさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:24
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:18
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:14
千早さん 投稿時間が 1..
by ちよ at 21:11
さてさて、今回の籠池氏の..
by 福島の壮年 at 18:20
丘を越え行こうよ 口笛吹..
by 千早 at 11:18
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:11
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:08
うんていと 逆上がり い..
by ちよ at 05:43
こんばんわ、菊川さん。い..
by とろサーモン at 22:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:30
菊川さんがどんなに ひら..
by 千早 at 23:29

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア