伴侶に捨てられても幸せになれる


☆来世、同じ運命でもかまわない.


私は27歳の時、最初の奥さんに捨てられました

その当時の体験は、→ここをクリック!
捨てられて知ました。この世の恐ろしい現実を。
「私は絶対にこんな裏切りはしない」と固く決意しました。
そして「清く美しく生きていきたい」と願ったのです。

それはちょうど今から30年前のことです
26歳の私は奥さんに家出されて必死にお題目をあげていました
痩せこけて、いったい何が起こったのかすら理解できず・・年の瀬に帰郷することを断念した私は、「正月は妻と旅行に行く」と田舎の両親にウソをついて大石寺に向かいました。

12月31日の深夜、大講堂で丑寅勤行をし、さらに大客殿の日興上人の御本尊に祈りました。
一睡もせず、命がけで必死に祈りました。
やがて朝日が昇り、窓から太陽の光が入り、その光が板の間に反射して、日興上人の御本尊の金文字に当たりました。その時の美しく輝く御本尊は今も忘れられません。

祈りを終えると、見知らぬ婦人部が声をかけてくださいました
事情を素直に話すと、その婦人部は微笑みながら語ってくださいました。

私、あなたと同じことになった人を知っているわ。
あなたの奥さん、帰ってくるかも知れないし、帰ってこないかも知れない。
でも、あなたなら絶対に大丈夫です。もし、離婚になっても、あなたに相応しいお嫁さんがきます。そのとき、今の奥さんは、いつか必ず惨めな姿を見せにくるでしょう


今から思うと40代の婦人部でしょう。
そのご婦人の姿と言葉は、今も鮮烈に瞼に刻まれております。
その後、私は正本堂に出向き、熱原三烈士(あつはらのさんれっし)の石碑を見上げました。やがて1月末を迎え、私は27歳になりました。
身も心も凍りつく2月、人生初の百万遍唱題を果たしました
「師子は伴侶を求めず」と決意しました。

本当につらい思いをした人間は他者につらい思いをさせないものです
その痛みと悲しみは骨身に染みていて、だから他者に優しく接するのです。
今、思うことは、30年前に捨てられたことが変毒為薬されているという事実です。
あの苦難があって今の私があります。大変ありがたいことです。
不思議なことに、あの離婚劇が今では良い思い出なのです。
悲劇ですけれど、そのドラマが誉れなのです。

順風満帆の人生のみで、この世を理解できるはずはありません
この世は危険に満ちているし、慾にまみれ、憎しみ合い、搾取し合い、あるいは殺し合う、そんな濁悪の世界です。平和そうに見えていても、皆、競い、戦い、争っている。
365日、24時間、世界は良くも悪くも動いている。
何もしないでいたら、あっという間に荒海に投げ出されるのです。
この恐ろしい世の中においても、尚、清く美しく生きる人がおられます。
幸せとは何でしょうか。幸せとは悔いなき美しい人生ではないでしょうか。

昨日の聖教新聞にアフリカSGIメンバーの言葉が紹介されていました。
21世紀の希望大陸アフリカの友の声が新鮮でした。
「日蓮仏法の魅力は何ですか?」との問いに次のように答えています。
幸福を築くチカラは自分自身の中にあると教えていることです」・・
このことは九識論で鮮烈に説かれています。以下にURLを示しましょう。
http://sokanomori.exblog.jp/15765958/

あらゆる宗教が神を人間の外に置いております。
けれど千年の未来には、その内側に真実の神(仏)があることが宗教のスタンダードになることでしょう。楽しみです。順次生まれながらの広宣流布の旅・・
未来の創価学会を想像するだけで嬉しくなります。

私たちは苦難に遭遇するたびに御本尊に祈り、命を磨くことができます
その果てに見える世界こそ、仏国土であり、寂光土です
吹く風は枝を鳴らさず、雨は土塊(つちくれ)を砕かないのであります。
その平穏で充実した大幸福の実感は、一身の肉体の心の中にあります。
それを南無妙法蓮華経とも、九識心王真如の都とも申します。

来世も同じストーリーでOKですよ、私。
奥さんに捨てられてもかまいません。本当ですよ
もし、この創価学会に巡り合えるのなら、喜んで伴侶に捨てられましょう
濁悪でも濁悪に染まらず生きる、清く生き抜く。この妙法と共に・・
苦難に陥っても御本尊と共に生きられる幸せ。
ありがたいです、創価学会。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-12-15 00:02 | 体験談 | Comments(4)
Commented by うるとらまん at 2016-12-15 18:26 x
凄い信心の確信です。
いくつかの壁を信心で乗り越えてきた人でないと作れない不動の確信です。
5時間題を始めて3週間が過ぎました。
年内は題目を上げきると決めました。
祈り努力し結果をだし、体験を積み重ね菊川さんのように不動の確信を掴みます。
Commented by sokanomori3 at 2016-12-15 23:53
うるとらまんさん、こんばんわ。
うるとらまんさんの信心、奥さんの信心、スゴイじゃないですか。
5時間唱題3週間なんて・・
私はうるとらまんさんの足元にも及びません。
★菊川広幸
Commented by キョンシー at 2016-12-23 23:58 x
こんばんは!
来世、同じ運命でもかまわない。って、すごいと思いましたのでコメントしました。
私は来世はこんな運命がイヤだから、そうならない事を願い題目をあげているというのに(笑)
んー、やっぱり菊川さんはスゴイです。
Commented by sokanomori3 at 2016-12-24 00:09
キョンシーさん、恐縮です。^^
私はあの離婚がなければ、人の痛みがわからない人間として生きたでしょう。
あるいは、あの窓際族の生活がなければ傲慢な人間になったでしょう。
その他、あらゆる苦労も悲惨な出来事も全部、私の信仰を深めてくれましたした。
今となっては感謝しかありません。
これからもあると思うのです、大変なこと。
でも、全部栄養にして成長したいです。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

誓願さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:56
ホリエモンに限らず 「..
by 誓願 at 23:49
奏さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 05:16
遊さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 05:11
結局、看板や頭のすげ替え..
by 遊 at 19:51
初コメント失礼します。 ..
by 奏 at 17:46
福島の壮年さん、ルピナス..
by sokanomori3 at 06:50
こんばんは。 小池知事..
by ルピナス at 22:57
フジテレビ系(FNN)の..
by 福島の壮年 at 16:57
福島の壮年さん、情報あり..
by sokanomori3 at 05:42
擁護して頂き、ありがとう..
by 誓願 at 20:51
某県某市のホームページよ..
by 福島の壮年 at 14:36
以下、総務省ホームページ..
by 福島の壮年 at 14:32
娘の友人が、こちらに住民..
by 福島の壮年 at 14:27
誓願さん、まだ分かりませ..
by sokanomori3 at 21:11
菊川さん。おはようござい..
by 誓願 at 07:39
ルピナスさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 22:34
こんばんは。 希望の党..
by ルピナス at 21:40
福島の壮年さん、さらにあ..
by sokanomori3 at 21:33
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:32

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア