カテゴリ:未分類( 25 )

Introduction


創価の森通信
FREEDOM
Youtube「森へ行きましょう」を以下に添付します

 


☆創価の森通信は創価学会自在会の同志と一緒に歩むブログです。
以下は別ブログの最新記事です。(別館は音声ソフト対応ではありません)
2017年3月23日 <別館> たった一人になっても戦う創価学会仏
2017年3月21日 <別館> 学会支配を狙う宗門の妬みと欲望の命
2017年3月19日 <ひらがな御書> 221.檀越某御返事
2017年3月18日 <別館> バカ騒ぎだけをしている議員の問題
2017年3月18日 <ひらがな御書> 220.四条金吾殿御返事
2017年3月17日 <別館> 何のために生まれてきたの?
2017年3月14日 <別館> 創価学会仏は絶対に負けないのです
2017年3月13日 <ひらがな御書> 219.報恩抄送文
2017年3月12日 <ひらがな御書> 218.報恩抄



一部の許可画像を除き、創価の森ブログ内の画像関係のコピー・転載等の無断使用を禁じます。「魚拓」にとることも禁じます。

ひらがな御書ホームページここをクリック!



by sokanomori3 | 2017-12-01 01:01

奇怪な森友学園の大騒ぎ


☆何のために騒いでいるの?

学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が23日、証人喚問となった。
結果、野党各党は首相夫人の昭恵氏の証人喚問を要求したという。
民進党の蓮舫代表は記者会見で「問題は幕引きでなく、幕が開けた」と指摘したらしい。
「昭恵夫人に国会で(籠池氏と)同じ条件の証人喚問で話してもらいたいと要求していく」
こんな風に言っているというのだ。
共産党の小池晃書記局長も会見で「(昭恵氏も取引に)関係していた疑いが極めて強い。徹底解明が必要だ」と強調したという。

一国の総理大臣夫妻が、どう見てもまともでな人と同等の立場となり、国会で大騒ぎ。
野党は倒閣の道具なら何でも使うということか。
http://sokamori2.exblog.jp/26727430/
http://sokafree.exblog.jp/26726283/

宗門が池田先生を蹴落とす作戦と酷似している。
http://sokamori2.exblog.jp/i49/
同じように「安倍晋三を攻めろ!」とマッチポンプ。
チカラがないからスキャンダルで大騒ぎするしかないのか。

もともと森友学園の問題だったのに、どうして首相夫妻の問題になっているのか。
民進、共産は本当にオカシナ政党だと思います。
二重国籍問題に答えない蓮舫。「お前が言うな!」と言いたい。
民進はいつから共産党路線になったのか。
批判、批判、大騒ぎ。批判、批判、バカ騒ぎ。
正常な人間のやることとは到底思えないです。



この記事は後日消去します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-24 06:09

邪宗門の僧の境涯


☆妬みと欲望の虜の命.

新人間革命でついに先生のお気持ちが語られました。
「(宗門は)妬みと欲望の虜になった」・・
言葉を変えれば「恨みと欲望」=「修羅と畜生と餓鬼」の命でしょう。
醜くく汚わらしい、卑しい心根の天魔たち。

大山の章は「起承転結の起」です。
邪宗門の真実の姿は、むしろこれから語られることでしょう。
以下に<別館>の最新記事を示します。
sokamori2.exblog.jp/26732194

さて、話は変わりますが明日から「ピクニックシリーズ」を書きます。
珍しく、私自身の写真を公開するつもり。
ご期待なさらず、お楽しみに!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-21 05:24

池田先生の決意


☆学会を永遠ならしめる.

聖教新聞に池田先生の詩が掲載されていた。
以下にその文章を抜粋し、所感を述べる。

未来の一切は後継者で決まる
若い人が命を継いで立ち上がってくれれば、
将来も永遠に勝ち続けることができる。
滔々たる人材の流れをつくった人が本当の勝利者である。
“後継”と“後続”とは異なる。
後方の安全地帯に身を置き、開拓の苦労も知らず、
ただ後に続く“後続の人”に、
“後継”の責任を果たすことなどできようはずはない。
“後継の人”とは、勝利の旗を打ち立てる
“先駆の人”でなければならない。(中略)
「師弟」に生きる人は強い。
断じて、勝っていける。
私は、師弟の道に徹しゆく本物の師子をつくりたい。
一騎当千の力ある師子を育てたい。
いかなる嵐にも微動だにしない正義の師子を、
正義の師子を一人でも多く育てたい。
(2017年3月4日、四季の励ましより)



先生の切実な思いを知り、考えさせられた
私は後継の弟子とは到底言えないな、と思った。
まさに先生が言われる後続の弟子でしかないから。
師子の尾の青バエの信心である。学会を背負うような偉大な学会員ではない。
こんなことを申し上げるのもなんだが、私は一人前で満足してしまう。

広宣流布に生きる先輩の後ろ姿を見てきた
私はそういう師弟不二の輝かしい先輩の人生を心から尊敬している。
それは若き男子部、学生部も同じく尊敬している。
彼らはこの世で一番美しい、憧れの人たちである。

私は平凡だ。でも、だからと言って遊んでいる訳ではない
ちいさな平凡な信心しかないけれど精一杯日々を生きている。
私にも小さいながらも使命がある。私にしかできない使命がある。
一騎当千ではないけれど、私らしい広宣流布を歩みたい。
石垣も大きな石がある。小さな石もあろう。
私は小さな石。でも誇りを持って生きていこう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-11 06:05 | Comments(10)

1年の終わりに


☆銀杏の成住壊空.

イチョウの木の夏から冬にかけての4枚の写真です。
b0312424_15341434.jpg
b0312424_15342643.jpg
b0312424_15343618.jpg
b0312424_15344826.jpg

写真解説「大きなイチョウの木を定点で撮影した4枚の写真です。1.夏のイチョウ(青い葉)。2~3.秋のイチョウ(黄色の葉)。4.全ての葉を落とした状態」

イチョウの木から小さな葉が萌え出た春。
灼熱の太陽を繁茂した葉で遮り、涼風を吹かせてくれた夏。
イチョウは木枯らしの吹く冬の初め、一斉にその葉を散らした。
イチョウの葉にも生死あり。成住壊空(じょうじゅうえくう)あり。
この1年も元旦より生まれ、大晦日に終わる。
1年にも生死あり、成住壊空あり。

苦しいことも、悲しいことも、終わり良ければすべて良し。
2016年が終わりました。それは輝かしい次の年の始まりでもあります。
生き死にを繰り返す年の瀬。その幸せに感謝したい。
友人、近隣、地域、職場の皆様、お世話になりました。
ありがとうございました。

成住壊空の過去記事はここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-12-30 15:48 | Comments(2)

鳥越氏の敗北に学ぶ


☆油断と慢心と焦りで敗北.

民進、共産、社民、生活が反転攻勢に望みをかけた都知事選でした。
有名人の鳥越氏を担ぎ、自民の分裂選挙に勝機を見出した。
しかし鳥越氏は、見るも無残な敗北に終わった。
勝ったのは支持政党のない小池氏で圧勝でした。
小池氏勝利の記事は、→ここをクリック!

敗北は自民、公明、こころが担いだ増田氏も同じです。
けれど、鳥越氏の場合は、増田氏の敗北の比ではありません。
致命傷ともいえる醜態を演じたから。
増田氏は負けましたが、増田氏自身の名誉は傷ついていない。
一方、鳥越氏は2つの意味で信用の失墜になった。
1つは能力の問題、2つにモラルの問題です。
能力の問題とは政策の欠如であり、モラルとは女性問題です。

鳥越氏の発言は、日々に信用を失墜させました。
立候補の最初の発言は「突然の出馬でちゃんとした公約とかもできていないんで」と言った。そして、選挙戦が開始された直後の発言から終始、具体性を欠く発言を続けた。
「住んでよし、働いてよし、環境もよし」・・
鳥越氏の発言は公約でもなんでもないものだった。
そしてさらに数日後、4つめのよしが加わった。
「学んでよし」・・具体性のない意味不明の言葉でした。
支援者たちはガッカリしたのではないだろうか。

この鳥越氏が致命傷を負ったのは女性問題。
60歳を超えた時点の鳥越氏は、当時20歳の女子大学生をホテル、別荘に連れ出したという。しかし、関係はなく、だから無実だと主張した。
各種マスコミは「個人授業でもあるまい」と批判した。
彼はホテルや別荘に行ったことは認めているから、これでは、頭かくして尻隠さずである。未遂と言われても仕方あるまい。
ただ、スキャンダラスな報道は単なる誹謗中傷になりやすく、実際に何もなければ「セーフ」である。あくまで法律上のことですが。
問題は「選挙妨害」「告訴」と言うだけで、何ら説明がなかったこと。
ジャーナリストとしてのスキルは発揮されませんでした。

このような問題の果てに、鳥越氏は不利になりました。
そして最後は「改憲反対!戦争法案阻止!」の発言だけになった。
結果、氏は負け、そして氏は醜態を演じただけになったのです。
得るものは何もなく、ただ生き恥をさらしたに過ぎない。
敗北の原因は、有名人を担げば勝てるという油断と慢心であり、焦りから熟慮しなかった4党執行部の怠慢も原因でしょう。

私は学ばさせていただいた。人生の総仕上げでの醜態は避けるべきと。
過信し、世の中を甘く見て、周囲の言葉に乗せられての曖昧な勝負は“勝ち目のないギャンブル”に等しい。世間は甘くないのである。
「このような老後にだけはしてはならない」
そのことを痛感させられた選挙でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-08-03 22:35 | Comments(0)

新しい週の初めに


☆街で見かけた電気バイク?の写真を添付します。
b0312424_6134744.jpg

街で奇妙なオートバイを見ました。
エンジン部分が全てカバーで覆われていました。
充電式の電池なのでしょうか。大きさは50ccの原付ほどの大きさ。
音がしないオートバイだとしたら静か過ぎて、通行人が気付かず危ないかも・・
そんなことがふと頭を過りましたが興味あります。^^
乗ってみたいですが、高額でしょうね。
さあ、新しい週の初め。今週もガンバリマス!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-06-27 06:19

妙とは蘇生の義なり


☆不撓不屈の大九州たれ!

以下に、聖教新聞に掲載された池田先生の随筆の抜粋を示し所感を述べます。
尚、文章を短く記載するため、文章の一部を改変しました。

熊本県、大分県で起こった大地震により、被災された全ての皆様に、心よりお見舞い申し上げます。(中略)
甚大な災難が、突然、人々の絆を断ち切るがごとく襲いかかる時、その試練をはね返すものは、我ら民衆の、何があっても共に守り合い、生き抜いていくという誓いであり、祈りではないでしょうか。
自分も負けない。決して屈しない。
とともに、苦しんでいる人を絶対に置きざりにしない。
手を取り合い、支え合って、断固と乗り越えてみせる・・その最も強く温かな心を燃え上がらせ、進んでくれているのが愛する九州家族です。(中略)

1981年(昭和56年)の師走、永久に忘れ得ぬ歴史があります。
競い起こる三障四魔の迫害の嵐と戦い、必死に激闘する大分、熊本、そして福岡の同志の元へ私は飛び込び込みました。
大分で私が発表した長編詩「青年よ、21世紀の山を登れ」は、即日の作業で聖教新聞が伝えてくれました。
阿蘇の白菊講堂への道で、若き友の手作りの凧を仰いだことも私は忘れない。
あの竹田の岡城址、さらに熊本市の壱町畑(いっちょうばた)公園で結んだ、不滅の師弟の一会。皆と歌った荒城の月(こうじょうのつき)と田原坂(たばらざか)は、我らの胸に轟き渡っています。
「雨はふるふる 人馬はぬれる 越すに越されぬ田原坂・・」
創価の師弟に越せない坂はありません。(中略)

わが熊本の同志よ! わが大分の同志よ!
世界壱のの勇気と同志愛で先駆する、わが大九州の勇者たちよ!
断じて、負けるな! 今こそ不撓不屈たれ!
異体同心と変毒為薬の凱歌の歴史を頼みます。
(以上、聖教新聞4月20日から抜粋)

法華経題目抄
 (947ページ)から「妙とは蘇生の義なり、蘇生と申すは蘇る義なり」の御文を引用され、池田先生は次のメッセージをくださいました。
「何があっても共に守り合い、生き抜いていく」
「自分も負けない。決して屈しない」
「苦しんでいる人を絶対に置きざりにしない」
これが師匠の心なんだ、創価の心なのだと噛みしめつつ拝しました。
先生の指導は、どれをとっても心から納得できます。
この指導は、九州のメンバーだけのものではないと思います。
今、苦難の只中にある人々が全員、当てはまる指導です。
苦難の坂を必死に登る九州の皆さま。
どうか、この大災害を乗り越えてください!
どうか、不撓不屈であってください!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-04-21 21:52

エクアドルM7.8大震災


☆M7.8の大地震で死者多数.

16日、南米のエクアドルでM7.8という巨大地震が発生した。
エクアドルは、ブラジルの西、ペルーの北に存在する。太平洋に面する1570万人の国で、本土から1,000㎞離れた太平洋上にガラパゴス諸島を領有する。
被害は甚大で、今時点で272人が死亡、2500人を超える負傷者が発生しているという。今も生き埋めになっている市民が多数存在している。
この大地震は、熊本地震と同時期に発生した。とにかく乗り越えるために、考え得るすべてを考え、成しうるすべてを成さねばならない。
苦難は波のごとく押し寄せる。だが、われらは負けない。
われら、地に倒れなば、地よって立つべし。
苦難はわれわれを鍛え、強くすることだろう。
太平洋を挟んで、今日も巨大地震との戦いは続く!
熊本地震は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-04-18 22:56

期待できるiPS細胞研究(記事紹介)


☆ガンも治るiPS細胞のチカラ.^^

先日、iPS細胞で目が見えるかも知れないという記事を書いた。
そのiPS記事は、→ここをクリック!
本日は、京都大学の研究グループが、ガン細胞をやっつけるiPS細胞を開発したとの報道がなされた。白血病すら治せるのだからスゴイ!^^
そのこと、短いですが<別館>に書きました。
その別館記事は、→ここをクリック!
まるで手塚治虫のマンガの世界が繰り広げられております。21世紀は、そんな時代になると子供の時思い描いていたが、まさにそんなことに。
それにしても手塚治虫、まるで預言者のようです。
だとすると、鉄腕アトムも本当に生まれるかも知れない。^^
北朝鮮の核問題、中国の海洋支配、中東のISなど、うんざりするようなニュースばかりのこの頃、「こうでなくっちゃ!」という嬉しいニュースでした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-16 21:38


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

ちよさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:24
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:18
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:14
千早さん 投稿時間が 1..
by ちよ at 21:11
さてさて、今回の籠池氏の..
by 福島の壮年 at 18:20
丘を越え行こうよ 口笛吹..
by 千早 at 11:18
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:11
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:08
うんていと 逆上がり い..
by ちよ at 05:43
こんばんわ、菊川さん。い..
by とろサーモン at 22:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:30
菊川さんがどんなに ひら..
by 千早 at 23:29
確かに、インドの人たちに..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:45
大阪の学校のこともそうで..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:28
投函する時ドキドキする。..
by 千早 at 13:47
確信を持ちたい非公開さん..
by sokanomori3 at 06:09
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 05:57
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:50

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア