続・親孝行の夢


☆63歳から始まる親孝行.

6年間の親孝行修行で万全のバックアップ体制を構築する。


「親孝行の夢」の題名に違和感を持つ人がいるかもしれない
「親孝行は夢でなく、子としての義務」と思うかもしれない。
私にとって親孝行は「当然のこと」ではない。
親と離れて暮らしている私は義務は容易に果たせない。
長く寂しい思いもさせている。何としても親孝行を果たしたい。
その思いがいつの間にか夢になった。

読者の皆様の中で、ご両親と一緒に生活されている人がおられましょう
そういう方は、ただ、それだけで親孝行の一端を担えている。
一方、私の帰郷は年に2回ほど。その滞在日数は1週間程度です。
18歳から上京し、以来39年を離ればなれで暮らしている。
今はよい。しかし、一人暮らしの母が弱ったら・・
私は母をサポートしなければならない。

母は私が暮らす関東に出ることを良しとしません
親戚も友人もいる母の城を離れたくない。
勿論、体が動けなくなったら茨城にも来るでしょう。
でも、そうならない限り実家を離れることはありません。
逆に、体が動かなくなる前から、私は母のサポートをしたい。
健康なうちに、親孝行はスタートしたい。

私は岡山の実家に戻るしかないのです
問題は「母とともに暮らす」という現実をどう作るかということです。
私は63歳まで家のローンがあり、年金がもらえる65歳までは現役で仕事をします。
できれば母の本格的なサポートは65歳からにしたいのです。
ただし、それは、母の健康が維持されてという条件の上です。
できれば家のローンが終わる63歳までは元気でいてもらいたい。
今57歳だから6年間は達者でいてもらわなければならない。

問題は何をもって親孝行とするか、です
今までの親孝行は「社会人として一人前に活躍する」ことでした。
それだけでよかったのです。けれど、これからは違う。
私は母の20歳のときの子ですから、私の65歳は、母の85歳。
どう計算しても、65歳以降は母のために生きなければならないのです。
なぜか。私は思い通りに生きさせていただきました。
今の私は、母いればこそ。その報恩は何を差し置いてもやらなければならない。
趣味も旅行も全部返上しても、やらなければならない。

私はあらゆる家事の技術をマスターしたいと考えています
料理、選択、アイロン、さらに大工仕事の技術です。
実家は家も古く改修が必要です。沢山の仕事があります。
このことに加え、介護の基礎技術の収取を果たします。
田舎の町は過疎化が進み、数多くが親と離ればなれです。
私は春夏秋冬、一定期間、実家に滞在しながら、母に食事を作り、一緒に勤行する。
旅行に行ったり、親戚に行ったりしたい。
ありきたりの平和な生活を母と過ごしたい。

具体的には、例えば春と秋の温暖な季節に帰郷し、一か月ほど滞在する
その滞在期間中にあらゆる大工仕事をする。
ふすまや障子張り替え、網戸の修理、ドアの修理、壁紙の張り替え、照明器具の交換、
不用品の処分、屋根や壁の補修・・数年をかけながら手間暇かける。
どこまでやれるかは分からないが、18歳以降の空白を確かな現実で埋めていきたい。
春には一緒に桜を見て、夏には高原の風を肌に感じ、秋には紅葉の峰を眺める。
瀬戸内海を見たり、砂丘を見たり、記念写真を飾ったり・・
このようにやることだらけ、なのです。

前回の「親孝行の夢」記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26680088

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-31 05:22 | 夢修行 | Comments(6)
Commented at 2017-03-31 18:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2017-04-01 07:06
非公開さん、おはようございます。
メール申し上げました。
宜しくお願い申し上げます。
★菊川広幸
Commented at 2017-04-01 18:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2017-04-01 21:46
非公開さん、了解です。
本日中にメール返信します。
★菊川広幸
Commented at 2017-04-02 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2017-04-02 04:33
非公開さん、おはようございます。
メール拝見しました。
承知いたしました。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:34
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:31
私はここまでの事はまだで..
by とろサーモン at 22:25
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:48
メール返信いたしました。..
by sokanomori3 at 22:41
oh・・・無料配布・・超..
by とろサーモン at 21:32
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:14
大変、神経使う作業ですね..
by うるとらまん at 17:12
とろサーモンさん、ぶつい..
by sokanomori3 at 06:36
 今年は11.18に信濃..
by ぶつい at 06:02
こんばんわ。菊川さん、千..
by とろサーモン at 23:25
ぶついさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 18:39
 もう12年目になります..
by ぶつい at 11:49
とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア