フランス人との嬉しい対話


☆フランスは永遠不滅の国.


先日、フランス人と話をしました。
日本語が完璧な30代の男性で、極めて優秀なビジネスマンです。
以下に、その対話の一部を再現してみましょう。

「あなたはフランスのどちらの出身ですか?」
「パリです」「パリですか、すばらしいですね」
「東京に住んでいる人にとって、東京が当たり前のようなものですよ」
「いや、パリは民主主義の発祥の地です。私にとっては特別なところです。
 私はビクトル・ユゴーのレ・ミゼラブルの大フアンなんです。
 ちなみに、フランス人のどの程度の人が、あのレミゼを読んでいますか?」
「みんな読んでいます。学校の授業で読むのです」
「読むと言っても一部分でしょう?」
「いいえ全部です。私は中学生の時に読んで感想文を書かされました」
「えっ?全部ですか?あれほど分厚い本を全部?」
「はい、全部です」「信じられませんね・・
(レミゼの登場人物の)コゼットとかマリウスとかの名前は多いですか?」
「三世代前までは多かったです。今は少ない。日本でいう太郎さん、花子さんです」
「へえー、そうですか。オモシロなあ。パリに行ってみたいなあ」
「その時は私がご案内しますよ」
「それは申し訳ない。では、商品の教育担当に、わが社に来てください。
 フランスの商品をフランス人のあなたがプレゼンすると皆が喜びますから」
「承知いたしました。そのとき皆さんはレミゼを読んでますか?と聞きたいです」
「うーん、私の会社でレミゼを読んでいる人がいるかどうか・・」

イギリスのEU離脱のことも聞きました
フランス人に「イギリスはEUからいじめられるでしょう?」と聞くと「もともとイギリスはEU
参加に積極的ではなかったし意地悪はないのでは・・」とグレーな答えでした。
ビジネス上で本音を言えないのだろうと思ったので「いや、フランスもドイツも裏切りは許さない。意地悪すると思いますよ」と言うと、苦笑いしていました。
ともかく、フランス人との対話はすごく楽しかったです。

私はフランスの学校でレミゼを読ませていることに衝撃を受けました
多感な中学生の時代に、レ・ミゼラブルを学んでいる・・
驚きと同時にフランスという国の凄さを感じたのです。
あのレミゼの哲学が国民の一部始終に与えられているとするなら・・
フランスは永遠に不滅の国として栄えるだろうと思うのです。
ビジネスというのはこういう出会いもあります。
人生は面白いですね。最高です!

レミゼの過去記事のURLを以下に示します。
http://sokanomori.exblog.jp/14018462

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-14 05:20 | 希望の哲学 | Comments(2)
Commented by ちよ at 2017-02-15 23:35 x
フランスの方とは お話したことないかも?
おしゃれなイメージが強くて ガサツな私には ちょっと・・・
これも 一つの偏見ですね
私が 嫌われても仕方ないかも?
ですが 私が 嫌う事はないよね(^^♪

ちなみに バカボンパパの 次男は ロンドンにいた事があります
私の友人は イギリスに留学経験が・・・
そんなところからでも 国際交流したいですね\(^o^)/
Commented by sokanomori3 at 2017-02-16 01:13
ちよさん、こんばんわ。
フランスというと、フランス料理・・
確かに格式ばった感じもありますね。
でも、フランス人よかったですよ。
今回は仕事ですが、仕事の対話もいいです。
面白かったー!^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

菊川さん、料理がだんだん..
by 千早 at 09:00
容器は元々耐熱です。3~..
by 匿名希望M at 06:27
非公開さん、初めまして。..
by sokanomori3 at 05:37
凡ちゃんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:31
中身は別容器に移し替えま..
by 凡ちゃん at 23:52
ああ、なるほど。確かにそ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 14:03
匿名希望Mさん、ありがと..
by sokanomori3 at 15:13
カップ麺にお湯と粉を注ぎ..
by 匿名希望M at 11:34
永遠の凡夫さん、おはよう..
by sokanomori3 at 06:37
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:33
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:32
こんばんわ、菊川さん。大..
by とろサーモン at 23:15
この御書の状況は、法論勝..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 23:10
非公開さん、私も実証で勝..
by sokanomori3 at 11:25
もう一人の非公開さん、お..
by sokanomori3 at 07:39
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:32
非公開さんのコメントの一..
by sokanomori3 at 07:20
記事を教えてくださりあり..
by 凡ちゃん at 09:18
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:35
「分水嶺」という記事でし..
by sokanomori3 at 05:39

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア