カテゴリ:未分類( 32 )

Introduction


創価の森通信
FREEDOM


youtube「なごり雪-イルカ 」を以下に添付します




☆創価の森通信は創価学会自在会の同志と一緒に歩むブログです。
以下は別ブログの最新記事です。(別館は音声ソフト対応ではありません)
2018年1月18日 <ひらがな御書> 268.太田殿女房御返事
2017年1月17日 <別館> 第一次宗門問題当時の池田先生の心境
2018年1月13日 <別館> カヌー選手はなぜ犯罪者になったか
2018年1月11日 <別館> 私は金持ち父さんに憧れません
2018年1月9日 <別館> 三流週刊誌で学会員をいじめた悪僧の話
2018年1月7日 <ひらがな御書> 267.光日上人御返事
2018年1月6日 <別館> 年始スペシャル(1週間記事?)
2018年1月4日 <ひらがな御書> 266.光日房御書



一部の許可画像を除き、創価の森ブログ内の画像関係のコピー・転載等の無断使用を禁じます。「魚拓」にとることも禁じます。

ひらがな御書ホームページここをクリック!



by sokanomori3 | 2018-11-01 01:01

東京大脱出(大雪から逃げる)


☆戦わないで逃げる.


東京の雪と帰り道やバス停の写真4枚を以下に添付します。
b0312424_19490598.jpg
b0312424_19491367.jpg
b0312424_19492664.jpg
b0312424_19545336.jpg

写真解説「1枚目は東京に降り積もった雪。2枚目は帰りの駅の混雑状況。3枚目はバス停の長蛇の列。4枚目は自宅の軽自動車に降り積もった雪の写真です」

関東を大雪が襲うということで早く仕事を終えて脱出しました。
まだ午後5時でしたが、考えることは皆同じでした。
電車は満杯で、しかもノロノロ運転でした。
何とか自宅の最寄り駅に到着しましたが・・
タクシーは1台もなく、バス停に長蛇の列。
5分ほど並びましたが、バスは来ないと判断しました。
結局、雪道を徒歩で帰宅したのでした。

勝てない相手とは戦わないことですね。
逃げることも価値ある戦い方です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-01-22 20:55 | Comments(0)

週初めに気合が入らない(消す記事)


☆今夜、大雪になるらしい.


2014年の東京の大雪の時のYouTubeを添付します




このYouTubeは、降り積もった雪の中をただ歩くというもの。
2014年の大雪のときのものだそうです。
今夜、こんなことになるらしいのです。
いつもなら、気合を入れて出社する月曜日ですが、イマイチです。
というか、行きたくない。休みたい。(笑い)
何だか、難に向かって行くようなものだから。
仕事帰り、靴下もぐちょぐちょになるんだろうし・・
でも、仕方なし。行きます。

2013年の大雪の時の記事URLを以下に示します。
http://sokanomori.exblog.jp/19137126/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

by sokanomori3 | 2018-01-22 05:56

座談会企画「新春の一句」


☆一句を添えて発言する.


私が書いた座談会用の書初めの写真を以下に添付します
b0312424_23090269.jpg

写真解説「大きな半紙に墨字で、元旦に 網戸修理で 親孝行、と書きました」

昨日、座談会で「新春の一句」コーナーという企画を実施しました。
座談会に各自、俳句や川柳、和歌などを持ち寄り、発表するというもの。

私は元旦に行った網戸修理を詠い、親孝行の決意を発表しました。
「えー、今年から実家の修繕をコツコツやります。今回は網戸でしたが、今後はキッチン、脱衣場のリフォーム、蛇口の交換、壁紙や襖の張り替え、いろいろなことをやるつもりです。そのうち何でもできるようなったら、皆様のお困りごとは私がお力添えします!」
そんな言葉を添えて発表いたしました。

「今年こそ 友を連れ出せ 座談会」と仏法対話の決意を表明する人、池田先生のような素晴らしい和歌を発表する人など、思いの他、盛り上がりました。
私の元旦の網戸修理記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/27930203/

ちなみに、私の地区には、俳句歴30年の出版業界の専門家がいます。
この人が、発表された歌を批評してくださいました。
例えば、「元旦」「今年」はちゃんとした季語なんだとか。

以下に、座談会企画の過去記事URLを添付します。
http://sokanomori.exblog.jp/i55/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ


by sokanomori3 | 2018-01-21 06:06 | Comments(4)

通勤トラブルの解決方法


☆通勤途中も利他の人生.


電車のドアに挟まれたビニール傘の写真を添付します。
b0312424_23513552.jpg

写真解説「ビニール傘がドアに挟まれた状態を車両内から撮影した写真です」


今年は雨続きの年で、いつも雨が降っています
外出には傘が付きもので、カバンには携帯用の傘が入っています。
上記写真は、満員電車の中、ビニール傘が挟まっているのを撮影したものです。
傘の持ち主の女性はしばらく気付きませんでしたが、次の駅で反対側のドアが開き、引き抜こうとしましたが抜けませんでした。
そこで私が「任せてください」と言って、引っこ抜いたのでした。

長く電車通勤をしていますと様々な問題に遭遇しますが、とくに悲惨な出来事はケンカです
ささいなことで口論となり、売り言葉に買い言葉でケンカになります。
殴り合いのケンカは滅多にありませんが、小競り合いは多いです。
私はケンカが始まると、多く仲裁に入り制止させます。
かれこれどうでしょうか、今まで7件程度の仲裁をしました。

見知らぬ同士のケンカは些細なことから発生します
押した、押された。足を踏んだ、踏まれた。
密集した空間で、イライラしていることもあるしトラブルになりやすいのです。
とくに、電車を降りてのケンカに発展するケースはかなり危険です。
私は向き合っている男性の間に体ごと滑り込みます。
「やめましょう、やめましょう。つまらないですから」
そう言って、対峙する二人の間でさらに言います。
「これで終わりましょう。ケンカはつまらない!」
そうして私は、人の良さそうな人の手を掴み引っ張ります。
そして私の前に押し出して、私が後ろになり出口に誘導します。
こうして、二人の間に入りケンカを制止するのです。

一昨日もケンカを解決しました
私の座っていた座席の左隣の二人がケンカを始めました。
腕組みが邪魔だ、なんだその言い方は、とのことで口論が始まりました。
座席に並列に座っているし、電車は動いている。
二人はどんどんヒートアップしていく。
「これ以上放置すると、大変、危険なことになる」と感じた私は、即座に声をかけました。

お二人さん、分かります。分かりますけれど仲良くしましょうよ
ケンカはつまらない。ねえ、まあ、これで終わりにしましょう」
にっこりと微笑みながら、優しい声で言いました。
すると二人は、渡りに船とケンカをやめてくれました。
私は目的の駅に到着、下車したのですが、ケンカをしていた二人のうちの一人も下車しました。
駅の改札口を出ると、その一人が笑顔で言うのです。
「ありがとうございました。助かりました」
その顔は、歓喜に満ちた素晴らしい笑顔でした。

このようなことを申し上げると「菊川さん、巻き込まれるよ、危ないよ」とよく言われます。
確かに、一度、危ない目に遭ったことはあります。
でも、私も57歳で、人を見る目があるので大丈夫です。
勿論、ひどい目に遭うかもしれません。
でも、凶悪な人でない限り、私はケンカを仲裁し続けます。
見て見ぬふりは、できませんから。

尚、写真の傘の下の黒いカバンは私のカバンです。
パソコンやお弁当や書類などで重いカバンです。(笑い)
自転車のかごに入っているカバンの記事を以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/25077490/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-10-20 05:37 | Comments(34)

前略 千早さま(38)


☆動けん病に負けるな!


夏のシーズン、千早さんに「動けん病」が出てしまった。
動けん病(うごけんびょう)とは「体が動かなくなる病気」ですが、ときどき出る。
(動けん病は、正式な病名でなく、千早さんがそう言っている)
でも、見事に回復されたとのこと。おめでとうございます!
harutonaru.at.webry.info/201709

最初は「そんなことがあるんだろうか?」と思っていました。
ブログのコメントに、過去にも精神的な病の人が沢山コメントをくださった。
最初は精神的病について、まったく理解できませんでした。
多くが「ウソを言っているのではないか」と疑いました。
とくに「うつ病」は「意志の弱い人の言い訳」と思っていたのです。
今から思えば、それは私の無知の偏見でした。
心は体と密接な関係がありますよね。心の病、辛いですよね!
私自身も、ストレスから難聴になったし、今も続いています。
sokafree.exblog.jp/27056528/
私の心は大丈夫ですが、ストレスが体に出るのです。
心に出るか、体に出るか、あるいは双方だったり・・
それぞれに違いますが、人生は皆、大変ですね!
それを乗り越える。信心でガンバル!(^^)

さて、一昨日、悲しい事故がありました。
大阪の駅で、視覚障がいの人がホームから転落してはねられました。
白杖(はくじょう)で歩いていて線路に落ちたのです。
幼少期からの全盲の男性で、59歳だったといいます。
馴れた駅だったそうですが、落ちてしまった・・
それを新聞で読んで、すごく悲しくなりました。
視覚障がいの人の交通事故、気を付けないといけません。
周りも、助けてあげないといけないです。
どうか千早さん、くれぐれも気を付けてくださいね。
あなた様には、益々、輝いてほしいですから。



追記1:過去のホーム転落事故の記事を以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/26116586/

追記2:この記事を書いたら、千早さんがクルマに引かれたことを記事にされました。
しかもひき逃げだとのこと。間一髪でしたね。(^^:
その恐怖体験、以下のURLに示します。
harutonaru.at.webry.info/201710

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-10-03 14:38 | Comments(11)

もう一日お待ちください


☆反転攻勢はあした.^^

かなりオンボロな古民家の写真を以下に添付いたします。
b0312424_2357383.jpg

創価の森の小さなオンボロな家の写真です。(笑い)
でも、なかなか味のあるオンボロさですよね。
さて、ついに食当たりが治ったようなのです。(長かった!)
ただ、仕事もモウレツで、帰宅も遅く、記事らしい記事も何も書けませんでした。
<別館>など、ご質問もいただきながらご返事すらできません。
今日の仕事を終えれば、うん、きっと大丈夫でしょう!^^
オンボロな家は、悪くなることはあってもよくはならない。
しかーし、私はまだ青春を生きておりますから、これから回復します。
今日までパワーダウン、お許しを!
コメント返信遅れも、お許しを!
軽い回答したくないので。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-09-15 06:43

休館日


☆似た写真でスミマセン.

飼い猫ラッキー丸洗い写真の別写真を以下に添付します。
b0312424_23134031.jpg

写真解説「シャンプーで泡にまみれた飼い猫ラッキーの写真です」

前回の記事は「ぽきぽきラッキー映像」でした。
sokafree.exblog.jp/27089140/
これはそのときの「あまり写真」です。
親バカですがラッキーはかわいいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-09-06 05:01

今日だけ夏休みモード


☆完全休日で過ごす.

今日だけ、完全夏休みモードです。
お盆休み返上で、8日間連続勤務していたのです。
今まで掃除、整理整頓、買い物などをしていました。
水槽の掃除も完了。メダカたち、喜んでいます。(笑い)
長く苦しめられたサカマキガイも、ついに死滅したようです。
過去:sokafree.exblog.jp/25984877/
現在:sokafree.exblog.jp/27050437/

以下に癒される水槽のYouTuneを添付します。
youtube.com/watch?v=A12y5sngHJM




本日、清掃したベランダ水槽と購入した水草の袋写真を示します。

b0312424_18165038.jpg
b0312424_1817111.jpg

17時50分.(疲れがとれない)

疲れが全然とれません。8日間連続出勤、しかも重要な仕事でしたから。
働き過ぎなんですよ。何でこんなに働くのか・・
それはカネ儲けじゃないからです。まあ、世のため人のためなんです。
仕事はそれでもおカネがもらえる。おカネがもらえない仕事もしていますよ。
ボランティアもするし、友人付き合いも全部同じ。
学会活動だって、私は仕事と同じと思ってます。
でもね、頑張り過ぎるとだめ。疲労MAX。
何だか、燃え尽きたという感じです。

19時15分.(ひらがな御書のこと)

異体同心事(いたいどうしんのこと)を収録しました。
246編目です。一歩一歩前進というところ。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1463.html
「いたいどうしん なれば ばんじを じょうじ どうたいいしん なれば しょじ かなう ことなし」
異体同心 なれば 万事を 成し 同体異心 なれば 諸事 叶う 事 なし.
異体同心とは創価学会、同体異心とは日顕宗のことです。

21時40分.(8月15日以降の戦争のこと)

24時間って、本当にあっという間ですね。
やることが沢山あるって、きっと幸せなことなんでしょう。
でも、もう少し、時間の流れがゆっくりだったらなあ。
今日は誰とも会わず、自分がしなければならないことを黙々と果たす・・
そんな自分自身を取り戻す1日でした。

夜、「樺太の戦争」のTVを見ました。
8月15日以降に、ソ連が樺太、千島列島に侵攻したことを知りました。
無条件降伏をしている日本をソ連は攻め、何千人もの人々が死亡した・・
何ということでしょう、そのような恐ろしい歴史があったとは。
私の義父が樺太の出身であり、その苦労話の一端を聞いていたのですが、ここまでの悲劇があったことに、驚きもし、腹立たしくもあり、虚しさもあり・・
沖縄の悲劇と共に、この北の悲劇も私たちは忘れてはならない。
歴史から抹殺してはならないと思いました。

日本はドイツや朝鮮半島のように分断国家にならなかった。
でも、それは良かったと言いきれない。良かった、なんてことはない。
幾多の、本当に無残な被害者の犠牲が無数にあったこと・・
戦争は残酷だ。戦争は悲惨だ。池田先生がおっしゃる通りです。
忘れまじ、北の悲劇。忘れまじ、戦争の悲劇。

以下に沖縄の戦争の記事URLを示します。
sokafree.exblog.jp/i71/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-08-14 17:10 | Comments(2)

生まれて生きる


☆早朝のスケッチ.

若竹と整地された畑の写真を添付します。
b0312424_7185517.jpg
b0312424_7191132.jpg
b0312424_7192526.jpg

写真解説「まっすぐ伸びる若竹と綺麗に整地された畑の写真です。畑には鳥の足跡があります」

ゴールデンウイークの最終日、早朝散歩に出かけた。
鳥たちがあちらこちらで鳴いている。
どうして鳥はあんなにも鳴くのだろう。
美しい朝に歓喜して鳴くのだろうか。

竹林に一本の若竹を見つけた。
茶色の皮をところどころに残して若竹は立っていた。
生まれて生きる。まっすぐ天空へと伸びていく。
その青春の姿をじっと眺めた。

林を抜け、畑を抜けて、やがて見慣れた街を歩いた。
ときどき外食するカレー屋に人影が動いている。
見ると2人の若者が店の窓ガラスを無心に磨いている。
朝の5時。夜勤なのか、早朝勤務なのか。
年中無休の店舗のクリーニングはこんな時間にやっているのか。
労働の姿というのは何と美しいものだろう。

さらに歩くと高齢の男性が道を掃除していた。
ほうきと塵取りを持って落ち葉を掃いている。
自分の家の前だけではない。向こう三軒両隣を綺麗にしている。
黙々と無言で、ほうきの音だけがしている。
その姿は清々しい。清掃とは心をも綺麗にするものだ。
いつか私がすっかり高齢になったら・・
この人のように家の周りを清掃できる人になりたい。

私はさらに歩いた。そうして考えた。
人は生まれて生きる。そのとき、なぜ生まれてきたのかと考える。
何のために生きるのかと自らに問う。
このように多くの人たちが「なぜ」と考える。
でも私は違った。私は学会の家に育ったから。
なぜ生まれたか、何のために生きるかは考えなかったのです。
答えがあったから。「地涌の菩薩」という答え。

使命があって生まれてきたという認識が思春期にすでにあった。
そしてその使命を果たさなければならないとも分かっていた。
けれど、使命の具体的なカタチは見えなかった。
能力もない。体力もない。取り柄というものがない。
何をしても中途半端。そんなだめ人間の自分が嫌でたまらなかった。
いつも「何か良いことをしなければならない」という心の中の声があった。
でも考えただけ。何ができるのかが分からなかった。

40歳のとき窓際族になって本気で信心をした。
http://sokanomori.exblog.jp/15414796
そのとき気づいた。本当の自分の使命を。
以来17年、まっすぐその道を歩いてきた。
悔いなき道。心から納得のできる道。それは創価学会員としての生き方だった。
早朝の道を歩きながら、私は過去を振り返り今を確かめる。
そしてさらなる未来の姿を見据える。

自宅に着いた。距離は11.4キロメートル。
万歩計は1万1487歩でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-07 08:18 | Comments(5)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
日本点字図書館見学記
千早美術館
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
未分類

最新のコメント

福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:04
ルピナスさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 21:02
うさぎさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:00
第30巻の読書感想文、読..
by 福島の壮年 at 16:40
菊川さん、こんばんは。 ..
by ルピナス at 23:30
菊川さん こんばんわ。 ..
by うさぎ at 23:07
7610さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:51
うちは今日朝から座談会で..
by 7610 at 16:33
ルピナスさん、私も同..
by sokanomori3 at 05:56
菊川さん、こんばんは。 ..
by ルピナス at 01:07
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:44
ルピナスさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:01
菊川さん、こんばんは。 ..
by ルピナス at 23:44
福島の壮年さん、おはよう..
by sokanomori3 at 07:03
福島の壮年さん、うさぎさ..
by sokanomori3 at 07:00
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:57
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:49
親子一体なんですよねえ。..
by 千早 at 23:53
誰の言葉だったかな? ..
by 福島の壮年 at 17:02
スマホ!? 菊川さん ..
by うさぎ at 09:27

リンク

以前の記事

2018年 11月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア