朝鮮半島の宿命転換を夢みて


☆韓国SGIに使命あり.

日本を取り巻くアジア情勢はかなりオカシクなっている。
北朝鮮の核ミサイルが日本やアメリカを射程に収める日は遠くない。
そうなれば、アメリカは戦争を始めると噂されている。

「戦争なんかある訳ない」と笑う人がいる。
「それは日本の軍拡の理由付け」と批判する人がいる。
彼らは「自衛隊反対」「平和憲法を守れ」と叫ぶことが世界平和の道と信じている。
しかし、昨日、アメリカはシリアを攻撃した。
オカシナことをするなら攻めるぞ、との意思表示か。
北朝鮮への攻撃が現実味を帯びてきた。

札幌医科大学のシュミレーションでは、東京の上空で長崎型の核爆発が起こった場合、死者は50万人、負傷者300~500万人になるという。
70年も前の骨董品の兵器でもそのぐらいの死者が出る。
核兵器というのは、戦車や軍艦の砲弾の威力とは別次元だ。
政府としては、北の核攻撃を「ありえない」と看過することはできない。
今、敵地攻撃の巡航ミサイル防衛論議が日本でささやかれ始めた。

今、朝鮮半島は動乱の時代である。
韓国の朴氏の弾劾、そして今、反日の左翼運動家が大統領になろうとしている。
一時期、韓国と日本は空前の友好国になっていたのに・・
韓国は、新大統領の誕生で反日運動をさらに拡大するだろう。

アメリカがシリアを攻めた同じ日、聖教新聞に韓国SGIが紹介されていた。
韓国と西日本の地図が示され、首都ソウルの北に一本の線が引かれていた。
一本の線とは北朝鮮との国境線である。
この非武装地帯から首都ソウルまでわずか40㎞。そのソウルでの座談会の紹介であった。
「慰安婦問題や反日運動で、韓国メンバーは肩身の狭い思いをしていないだろうか」
「核兵器を所有した北と対峙する韓国人の恐怖はいかばかりであろうか」
「どうして兄弟の二つの国が、反目し合い、いがみ合うのか」・・
民族が分断されている現実と、戦争になった時に火の海になるであろう首都と、反日運動の対象である隣国の日本との関係が地図から心に迫ってきた。

新聞には大きな一枚の韓国の座談会の写真が掲載されていた。
参加者の視線は背広姿の若い男性に注がれている。
男性は何かを語り、参加者はその男性の言葉に歓喜して拍手をしている。
参加者は、私の地区と同じく、未来部、青年部、壮・婦、多宝のご婦人がいる。
ハングル文字の貼り紙がなければ、韓国だとは分からない。
そこには日本の座談会と何もかわらない風景があった。
嬉しくなった。彼らが朝鮮半島の宿命転換を果たすだろうと思った。

朝鮮半島が二つの国に分断されているように、日本と韓国をも分断しようとする人たちがいる。
70年前の歴史を振りかざし、こぶしを突き上げ、激しく日本を批判する人たち。
その行為に反発し、韓国人を排斥しようとする日本人もいる。
朝日新聞の従軍慰安婦問題の報道には誤りがあったが、その誤りが韓国国民全体に浸透してしまっていて、今も激しい憎しみ合いがある。

反日も韓国人差別も有害極まりない人権問題である。
韓国と日本とは兄弟であり、姉妹ではないか。
私たちは互いに尊重し合い、愛し合うべきではないか。
だのに政治利用したい政治家たちや、また、批判をビジネスにしたい経済人などによって、反日は祭り上げられ、人もカネも票も動く・・
裏で対立を煽っている人間がいる。
あの日顕のように。

私の親友のhanaは在日韓国人である。
hanaの家族は信心強情で皆から愛される家族である。
岡山の県北では、hana一家は有名な学会員だった。
彼と私とは兄弟であり、その家族とは親戚のようなものである。
http://sokafree.exblog.jp/26766723

他にも私は、友人の中国人の身元引受人にもなっている。
中国人も韓国人も、日本人と何も変わらないことを知っているからこそ、今の韓国や中国の異様な反日教育を私は憂うのである。

ともかく、これからもアジアの国々は対立を続けるかも知れない。
しかし、私たち創価学会員は隣国との友好を祈り、行動する。
じっとこらえて、今に見よ!と、こぶしを握り締めながら。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-04-08 06:44 | 紛争・災害ニュース | Comments(1)
Commented by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 2017-04-13 23:24 x
ソウル(京城)は元々、朝鮮半島の国が南北に分裂する前からの首都なので、国境線に近いんですよね。
ドイツが東西に分裂したときに、首都のベルリンまで東西に裂かれて壁が出来たように、宿命に翻弄される都市なんですよね。
朝鮮戦争があった(そして戦火に飲まれた)にも関わらず首都を遷都しないということは、いつか南北朝鮮が統一したときに首都として機能するように(ベルリンのように)、という思いがあるのでしょうかね。
日本では、東京に全人口の1割が住んでますが、韓国はソウルに2~3割が住んでるそうです。一度戦場になったら、被害は日本の比じゃないですね。

ただでさえ1945から現在まで過酷な運命に苦しめられた韓国SGIの友たち(タンスに御本尊のエピソードなどは知ってる人が多いと思います)
しかし、大悪起これば大善来たる。で、朝鮮半島の宿命転換の重大な使命も抱えてるんですよね。
私は彼らを信じます。応援します。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

そうですね。健康でなけれ..
by うるとらまん at 18:50
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 18:45
> 一行でも、一節でもい..
by 千早 at 18:09
1979さん、おめでとう..
by sokanomori3 at 18:07
pure_star_32..
by sokanomori3 at 18:06
とろサーモンさん、ありが..
by sokanomori3 at 18:04
永遠の凡夫さん、とろサー..
by sokanomori3 at 18:02
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 00:12
こんばんわ、菊川さん。山..
by とろサーモン at 23:31
高山に登る者は必ず下り ..
by pure_star_3232 at 21:20
垢といえばこういう話があ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 12:23
御書に 「法華経を持ち..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 12:11
pure_star_3..
by sokanomori3 at 10:37
菊川さん、おはようござい..
by とろサーモン at 00:33
「菩薩住離垢地」←←どの..
by pure_star_3232 at 18:51
おはようございます、菊川..
by とろサーモン at 00:09
政治家にも色々な立場や役..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 10:12
やったー! 千早さんとし..
by 1979 at 01:22
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 22:21
凡ちゃん ありのままがい..
by ちよ at 19:35

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア