東北の春


☆東日本大震災から5年の歩み.

公明新聞に掲載された風船を飛ばす人々の写真を添付します。
b0312424_5411574.jpg

写真解説.「沢山の人たちが色とりどりの風船を空に飛ばす写真です。その中に震災で祖父を失った姉妹が笑顔で空を見上げています」

もう5年なのか、それとも、まだ5年なのか。
死者1万5894名、行方不明者2561名。
2016年3月現在、今だ17万4000人を超える避難者がいるという。
公明新聞は、まるで聖教新聞かと見間違えるほど、
明るく美しい東北の人々の姿を伝えていた。
天空に色とりどりの風船を飛ばしている人たちの写真が鮮烈だった、
「この思いを明日へ」と題された記事が印象に残った。
あえて希望の姿を伝えようとしたのだろう。
いつまでも、くよくよしていられないからだろう。
今も、「帰れと言われても帰れない」と言う避難者は少なくない。
若年層、子育て世代の流失が止まらないという。
被災地は人手不足に苦しんでいるともいう。
失った数えきれない現実と、今も残る心の傷は痛々しい。
けれど、それでも人は被災地に踏みとどまり生きている。
苦難を乗り越え、懸命に生きる東北の友。
池田先生は、5年目の節目にメッセージをくださった。
「不屈の力がある。試練を転じて飛翔する力がある。
過酷なる運命の烈風にさらされた一人が、どんな勇気を贈りゆくか。
東北の春は創価の春だ。人間勝利の春だ。
桜梅桃李の生命の花よ、爛漫と咲き誇れ!」
そうだ、東北の春は創価の春だ。あなたと私の春だ。
さあ、再び立ち上がろう。励まし合い、笑顔で歩もう!
勇気と希望の前進を開始しよう!
昨年の3.11の記事は、→ここをクリック!
一昨年の記事は、→ここをクリック!



追記:私は二度、東日本大震災の被災地を訪れ、現地を見ています。
どうか被災地の皆さま、大幸福、大福運の人生を築いてください。
東北の復興の姿、いつか必ず見に行きます!
被災地訪問の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-12 06:11 | 希望の哲学 | Comments(9)
Commented by at 2016-03-12 23:02 x
地震で家族を亡くされた方々の苦しみをわかれ と言われたらぼくは勿論わかりません。

ですが、自身が感じた「不幸」の根源も自身にあると
納得しました。
1月末で300万遍の唱題を達しました。ですがまだいろんな事は停滞しています。
自身のやる気までは回復してません。
それまで「夢・目標」だなんて口にしたことのあるものが風化したように何もないんです。
今はそれが何なのかを問うています。
Commented by ふうちゃん at 2016-03-13 03:38 x
お久しぶりです。ブログいつも拝見させていただいています。私は震災があった岩手の大船渡出身です。風化されつつある現状であるにもかかわらず、忘れないでくださりありがとうございます。
Commented by sokanomori3 at 2016-03-13 16:57
遊さん、こんにちわ。
300万遍の唱題、誠におめでとうございます!
スゴイ快挙です。後から分かる功徳ありますからね!
悪い方に進んでいるとしか見えないことも、後から見れば最善だったということ、ありますから。
結果が出ないことが、一番いい答えということもあります。
私の300万遍唱題がそうでした。
窓際になって、100万遍でもだめ、200万遍でもだめ、その苦しみの中、クビになる覚悟で持ち株を全部売却して家を建て直しました。
その結果、会社の株の価値は下がり続け、最終的にゼロになりました。

夢や目標、無くなったですか・・
では、新たな夢、見つけなければなりませんね。
遊さんの人生では遊さんが主人公ですからね。
ピカピカの夢、見つけてくださいね!

私、昨年の春、1つの夢は終わりました。
それはブログにも書きましたけれど、新商品の開発担当を諦めたのです。そこから新しい自分探しの旅、スタートしました。
そして半年後、1つのチャンスをものにしました。
私の場合は年齢もあり、得ることより失うことが多いのですが、それでも新しい使命の場を作り続けたいと思っています。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2016-03-13 17:12
ふうちゃんさん、こんにちわ。
絶対に忘れませんよ、私。ずっと見守りますよ。^^
私の会社の社員で、御実家が被災し、ご家族を失った人がいます。
私は3.11の直後(1ヵ月後)、被災地をこの目で見ていますし、その翌年も見に行きました。
その記事のカテゴリを以下に示します。

http://sokanomori.exblog.jp/i37/

生涯忘れませんよ、3.11のこと。
被災地のガレキ、臭気、埃、救助作業の人々、また花束をささげる遺族の方々の姿、私、見ました。
瞼に焼き付いています。風化なんかさせません。
今だ、被災地には住民はほとんど帰っていませんが、これから10年、20年かけながら、輝かしい復興を遂げていただきたいです。
そのときは被災地を訪れるつもりです。
見事な復興をこの目で見たいのです。
その復興とは、被災地の皆さんの幸福です。
断じて幸せになっていただかなければなりません。
冬を春へと転換していただく。
そのこと、心より願っています。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2016-03-13 17:16
ふうちゃんさんのコメントから、過去の石巻訪問の記事を追記することにいたしました。
私、生涯、忘れませんから。
あの厳しい、悲し過ぎる思い出を、心に毎年蘇らせながら、襟を正して、地に足つけて歩んでいきます!
ふうちゃんさん、コメントありがとうございました!
★菊川広幸
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-03-13 20:07 x
人間革命12巻の、軽井沢鬼押し出しに行った場面で、ある青年が「広宣流布が実現すると、噴火しなくなるのですか?」と質問しました
戸田先生は「噴火は自然現象だから起こる。でも被害は出なくなる」と答えました

ある災害学者は「誰もいない、山奥で土砂崩れや、砂漠で竜巻があったのを、災害とは言わない。ただの自然現象だ。
だから災害は、全部人災だ」と

地震津波・噴火・台風等は、今後もあるでしょう。でも立正安国が実現すれば、被害が無い。つまり災害はないのです。

立正安国と言っても、その基本は、地元の防犯・防災を進めて、我が町の立正安国。を実現するしかないと思います

実現に向けて私もがんばりますよ
Commented by ふうちゃん at 2016-03-14 02:45 x
お返事ありがとうございます。涙が出て止まらないくらい嬉しいです。私も震災から1ヵ月半後に帰りました。友達にはまだ帰ってくるなと言われました。こんな状態を私に見せたくないと言われました。それでも生まれ育った故郷がどうなっているのか自分の目で見なければ...と。自分たちが住んでいた家も流されていました。周りは重油のにおいと色でまだ充満していました。友達に会ったときは、今は海が見れないんだ、怖くて行けないんだと。友達は探してくれてありがとうと。
何も出来ない自分が歯がゆく、無力感を感じながらも母校がある陸前高田市に行きました。車から見える景色が何とも言えない状態で涙が止まりませんでした。まだ手をつけられていない地域もあり、そこだけが真っ暗でずっと祈りながらどうしようもない無力感と葛藤しながら東京に帰ってきたことを覚えています。電車に乗っていて光がまぶしすぎて、この光を地元に送りたいと。支離滅裂になりました。
菊川さん、寄り添ってくださりありがとうございます。
本当にありがとうございます。
Commented by sokanomori3 at 2016-03-14 06:29
永遠の凡夫さん、おはようございます。
「被害が出なくなる」
これは共済、共助も含まれるでしょうね。
昨年は鹿児島の島が爆発しましたが、1人の犠牲者も出さなかった。災害に対する備えも、全部「善の連帯」でしょうね。
善の中の善が日蓮大聖人の仏法。
その偉大な仏法を信受できること、大幸福です。
広宣流布、私も頑張ります!^^
私、町の自主防災組織の一員です。
もっと仕事をして貢献したい。
こっちもガンバリマス!
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2016-03-14 06:33
ふうちゃんさん、おはようございます。
辛く厳しい体験されましたね。
ずっと、ずっと寄り添いますよ。
私、昨年から、町の自主防災組織の一員になりました。
東北の震災を見た影響もあるんです。
いざというときにしっかり動ける自分になる。
そう決意したんです。^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ対策
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:23
こんばんわ、菊川さん。雨..
by とろサーモン at 23:37
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:34
弱いというか、根性が捻じ..
by 遊 at 18:23
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 00:11
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:37
菊川さんがこんなにがんば..
by 千早 at 11:58
凡ちゃんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:30
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:21
大いにやってください ..
by ちよ at 05:09
昔の人は、今よりもずっと..
by 凡ちゃん at 11:30
菊川さんへ お返事あり..
by 田中くん(仮) at 12:07
田中くんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:38
公開コメントでお声がけく..
by sokanomori3 at 05:21
ちよさんは、聖教新聞をし..
by sokanomori3 at 05:17
こんばんは!はじめまして..
by 田中くん(仮) at 20:46
茨城の日 おめでとうござ..
by ちよ at 08:08
非公開さん、情報、ありが..
by sokanomori3 at 23:48
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:47
ここが世界遺産になったと..
by 凡ちゃん at 13:19

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア