出家功徳御書は偽書(その理由)


☆偽書を手放さない日顕宗.


出家功徳御書(1251ページ)は「偽書」です。
出家功徳御書は日蓮大聖人の御述作ではありません。
後世の何者かが勝手に記述した「ニセモノ」です。
御真筆は存在しませんし、しかるべき写本も存在しません。
ひらがな御書ホームページに掲載すべきか迷いましたが、日顕宗(日蓮正宗)において、今もこの偽書が得度式において読まれ「僧」の在り方を考える依り処となっていることから、あえてひらがな御書HPにも掲載することにしました。

以下に、他のウエブサイトから「偽書」の判断基準を申し上げます。


<出家功徳御書が偽物である根拠>

日蓮正宗の僧・佐藤慈豊は、昭和4年2月16日に「日蓮大聖人御書新集」を発行したが、この中に「聖筆にあらず。文勢大に他と異なれり」と記している。
本抄の記述の内容は、明らかに大聖人の文章の特徴と違っているだけではなく、以下の道理に反する内容が書かれている。

みは むち むぎょうにも あれ かみを そり けさを かくる かたちには
 てんまも おそれを なすと みえたり (中略)
みは むち むぎょうにも あれ かたち しゅっけにて あらば
 さとにも よろこび われも しゅうちゃく たるべし

身は 無智 無行にも あれ かみをそり 袈裟を かくる 形には
 天魔も 恐をなすと 見えたり (中略)
身は 無智 無行にもあれ 形 出家にて あらば
 里にも喜び 某も 祝著たるべし. 


これは「その身に智慧もなく 仏道修行をしなくても 髪を剃り 袈裟をかける 僧の姿には 天魔も恐れを なす」「身に 智慧もなく 仏道修行を しなくても、形だけにせよ、出家である ならば 故郷の 人も 喜び、私(大聖人)も 心から 祝福する」との意味である。

大聖人は「松野殿御返事」(1386)に次のように仰せである。

うけがたき じんしんを えて たまたま しゅっけせる ものも
 ぶっぽうを がくし ほうぼうの ものを せめずして
 いたずらに ゆげぞうだんのみ して あかし くらさん ものは
 ほっしの かわを きたる ちくしょう なり.

受けがたき 人身を 得て 適ま 出家せる者も 仏法を 学し 謗法の者を 責めずして
 徒らに 遊戯雑談のみして 明し 暮さん者は 法師の皮を 著たる 畜生なり.
 

すなわち出家したものでも、遊び戯れ雑談のみして生活する者は、法師の皮を着た畜生であると述べられている。教義の上からも、文章の書き方からも、偽書であることは間違いない。
(以上、www.houonsha.co.jp/jiyu/23/778.htmlより)

今も日顕宗は、この出家功徳御書を教育に用いています。
将来、御書全集の改定において出家功徳御書は削除されることでしょう。

以下に、ひらがな御書HPの出家功徳御書と松野殿御返事をご参考に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1251.html
hiraganagosho.web.fc2.com/b1381.html

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-10-19 05:23 | 日顕宗 | Comments(5)
Commented by 千早 at 2017-10-19 08:22 x
本当だ。何だか内容のおかしい御書ですね。
これも載せてあるんですね。
早く改定されるとよいですね。
ひらがな御書に入れる意味ありますか?
いらないのでは?
Commented by sokanomori3 at 2017-10-19 23:16
千早さん、こんばんわ。
まあ、こういう偽書も含まれているというのも、学びはあると思うのです。
一体、誰が書いたのかということも含め、何でも信じていいものでもなく、注意しなければということの戒めもあろうかと。
実はSさんから、掲載に反対されたのです。
でも、私は入れたかった。
偽書と知らない人に教えるためにも。
もし、御書全集から消えたら、消すと思います。
★菊川広幸
Commented by 瓜二つ at 2017-10-22 23:33 x
こんにちわ、選挙とりあえず一安心ですね

菊川さん夢見るのですね僕は最近夢ばっか見てます笑
昨日は湖のなかで女の子にキスされる夢を見ました笑

僕この全編拝読の時ずっと引っかかってたんですよね内容はわからないでも、なんかおかしい何だこの変な感じはとずっと思ってたんですけど
偽物でしたか
この記事のおかげでひっかかりが取れました!笑
ありがとうございます😁✨✨
Commented by sokanomori3 at 2017-10-23 05:57
瓜二つさん、おはようございます。

>湖のなかで女の子にキスされる夢を見ました

青洲時代です。健全ですね。^^
私はてっきりこの手の夢を見なくなりました。(苦笑い)

>引っかかってたんですよね内容はわからないでも、
なんかおかしい何だこの変な感じはとずっと思ってたんです。

御書は全部、大聖人が記されているという固定概念がありますから、悪く解釈することはできないですよね。
でも、こういうことがある。
でも、一体、誰が、いつ、どんな状況で書いたのか・・
考えさせられる御書ですね。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2017-10-23 05:59
×青洲時代=〇青春時代、です。^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:34
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:31
私はここまでの事はまだで..
by とろサーモン at 22:25
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:48
メール返信いたしました。..
by sokanomori3 at 22:41
oh・・・無料配布・・超..
by とろサーモン at 21:32
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:14
大変、神経使う作業ですね..
by うるとらまん at 17:12
とろサーモンさん、ぶつい..
by sokanomori3 at 06:36
 今年は11.18に信濃..
by ぶつい at 06:02
こんばんわ。菊川さん、千..
by とろサーモン at 23:25
ぶついさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 18:39
 もう12年目になります..
by ぶつい at 11:49
とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア