続・創価道(そうかみち)


☆正しき道は幸福の道.

創価新報に、池田SGI会長の指導が紹介されていました。
以下に抜粋し、所感を述べます。

「大空には鳥の飛ぶ道があり、大海には魚の泳ぐ道がある。
 人にも人の歩むべき道がある。最も充実した勝利の大道。
 それを明快に示しているのが正しき信仰である。
 この道は絶対に行き詰ることがない」
「何があっても疑わない。何が起ころうとも嘆かない。
 その強靭な魂を持った人は、何も恐れるものはない」
「祈り抜き、祈り切ってこそ、不可能を可能にできる」
「さあ、目標の頂を目指して、どこまで登攀できるか挑戦だ」

(以上、創価新報2016年9月7日号より)

大聖人は「大海に魚の道あり人これをみず」(1250)と記された。
池田先生は鳥の飛ぶ道、魚の通る道から、歩むべき道を教えてくださった。

この夏、早朝ジョギングすると西から東に鴉が飛んでいた。
その時の記事は、→ここをクリック!
別々の日に何度も見た。一羽の例外もなく同一方向に飛んでいた。
夕暮れはその逆で、西に向かって飛ぶのでは?と考えた。

南海の魚がはぐれて北に行き、寒さで元気を失った姿をTVで見たことがある。
南の魚は寒い北の海には住めない。その逆もしかり。
魚の道から外れたら魚すら不幸になる。人も同じ。

正しき道と邪(よこしま)な道がある。全く異なる結果となる。
正しき道とは幸福の道。満足の道。邪な道とは不幸の道。後悔の道。
仏道修行とは幸福になる道を歩むことをいう。

祈る、祈りぬく。決意して夢に向かって行動する。
信心とは、只それだけ。そこから実証を得ることだ。
その指導は、→ここをクリック!

決意して歩めば必ず幸せになれます。
過去記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-07 05:58 | 聖教新聞 | Comments(5)
Commented by とろサーモン at 2016-09-08 00:24 x
おはようございます、菊川さん。創価新報での池田先生の言葉の紹介、ありがとうございます(^-^)おなじみの言葉が出てきたら嬉しくなります。風邪は大丈夫ですか?結構涼しいです、それにしても台風は日本好きですねえ(;・∀・)害が無ければ私も台風好きですけど、害が無ければ。鳥と魚・・・どっちも美味しくてありがたいです。誰かの糧になった生き物は来世はもっと幸せになるのかな?なってほしいです。南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経
Commented by sokanomori3 at 2016-09-08 05:48
とろサーモンさん、おはようございます。
お陰様で風は随分良くなってきました。
回復70%です。^^

>誰かの糧になった生き物は来世はもっと幸せになるのかな? なってほしいです。

おなじこと考えたことあります!^^
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2016-09-08 20:37 x
猫ひろしさんの記事はコメ欄を設けておられなかったので、
こちらに。

『自己満足』って言っちまったら、「夢を追う人」の全てが
「自己満足」のために精進し、努力しているとも言えますね。
その夢が、自分のためであれ、他者のためであれ、「夢」は
自分が描いて、自分が掴もうと決めたわけですから。

猫ひろしさん、マラソンが好きになって、どうせ走るなら、
オリンピックの舞台で走りたいと思うようになったのでしょうか。
若い時から陸上の世界にいて、走力・能力をその世界で
認められた人でなければ、「普通の人」にとっては、
それこそ、夢は夢でも、「妄想」に近いものですよね。

でも、猫さんは違った。
オリンピックを含めて、公式の大会で完走するだけでは
満足することなくなく、ある程度の高い記録を残すという
実績を積み上げました。
その上で、自分の走力でオリンピックに出場できる方法を
考えた。
そして、夢を夢で終わらせることなく、実現をした。

カンボジアの代表として認めてもらうには、カンボジア政府や
陸上界、国民に認めてもらえなければできることではありません。
勿論、IOCから認められた資格であるからこその出場です。

卓球などを見れば一目瞭然ですが、オリンピックに出場する
ために、国籍変更をする選手は珍しくもないし、また、
オリンピックで一定の成果を得るために、他国の強い選手を
積極的に受け入れている国や競技団体もあります。

「金」メダルにしか価値を認めずに、「銀」や「銅」メダルを
獲っても、苦虫を噛み潰したような表情をしている選手より
(勿論、その人が背負ってきたものがあるからこそというのは
理解していますが)、私には、ブービーでも誇らしく、
晴れ晴れと清々しい表情で愛想を振りまいていた彼にこそ、
好感が持てますよね。
Commented by sokanomori3 at 2016-09-08 21:46
福島の壮年さん、こんばんわ。

猫ひろし記事は、消去予定なのでコメント欄なくスミマセン。
本当は残せる記事にすればよかったのですが・・

猫さんは、 「売名行為」「自己満足野郎」「カンボジア人の出場枠を奪った」 「二度と日本に来るな!」と揶揄されました。
人を憎み、人を悪く言いたい心根の人は、純な心の挑戦の意味を歪曲して見てしまいますね。本当は、思っている、感じていることは、自分の命なんですけどね。

猫さんは本気でやった。精一杯やった。
売名行為や単なる自己満足のレベルでやれる内容ではない。
福島さんがおっしゃる通り、「夢を夢で終わらせることなく、実現をした」のであり、並大抵の気持ちではないでしょうしね。

ロンドンで挫折して、4年間のやりなおし・・
辛かったと思います。スゴイですね。^^
★菊川広幸
Commented by とろサーモン at 2016-09-09 02:49 x
菊川さん、おはようございます。<おなじこと考えたことあります!^^ 嬉しいです、同志とちょっとは異体同心ww 人間は自分が食べ物にならなくてもいろんな形で誰かの生きる糧になれるからありがたいですね、そうなれているのはほかの生き物たちのおかげですね。こういうこと考えると、にーんげんっていいなーという歌を思い出します。(^^) 今日も一日感謝の心で過ごせますように。オリンピックを盛り上げてくれた猫ひろしさんにも感謝です。いつもお返事ありがとうございます、菊川さん!ありがとうございます南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

あんずさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:00
福島の壮年さん、御書講義..
by sokanomori3 at 21:49
菊川さん、今晩は。毎日お..
by あんず at 20:53
私も一昨20日(土)、随..
by 福島の壮年 at 15:19
うさぎさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 16:21
菊川さんの 御書講義 様..
by うさぎ at 12:29
凡ちゃんさん、ですね。^..
by sokanomori3 at 00:05
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 00:04
バックアップは大事ですね..
by 凡ちゃん at 23:59
そうなんですか… そう..
by 千早 at 22:53
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:59
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 05:54
菊川さん、身体障害者補助..
by 千早 at 09:31
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:56
是非、登り切って下さい。..
by うるとらまん at 00:20
凡ちゃんさん、アドバイス..
by sokanomori3 at 06:39
あと、さらに洗濯層クリー..
by 凡ちゃん at 01:37
非公開さん、さて、どうで..
by sokanomori3 at 20:46
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 20:45
凡ちゃんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:15

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア