衰退する寺


☆100年後に寺はあるのか.

「衰退する寺」というタイトルを読売新聞に見ました。
そこには次のような内容が書かれていました。



葬式をせず火葬だけですませる「直葬」が増加。
日本人の葬送が様変わりしている。
首都圏では三割以上が直葬となっている。
事業継続の分岐点が檀家数300件ほどなのに、多くの寺が達していない。
手取りの寺の取り分が年間100万円台である。
人々が地域で数百年守ってきた寺が倒れていく現状がある。
(2017年3月13日読売新聞より)



大事なポイントだけ抜き出したのが上記の文章です。
とにかく葬儀を依頼しない人が増えて寺は困窮しているらしい。
友人葬が定着した学会では僧侶はまったく不用の存在です。
学会が日顕宗と一緒になることも永遠にないでしょう。
そういう会員の気持ち、日顕宗は分かっていないのでは?

日顕宗以外の寺も含め、100年後の未来に寺の存在意義はあるのでしょうか。
私は観光地以外は残れないと思うのです。
あらゆる寺が、コストのかかる建造物を維持できなくなると思うのです。
日顕宗は国内に沢山あるのですが、末寺は観光地になれないから残れない。
そもそも信者がいない。今さら葬式仏教になんか興味がない。
高齢化の先に見えるのは「信者の減少」です。
今は自慢の建物が全部、維持管理に四苦八苦することになる。
広い境内も草取り大変です。庭木の管理も大変。

100年すると、建物は老朽化してボロになります。
建て直す資金なんて日顕宗は稼げないでしょう。
結果、土地を売りながら生き延びるしかない。
そうして僧侶はどんどん減り、人材もいなくなり・・
最後は見る影もなくなるでしょうね。

彼らは創価班や牙城会のように会員に尽くすことはしない。
会館の清掃や儀典部のように無償で働きもしない。
袈裟を着て、いつも寺で威張っているだけ・・
私にはコスプレ僧にしか見えないです。

寺の存在意義の過去記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/15361119
sokanomori.exblog.jp/17543658

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-14 05:28 | 創価学会批判 | Comments(3)
Commented by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 2017-03-15 06:16 x
確かに、100年後には寺は無くなっていくでしょうね。極一部の世界遺産の名所旧跡化してる場所を除いて。
最近の人は、お葬式は友人葬も増え、お墓参りもしなくなりましたしね。
そうやって、今まで大衆を食い者にして、努力もしないで贅沢していた連中は、衰退していくでしょう。自業自得です。

だけど、寺は無くなっても、人々から生命力を奪う、そんな思想・信念・宗教は存在してると思います。
人間がいる限り、仏と魔との生命の戦いは永遠ですからね。

だからこそ、今の私たちによる、創価学会の精神の永遠性が守れるかどうかが、大事になってくるような気がします。
私も微力ですが、若い子たちや子供たちとの対話を通してがんばりますよ~
Commented by ちよ at 2017-03-15 12:16 x
3つの寺を抱えている墨田区としては 本当に
早く無くなって欲しいと思います
バカボンパパは なぜ 神社仏閣は 無くならない!
と言ってましたが
まずは 折伏しなくっちゃ ですね\(^o^)/

Commented by sokanomori3 at 2017-03-15 23:37
永遠の凡夫さん、ちよさん、こんばんわ。
友人葬になって、いまではすっかり定着した。
そこで見えてきたのは、僧なんかいらないということでした。
すっかり大石寺に対する望郷の念もなくなりました。

>3つの寺を抱えている墨田区・・

ちよさん、それはスゴイですね。3つですか。
いらないですね、そんな数。
神社仏閣の名所は生き残るでしょう。
でも正宗は本山を除いて生き残ることはできないでしょうね。
末寺は「観光の名所」にはならないですから。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

ちよさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:24
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:18
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:14
千早さん 投稿時間が 1..
by ちよ at 21:11
さてさて、今回の籠池氏の..
by 福島の壮年 at 18:20
丘を越え行こうよ 口笛吹..
by 千早 at 11:18
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:11
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:08
うんていと 逆上がり い..
by ちよ at 05:43
こんばんわ、菊川さん。い..
by とろサーモン at 22:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:30
菊川さんがどんなに ひら..
by 千早 at 23:29
確かに、インドの人たちに..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:45
大阪の学校のこともそうで..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:28
投函する時ドキドキする。..
by 千早 at 13:47
確信を持ちたい非公開さん..
by sokanomori3 at 06:09
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 05:57
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:50

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア