加計学園問題(かけがくえんもんだい)


☆民進党問題ではないのか.


あの森友学園問題はどこに行ったのか。
sokafree.exblog.jp/26753315
いつの間に加計学園問題に変わったのか。
野党は大いに追及の姿勢を見せているが、国民はどう感じているのだろうか。
読売新聞の記述を以下に示し所感を述べる。

首相強気崩さず.


学校法人「加計学園」(かけがくえん)が国家戦略特区を利用して獣医学部新設する計画を巡り、安部首相は「圧力は一切なかった」と答弁した。
一方、民進党は、真相究明を求めて一歩も引かない構えで国会は不透明感を増してきた。
29日の衆院本会議では、民進・共産両党の議員が「首相の進退に関わる重大問題だ」と批判した。これに対して「規制改革には抵抗勢力が必ず存在する。
これからも私は先頭に立って挑戦していく」と述べた。
対する野党は、M氏の発言を追い風にし、批判のボルテージを上げている。
民進党はM氏の証人喚問を要求、「開かないならテロ準備罪法案の審議を止める」との強硬論も上がり始めた。ただ、野党は工芸材料に欠き、焦りもあるようだ。
民進党の小川参院幹事長は「首相不信が高まっているのに、なぜ内閣支持率が大きく低下しないのか。今は苦しくても頑張ってやっていくしかない」と呼びかけた。
(読売新聞5月30日より)

政権側は否定.

野党側は追及姿勢を強める。
民進党の蓮舫代表は30日の党会合で「水面下で友達に有利に働いているのではないか。M
前次官の証人喚問を強く求めていきたい」と指摘した。
山井国会対策委員長は「疑惑は深まっている。どちらかが嘘をついている」と訴えた。
菅官房長官は「報道されたような事実はない」と述べた。
(日本経済新聞5月31日より)



所感:「テロ等準備罪の審議を止める」

すなわち、民進党にとっては加計学園の問題はテロの問題より大事、ということか。
M元文部科学次官の発言と行動は見ていて「何のため」かが分からない。
なぜ今なのか。何のためなのか。第一、M氏は何者か。
たった一人の元公務員が劇場の中心者となって国を揺るがす。
ある人物が新聞に記事ネタを売る。報道され野党は飛びつく。
そうして国会で押し問答が行われる。こんなことで騒ぐ暇があるのか。
あの森友学園騒動は何だったのか。

M氏はどう見てもまともではない。
特に出会い系バーに通っていた事実は極めて印象が悪い。
M氏は「女性の貧困について実地の視察調査をしていた」「その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある」と釈明している。
この釈明について元NHKキャスターでの参院議員は「まったく説明になっておらず、何をしていたか真実を話すべきだ」「話を聞くだけでなく、連れ出した女性にお小遣いを渡す理由が分からない。文科省のトップが現職中に『広義の援助交際』を行ったとみられてもおかしくない。大問題だ」と批判している。
ネット上でも「この言い訳は見苦しい」「詭弁の極み」「厚顔無恥にも程がある」などと炎上状態となっている。

個人的には、こういう意味不明の人物の発言を鵜吞みにし、単に党利党略の批判を繰り返す野党について「腹立たしい」という気持ちがあります。批判だけ議員なんて意味がない。
「政策はどうした、日本を良くする政策を考えているのか」と言いたい。
重要法案の審議もせず、怪しいM氏の発言に大騒ぎする。
批判、批判、批判。反対、反対、反対。足を引っ張るだけ。
それで高給取りで、その給与は我々の税金で支払われている・・
私はシラケて見ています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-06-01 05:43 | 政治 | Comments(4)
Commented by 福島の壮年 at 2017-06-01 13:23 x
何かと言えば、「国会喚問」だとか、「審議拒否」だとか。
勿論、政権側に公権力を盾にし、官僚への恫喝やら、
民間人への利益供与やらが疑われるならば、
それは監視し、追及しなければいけません。

ところが、「森友問題」にしろ、「加計学園問題」にしろ、
その「疑惑の根拠」は告発(らしきこと)を行っている
当事者本人の言葉のみです。
追求するなら、国会議員の持つ特権を駆使して調査し、
裏を取り、確証を提示すべきです。

それができないなら、「違法行為」を捜査すべく、その当事者本人に
警察あるいは検察に、正式に告発するよう促せばいい。
しかる後、その真偽の判断はそちらに任せ、国会として、
また、国会議員としての本来為すべき仕事をキチンと行ってもらいたい。

今やらなければいけないこと、国民の負託を受けてすべきことは
山積しているのですから。
それを蔑にして、パフォ-マンスに現をぬかしても、
国民は騙されません。
民進党(旧民主党)が政権を取ったら、国家存亡の危機に陥るであろう
ことを国民は既に学習していますから。

ま、自民党内の人材不足も深刻ではありますけどね。
Commented by sokanomori3 at 2017-06-01 21:40
福島の壮年さん、こんばんわ。
今日の夜のニュースで蓮舫氏が批判しているシーンを見ましたが、私にはまったく異常にしか見えませんでした。
★菊川広幸
Commented by 凡ちゃん at 2017-06-01 23:23 x
今はまだ、ネットをしないでテレビで情報を得ている世代が主流ですから、今のマスコミ&野党連合(略して野合)の影響力もそれなりにありますが、
テレビなんか全然見ないスマホ世代とかが主流な時代になれば、こんな時代遅れな勢力は、どんどん置いていかれるでしょう。
ネット世代は、こういう昔ながらの、野党&マスコミの情報操作・印象操作にはもはや辟易してます。
Commented by sokanomori3 at 2017-06-02 05:38
凡ちゃんさん、おはようございます。
特に朝日は確信犯的にやりますね。
私は数年前まで朝日新聞を取っていましたが、今は取っていません。
もう、二度と朝日新聞を取ることはないです。
営業は必死で勧誘してきますが、きっぱりお断りしています。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
未分類

最新のコメント

ルピナスさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:43
こんばんは。 若かりし..
by ルピナス at 00:10
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 23:59
うるとらまんさん、こんば..
by sokanomori3 at 23:57
捨て石にされたとのご意見..
by sokanomori3 at 23:51
「神州不滅」が国民全体に..
by 師弟誓願 at 23:06
菊川さん。すいません。長..
by 師弟誓願 at 23:01
私利私欲のない人には輝き..
by うるとらまん at 12:48
自慢どころか、むしろ謙虚..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 10:55
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 00:12
ルピナスさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:37
こんばんは。 うちの社..
by ルピナス at 21:09
ちよさん、こんにちわ。 ..
by sokanomori3 at 10:11
非公開様、ご指定のアドレ..
by sokanomori3 at 10:05
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:35
人それぞれの悩みというの..
by ちよ at 08:31
師弟誓願さん、おはようご..
by sokanomori3 at 08:23
うるとらまんさんは、創価..
by sokanomori3 at 08:21
私は一番目トラ。二番目う..
by 師弟誓願 at 16:18

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア