新・幸福論に学ぶ(1)


☆須田晴夫氏に会える本.

柴田理恵さん、須田晴夫さんの写真を添付します。
b0312424_5323329.jpg

写真解説「新・幸福論に掲載されていた柴田さんと須田さんの笑顔の写真です」

座談会の幹部指導で「新・幸福論」という本を知りました

「折伏で使っています。いつもバッグの中に入れています。
この本は、十界論がとても分かりやすく書いてある。
浦島太郎を十界論で読むとどうなるか・・
カメをいじめている子供たちは畜生界、いじめられているカメは地獄界・・
カメを助ける浦島太郎は菩薩界、竜宮城で楽しくくらす浦島太郎は天界・・
こんなことが書いてある分かりやすい本です」

そんな話を聞き、この本を購入しました。

この本に、須田晴夫(すだはるお)氏の写真がありました
柴田理恵さんと二人で大笑いしている写真でした。
昨年、創価大学教授の問題を記事にしたときの、あの須田氏です。
その須田氏の経歴記事のURLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/26370605

この「新・幸福論」では須田氏を「創価学会教学部講義部長」(当時)と表記していました。
須田氏は「法華経の智慧」で池田先生と対談されている立派な人です。
偶然にも、こんなところでお会いするとは、と思った次第です。

さて、この新・幸福論、なかなか良い本なのです。
冒頭、柴田さんと須田さんとの対談が掲載されています。
内容は、柴田さんの信心する前と後との境涯の変化が述べられています。
その部分を少し抜粋してみましょう。

須田「柴田さんといえば、元気で明るいという印象ですね。でも、信仰をもつ以前はわりと暗かったと聞きましたが本当ですか?」
柴田「暗いというか、心に鎧(よろい)を着ていたって感じですね。
自分はここまでやっているんだから、みんなもこうあるべきだ、なんて文句ばかり言ってて、周囲からすごく怖がられていました。
人をすぐにどなったりするから、友達も寄り付かなくなりました。
心の底ではもっと楽に生きたい、もっと優しく見れるようになりたいと思っていたんだと思うんですね。でも、どこか突っ張って生きていて・・
それがポキッと折れたときは大変で、“自分はもうダメなんだ”って・・」
須田「自我の突っ張りが折れるとドーンと落ち込みますからね」
柴田「そうそう。自分が丸ごとなくなっていくような感じ」
須田「それが入信のきっかけですか?」
柴田「すでに久本(雅美)から仏法の話は聞いていました。
いつも悩んでグチを言っていた久本がどんどん明るく変わっていくんですよ。
ある日、「久本!どうしてそんなに元気なの!」と聞いたんです。
すると「私、創価学会に入ったから」って」
須田「なるほど。そうすると目の前で現実に変わっていく久本さんのドラマを見続けたことが入会への刺激になった、ということですね」
柴田「そうです。それと久本が見せてくれた池田先生のスピーチですね。
その中に桜梅桃李(おうばいとうり)という言葉との出会いです。
そうか、私にも美味しい実が成るんだ。なら人と比べることなんてないやって。
そのとき、あゝ自分は人のことを妬(ねた)んでいただけなんだと分かったんです。
ガックリきたけど、すっきりしました」
須田「人に対する妬みが、自分の悩みの原因だと納得したわけですね」
柴田「はい。入会してからは、本当にいい意味で自己肯定的になりました。
悩んだことも、失敗したことも、それをプラスに変えていこうと思えるようになりました」
須田「いまお話があった「妬み」というのは、十界論で言うと「修羅界」の生命状態です。
自分の自我にとらわえて、自分を立派にみせなければおさまらない生命です。それがうまくいかないと苦しむわけです」
柴田「はあ、修羅界ですか」
須田「悩みという観点で見ると、十界それぞれに特有の悩みがあるんですよ」
柴田「でも、最近は悩みを悩みとして受け止められないというか、「もうちょっと悩めよ!」といいたくなるような人もいます」
須田「いますね。その人たちは、自己を確認する、いわば自分を見つめる理性が働かないのでしょう。それは「畜生界」の愚かさですね」
柴田「そういう人でも、いつか悩むときってくるんですか?」
須田「それは来ますよ。人生が熟してくると、悩む事態が絶対にやってきます」
柴田「さっき十界すべてに悩みがあると言われましたけれど仏界にもあるんですか?」
須田「小悩少病(しょうのうしょうびょう)というように、仏にも悩みも病もあるといわれます。たとえば日蓮大聖人は当時の厳しい迫害の中で、どうすれば人々を妙法に導いていけるか、深く考えられ、また悩まれたと思います。それに釈尊も大聖人も病気もされましたしね。
病気による肉体的な苦しみもあったと思います。
でも、そのことによる不安はない。仏の境地というものは「安心立命」ですから、心は泰然自若としているんです。人は偉大な悩みがあるから悟れるんです。
次々にやってくる悩みを避けずに、悩みと四つに組んでいく。
そのなかで自分のことを超えて人のことを悩んでいけるように境涯が上がっていくんです。
煩悩即菩提といっても、何もしないで菩提になるわけじゃないんです」・・


対談の最後は「悩まなきゃ、ソンですよ(笑い)」で締めくくられていました。
対談の主なる内容は、柴田さんの人間革命(境涯の変化)の体験談でした。
この対談で考えさせられたのは「境涯に応じて悩みが違う」というとでした
悩みは無くならない。ただ、悩みの質が変わってくる
その通りだと思いました。私も同じ体験をしているからです。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-23 05:53 | 学会書籍のご案内 | Comments(4)
Commented at 2017-01-23 08:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちよ at 2017-01-23 14:35 x
「悩まなきゃ、ソンですよ」は 信心しているからこそ 言える言葉ですね
煩悩即菩提 
悩みがあるから 祈れるって事ですね
どうせ 悩むなら 広宣流布の悩みがいいです
折伏したい 折伏できない 大いに悩んで 祈ります\(^o^)/
Commented by sokanomori3 at 2017-01-23 21:20
非公開さん、こんばんわ。

>おおーっ!そうだったんですね、この方だったのですね。

そうです。この素敵な方です。^^

>料理の写真でトンカツがとても美味しそうでした。
きっとメキメキと腕が上がっているのでしょうね!(^^)

メキメキとはいきません。ボチボチです。(笑い)
本当に、小さな歩みを積み重ねています。
畳水練では泳げるようにならない。
まずは犬かき。水に慣れる。
まだそんなところです。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2017-01-23 21:23
ちよさん、こんばんわ。

>「悩まなきゃ、ソンですよ」は 信心しているからこそ 言える言葉ですね
煩悩即菩提 悩みがあるから 祈れるって事ですね.

なるほど、言われてみれば・・
信心していないと、悩みは嫌なものでしかないですねえ。
近頃、私も成長したみたいです。
悩みは必要だって思えるようになりましたから。
悩みを悩むということもなくなってきた。
悩みが来たら、「負けるもんか!」って立ち向かうんですね。
変われば変わるものですね、あゝ信心はスゴイ!^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

誓願さん、コメントの消去..
by sokanomori3 at 06:27
※※さん、違います。 ..
by sokanomori3 at 06:24
なお上のコメントはしばら..
by 誓願 at 01:49
おる様。大変にお疲れさま..
by 誓願 at 01:35
※※さん、以下の記事を書..
by sokanomori3 at 22:50
※※さん、長いお付き合い..
by sokanomori3 at 22:04
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:02
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:00
おるさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:57
※※さんのコメントを、以..
by sokanomori3 at 21:54
間に入って優しく言葉をか..
by 千早 at 08:55
はじめまして。 以前、..
by おる at 08:16
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:16
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:13
本当だ。何だか内容のおか..
by 千早 at 08:22
菊川さん、夢って不思議で..
by 千早 at 08:19
誓願さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:56
ホリエモンに限らず 「..
by 誓願 at 23:49
奏さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 05:16
遊さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 05:11

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア