部員さん回りの喜び


☆葉っぱ付き大根の功徳.

昨日、部員さん回りをしました。
どの壮年部の方も超元気、満面の笑顔なんです。
座談会の招待状をもって一件一件回るのですが、どこに行っても会える。
留守宅ゼロ、全員玄関にみんな出てくださる・・
どうしたの?っていうぐらい会えました。

今回、未入会のAさん(壮年)にぜひ座談会に出席いただこうと考えていた。
何と奥さん(婦人部員)が留守で、そのご主人が玄関先へ・・
ご主人、今年、新年勤行会に参加されていたのです。
「お正月に学会の会館に行かれたと聞きました。今度、ブロック座と言って、小さな会合があります。もしよろしかったら、ぜひ、奥様といらっしゃってください」
するとAさん、招待状を見ながら笑顔で答えてくださった。
「そうですね、行けるようだったら行きましょうかねえ」
うふふっ。来てくれたらいいな。^^

いつも会合に出てこない壮年部のBさん。
お正月に帰郷先のお土産をお渡しした人です。
「首を長くして待っていますが、もう、待ち過ぎてろくろ首みたいになってますよ。皆よろこびますから、奥さんとぜひ、いらっしゃってくさいな」と言うと・・
Bさんいつもの笑顔でうなずく。でも、参加しないんです、この人。
すると奥さんがダイコンを持って玄関に出てこられました。
「親戚からもらったダイコン、もしよろしかったら・・」
新鮮な葉のついた見事なダイコンでした。
「ありがとうございます。遠慮なくいただきます!」
お二人に丁寧にご挨拶申し上げました。
私、Bさんとも仲良しなんですよ。
でもね、なかなか出てこない。はははっ。

この他、いろいろな方にお会いしたのですが、とにかくパーフェクトに会えた。
どの壮年部員も、過去になくお元気で幸せそう・・
どーしんたんだろう? うーん、でも嬉しい。

さて、ダイコンを自宅に持ち帰ったのです。
家族は「まあ、大きな立派なダイコンだこと!」と喜んでいる。
まあ、ダイコン1本ですけれど、こういう何気ない交流がいいのです。
人と人とのつながり。温かなふれあいという幸せ。
私、市民農園やっていたとき、部員さん宅に獲れたて野菜を差し上げてました。
農園をやらなくなって久しいですが、オモシロかったなあ・・
http://sokanomori.exblog.jp/i32

ちなみにAさんとは市民農園で仲良くなったのです。
2月の座談会、来てくれたらいいな!^^



追記:わが地区の座談会記事のURLを以下に添付します。
http://sokanomori.exblog.jp/i55

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-05 05:14 | つぶやき | Comments(17)
Commented by ちよ at 2017-02-05 13:55 x
なかなかいらしてくれないのなら 出張座談会はいかがですか?
未入会の友人でも 最初は バカボンパパと2人で・・・
地区部長が加わり・・・
10人ぐらいで できるようになりましたよ(^^♪

パソコンをもって ユーチューブを見せることから始めました
まだ STBがなかったのでね~
映写機の時代からすれば ホントに いい時代になりました
Commented by sokanomori3 at 2017-02-06 05:37
ちよさん、おはようございます。
そうですね、本格的に考えてみましょう。
座談会というようなものではありませんが、ご自宅でお話したことはあります。
どうすれば厚かましくなく、また、よい刺激になるのか。
その量と質を考えて企画したいと思います。
アドバイス、ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2017-02-06 10:53 x
壮年部宅を家庭訪問して、全部員さんにパーフェクトに
会えるって凄いことですね。

我が支部内も四者がこぞって活動が結実してきていますよ。
一週間前から婦人部が交代で勤行指導に入っていた方、
我が家内も3回ほど入らせて頂いていましたが、昨夜、
自ら進んで入会カードを書かれました。
20年前から折伏され、会合にも参加されていましたが、
還暦を前に機が熟しましたね。

娘は昨日、途中で競った魔を粉砕しつつ、ロマン総会を
大成功させ。

私が脱講の相談に乗っていた従姉も再入会へと導きたいと、
現在、手を尽くしています。
このことが実れば、他の従姉妹・従兄弟たちも巻き込んで、
20年ほど前に、訳も分からずいつの間にか脱会させられて
いた親戚たちが、脱講の連鎖へと雪崩込みそうです。

地元の寺と隣町の由緒ある日顕宗寺院の新年総登山は、
それぞれ、大型バスをチャーターするような人数には
ほど遠く、8人乗りのワゴン車に数人の法華講員を乗せて
本山まで往復してきたとか。
何ともお疲れ様なことで。
Commented by sokanomori3 at 2017-02-07 05:53
福島の壮年さん、おはようございます。
ご家族様ともに頑張っていらっしゃいますね。^^
信心の血脈、娘さんにしっかり引き継がれ素晴らしいですね。
創価の血液は脈々と流れている。
対して宗門はガタガタ・・
まず、若い人たちに信心を繋ぐことはできないでしょう。
青年の歓喜なきかの宗教は、高齢化とともに衰微するでしょう。
創立100周年の近未来にはさらに鮮明になる。
さらに110周年、120周年とさらにさらに。
彼らはそのとき、何を思うのでしょうか。
★菊川広幸
Commented by ゴンゴン at 2017-02-07 19:59 x
普段の対応がよく、学会理解もしているのに座談会出てくれない方は
人と付き合いと言うか、対応が苦手だったり、一言発言が苦手な方だと思います。
学会幹部で、訓練だからとか、折角だから何か一言と強要する方がいますが、
それが、会合や座談会出席者を減らしていると言う事を理解してほしいです。
あがり症の方や人前が苦手な方、人それぞれなので、個々の対応が大切です。
決してトラウマにしてはなりません。
Commented by sokanomori3 at 2017-02-07 23:00
ゴンゴンさん、こんばんわ。
そうですね、強要はいけませんね。
★菊川広幸
Commented by うるとらまん at 2017-02-08 13:27 x
2月と言えば、某青年を思出します。
活動報告させて下さいね。

数年ぶりに後輩に会った。
彼の父は信心に猛反対で家庭訪問すると怒鳴られた。
彼の母は関西出身で信心強情だったが旦那の反対で活動が鈍っていた。いつ尋ねても彼は居留守を使って会おうとしなかった。
一年半ぐらい、通い続けたある日、彼の家の前でバッタリ会った。
今日は逃がさないと渾身の力を込めて座談会に誘った。
粘ること1時間ぐらいたったのだろうか、座談会に参加することを承諾した。
座談会で〔 南無妙法蓮華経とは何か?〕〔信心したら幸せになるのか?〕と質問した。
Commented by うるとらまん at 2017-02-08 13:30 x

彼中心の座談会となった。未活動の彼がいきなりの仏法の質問に皆が驚きと歓喜があふれた座談会になった。
さらに驚嘆することが続いた。座談会終了し、帰宅の車の中で勤行教えてくれと頼まれた。

一年半の無駄な努力と思っていた事が信心の醍醐味を満喫した瞬間だった。
それから毎日、私の家で一緒に勤行した。
テンカンの発作で救急搬送され、仕事がなく家族に迷惑をかけ、どもりがあることから自分に自信がないことが彼の悩みだった。
人前で話すことはできなかった。
それを変えたかった。
彼に座談会の司会をお願いした。
司会の原稿を私は書いた。何度も推敲した。
失敗したら自信を失うと思うと題目に力が入った。
彼にとって司会をすることは勇気がいることだった。笑われるかもしれない不安を題目が打ち消してくれた。
彼は、どもりながらも一生懸命に司会をした。一生懸命の彼の司会に座談会会場は感動の波が広がった。
彼の母は泣いていた。彼の成長を祈りに祈ってきたと誰もが母の涙を見て思った。
彼は御書を勉強したいと言い出した。毎朝、勤行の後、御書拝読した。一年半で全編読了した。
彼のおかげで私は御書全編読了できた。
勤行、御書、学会活動の持続は彼を変えた。
テンカンの持病はあるが救急搬送されるような事は勤行するようになってからほとんどなくなった。
仕事は障害者雇用で元喜に働くようになり職場は彼が働きやすい環境を作ってくれた。
そう言えば、会ったとき、どもりはなかった。元喜あふれる力強い声で〔新聞配達7年〕と言った。
折伏2世帯やりきり、今は地区リーダーだ。
引っ越しして長い間、会ってなかった彼の母に電話した。
母は新聞配達、学会活動を息子に負けじと汗を流していた。
息子と活動できる喜びあふれる声だった。
嬉しいな。おかげで私は幸せ気分120パーセントだ。
Commented by sokanomori3 at 2017-02-08 21:03
うるとらまんさん、世界一の体験談、ありがとうございます。
コメント欄ではもったいないので、正式に記事にします。
あなたさまはスゴイ。本物ですね。
体験拝して私もハッピーです。^^
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2017-02-13 08:59 x
2月6日に書き込んだ内容の結果報告です。

2月5日に入会カードを書かれていたご婦人は、先週、無事に
御本尊を受けられました。
当日に魔が競い、ご本人の決意が揺らぐところもありましたが、
最終的には、お祝いに駆け付けた支部同士の皆様に見守られ、
大歓喜の中、ご本人も感極まり、滂沱の涙に咽びながらの入会
となりました。

私が相談に乗っていた従姉は、この後日顕宗の御本尊を返却し、
3月に再入会、改めて、創価学会の御本尊を受持する運びと
なりました。
このことを最良の縁として、同い年の従弟を脱講させ、再入会
へと導きたいと考えています。
それにとどまらず、二十数年前、私ども家族が神奈川地で
頑張っていた当時に、思いも寄らずに、知らぬ間に一人の叔母の
脱会を機に、脱会させられていった母方の親戚たちを今後、
続々と脱講へと向かわせたいと考えています。
親しかった親戚たちが日顕宗の黒い魔の手に染められていった
悔しさを晴らすべく、オセロの盤面の黒石を白い石で囲み、
角隅の要所を押さえつつ、真っ白にひっくり返していく。
その使命を果たしていきたいと、そう決意しています。

尚、昨12日(日)夜、総福島長が、長年のご友人ご夫妻を
入会決意させるという快挙が飛び込んできました。
実に、三十数年に亘る折伏が実った結果です。

創価学会の役職は、率先垂範。
現場で、基本中の基本の戦いに汗することを忘れた輩は、
本部職員であろうとも愚痴の衆生と化し、みっともない醜態を
曝け出すことは、某掲示板上で証明されている通りです。
Commented by sokanomori3 at 2017-02-13 22:43
福島の壮年さん、折伏誠に尊いことです。
おめでとうございます。
広宣流布への強い一念と実践に敬服いたします。
まさに世雄の如き歩みですね。
壮年部の鑑です。
★菊川広幸
Commented by ちよ at 2017-02-16 11:50 x
福島の壮年さん おめでとうございます

私も 祈らせていただきたかったな~
それだけが 残念です
今後の課題として みんな 一歩前進できましたので 感謝です(^^♪
Commented by 福島の壮年 at 2017-02-23 09:51 x
総福島長のご友人ご夫妻、昨日、無事に入会されました。
新入会の奥様、「こんなに大勢の方に祝福していただくのは
初めてです」と、感激しきりだったとか。
(日中のことでしたので私は参加していません)

さて、我が地区の今月の新聞啓蒙もすごい。
1月に就任された地区部長、今月半ばまでは相当な危機感を
持っていたようですが、閉め切ってみれば・・・60部の啓蒙。
継続購読部数と合せて、3月の実配数は、世帯比225%達成。
なんともものすごい成果でした。
Commented by sokanomori3 at 2017-02-23 21:37
福島の壮年さん、こんばんわ。
折伏おめでとうございます!
そして新聞啓蒙225%!
驚き、桃の木、21世紀です!^^
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2017-03-06 10:55 x
こちらにコメントしたことに対する最後の結果報告です。

私の従姉は一昨4日、無事に再入会することができました。
関わって下さった全ての方に感謝です。
また、従姉が日顕宗を離れ、学会に戻る決意をするきっかけに
なった、従姉の姉に親身に寄り添い、再入会に導いてくれた
神奈川の地元同志の皆様に感謝です。

昨5日に行われた3月度本幹(壮年部大会、新生東北総会)に
向けての戦いで、我が本部の入会者は70人に達しました。
ただただ驚嘆しております。
本幹では、先生の御這入る、特に、未来部への前婚の励ましに
感謝が尽きません。
詳しくは、聖教新聞、同中で。
Commented by sokanomori3 at 2017-03-06 22:14
福島の壮年さん、おめでとうございます。
再入会、ドラマがあったのでしょうね。
それと本部で70名、凄過ぎですよ、それ。(^^)
福島はスゴイ。東北は素晴らしい!
あの3.11、忘れもしません。
私、福島で仕事を4か月やりました。
この目で震災を見ました。
大悪来れば大善。
東北は大勝利ですね!^^
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2017-03-07 13:17 x
Commented by 福島の壮年 at 2017-03-06 10:55
の私のコメント、最後のところが誤入力で
意味不明になってしまいました。
下記の通り、謹んで訂正させて頂きます。

本幹では、先生の御配慮、特に、未来部への全魂の励ましに
感謝が尽きません。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

そうですね。健康でなけれ..
by うるとらまん at 18:50
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 18:45
> 一行でも、一節でもい..
by 千早 at 18:09
1979さん、おめでとう..
by sokanomori3 at 18:07
pure_star_32..
by sokanomori3 at 18:06
とろサーモンさん、ありが..
by sokanomori3 at 18:04
永遠の凡夫さん、とろサー..
by sokanomori3 at 18:02
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 00:12
こんばんわ、菊川さん。山..
by とろサーモン at 23:31
高山に登る者は必ず下り ..
by pure_star_3232 at 21:20
垢といえばこういう話があ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 12:23
御書に 「法華経を持ち..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 12:11
pure_star_3..
by sokanomori3 at 10:37
菊川さん、おはようござい..
by とろサーモン at 00:33
「菩薩住離垢地」←←どの..
by pure_star_3232 at 18:51
おはようございます、菊川..
by とろサーモン at 00:09
政治家にも色々な立場や役..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 10:12
やったー! 千早さんとし..
by 1979 at 01:22
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 22:21
凡ちゃん ありのままがい..
by ちよ at 19:35

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア