Introduction


創価の森通信
FREEDOM
Youtube「女人花」を以下に添付します

 


☆創価の森通信は創価学会自在会の同志と一緒に歩むブログです。
以下は別ブログの最新記事です。(別館は音声ソフト対応ではありません)
2017年4月25日 <別館> 一期一会(先生との出会いについて)
2017年4月25日 <ひらがな御書> 230.星名五郎太郎殿御返事
2017年4月23日 <別館> 人間革命、運命の日が近づく
2017年4月22日 <ひらがな御書> 229.伯耆殿等御返事
2017年4月21日 <別館> ブラック社員とダイヤモンド社員
2017年4月17日 <別館> アメリカは何をするのだろうか
2017年4月8日 <ひらがな御書> 228.聖人等御返事
2017年4月8日 <ひらがな御書> 227.九郎太郎殿御返事



一部の許可画像を除き、創価の森ブログ内の画像関係のコピー・転載等の無断使用を禁じます。「魚拓」にとることも禁じます。

ひらがな御書ホームページここをクリック!



# by sokanomori3 | 2017-12-01 01:01

日本は正常な国


☆「東北でよかった」発言.

TVニュースで今、元・復興大臣の発言が騒ぎになっている。
元・というのは、すでに辞表が提出されたから。
この議員「(大地震が)東京でなくてよかった」と言ったという。
「もっと被害が多かっただろう」との思いから発言したようだ。
この政治家は幾度も失言を繰り返していたようだ。
このことについて奥さんと話しをした。
以下にその対話を再現します。

「この人、以前もヘンな話をしたの?」(私)
「そう。原発の自主避難は自己責任とか言ったみたい」(奥さん)
「政治家という職業は厳しいなあ。失言なんて誰もがするものだしなあ」
「政治家だから許されない。まして復興大臣だもの」
「でも、北朝鮮の太っちょや中国の人相の悪い国家元首は沢山の暴言を吐いてもおとがめがない。ましてトランプなんか暴言王だ。日本は、失言一つで辞職だ。
日本は正常な国であるとも言えるし、見方によってはスゴイ国だと思うよ」
「トランプは暴言を吐いて選挙に選ばれたから仕方ないと思う」
「へー、じゃあ、いいんだ、あれで。でも、本当にいいのだろうか」
「これが日本やフランス、イギリスなら許されない。国によると思う」
「ふーん。でも、政治家は大変だなあ。失言で職位を奪われるなら、僕なんかあっという間で終わりだよ。でも、政治家ってジョークの一つも言えないのだろうか」
「人の不幸をネタに笑いを取ろうというジョークはだめだよ」
「厳しい認識だね。やっぱり日本は正常な国だな」・・

他のTV番組で、東北の中年男性が感想を聞かれ話していました。
「人の痛みが分からない人間は、何を言っても変わらない」と言いました。
なるほどと感心し、聞き入りました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-27 05:32 | つぶやき | Comments(0)

ついに語られたあの日、あの時


☆小説人間革命「雌伏26」.

ついに、私が先生に出会った日のことが小説人間革命に語られました。
<別館>に私の思いを記事にしました。
sokamori2.exblog.jp/26814134
正直、まさか、38年後にこんなサプライズがあるなんて・・
報われました。満足してはいけないのかもしれないけど満足です。
38年前、こんなに幸せになれるなんて思ってもみなかった。
なんて幸せな人生でしょう。ありがたい。



この記事は後日消去します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-26 05:28

美しくなると強くなる


☆外見を良くして強くなる.

「女の子は美しくなると強くなれる」
そんな意見広告が電車の中にありました。
今まで美しさが強さだなんて考えたことはありませんでした。
でも、「言われてみればそうだよなあ」と感心しました。
身支度を整える、アイロンのかかった服を着る。
それだけで人は確かに強くなれる。

人生に強くなろうとすれば姿も環境も内面も整えたいですね。
髪の毛、服装、オシャレを磨けば強くなれる。
勉強し、能力を高めれば、やはり強くなる。
善なる心を大きく開けば、もっと強くなる。

掃除洗濯をする、部屋を片付ける、お仏壇の清掃をする・・
全てが自分を強く、活発にする修行ですね。
わかっているんだけど、できなかったりする。
でも、ちゃんとしないとねえ。(笑い)

<別館>の身だしなみ記事URLを以下に示します。
sokamori2.exblog.jp/19947073

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-25 05:37 | つぶやき | Comments(3)

四条金吾殿御返事・別名、法華経兵法事(2017年5月度座談会御書)


☆別名、剣形書・法華経兵法事.
(べつめい、けんぎょうしょ・ほけきょうへいほうのこと)

四条金吾殿御返事(しじょうきんごどのごへんじ)。
別名、剣形書(けんぎょうしょ)・法華経兵法事(ほけきょうへいほうのこと)。
5月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている四条金吾殿御返事(1192ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

なにの へいほう よりも ほけきょうの へいほうを もちい たもうべし  
「しょよおんてき かいしつさいめつ」の きんげん むなしかる べからず  
へいほうけんぎょうの だいじも この みょうほう より いでたり  
ふかく しんじんを とりたまえ  
あえて おくびょうにては かなうべからず そうろう.

○漢字文.

なにの 兵法 よりも 法華経の 兵法を もちひ 給うべし  
「諸余怨敵 皆悉摧滅」の 金言 むなしかる べからず  
兵法剣形の 大事も 此の 妙法より 出でたり  
ふかく 信心を とり給へ  
あへて 臆病にては 叶うべからず 候.

○背景と大意.

弘安2年(1279年)10月23日、日蓮大聖人が58歳の御時、四条金吾に与えられた御書です。
過去に何度も座談会御書に取り上げられている有名な御書です。
この御書に関して記した記事を以下に示します。
別記事1:sokanomori.exblog.jp/11718144
別記事2:sokanomori.exblog.jp/20252280

日蓮大聖人が佐渡流罪から御帰還された後、四条金吾は主君の江間氏を折伏します。
しかし、江間氏は極楽寺良観の信者であったため、金吾は次第に疎まれ、讒言(うその告げ口)から迫害され、「法華経の信仰を捨てる誓約書」を書くように強要されます。
金吾は大聖人の教えのまま忍耐し、信頼も回復。
結果、三倍の領地を受ける勝利の実証を示します。
本抄は、その中で敵の襲撃を受け、「敵に襲われたが難を脱した」との報告に対する御返事です。

今月の学習範囲では「どのような兵法よりも法華経の兵法を用いなさい」「深く信心を起こしなさい」「臆病であってはならない」と励まされています。
「諸余怨敵 皆悉摧滅」(しょよおんてき・かいしつさいめつ)とは、一切の魔を打ち破ることができるという法華経薬王品の文です。

○所感.

大白蓮華5月号の巻頭言に、池田先生は次のように記されました。

「池田君、何があっても青春は“当たって砕けろ”の勇気で行こうよ!」
若き日、敬愛する先輩が声をかけてくれた励ましが、今も胸に温かく蘇る。
「青春の哲学」とは何か。
それは「思い切ってやってみろ!」という一言に要約される。
こう結論したのは、アメリカの教育思想家ボーンである。
「思い切ってやりさえすれば、非常に多くのことを成しうる」という。
いつの世も、青年の前には分厚い壁が立ちはだかる。
特に現代は、若き心を委縮させる重圧があろう。
その中で、挑戦の勇気を解き放ち、思いきり青春桜を咲かせているのが創価の誉れの青年たちだ。
「僕も変われた。君も必ず変われる」
「私も人間革命できた。貴女も必ずできる」
そう自信を持って語りゆく青年の連帯が世界を変える・・

この巻頭言を先生は次の言葉で締めくくられました。
「若き君よ、共々に思いきり試みようではないか!」

本抄では「臆病であってはならない。深く信心を起こして戦いなさい」と御指導されています。
池田先生は「当たって砕けろ!」との青年の心を教えてくださっています。
世の中には、石橋を叩いても渡らない人がいます。
そして、挑戦する人を見て「無謀だ!」「甘い!」と口先だけで批評するのです。
かのイチロー選手ですらそのような批判をされました。
sokafree.exblog.jp/26091608

笑われても、馬鹿にされてもいいのです。
私たちは日蓮大聖人、池田先生の弟子です。
決めて、祈って、当たって砕けろ!と挑戦する。
その心意気こそ、青年の証ではないでしょうか。

以下に、河合師範の詩指導のURLを示します。
sokafree.exblog.jp/22302359

ひらがな御書の法華経兵法事の交互文・解説文を以下に示します。
交互文:hiraganagosho.web.fc2.com/b1192
解説文:hiraganagosho.web.fc2.com/c1192

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-24 20:30 | 座談会御書 | Comments(0)

ハズキルーペを購入


☆秘密兵器のメガネ.

ハズキルーペの売り場写真2枚を以下に添付します。
b0312424_5331729.jpg
b0312424_5332926.jpg

写真解説「ハズキルーペ(拡大用メガネ)の売り場と購入したメガネの写真です」

ついにハズキルーペを購入しました。
1万980円の高級メガネ。ひらがな御書制作用に投資したのです。
よく見えます。これで何とか最後まで戦えることでしょう。
いささか目が弱っていて、思い切って購入しました。
ひらがな御書は精密な作業ですし、間違えられないから。
このメガネ、凄いのは「メガネの上からかけられる」こと。
近視用のメガネの上にかけられるのです。最高です!^^
勿論、裸眼でも普通のメガネのように使えます。
しかも良く見えるのです。すぐれものですよ、このメガネ。
30分ほど悩んだ末、倍率1.3倍のものを購入しました。
1.5倍のタイプもありますが少し見ずらいのです。
さあ、これで戦えると思います。
ガンバリマスとも!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-24 05:35 | ひらがな御書 | Comments(4)

報告いくつか(消す記事)


☆思いつくまま語りき.


桜は散った。見上げると瑞々しい若葉をつけている。
あらゆる木々の若葉が萌えて、緑の子供たちが茂っている。
人間の子供は赤ん坊。芽吹いた葉っぱは緑ん坊。
かわいらしい。柔らかい。瑞々しい!^^
以下に、撮影したイチョウの緑ん坊写真を添付します。

b0312424_723415.jpg


今、仕事は日々に激戦で、苦しい局面が続いています。
昨日はサービス出勤。ブラック企業を楽しみました。(笑い)
疲れが溜まっていますが、今日はプライベートでスケジュールが一杯。
合間、合間につぶやきたいと思います。

7時28分. (別館のこと)
別館に記事を投稿しました!
sokamori2.exblog.jp/26808112

7時35分. (ひらがな御書のこと)
ゆりこさんから四条金吾殿御返事(別名、梵音声御書・ぼんのんじょうごしょ)のひらがな訳原稿をいただきました。いつもありがとうございます!
メール確認が遅くなりました!(^^:

9時40分. (ひらがな御書のこと2)
ひらがな御書に「星名五郎太郎殿御返事」をアップしようと制作中です。
これを投稿できれば収録が230編になります。
その御書に次の御文があります。

だいどくじゃ あっきじん よりも
こうぼう ぜんどう ほうねんらの ながれの あくちしきを おそるべし.
大毒蛇 悪鬼神 よりも 弘法 善導 法然等の 流の 悪知識を 畏るべし.

悪知識は、毒蛇や悪鬼よりも恐ろしい、とのこと。
つくづく学会員の福徳に感謝です。
ひらがな御書:hiraganagosho.web.fc2.com/b

16時55分. (昼食のこと)
本日の昼食は、ホウレン草カレー(外食)でした。
前回 食べたカレーの方が美味しかった。
前回のカレー:sokafree.exblog.jp/26673095
今回のホウレン草カレーの写真を以下に添付します。

b0312424_1648315.jpg

17時15分.
(ラッキーのこと)
今日は過ごしやすい気温で、とても穏やかです。
そっぽを向いていますがラッキーの日光浴写真を以下に添付します。
ウッドデッキの上に寝そべるラッキーです。

b0312424_1751412.jpg

さわって、のんびりしたかったのですが、他の用事で・・
うーん、ラッキーをいじくりたいなあ。
ラッキーURL:sokanomori.exblog.jp/i43

翌5時30分. (翌朝のこと)
皆さん、おはようございます。
結局、翌朝になってしまいました!(苦笑い)
この記事、なんともクダラナイ、内容のまったくない記事になってしまいました。
くじびき「はずれ」ということでお許しください!
そのかわり、別記事をアップしました。
sokafree.exblog.jp/26810234
おわり



この記事は後日消去します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-23 07:28

大尼・新尼(おおあま・にいあま)


☆信心の強弱を今に伝える.


安房国(あわのくに)東条郡(千葉県鴨川市)在住の門下。
「新尼」「大尼」の名称から、嫁・姑(しゅうとめ)の関係と考えられます。
大尼は、東条郡内の荘園の領主であったと推定されます。
大聖人は「日蓮が父母等に恩をかほらせたる人」(896)、「日蓮が重恩の人」(906)と仰せであることから、大尼は大聖人の両親をお世話しており、大聖人をも援助していたようです。
大聖人が立宗宣言された建長5年(1253年)前後、東条郡の地頭であった東条景信(とうじょうかげのぶ)が大尼の領内の寺を奪うなどの争いが起こりました。
支配権をめぐる訴訟と考えられ、大尼はこの時、大聖人に助けを求めます。
大聖人の支援で、大尼は窮地を脱します。
このとき、大尼と新尼とが帰依したと推測されますが、文永8年(1271年)に竜の口法難と佐渡流罪となり、やがて大尼は信心から離れてしまいます。
大聖人はこのことを「(大聖人が大尼に)手紙を出したとしても尼御前はあまり懐かしくはおもわないのでしょう」(891)と記され、弾圧の渦中、大聖人と距離を置こうとする大尼の心中がうかがえます。対して、新尼は信心を捨てませんでした。
それどころか佐渡にまで御供養をお届けしています。
文永11年(1274年)3月、大聖人は佐渡流罪が赦免となられ、さらに同年10月、蒙古軍が襲来(文永の役)、大聖人の正しさが誰の目にも明らかになります。
すると、信心から遠ざかっていた大尼も、再び信心をするようになりました。
翌、文永12年に大尼は大聖人に「御本尊の授与」を願い出ます。
しかし、大聖人は「難の際に退転した大尼には授与することはできない」と断られました。
大聖人は、たとえ多大な恩を受けてきたとしても、大尼に御本尊を授与すれば、ご自身が法義を曲げた「偏頗の法師」(907)になってしまうとされています。
一方、新尼には御本尊を授与されました。
結果的に新尼経由で御本尊は授与され、大尼も御本尊を拝することができました。
御本尊を授与するか否かの境目は、「師である大聖人と共に難に屈せず妙法を広める覚悟」、つまり「広宣流布の信心」があるかどうかを教えられたとも拝せられます。

まっすぐに師を求める信心が光った新尼に対し、中途半端な大尼の信心は、その後もなかなか直りませんでしたが、それでも大聖人は粘り強く指導を続けられました。



関連御書
大尼:「大尼御前御返事」(908)
新尼:「新尼御前御返事」(904)

大白蓮華2017年4月号を参考に作成いたしました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-22 05:55 | 御書の登場人物 | Comments(0)

はたらいて、笑おう。


☆働く人生は素晴らしい.

東京駅八重洲口の広告の写真2枚を以下に添付します。
b0312424_20324588.jpg

b0312424_20331486.jpg<写真解説>
白髪の白人壮男性の笑い顔の下に“はたらいて、笑おう”と記された電子版広告です。円柱形の柱に表示されています。
人材派遣会社の広告です。

満面の笑みの白人男性の広告がありました。
「はたらいて、笑おう。」と白文字で書かれていました。「なんて素敵な笑顔とフレーズだろう!」と思いました。
そして心に中で呟いたのです。
「働くことは幸せなこと」・・
「でも、働くことは苦しく、不幸なことでもある」

仕事は楽しいもの。けれど、行き詰ればこれほど苦しいこともない。
仕事とは人生。人生は仕事。生きるイコール仕事。

良い仕事ができ、誰かを幸せにし、また自分が報われたときの幸せ。
それは空気も食事も美味しくする。
お金を沢山払ったから美味しものが食べられる訳ではない。
良い仕事ができた時は、カップラーメンだって御馳走になる。
カップラーメンの記事は、→ここをクリック!

一方、悪い仕事をしたときは最悪だ。
空気は重く、食事は砂を嚙むようなマズさ・・
そんなときは1万円の料理でもウマくない。
だからこそ「はたらいて、笑おう。」しかない。
「はたらいて、泣く」のはイヤだ。

「引きこもり」の人もおられましょう。
仕事は怖いと「チャレンジしない」人もおられましょう。
けれど、自分のできることでいいからやってほしい。
最初は辛いかも知れないし、くたびれるかも知れない。
でも、それが誇りや喜びに変わるのです。
仕事はスポーツと同じ。
ちゃんと継続すればできるようになる。

ガンバレ、地涌の菩薩たち!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-20 05:45 | 希望の哲学 | Comments(6)

続・六難九易(ろくなんくい)


☆六難九易の読み方と意味.


pure_star_3232さんから「六難九易」についてご質問がありました。
ご質問のやり取りの記事URLを以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/26785234
以下に、ご要望もあり、読み方と意味を記します。

六難の読み方.

1.広説此経難(こうせつしきょうなん)
2.書持此経難(しょじしきょうなん)
3.暫読此経難(ざんどくしきょうなん)
4.少説此経難(しょうせつしきょうなん)
5.聴受此経難(ちょうじゅしきょうなん)
6.受持此経難(じゅじしきょうなん)

九易の読み方.

1.余経説法易(よきょうせっぽうい)
2.須弥擲置易(しゅみちゃくちい)
3.世界足擲易(せかいそくちゃくい)
4.有頂説法易(うちょうせっぽうい)
5.把空遊行易(はくうゆぎょうい)
6.足地昇天易(そくちしょうてんい)
7.大火不焼易(だいかふしょうい)
8.広説得通易(こうせつとくつうい)
9.大衆羅漢易(たいしゅうらかんい)

※1. 説(せつ)を「ぜつ」と読む可能性あり。

六難の意味.

1.仏の滅後に悪世のなかで法華経を説くこと。
2.仏の滅後に法華経を書き、人に書かせること。
3.仏の滅後に悪世のなかで、暫らくの間でも法華経を読むこと。
4.仏の滅後に一人のためにも、法華経を説くこと。
5.仏の滅後に法華経を聴受して、その義趣を質問すること。
6.仏の滅後によく法華経を受持すること。

九易の意味.

1.法華経以外の無数の経を説くこと。
2.須弥山をとって他方の無数の仏土に擲(な)げ置くこと。
3.足の指で大千世界を動かして、遠くの他国に擲げること。
4.有頂天に立って、無量の余経を説法すること。
5.手に虚空・大空をとって遊行すること。
6.大地を足の甲の上に置いて、梵天に昇ること。
7.枯草を負って、大火に入っていっても焼けないこと。
8.八万四千の法門を演説して、聴者に六通を得させること。
9.無量の衆生に阿羅漢位を得させ六神通をそなえさせること。

※2. 六難九易(ろくなんくい)は、法華経見宝塔品第十一に説かれています。
九易は想像もできないほど困難なことですが、法華経を受持することに比較するなら容易なことであるとの意味です。



上記内容は、仏教哲学大辞典2001年度版を参照して記しました。
「六難九易」の別記事のURLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/17932426

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-18 00:18 | 仏法用語 | Comments(7)

当て逃げされたクルマの修理


☆5000円で塗装完了.

クルマの塗装の修理の作業写真を6枚添付します。
b0312424_6413148.jpg
b0312424_6414375.jpg
b0312424_6415444.jpg
b0312424_6423692.jpg
b0312424_6424628.jpg
b0312424_6425675.jpg

写真解説「バンパーの塗装がはげている軽自動車の修理手順を順に撮影した写真です」

3週間前、わが家の軽自動車が「当て逃げ」されました。
わが家の軽自動車記事のURLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/20659967
私の奥さんが公共施設の駐車場に停めていたらやられたのです。
奥さん、珍しくご立腹していました。「許せない!」って。
私が「いいじやないか、この程度。僕が直すよ」と言うと「直せるの?」とのこと。
そこで、必殺youtubeを見て、イエローハットで道具を購入しました。
www.youtube.com/watch?v=_xPKhBTw9mY
www.youtube.com/watch?v=1QFLDrJsgSY

修理は写真の順の通りで行いました。
1.ささくれをサンドペーパーで取り除く。
2.パテでへこみを埋める。(1日乾燥させました)
3.サンドペーパーでゴシゴシ磨きました。
4.水洗い+シリコンオフで洗浄しました。
5.シート、テープで周囲を養生しました。
6.同色の塗装エアゾルで何度も重ね塗りしました。
7.養生をはがして終了。

これで塗装まで終わりました。ちゃんとできました。
次の休日に、コンパウンドで磨いてワックスを塗って終りになります。
塗装屋さんに出すと5万円以上するでしょう。
自分でやれば安価にできるものです。

将来、大工仕事もマスターしたいと思っています。
sokafree.exblog.jp/26534290
やりたいこと沢山。あゝ時間が欲しい!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-17 05:09 | 夢修行 | Comments(4)

どっこい生きてる創価の森


☆今も活用される記事たち.

創価の森キャラクター青猫イラストを添付します。
b0312424_18254551.jpg

皆さん、こんばんわ。
私の地区の座談会は昨日の夜でした。
毎回、座談会をどうするか、というのは悩ましいですね。
定番で、フリートーキングがメインでもいい。
でも、ときどきオモシロイ企画、やりたいですね。
「感動」もいいのですか、「面白い」のもあっていい。
旧創価の森ブログには「活動」というカテゴリがあって活動報告をしていました。
今となっては何年も前の古い記事ですが、今もご覧になられている人が沢山おられます。

本日、旧ブログをチェックしてみましたら以下の記事にコメントがありました。
http://sokanomori.exblog.jp/11744897/

「昨年秋に心理ゲーム使わせてもらいました。
最初は乘り気じゃなかった婦人部!
「心の中見られるようでヤダ」と言っておりましたが
一番ノリノリでしたね(#^^#)
とても盛り上がりました!
北海道 網走より 」

深層心理ゲームを実際に行われたとのこと。
それで盛り上がったとの嬉しいご報告でした。
「楽しい企画」も大事ですね。固いばかりでは肩もこる。

旧館では座談会企画をいくつか記事にしています。
以下のURL、今さらですがご案内いたします。
座談会企画:http://sokanomori.exblog.jp/i55/
活動:http://sokanomori.exblog.jp/i4/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-16 18:44 | 創価の森の小さな家 | Comments(2)

アニメ CHILDREN


☆共感できるのはなぜ.

アニメ「CHILDREN」YouTubeを以下に添付します



4分間のアニメですが、深く共感できる内容でした。
このアニメ、19歳のときの私の心情そのものなのです。
暗く悲しい息の詰まるような青春でしたから。
将来、幸せになんかなれないと思っていました。
自在会の皆さまのために以下にYouTubeストリーを申し述べます。

頭の大きな、口にチャックをした男の子がいます。
一匹のイヌが線路に向かって走って行き、機関車に跳ねられます。
男の子はその悲しい現実を無言で見て走り去ります。
この街はそこいら中に煙突が立ち並び黒煙を吐いています。
この黒煙の影響で、空も街も灰色に染まっています。
その街に男の子が通う学校があります。
学校の生徒は、その男の子とまったく同じ背丈、同じ顔、同じ服装をしています。
教師が黒板に文字を書き、それを全員が同じようにノートに書き写します。
体育の授業が始まり、サッカーをしていますが、皆、無表情です。
テストの回答が配られるのですが、全員まったく同じ回答で、全員が100点です。
でも笑顔はありません。全員が無表情でテスト用紙を受け取ります。
学校が終わり、帰宅する途中、またイヌが線路で跳ねられます。
翌日もまったく同じことが繰り返されます。
無言でノートに黒板の文字を書き写し、テストは全員が100点。
サッカーをしてゴールにボールを入れる。
それを拍手する仮面をかぶった教師・・
その繰り返しの生活に、やがて精神を病み、体が震えるようになります。
そして男の子の口のチャックがはじけ飛びます。
すると生徒全員の口のチャックがはじけ飛びます。
それまで従順だった生徒は学校の窓ガラスを割り、授業を放棄して学校を出ます。
男の子が線路の近くを歩いているとイヌが線路に向かって走ってきました。
男の子は、それを見ると走り始めます。
そしてイヌを助けるために線路に飛び込みます。
汽車は男の子とイヌを跳ね飛ばします。
男の子とイヌは道路に倒れます。
イヌは無傷でその場を立ち去ります。
男の子は重傷を負いながらも仰向けになり笑います。
「俺はやりたいことをやったぞ!」というように・・

私の19歳の時の記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26776112

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-15 18:25 | 体験談 | Comments(2)

春到来のプロセス


☆冬を耐えて咲く花.

一カ月あまりの風景写真を連続で8枚以下に添付します。
b0312424_6222248.jpg
b0312424_6223250.jpg
b0312424_623742.jpg
b0312424_6231995.jpg
b0312424_6233314.jpg
b0312424_6234346.jpg
b0312424_6235784.jpg
b0312424_624857.jpg

写真解説「黎明の空に浮かぶ月、太陽が昇る直前の風景、霧がかかる森の風景、朝の菜の花、昼の菜の花、満開の桜、歩道に散った桜の花弁、多種多様な花を咲かせる草地」

この一ヶ月あまりの間に撮影した写真です。
冬が春になる時期の爆発するような草木の変化は凄まじい。
池田先生は語られた。(名字の言4月11日より)
「桜は厳しい冬を耐えて、耐えて、耐え抜いて、ついに迎えた春を歓喜の勝鬨のごとく咲き誇る。勝利と祝賀をにぎやかに繰り広げゆく姿と言ってよい」・・
眼前の桜もまた、歓喜の勝鬨のごとく咲き、にぎやかに散っていく。
あゝ春は桜とともに私の心を青春へといざなう。
輝かしい春。57歳の青春が嬉しい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-13 06:27 | 創価の森の小さな家 | Comments(25)

批判コメントは慎重に願います


☆批判コメントの同志の方へ.


複数、批判的なコメントを書く人がおられます。
私自身が日顕宗を批判しているので「お前が言うな!」とお叱りを受けるかもしれませんが、
「過激な言葉を避けながらコメントを頂けるとありがたい」のです。

誰かが批判的なことを言うと、その考えと違う人が意見されます。
そのコメントに「私はこう思っています」と云うと、やがてスイッチが入り、
対立する意見が野火のように広がります。
「菊川さん、あなたは間違っています。池田先生はそんなこと言ってません!」
私を思ってくださってのご発言ですが、全てを受け入れる訳にもいかない。
私には私の感性ゆえの考えも受け止め方もあるからです。
様々なご意見に過去は全てお付き合いしましたが、今はやりません。
黙して語らないことも多い。自らの意見をあえて述べない。
そもそも意見が違うのは当たり前だと思うのです。
むしろ意見は違っていいのですから。

sokafree.exblog.jp/26741731
この記事に、1979さんがコメントをくださいました。
するとある方が日顕批判の発言内容がオカシイと言われるのです。
1979さんも、公開する菊川もオカシイというのです。
気持は分からなくはありません。
過去、私はその方の気持ちだったことがありますから。
その体験のURLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/16774788

この批判者の方は、以下の記事にも意見されました。
sokafree.exblog.jp/26762246
「(日蓮正宗と)永遠の決別なんかない」
「学会が日蓮正宗を正し、僧俗和合すると確信します」とのことでした。
私は反論しませんでした。「ご意見として承りました」と申し上げた。
けれど私は、「宗門と永遠に決別してほしい」と思っているのです。
その理由は語れば何時間でも語れますが、あえて本日は申し上げません。
そこまで語る時間が作れない。語る時期でもない。
池田先生の新人間革命の記述を待ちたい。

例えば1979さんのコメントを100%支持しているから公開しているのではありません。
また、その他の方が公明党の政策、学会の教義解釈について述べられますが、
それらも100%納得しているから公開しているという訳でもありません。
共感できる部分もあるし、少し考えが違うこともある。
これに中途半端に反応すると、今回のように「菊川はオカシイ!」と言う人が必ず出てくる。
ですから、あえて言葉少なにしたり、語らなかったりします。

過去、私は「防衛戦争容認論」という記事を書きました。
当時、「戦争を容認するとは何ごとだ、ケシカラン!」と大騒ぎになりました。
「菊川に信心はない。メッキが剥がれた」とも批判されました。
北朝鮮が突然、砲撃をしたのです。私はビックリしたのです。
その時、韓国SGIの同志のことを思い、いたたまれなくなった。
正直、腹を立てました。絶対に許せない!と思ったのです。
けれど最終的に、私が謝罪して治まりました。
sokanomori.exblog.jp/15572214

先日、学会の大先輩に防衛戦争の是非を聞いてみました。
あっさり「防衛は権利です」と言われました。
大先輩は次のように付け加えられました。
「大聖人門下の武士は帯刀を許されている。使用を禁ずるなんて指導されていない。
身を守るためには使ってよい。使わず切られて死ねというような宗教なら、私はやらない」

ある人は「国を守るために戦います」と言うでしょう。
ある人は「無抵抗で死ぬ」と言うでしょう。
このように学会員として十人十色の受け止め方がある。
それぞれ、私はオカシイとは思いません。
皆、立場も考えも違うのですから。

学会員の自衛官の同志もおられましょう。
海上保安庁職員も警察官も消防士の同志もおられましょう。
一方で、公明党を批判し、創価の旗を持って「反自衛隊」でデモをする人もいる。
皆、自分の信念に応じて生きているし、生きていい。
学会員だから「対話で解決すべき。実力行使に加担してはならない」とはならない。
もし、そうなら、学会員は自衛官として不適合者になります。
凶悪犯に対して警察官は発砲できなくなる。

ともかく私は、ブログを論争の場にはいたしません。
私は思うことをブログで申し上げているに過ぎません。
その功罪は、読者が取捨選択されたらいいと思っています。
意見の相違を批判するのでなく、「この件はこう思います」なら良いのです。
どうか「※※さんはオカシイ!」と名指しで批判することはご遠慮ください。
以上、ご理解いただければと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-12 05:11 | 創価の森通信フリーダム | Comments(13)

ピクニック用マフィンサンド


☆初めてのマフィンサンド.

ピクニック風景とマフィンサンド調理の3枚写真を添付します。
b0312424_2146198.jpg
b0312424_21235427.jpg
b0312424_21463648.jpg

写真解説「ジュースの保温用袋、調理に使用したマフィン、作ったコロッケサンドの写真です」

先日、ピクニックに出向きました。
sokafree.exblog.jp/26737647
前回(上URL)よりもっと遠い公園を目指しました。

河川敷で、何とアスファルトの土手の道を素足で走っているランナーに遭遇。
「いいなあ、素足なんて。僕もやってみよう!」
そうして靴を脱ぎ、靴下を脱いで素足になって、おそらく2㎞ぐらい歩いたのです。
最初、チクチクして痛かったけど、慣れて気持ちいい・・
「原始人は裸足で歩いた。うん、これは元気になれるかも!」
そんなことを言いながら、ときに走ったりしていた。
奥さんは「大丈夫?無理しない方がいいよ」と心配していた。

で、情けないことに足を痛めたのです。
美味しい手作りバーガーを食べ、意気揚々と岐路につこうとして・・
何だか足の裏がピリピリ痛い。そのうちビッコを引くようになった。
「靴の中に小石でも入っているのかな?」
靴には何もない。靴下を脱いで驚いた。
足の裏が水膨れになっていた。(苦笑い)

結局、歩くには厳しく、帰り道はバスで帰りました。
奥様云く「あなたはいつだって、こうなんだから・・」
私は人がやっていることは多く試すのです。マネをする。
ですから、もし無宗教で宗教を勧められたらやってみます。
学会をやっているから浮気はしませんが、もし無宗教なら、です。
体にいいと聞けば食べてみる、飲んでみる。
そんな性格の私。裸足で喜んで歩いたら・・
今回は大失敗です。でも不思議なんですよ。
あの素足のランナー、けっこうなスピードで走っていた。
あれは何だったのでしょうか?

さて、マフィンサンドは奥さんに指導していただきながら作りました。
卵とウインナーソーセージのサンドの作り方は前回と同じ。
sokafree.exblog.jp/26736969
マフィンは小さいので、もう一つコロッケサンドを作りました。
今回はその新作コロッケサンドの作り方を報告します。

1.マフィン4枚(上下2組)をトースターで軽く焼き、バターとマスタードを塗る。
2.レタス、キャベツの千切りを乗せてマヨネーズをつける。
3.続いてコロッケを乗せてトンカツソースをつける。
4.さらにレタスを乗せ、マヨネーズをつける。
5.その上にもう1枚のパンを乗せて、上から抑える。
6.完成したサンドイッチを1つずつ、アルミホイールに包む。

以上、マフィンのコロッケサンドが完成しました。
さて、この料理の味はどうだったのか。
前回のサンドイッチよりさらにもっと美味しかったのです。
それは4種類のナッツの入ったマフィンの旨さですね。
しかもコロッケサンドはトンカツソースが効いて、実にうまし!
足は痛めましたが、調理は大成功でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-11 05:42 | 料理は魔法 | Comments(2)

食器洗いを楽しむ


水遊び感覚で楽しむ.

わが家の食洗器と消毒の写真を以下に3枚添付します。
b0312424_682026.jpg
b0312424_683519.jpg

b0312424_69216.jpg<写真解説>
食洗器に食器を入れる前、入れた後の写真と、ぽっとのフタを漂白剤で消毒している写真です。

私は有能な主夫になりたいと思っています。
それは、私を支えてくれた家族に恩返しできる十分な能力を身に付けたいからです。
先日は包丁研ぎのご報告をしました。
結果、切れ味が抜群に良くなり、家族は大いに喜んでくれました。
sokafree.exblog.jp/26759944

今回は、誰もができる基本作業「食器洗い」についてお話ししたいと思います。
最初に食器洗いに関するYouTubeを示します。
youtube.com/watch?v=PA1iES0AitA

食器洗いのYouTubeは当たりまえですよね。
でも、他のYouTubeで外国の食器洗い情報には驚きました。
youtube.com/watch?v=htejsk_MNfU
youtube.com/watch?v=KTMscOE7iQs
洗剤で泡立てた容器に食器を入れてスポンジで汚れを落とし、“水洗いしないで”乾燥させるというもの・・ちょっと理解できない。

日本は水資源は空気と同じぐらい無限に存在する不思議な国です。
資源なき国と言われる日本ですが、空気は綺麗だし、水も綺麗で、無限に空から降ってくる。
都会では水道代が高いので節約しますが、田舎では安く、節約しなくても問題ない。
私は田舎育ちなので、水は贅沢に使いたいのです。
そこでジャブジャブ食器を洗っていると、家族が嫌な顔をします。
仕方なく、ある程度、倹約するようにはなりました。
でも、言いたいことがあるのです。「私はギャンブルもやらないし、無駄使いもしていない」
「せめて水ぐらい贅沢させてくれよ!」と。

ともかくお湯の感触を楽しむ。食器の輝きも見て楽しむ。
食器洗いを「水遊び」感覚でしていけばスキルアップできるのではないか。
そんなふうに思いつつ、皿洗いの修行をしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-10 06:13 | 夢修行 | Comments(0)

冬を得て爛漫と咲く桜かな


☆法華経の行者は冬のごとし.


名字の言に、作家・吉川英治の言葉が記されていた。
以下に、その記事を抜粋して所感を述べます。

作家の吉川英治氏が、ある裕福な青年に語ったことがある。
「君は不幸だ。早くから美しいものを見過ぎ、美味しいものを食べ過ぎていることは、こんな不幸なことはない。喜びを喜びとして感じる感受性が薄れていくという云うことは、青年として気の毒なことだ」(吉川英治と私・講談社)
池田先生は、この言葉を紹介しつつ“恵まれ過ぎは不幸”“青春時代の労苦こそ宝”と、若き友に語った。(聖教新聞2017年4月5日)・・

「恵まれ過ぎることが幸福を味わう能力を奪う」との意味か
吉川英治の手が肉体労働者の手だったことは有名である。
人一倍、苦労した吉川氏ゆえに、数々の名作を残せた。
若き日に、夢中になって読んだ「新書・太閤記」。
sokanomori.exblog.jp/10508302
そこに描かれた秀吉の青春に、私は憧れた。

私は地方の田舎に生まれ育った
小学校1年生で小児結核を患い、長期の自宅療養となった。
私が病を克服したのは小学校4年生であり、勉強も運動も遅れて劣等生として過ごした。
通信簿は5段階評価のオール3で、4は1つか2つ、中に2があった。
この幼少期の生活から、私の基礎的能力は低くなった。

中学2年の夏、初めて勉強らしい勉強をして通信簿が一変した。
高校は何とか普通のレベルに行けた。けれど、勉強はしなかった。
こうして私の大学受験は失敗した。

私の人生は、いつも“中の下”でしかなかった
顔も身長も、声もスタイルも秀出たものはなかった。
劣っている自分、役に立たない自分、何をしていいか分からない自分が嫌いで仕方ない。
永遠に健全な人間になれないのではないか、という不安に恐れおののいた。
夢もなく、希望もなく、劣等の自分が情けなくてたまらなかった。
そのどん底で、私は池田先生にお会いした。
sokafree.exblog.jp/26764621

19歳の私は、出口のない息の詰まるトンネルを歩いていた
先生に顔向けできない自分。しかし、周囲は輝いている・・
やがて私は志望校でない大学を卒業して、安月給で働いた。
26歳で結婚。またたく間に家庭は崩壊した。
27歳。私は拒食症と不眠症でふさぎ込んだ。
sokanomori.exblog.jp/15414508

私の人生は27年間、まったく思い通りにいかなかった
私が、普通に歩めるようになったのは27歳以降である。
さらに言えば、本当に美しい人生を発見したのは42歳のときである。
辛酸を舐め、苦悶した40年の歳月によって、確かに私は美しいものを美しく見ることができ、美味しいものを美味しく食べられる人間になれたと思う。
sokamori2.exblog.jp/i34

読者の皆さまに申し上げたいのは、不幸も孤独も、惨めな人生も、幸せを掴むための材料になるということなのです。信心によって幸福に変えられるということなのです。
ありのままの自分で、そのままで幸せになれる。
即身成仏とは、あなたがあなたのままで仏になるということ。
天涯孤独であろうとも、重い障害を持とうとも、私たちは仏になることができる。
仏は、地獄の中でも幸福を得られるのです。

以下に、寿量品の有名な一節を示し、結びといたします。

だいかしょうしょうじ がしどあんのん てんにんじょうじゅうまん おんりんしょうどうかく しゅじゅほうしょうごん ほうじゅたけか しゅじょうしょゆうらく.

大火所燒時 我此土安隱 天人常充滿 園林諸堂閣 種種寶莊嚴 
寶樹多花菓 衆生所遊樂.


譬え業火焼かれているような状態ですら、信心があれば安穏です。
その境涯を掴まなければならない。
そのための信心であり修行です。



追記:苦労し、辛酸を舐める体験がないと広宣流布はできない。
地涌の菩薩の使命を果たすために苦難はある。
そんなふうに思う今日この頃です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-09 09:50 | 体験談 | Comments(5)

朝鮮半島の宿命転換を夢みて


☆韓国SGIに使命あり.

日本を取り巻くアジア情勢はかなりオカシクなっている。
北朝鮮の核ミサイルが日本やアメリカを射程に収める日は遠くない。
そうなれば、アメリカは戦争を始めると噂されている。

「戦争なんかある訳ない」と笑う人がいる。
「それは日本の軍拡の理由付け」と批判する人がいる。
彼らは「自衛隊反対」「平和憲法を守れ」と叫ぶことが世界平和の道と信じている。
しかし、昨日、アメリカはシリアを攻撃した。
オカシナことをするなら攻めるぞ、との意思表示か。
北朝鮮への攻撃が現実味を帯びてきた。

札幌医科大学のシュミレーションでは、東京の上空で長崎型の核爆発が起こった場合、死者は50万人、負傷者300~500万人になるという。
70年も前の骨董品の兵器でもそのぐらいの死者が出る。
核兵器というのは、戦車や軍艦の砲弾の威力とは別次元だ。
政府としては、北の核攻撃を「ありえない」と看過することはできない。
今、敵地攻撃の巡航ミサイル防衛論議が日本でささやかれ始めた。

今、朝鮮半島は動乱の時代である。
韓国の朴氏の弾劾、そして今、反日の左翼運動家が大統領になろうとしている。
一時期、韓国と日本は空前の友好国になっていたのに・・
韓国は、新大統領の誕生で反日運動をさらに拡大するだろう。

アメリカがシリアを攻めた同じ日、聖教新聞に韓国SGIが紹介されていた。
韓国と西日本の地図が示され、首都ソウルの北に一本の線が引かれていた。
一本の線とは北朝鮮との国境線である。
この非武装地帯から首都ソウルまでわずか40㎞。そのソウルでの座談会の紹介であった。
「慰安婦問題や反日運動で、韓国メンバーは肩身の狭い思いをしていないだろうか」
「核兵器を所有した北と対峙する韓国人の恐怖はいかばかりであろうか」
「どうして兄弟の二つの国が、反目し合い、いがみ合うのか」・・
民族が分断されている現実と、戦争になった時に火の海になるであろう首都と、反日運動の対象である隣国の日本との関係が地図から心に迫ってきた。

新聞には大きな一枚の韓国の座談会の写真が掲載されていた。
参加者の視線は背広姿の若い男性に注がれている。
男性は何かを語り、参加者はその男性の言葉に歓喜して拍手をしている。
参加者は、私の地区と同じく、未来部、青年部、壮・婦、多宝のご婦人がいる。
ハングル文字の貼り紙がなければ、韓国だとは分からない。
そこには日本の座談会と何もかわらない風景があった。
嬉しくなった。彼らが朝鮮半島の宿命転換を果たすだろうと思った。

朝鮮半島が二つの国に分断されているように、日本と韓国をも分断しようとする人たちがいる。
70年前の歴史を振りかざし、こぶしを突き上げ、激しく日本を批判する人たち。
その行為に反発し、韓国人を排斥しようとする日本人もいる。
朝日新聞の従軍慰安婦問題の報道には誤りがあったが、その誤りが韓国国民全体に浸透してしまっていて、今も激しい憎しみ合いがある。

反日も韓国人差別も有害極まりない人権問題である。
韓国と日本とは兄弟であり、姉妹ではないか。
私たちは互いに尊重し合い、愛し合うべきではないか。
だのに政治利用したい政治家たちや、また、批判をビジネスにしたい経済人などによって、反日は祭り上げられ、人もカネも票も動く・・
裏で対立を煽っている人間がいる。
あの日顕のように。

私の親友のhanaは在日韓国人である。
hanaの家族は信心強情で皆から愛される家族である。
岡山の県北では、hana一家は有名な学会員だった。
彼と私とは兄弟であり、その家族とは親戚のようなものである。
http://sokafree.exblog.jp/26766723

他にも私は、友人の中国人の身元引受人にもなっている。
中国人も韓国人も、日本人と何も変わらないことを知っているからこそ、今の韓国や中国の異様な反日教育を私は憂うのである。

ともかく、これからもアジアの国々は対立を続けるかも知れない。
しかし、私たち創価学会員は隣国との友好を祈り、行動する。
じっとこらえて、今に見よ!と、こぶしを握り締めながら。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-08 06:44 | 紛争・災害ニュース | Comments(1)

続・聖教新聞の四コマ漫画


☆「ちーちゃん家」はリアル.

聖教新聞の四コマ漫画の写真を以下に添付します。
b0312424_0374621.jpg

今さら「ちーちゃん家(ちーちゃんち)」の漫画を知った。
そのオモシロさに感動し、以下の記事を書いた。
sokafree.exblog.jp/26768961
その翌日、続編の四コマ漫画がまた面白かった。
続編のストリーは次のような内容でした。

猫用ベッドに入らないチロ(猫)にお父さんが話しかける。
「なんだ、チロ。新しいおうち、気に入らないのか?」
チロが興味を示さないので、お父さんはベッドを抱えて犬に声をかける。
「じゃあ、プーちゃん、使うか?」
「ふかふかで気持ちいいぞ!」
(犬のプーちゃんはトイプードル)
でも、プーちゃんも購入したベッドに入らない。
見ると宅配の段ボール箱に猫と犬(チロとプー)が入っている。
喜んでくれると思ったお父さんの「おうち作戦」は失敗した。
呆れたお父さんは「なんで!」と叫ぶ。
物語は、猫用ベッドにお父さんが座って本を読んでいるシーンで終わる。
その光景を、買い物帰りのお母さん?が「何だろう」と見ている、というオマケ付き・・

やっぱり、オモシロイのです。価値ある四コマ漫画です。
これは空想の物語ではないと思います。リアルな面白さがある。
わが家でも同じことがある。だから余計に面白い。
で、リラックスラッキーの記事を以下に4つご紹介します。
sokanomori.exblog.jp/20794108
sokanomori.exblog.jp/20726815
sokanomori.exblog.jp/19291009
sokanomori.exblog.jp/15084654



尚、ちーちゃん家(ちーちゃんち)ですが、何だか親近感があると思ったら・・
ちーちゃん家→ ちーちゃんな家→ ちーさな家→ 小さな家。
ほら、創価の森の小さな家(いえ)と親戚ですね。(笑い)
創価の森の小さな家は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-07 00:48 | 聖教新聞 | Comments(3)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

やったー! 千早さんとし..
by 1979 at 01:22
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 22:21
凡ちゃん ありのままがい..
by ちよ at 19:35
1979さん、コメントを..
by 千早 at 17:16
依正不二(依法=環境と、..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 10:16
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:32
へえ~~ こんな便利なメ..
by 千早 at 00:04
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:42
あ、これ以前に見かけたこ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 17:14
1979さん、永遠の凡夫..
by sokanomori3 at 05:45
e永遠の凡夫さん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:43
(^^♪ こんにちは。 ..
by 1979 at 19:16
こんばんは! (^^♪ ..
by 1979 at 19:11
<星の使い>より ..
by 1979 at 18:37
ある昔話を思い出しました..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 14:57
人間誰しも、欠点はありま..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 13:11
花さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 06:01
こんばんは!初コメントま..
by 花 at 22:56
ルピナスさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:26
福島の壮年さん、とろサー..
by sokanomori3 at 06:19

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア