カテゴリ:グラフSGI( 14 )

誓いを果たす人生


☆グラフSGI 2月号の先生の指導.


2017年グラフSGI 2月号は池田先生の東京指導の特集です。
ご指導の一部を抜粋して所感を述べます。

1.
偉大なる人生とは偉大なる誓願に生き抜く人生である
誓いを持ち(たもち)、誓いを果たしゆく人は、強く、清く、正しく、
人生充実の勝ちたる人である。
2.
第一に祈りから始めること
第二に地域と社会を大切にすること。
第三に体験を生き生きと語っていくことである。
3.
哲人ソクラテスは叫んだ
「たとえ何度殺されようとも、私が正義と思うことを絶対にやめないだろう。
嫉妬の讒言で処刑された彼の正義は、弟子のプラトンの戦いによって不滅となった。
師の心を実現する。それが弟子の使命である。
いかなる暗黒の悪口罵詈があっても、崇高な勇者の胸には、
満天の星が消えることはない。
4.
誓いは一生涯変わらない
誰が見ようが見まいが、何を言われようが、私は弟子の誠を尽くす。
これ以上の誉れがあるものか!
ただ一人になっても戦い抜いて、世界へ広宣流布してみせる!
5.
一人の力は小さいかもしれない
しかし、力を合わせれば、一人の力が五にも十にも百にもなる。
足し算ではなく、何倍、何十倍という掛け算になる。
6.
大事なのは勇気である
恐れなき「大勇」の信心ありてこそ、諸天は動きに動く。
その行く手に勝ち取れない戦いはなく、打ち破れない壁はない。
7.
黙っていては何も起こらない
引っ込み思案で縮こまっていたら世界は変わらない。
声を出す。声をかける。声を届ける。
それが自他共の幸福拡大になる。
この原理は不変である。



以上、7つのご指導を抜粋いたしました。
どの指導も尊く深く美しい内容ばかりです。
仕事に、活動に、またあらゆることに応用できますよね。
心の底から幸せを感じます。先生と共に生きられるありがたさ。
今、新・人間革命30巻の連載の時代に生きられる・・
これ以上の喜びと幸福はありません。

私にも誓いがあります。その一つに「ひらがな御書」があります。
今、ボランティアの方々の支えによって206編まで収録することができました。
何十倍、何百倍の掛け算となってここまで歩めました。
300編まで残り94編。これを収録することは途方もない夢です。
でも、この夢、何としても叶えたいです。

ひらがな御書「交互文目次」のURLを以下に示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/b.html
御書名をクリックしてご覧ください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-18 05:24 | グラフSGI | Comments(0)

蘇生の夜明けが始まる


☆グラフSGI 5月号の先生の詩.

グラフSGIの5月号が届けられました。
今回の内容はキューバSGI特集で、「20年前に7世帯だったキューバ創価学会は1000人の連帯へ拡大」と記され、キューバ同志の活躍が記されています。その24~25ページに洋上の太陽の写真が掲載され、先生の詩が掲載されていました。
以下に、その詩を抜粋して所感を述べます。

勇気は 生命の太陽なり。
勇気の光がなければ 不幸の闇は打ち破れない。
勇気の熱がなければ 冷酷な世は凍えてしまう。
わが創価の丈夫たちよ!
君が一人立ち上がれば そこから 蘇生の夜明けが始まる。
わが 華陽(かよう)の乙女たちよ!
あなたが一歩を踏み出せば
その時から 喜びの朝(あした)が生まれるのだ。


今、私たちは九州大震災という国難の只中にいます。
その現実はあまりに痛ましく、あまりに残酷です。
池田先生は、この不幸の闇に対し「勇気を奮い起こして立ち上がれ。そこから蘇生の夜明けが始まる」と語られている。
その通りです。これが学会精神。私たちは断じて負けられません。
この世から不幸の二字を消し去るために歩まねばなりません。
さあ、学会同志の皆さま、雄々しく立ち上がりましょう!
偉大な師匠の言葉を心肝に染めて前進しましょう!
そして地域の灯台となり、乱世を照らしましょう!
地域の灯台の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-04-20 06:07 | グラフSGI | Comments(0)

グラフSGI 4月号 <みんなアミーゴ>


☆太陽の国・メキシコSGIを特集!!


b0312424_6185852.jpg写真は、グラフSGIの表紙です。
表紙には、100名前後のメキシコSGIメンバーの集合写真があり、その中に、ソンブレロと呼ばれるメキシコ特有の「つばの広い帽子」をかぶった男性が2人映っています。
その写真の下に「みんなアミーゴ」とタイトルがついています。アミーゴは「ともだち」の意味です。
ソンプレロは、強烈な日差しを顔、首筋と肩からさえぎるために「つばの広い」カタチになったそうです。原型はスペインのコルドバ地方の麦わら帽子であり、名称はスペイン語で「影」を意味する"sombra"に由来するそうです。
現在では民族衣装として扱われ、メキシコのシンボルになっています。

○目次.

1ページ.
冒頭、池田先生のご指導が掲載されています。
「人は、諦めないチャレンジの繰り返しの中で強くなる。本当に強い人とは、何度倒れても、また立ち上がって前に進んでいく人のことを言う」
2ページから7ページ.
SGI NEWS。グアムSGI発足40周年、ハワイ訪問55周年などの掲載記事。
8ページから35ページ.
特集:太陽の国・メキシコ、みんなアミーゴ(ともだち)、病床の戸田先生が語った夢、「メキシコへ行った夢を見たよ。待っていた。みんな待っていたよ」が冒頭に記されています。
次に、池田先生のメキシコ訪問50周年が祝賀され、大学での講演、現地メンバーの体験などが語られています。
1965年8月、池田先生が初のメキシコ訪問をされた際の“月のピラミッド”での白黒写真、また現在(2015年)の月のビラミッドのカラー写真が掲載されています。
36ページから.
着物の帯「西陣織」の名人の体験談が語られています。

○グラフ紹介.


4月号はメキシコSGIの特集でした。
私のメキシコのイメージは、小学生の時にテレビで見た「荒野の7人」という映画の“ソンプレロをかぶったメキシコの農民”と“サボテン”でしかありませんでした。
しかし、当然のことですが、グラフSGIをまじまじと見て、もはやそんな時代の国であるはずもなく、スペインやポルトガルのような、いわゆるヒスパニック系と呼ばれる人々が明るく元気に生活している素敵なメキシコでした。(^^)
国土は、アメリカ合衆国の南に位置し、公用語はスペイン語、人口は1億2000万人ですから、ほぼ日本と同等の規模です。
メキシコは、現地人のアステカ帝国をスペインが占領し、以来300年統治しました。
その後、現在のメキシコ合衆国が生れました。
メキシコにはピラミッドがあるんですね、知りませんでした。
50年前、ピラミッドを見学されている凛々しい池田先生の写真が掲載されています。
今のメキシコの学会員は、皆、ピカピカに輝いています。太陽のような笑顔です。
学会員というのは、人種が違っても同じような顔をしているものだなと感じます。
人のよい、明るく暖かな人たちばかりですから。^^



中学時代、千早さんは芽岸子(めきしこ)というペンネームで漫画を描いていました。
その芽岸子の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-03-23 06:26 | グラフSGI | Comments(7)

グラフSGI 12月号 <夢から夢へ>


☆世界に広がる創価の功徳.

以下に 2014年11月号の表紙写真「表題:夢から夢へ」を添付します。
b0312424_8271176.jpg

表紙には、20名のSGIメンバーの写真があり、英語で職業や職位が書かれています。
東洋人、西洋人、アフリカ人‥どのメンバーも美しい笑顔です。

○目次.

1ページ.
冒頭、池田先生が撮影された黄色のバラの写真が掲載され、写真下に池田先生のご指導が掲載されています。
「悩みがあることが不幸ではない。悩みはむしろ、自身を向上させ、周りに喜びを贈りゆく笑顔の種(たね)であり、勝利の前兆である」

2ページから33ページ.
「夢から夢へ」というSGIメンバーの体験談特集が組まれています。
「夢‥そう簡単には、うまくいかないこともあるだろう。失意からなかなか起き上がれないこともある。もう一度、背中を押してくれるSGIの友がいる」と書かれています。
その末尾、池田先生の夢が語られています。
「恩師・戸田二代会長の夢をかなえることが、弟子のである私の夢」と。
以下に、掲載記事のいくつかをご紹介します。

<アメリカンドリーム>

不動産・投資・銀行グループ会長のアメリカ人の体験です。
思い通りにならない人生を、全て人や環境のせいにしてきた1人のアメリカ人がSGIに出会い、唱題して劇的に希望が持てるようになりました。彼はやがて、大学へ再入学。
卒業後、不動産管理の仕事を経て副社長に。やがて銀行や様々なビジネスの会長へ。
現在、ニューヨークに3つの超高層ビルを含む30以上のオフィスビル、マンションを所有する大企業のトップになっています。

<祈りで人生をチェンジ>
インドの俳優の体験です。
友人に誘われて参加したSGIの会合。
そこで彼は瞳を輝かせて体験を語る人たちを見て、「これは演技じゃない。本物の輝きだ!」と驚きます。
俳優として鳴かず飛ばずだった彼は入信。
小説人間革命を読み祈る中、広宣流布(こうせんるふ)の心を持ちます。
彼の人生が2012年に劇的に変わります。
インドで2000万人が見るテレビ番組の主演が決定、一夜にして全国で知られる俳優となりました。翌年、新人賞を受賞、そして本年、最優秀男優賞を受賞しました。

<必ず変わる!>
ギリシャSGIの歯科医の女性の体験です。
歯科医になって開業したものの、体調不良に悩み、自信を失ったときSGIと出会いました。
「この信心は、必ず人間革命できるのよ」と力強く励まされて入信、悩みの原因だった不眠症と食欲不振を克服しました。
今、毎日、30人の患者を治療し、女子部グループ長で活躍しています。
彼女は語る。「こんなに人生が変わるとは思いませんでした」

<がんも心臓病も貧乏も克服>
台湾SGIの自動車用品販売店の社長の体験です。
貧乏のどん底でSGI巡り合い、設計会社を設立。やがて台湾で初めて自動車の部品販売、修理、車検などの全てを手掛ける総合自動車販売店を開業、現在、8店舗を経営するまでに。現在、2つの個人会館を建て、提供。
「全てを克服し、感謝は尽きない」と語る。

38ページから39ページ.
フィリピン・イースト大学から名誉博士号、ブラジル鼓笛隊・音楽隊23都市でパレード、台湾SGIの音楽祭、アルゼンチンでの法華経展。

40ページから41ページ.
グラフSGIプラザ(読者の広場)

○グラフ紹介.


11月号は世界の学会員の体験がつづられていました。
見事な体験ばかり。凄い体験ばかり。
肌の色、言語、国境を越えて、色とりどりの功徳の花が爛漫と咲いています。
世界宗教としての広がりもスゴイですが、その鮮烈な体験もスゴイ。
創価学会員であることの幸せを感じられる12月号です。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-11-22 08:29 | グラフSGI | Comments(4)

グラフSGI 11月号


☆特集:世界でGOSHO.

グラフSGI 11月号は、「世界でGOSHO」の特集です。
表紙には、池田先生が撮影された美しいスイレンの花(赤、ピンク、白の色とりどりの花)の写真が掲載されています。
冒頭、「人生は人が生きると書くが、人と生きるとも読める。自分は誰と生きているのかを思い浮かべ、その一人一人を大切にすることが平和そのものなのである」(池田先生の言葉)と記されています。

○目次.

1ページ.
池田先生の紅葉したモミジの写真と詩が掲載されています。
2ページから33ページ.
有名な御書の御文と解説と共に、世界各国のSGIメンバーの紹介がされています。
以下に、その主要な御書を、ひらがな文と漢字文でご紹介申し上げます。

しょぶつぼさつも わが こころの そとに ありとは ゆめゆめ おもう べからず.
諸仏菩薩も 我が 心の 外に 有りとは ゆめゆめ 思ふ べからず.

さんしょうしまと もうす さわり いできたれば けんじゃは よろこび ぐしゃは しりぞく これなり.
三障四魔と 申す 障 いできたれば 賢者は よろこび 愚者は 退く これなり.

いたいどうしんなれば ばんじを なし どうたいいしん なれば しょじ かなうこと なし.
異体同心 なれば 万事を 成し 同体異心 なれば 諸事 叶う 事なし.

ほけきょうを しんずる ひとは ふゆの ごとし ふゆは かならず はると なる.
法華経を 信ずる 人は 冬の ごとし 冬は 必ず 春と なる.

おん みやづかいを ほけきょうと おぼしめせ.
御 みやづかいを 法華経と をぼしめせ.

ふぎょうぼさつの ひとを うやまいしは いかなる ことぞ きょうしゅ しゃくそんの しゅっせの ほんかいは ひとの ふるまいにて そうろう けるぞ 
不軽菩薩の 人を 敬いしは いかなる 事ぞ 教主 釈尊の 出世の 本懐は 人の 振舞にて 候 けるぞ.

その くにの ぶっぽうは きへんに まかせ たてまつり そうろうぞ.
其の 国の 仏法は 貴辺に まかせ たてまつり 候ぞ.

「ざいざいしょぶつど しょうよしぐしょう」よも そらごと そうらわじ.
「在在諸仏土 常与師倶生」よも 虚事 候はじ.

ひは ひがしより いでて にしを てらす ぶっぽうも また もって かくの ごとし.
日は 東より 出でて 西を 照す 仏法も 又 以て 是くの 如し.

ふかく しんじんを おこして にちやちょうぼに また おこたらず みがくべし ただ なんみょうほうれんげきょうと となえ たてまつるを これを みがくとは いうなり.
深く信心を 発して 日夜朝暮に 又 懈らず 磨くべし 何様にしてか 磨くべき 只 南無妙法蓮華経と 唱へ たてまつるを 是を みがくとは 云うなり.

なんみょうほうれんげきょうは かんきの なかの だいかんき なり.
南無妙法蓮華経は 歓喜の 中の 大歓喜 なり.

おうばいとおりの ここの とうたいを あらためずして むささんじんと かいけんす.
桜梅桃李の 己己の 当体を 改めずして 無作三身と 開見す.

なんみょうほうれんげきょうは ししくの ごとし いかなる やまい さわりを なすべきや.
南無妙法蓮華経は 師子吼の 如し いかなる 病 さはりを なすべきや.

くをば くと さとり らくをば らくと ひらき くらく ともに おもいあわせて なんみょうほうれんげきょうと うち となえ させ たまえ.
苦をば 苦と さとり 楽をば 楽と ひらき 苦楽ともに 思い合せて 南無妙法蓮華経と うちとなへゐさせ 給へ.

34ページから37ページ.

音楽プロデューサー、ジェフ・ミヤハラ氏の紹介記事。
38ページから39ページ.
SGIニュース。ロシア、アルゼンチンからSGI会長への名誉教授、称号授与。
50カ国・地域が集ったSGI青年研修会の模様など。

○所感.


通名な御書の御文が各ページに紹介され、そこに世界各国の同志の生き生きとした姿が映像と文章で紹介されています。
学会の伝統である御書研鑚が、全地球規模で行われていることが表現され、魅力あふれるグラフSGIになっています。
「其の国の仏法は 貴辺にまかせ たてまつり候ぞ」の紹介ページには、アフリカ人のメンバーがVサインをしている映像が飾られており、感慨深いものがあります。
19ページには、池田先生の日記が紹介されています。
その内容を以下に示します。
「教学を深めねばならぬ。哲学を深めねばならぬ。教学が学会の骨髄になってゆく事は、必定であるからだ。指導者の第一の必須条件となるからだ。情熱も大事。実践も大事。それに、英知が、更に重要となるなり」と。

11月度大白蓮華のご案内は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-31 21:54 | グラフSGI | Comments(0)

グラフSGI 10月号 <幸せの力>


☆「健康」が「幸せの力」になる。


以下に 2014年10月号の表紙写真「表題:幸せの力」を添付します。


b0312424_7115383.jpg表紙には、「特集:幸せの力、いきいきと健康の日々を!」と日本語で書かれています。
続いて英語で「Feature : Powerful Sources of Happiness – Let’s Enjoy Active and Healthy Days!と記されています。
10月号の内容は、生老病死、健康、体操、介護、健康診断などの内容になっています。

冒頭、池田先生が撮影された秋の稲穂の写真が掲載され、その写真の説明が「実るほどに深く頭を垂れる稲穂、同志のけなげな姿にも似て」とコメントが添えられています。
そして、以下の池田先生の詩が掲載されています。
「自分の中に、幸福の源泉がある。運命と戦い、人生を切り開いていくのも自分。そう決めて、自分らしく生き抜く人は毀誉褒貶(きよほうへん)に惑わされない」

○目次.

1ページ.
池田先生の秋の田んぼの写真と詩が掲載されています。
2ページから33ページ.
「いきいきと健康の日々を!」という特集が組まれています。
冒頭、「生老病死は誰人にも避けられない」とあり、青春時代に病魔と闘い続けられた池田先生の人生が語られています。
内容は、「健康第一」であり、健康の4つのモットー、①張りのある勤行、②無理と無駄のないない生活、③献身の行動、教養のある食生活の4点が掲げられています。
掲載記事のいくつかを以下に抜粋します。

<池田先生の質問とウンガー博士の回答>


Q:心臓病を防ぐにはどういう点に気をつけるべきでしょうか。
A:喫煙しないこと、コレステロールが高いものを取り過ぎないこと、糖尿病の人は、血液中の糖分をこまめにチェックすること。
Q:寝る前に水を飲むといいと言われますがどうでしょう。
A:血液の循環がよくなれば脳を保護することになります。水を飲むことは大変重要です。

<心理学者のアドバイス>


アルツハイマーは、加齢と共に、記憶障害を来す病気です。
人類の寿命が延びた今、世界で多くの人が発症しています。
近年、読書やパズルなど、“頭を働かせる”ことと、周囲との交流などで“心を働かせる”ことが予防につながることが注目されています。
読書や友人との交流を通し、常に自分を深く見つめ、社会と関わる人は、そうでない人にくらべ、アルツハイマーになりにくいという結果が出ています。

<調理師のアドバイス>

手軽にできる健康法として、毎日リンゴを1個食べることを提案しています。
リンゴは、ミネラルやビタミンなど、さまざまな栄養を、驚くほど吸収する力があります。
また、エクササイズも指導しています。
運動は特別なものではなく、習慣にすることが大事。
毎日、歩いたり、階段を使うだけでもいいのです。週3回、30分ずつの持久運動と、週3回30分ずつの筋力トレーニングの両方ができれば理想的です。

<エクササイズ>

20、21ページの見開きで、椅子に座った状態での体操がイラスト付きで紹介されています。その体操は、体調不良を解消する、腰・膝の痛みを予防する、肩こりを予防する、腹部のたるみを解消するの4つです。

<SGI会長の質問と回答>

Q:健康のためにと妻に勧められ、ラジオ体操を始めて18年になります。(2004年当時)
毎日というわけにはいきませんが、音楽に合わせて無理なく体を動かし、ほぐすことで、健康の増進につながり、気分転換にもなる。大切なことは持続ですね。
体操に限らず、適度な運動はどの程度おこなえばよいのでしょう。
A:最も身近な運動は、歩くことです。
Q:なるほど、釈尊の一生は“歩け、歩け”の連続でした。最後まで弘教(ぐきょう)に歩いた。「老化は足から」とも言われますね。歩くことの効用は具体的に何でしょう。
A:歩くことで、全身の筋肉の7割を使います。心肺機能を強くし、血圧を安定させ、脳を活性化させます。

最後に、健康クイズがあり、健康診断の重要性が語られています。

34から37ページ.
京友禅(着物の染色)の図案家の話。
39ページ.
メキシコSGI、医学研究者の話。
40から41ページ.
シンガポール独立記念日式典のSGIメンバー、広島・長崎・沖縄の平和サミット、創価大学で行なわれた未来部夏期研修会(47都道府県から1000人が集う)など。

○グラフ紹介.

10月号は「健康」をテーマとして終始語られていました。その中で、池田先生がラジオ体操を長年に渡って継続されているということが語られていました。
健康は大事です。健康はあるものでなく作るものです。
各自、大切な広宣流布(こうせんるふ)の使命を果たさんとすれば、健康増進、健康維持は絶対条件です。
私も、ブログで何度も健康を取り上げてきました。
以下に、私の健康法の記事を示します。
旧ブログの健康カテゴリ→ここをクリック!
森通信の健康カテゴリ→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-09-18 06:38 | グラフSGI | Comments(0)

グラフSGI 9月号


☆決めて、祈って、行動する。


グラフSGI 9月号は、先月8月号の特集の続きで「すばらしき人々Ⅱ」と題され、アメリカ、アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジルの特集になっています。
今回の記事では、9月号の中から、池田先生の詩とハーバード大学のクリストファー・クイーン博士の言葉を抜粋してご紹介したします。

<池田先生の詩>
「流れている川は美しい。戦っている心は美しい。
心の美しい人に、豊かな福徳は輝く。
大事なのは信心、そして行動である」
(グラフSGI 1ページ)

<クイーン博士の言葉>
「西欧のキリスト教の世界に育った私は、宗教の真髄は、神を信じ、祈りを捧げるところにあると理解しておりました。しかし、仏教との出会い(池田SGI会長との出会い)を通して、私の宗教観は一変。神に祈り、天国に行くことばかりを望むのではなく、人生をどう生き、そのために自身をどう開発するかに関心を置く、仏教の思想に耳目を開かれたのです」
(グラフSGI 9ページ)

池田先生は「大事なのは信心、そして行動である」と言われています。
そして、ハーバード大学の博士は、「神に祈り、天国に行くことばかりを望むのではなく、人生をどう生き、そのために自身をどう開発するかに関心を置く 仏教の思想」と絶賛されていました。
「信心とは、決めて、祈って、行動すること」という河合師範の指導を思い出しました。
その河合師範の記事は、→ここをクリック!

私たちは祈るだけではありません。行動するだけでもありません。
学び、励まし合う。そして祈り、行動する。
信行学(しんぎょうがく)の修行を果たしつつ、現実社会で汗を流す。
その果てに宿命転換があり、人間革命があります。
このことを再認識させられたグラフSGIでした。
9月度座談会御書は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-08-26 22:32 | グラフSGI | Comments(4)

特集・アジアの輝き


☆グラフSGI 8月号のご案内.

グラフSGI 8月号は、「すばらしき人々・アジアの輝き」と題され、マレーシア、インド、シンガポール、韓国、中国の特集になっています。
以下に、目次と記事内容をご紹介いたします。

○目次.

1ページ.
池田先生が撮影されたシンガポールの海岸の写真。(真っ青な海に沢山の船が停泊し、その中の一隻が白波を立てて進む写真です)
「桜梅桃李と自分らしく光り輝いていくことだ。信心を貫いていくならば、人が真似ることのできない自分らしい最高の魅力を発揮していくことができる」との池田先生のコメントあり。
2ページから33ページ.
アジア各国の男女青年部の特集が30ページのボリュームで掲載されています。
マレーシアの文化祭、インドの法華経展、中国を訪問した創価学会青年部訪中団、香港の合唱団、韓国の未来部の会合、そのアジアの同志の笑顔の集いの記事です。
34から37ページ.
SGI NEWS。
アルゼンチン、アメリカからの顕彰、アメリカ創価大学卒業式と卒業生の声など。
38ページから.
読者の声など。

○グラフ紹介.

アジアの同志の美しい笑顔が満載の8月号です。
その中で、マレーシアで行われた法華経展の記事に引き付けられました。
(グラフSGIの6~7ページ)
「イスラム文化圏で初の法華経展」との表題で、7万1000人が鑑賞、来場者からは「法華経に貫かれる平和と共生の思想を広めたい」との声が寄せられていました。
私自身、法華経展に参加した一人として、この展示会の凄さは身に染みています。あの感動が、イスラム文化圏に与えたインパクトはけして小さくはないでしょう。
それと、中国(香港)、韓国のSGIメンバーの紹介記事が良かったです。
中国と韓国とが、日本批判を強める時代背景の中で、ここにはまったく別の世界がある。それがとても嬉しいです。
香港の青年部の溌剌とした姿、韓国未来部の可愛らしい笑顔‥
韓国創価学会は、当初、無実の罪で投獄されるメンバーが相次ぐなど迫害されましたが、今は韓国社会が認める優良団体となり、やがて大学、市などから236もの顕彰が送られ、2009年には文化勲章(国家勲章)が池田先生に授与された内容が記されています。
ここには、領土問題や、ネガティブキャンペーンはありません。
幸福追求運動に共感し、たたえ合い、励まし合う国境なき学会員‥
感じることは、池田先生の凄さ、現地メンバーの命がけの信心、そして、SGIメンバーの若さです。未来ある青年が一杯いるんですよね、世界に。
それが創価学会ですよね。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-07-17 06:24 | グラフSGI | Comments(3)

特集・誓いの青年よ


☆グラフSGI 7月号のご案内.

以下に グラフSGI 2014年7月号の写真(21ページ)を添付します。
b0312424_5345588.jpg
「ガンジー・キング・イケダ展の写真です。インド、ニュージーランド、カナダ、南アフリカ、ブラジル、ボリビア、ドイツ、シンガポール、アメリカなど、世界各地で行われた展示会の紹介記事です」

グラフSGI 7月号は、核兵器や人種差別、暴力に対抗する池田先生の実績、創価学会青年部の運動、外部の評価に関する特集になっています。
以下に、目次と記事内容をご紹介いたします。

○目次.

1ページ.
池田先生が撮影された北海道の花菖蒲(はなしょうぶ)の写真。(数えきれない花菖蒲の咲く草原の写真です)「人びとの幸福に尽くす人は、大きな幸せを実感することができる。人々のために献身することに勝る美しい行為はない」との池田先生のコメントあり。
2ページから33ページ.
「誓いの青年(きみ)よ!」と題された特集が30ページのボリュームで掲載されています。
冒頭、創価学会青年部の会合写真が飾られ、続いて国連軍縮室に訪れたSGI青年部訪問団の写真が続き、戸田先生の原水爆禁止宣言、世界各国で行われたガンジー・キング・池田展の記事が掲載されています。
アメリカ公民権運動の指導者であるキング博士を称えるモアハウス大学の展示会場には、人権闘争の貢献者の人々が紹介されており、その中に池田先生の絵や写真がガンジーやキング博士と共に大きく展示されています。
そして、この志を受け継ぐものこそ、SGI青年部であると記述されています。
34から37ページ.
ギタリスト、ラリー・コリエル氏の体験談。「毎日1時間の唱題を続け、そこから新しい音楽へのインスピレーションが生まれる」との記述あり。
38ページから.
SGI NEWS など。

○グラフ紹介.

特集「誓いの青年よ」には、創価学会への称賛の言葉が記されている。
「国連のために、これだけ尽くされた方は、人類史上、池田SGI会長だけです」(チョウドリ元国連事務次長)
「SGIの青年は素晴らしい。ぜひ、家族として、我が家に迎えたい」(ハーティング博士)
「SGI青年部のみなさんの決意と行動に期待します」(国連軍縮会議)

また、ガンジー、キングの有名な言葉が掲載されている。
「非暴力は人間の掟であり、暴力は獣の掟である」(ガンジー)
「断乎とした勇気よりも素晴らしいものは世に何もない」(キング)

非暴力を貫くものとは誰か。断乎とした勇気の人とは誰か。
それは、創価三代の会長であり、創価学会そのものである。
師匠の志を受け継ぐ創価の一人一人の人間革命が、やがて世界平和を築く運動へと発展する‥そのことを伝えるグラフSGIです。
この冊子には、新学会歌「誓いの青年よ」の歌詞用紙が付録として付いています。
わが地区では、本日 座談会ですが、この歌詞用紙で学会歌が歌われます。
時期がドンピシャの素晴らしいプレゼントでした。(^^)
誓いの青年よの別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-06-21 06:00 | グラフSGI | Comments(3)

グラフSGI 6月号

☆6月号は記事がありません。(^^:

6月号のグラフSGIは、友人に贈呈して手元にありません。
このため、今月号のご紹介はいたしません。
今回は、お許しください!(^^:

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-06-03 05:23 | グラフSGI


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45
> その後、嫉妬に狂った..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 11:41
菊川さん、記事紹介どうも..
by 千早 at 08:16
やっぱり、池田先生の小説..
by とろサーモン at 01:49
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:49
こんばんわ、菊川さん。池..
by とろサーモン at 23:50
千早さん、読解力? 私..
by sokanomori3 at 20:58
菊川さん、読解力がない私..
by 千早 at 15:55
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:01
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:58
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:56
農業をアグリカルチャーと..
by 凡ちゃん at 15:21
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:57
代配ゆきんこさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:51

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア