カテゴリ:妙音・自由の人( 9 )

障がいに負けない人生


☆決意と境涯で幸せになる.

義足の電車広告(パナソニックCM)の写真を添付します。
b0312424_1332643.jpg

写真解説「電車に貼られていたパナソニックの広告写真です。義足の選手の後ろ姿に“「こうしてほしい」より、自分でできることは何か”と記されています」


帰宅途中の電車が、パラリンピック選手や義足技師の言葉と映像で埋め尽くされていました。
その言葉と映像に圧倒されました。以下にその言葉をお伝えし、所感を述べます。

夢が生まれるような義足を作りたい。
この4年間で、パラリンピックを楽しむことを当たり前にしたい。
義足を作ってくれた人のチカラ。その人と一緒に走っている。
義足で走った。4位になった。悔しかった。
やってみると、できることがほとんどだ。
「こうしてほしい」より、自分でできることは何か。
東京を最高のパラリンピックにしたい。
障がいは「個性」だって言われる。私にとっては事実だ。
陸上を始めてから、義足を見せびらかしたくなった。
義足になって「世界が目標」になった。
日本記録を出すことが最低ライン。
自分がやってきたことが記録にあらわれる。
世界で戦うためにやるべきことがまだまだある。
今の俺は、昔の俺より、強い。
私はこれからも強くなっていく。
バリアだらけの道を行く。
1位になりたい・・


見て、読んで、その輝きに恍惚となりました。
どの声も、どの姿も、強く、逞しく、美しいのです。
障がいをものともせず、個性にして輝く人たち・・
目が見えずとも、耳が聞こえずとも、あるいは体の一部が欠損していようとも、果敢に挑戦し、そして人生を味わい、勝利を掴んでいく。

そもそも、障がいのない人なんていないのです。
かくいう私も欠点だらけ、劣っていることだらけです。
年齢と共に失う体力や気力、思考能力も喪失していきます。
能力だけではありません。人生には失敗も敗北もあります。
誰もが無傷で、無病で歩んでいけるはずもない。
とどのつまり、強く、賢くなるしかない。

そもそも、人生の宝とは自分自身です。その幸福の根本は「境涯」と「決意」です。
誰もが、どんな立場であろうと、お日様のように輝くことができる。
自分というヒーローを涌き出させて生きることができる。

さあ、今日も、笑顔で溌剌と歩みましょう。
自分が自分で良かったと言える人生にするために、祈り学びましょう。
ガンバレ自分、ガンバレあなた!



過去のパラリン記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-12-10 07:39 | 妙音・自由の人 | Comments(4)

妙音会ボランティア募集


☆耳の不自由な方にご支援を!

九州の友人からメールを頂きました。
妙音会(聴覚障がい者グループ)のボランティア活動の内容でした。
九州の会館に、次の内容の用紙が下駄箱の壁に貼られました。
以下に、その内容をご紹介いたします。



耳の不自由な方にご支援を!
要約筆記ボランティア・※※グループ募集のご案内.

中途失聴、高齢による難聴などさまざまな理由で耳が不自由になられた方は、会合に参加してもまったく話がわからず、寂しくつらい思いをされています。
そんな方々のために、要約筆記というボランティアがあります。
特に難しい技術は必要ありません。耳の不自由の方に会合の内容をノートなどに書いてあげる、どなたにでもできるボランティアです。
会合の内容が健常者と同じように理解できれば、耳の不自由の方にっとて、これほどの喜びはありません。その手助けをしませんか?
現在、※※会館で、隔月1回、数名の要約筆記ボランティアが「※※グループ」と銘打ち、会合を行い、耳の不自由の方との交流をはかっていますが、まだまだメンバーが不足しています。
興味がおありの方はどなたでも、ぜひご参加ください。
毎回、要約筆記講座も行います。(30分程度)

次回開催 ※月※日 ※曜日 13:00~15:00
※※4階 ※※会議室.

詳しくは、連絡先「※※グループ」へ.
責任者 ※※※※ 電話番号 ※※※ー※※※-※※※
faxでのお問い合わせ先.
※※※※ 電話番号 ※※※ー※※※-※※※.



所感:会館に張り紙をしてボランティアスタッフを募集する。
しかも筆記筆記のノウハウも教育訓練する・・
積極的なアプローチに感銘を受けました。
高齢化社会を向かえ、中途失明、中途聴覚障がい、あるいは身体に障がいを抱える同志は増えるのではないでしょうか。
はつらつとした活動を支える創価のボランティア。
素晴らしい活動にエールを送りたいです。(^^)
私は自在会の支援活動をしています。
そのHPは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-11-01 05:20 | 妙音・自由の人 | Comments(11)

屈辱の人生を宿命転換する


☆障がいを乗り越えた少女.

タイCM「障がいを乗り越えた少女・あなたは輝ける」


YouTube解説「聴覚障がい者がバイオリン演奏で喝采を浴びるyoutubeです」

聴覚に障がいがある少女がバイオリンに憧れる
それは町で巡り合ったバイオリン弾きの演奏を見たからだ。
少女はバイオリンの練習を始める。しかし、他の練習者に迷惑がかかることからいじめられる。いじめは延々とつづいた。
やがて彼女は、その嫌がらせを耐えて演奏会に出場する。
彼女のバイオリンには修理のためのテープが貼られていた。
いやがらせで壊されたバイオリンだった。
彼女はその壊れたバイオリンで演奏した。
美しい音色に観衆は総立ちになって拍手した・・
タイのYouTubeは、屈辱の人生が宿命転換される物語でした。
「長い長い漆黒の闇」を打ち破るストーリー。

先日、連載中の新・人間革命に次のような記述がありました。

1947年(昭和22年)8月15日午前零時・・
それは長い長い漆黒の闇を破り、インドの大地に「独立」と「自由」の金色(こんじき)の光が走った瞬間であった。インドが独立を勝ち取ったことは、搾取され、虐げられた続けてきた民衆の勝利にほかならない。
詩聖タゴールが、「人間の歴史は、侮辱された人間が勝利する日を、辛抱強く待っている」と述べた悲願の時がついに訪れたのだ。
その新生の時を前にして、初代首相ネルーは誓った。
「インドのため、民衆のために貢献しよう!
「平和のため、人間の幸福のために寄与しよう!」
8月14日、独立前夜の誓願であった。
(以上、10月26日・源流46より)

8月15日は日本の敗戦日ですがインドの独立の日だったのですね
インドの国歌「ジャナ・ガナ・マナ」(インドの朝)は、タゴールがベンガル語で作詞・作曲した曲です。 以下にインドの国歌YouTubeを添付します。
https://www.youtube.com/watch?v=ZXvClrR
一方は敗れ、一方は勝つ。されど、日本は焦土の中から再び立ち上がる・・
どちらの国も苦難の果てに今の繁栄を築いています。
個人においては障がいや差別、偏見、あらゆる苦難を転換する。
これが創価学会の人間革命の人生です。

今、苦難の中で悲しい思いをしていらっしゃる方々に申し上げたい
あなた方はその苦難を乗り越える使命と権利があるということ。
他の人々の不幸を救済するチカラになるための修行です。
自らの不幸を幸福に転換する人こそ、周囲の不幸を幸福に導ける人です。
このバイオリンの少女のように不屈の忍耐で歩みましょう。
あなたの勝利は眷属全員の勝利であり希望なのだから。
さあ、屈辱の大地を踏みしめて前進しましょう!
タイの別CMは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-31 06:05 | 妙音・自由の人 | Comments(0)

パラ選手は障がい者か


☆パラリンから学ぶこと.

400mリレーのパラ選手の新聞記事写真を添付します。
b0312424_216676.jpg


写真解説「パラリンピック400mリレーで銅メダルを獲得し、笑顔でガッツポーズをする4人の日本陸上アスリートの写真です。(読売新聞9月13日)」

パラリンとはいかなる意味なのでしょうか。
もとは半身の不随(paraplegic)+オリンピック(Olympic)の造語。
半身不随者以外も参加するようになったため、1985年から、平行(Parallel)+オリンピック(Olympic)で、「もう一つのオリンピック」と解釈することになった、とのこと。なるほど!^^

さて、世界中のパラ選手たちが頑張っているリオ・パラリンピック。
どの選手たちも半端なく元気で、輝きに満ちていいます。
この陸上400mリレーの選手、2人のひざ下はバネ状の義足です。
別の2人は腕に障がい(欠損等)があります。
レースは4位だったが、米国の失格で結果、銅メダルを獲得した。
金メダル、銀メダル、銅メダル・・どれもスゴイ。
入賞と比べて僅差だが、メダルはやはり重い。

それにしても何という健康な人たちだろう、と思うのです。
確かに、あるべきものがない、機能すべきものが機能しないということは事実。
でも、この選手たちには余りある強靭な健康が宿っている。
果たして、この人たちは「障がい者」なのでしょうか?
どう見ても、障がい者ではない。健常者以上ですね。

読売新聞(9月9日)に、パラ選手の言葉がありました。
「障害という言葉を死語にしたい」
「僕は自分を障がい者と思っていない。例えば、高齢で体が動かなくなる。皆はそれを老いという。例えば心に問題を抱える人がいる。内在するものは見えにくい。人は皆、何かしらの障がいを抱えている。大きな違いはないと思う」
新聞は「彼らを障がい者と呼べるのか」と語っていました。

この人たちは、やはり障がい者ではないと思います。
障がいを克服した人、としか言いようがないから。
障がいを個性に変えて輝く人とも言える。
ともかく、この人たちの姿を見て、ただ圧倒されるばかり。
目が見えなくてもサッカーすらできるのですから驚きです。
サッカー記事は、→ここをクリック!

私は千早さんを通じて自在会を知りました。
千早さんの記事は、→ここをクリック!
また、私の地区に過去いらっしゃったSさんから妙音会を知りました。
妙音会Sさんの記事は、→ここをクリック!
また、うるとらまんさんの奥さんを通じて、さらに理解が深まりました。
うるとらまんさんは、→ここをクリック!
この3人の方々は、元気に幸せに生きていらっしゃるのです。
勿論、障がいはあります。不自由もされている。
でも、克服して輝いているスゴイ人たち。^^

この人たちを障がい者というなら私も障がい者です。
近眼、老眼、脳みその劣化(笑い)による実行力の低下、気力の衰え、年齢から病気の治りが遅い、その他いろいろ。人生における問題(障害)も数知れず。
同じですよ。性格の欠点も障害といえば障害(業・カルマ)。
例えば大酒のみ、ギャンブル、浮気、虐待・・
皆、何かある。皆、同じです。

私としては、パラ選手に障がい者という認識はなくなりました。
私より数十倍も上のパフォーマンスだから。
沢山のことを学べる、リオ・パラリンです。
パラリン別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-17 22:04 | 妙音・自由の人 | Comments(4)

パラリンピックを支える日の丸技術


☆日本、金10個目指す.^^

義足のアスリートのYouTubeを以下に添付します



リオデジャネイロ・パラリンピックが開幕した。
過去、日本は1988年のソウルで金17、2004年アテネで金17という、圧倒的に強い実績を残したが、2008年の北京、2012年のロンドンでは金5という成績に終わった。その理由を、新聞各紙は次のように伝えている。

「159ヵ国・地域から4300名の選手が参加し、22競技528種目で熱戦が繰り広げられる。日本は17競技に選手132人を送り込んだ。
北京大会以降、教義スポーツとして強化を図る国が増え、日本のメダルは減少傾向。今回、日本選手団は金メダル10個を目標に掲げる」
リオ五輪に続き、このパラリンピックも楽しみだ。

さて、日本経済新聞(9月8日)に、「パラ 光る日の丸技術、義足・車椅子‥より軽く、強く」と題された記事がありました。
競技に使う義足や車椅子などが、日本選手は他国に比べて有利なものとなっているというもの。スポーツ用具メーカーが義足用スパイク、福祉機器製造会社が義足、自動車部品メーカーが競技用車椅子を受け持ちサポートしているという。
カーボンや樹脂などの技術を活かし、軽くて丈夫な用具に仕立てているという。
衝撃に耐える強固さと、動きやすさを両立させるために企業が威信をかけてサポートするのは、開発が日常用の福祉用具への応用もできるからだ、とも。

五輪も楽しかったが、パラリンピックも大いに楽しみ。
ガンバレ、日本! ガンバレ、全世界のパラ選手!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-10 20:18 | 妙音・自由の人 | Comments(0)

車椅子の人


☆頑張っている人は美しい.

同じ通勤電車で、1両違いにクルマ椅子の女性がいる。
年齢は30歳前後。いつも電車で一緒になるから、仕事をされているようだ。
私は車両の片隅に乗る。その車椅子の女性も別車両の片隅に乗る。
だから、車両の窓からその女性が見える。
膝の上にバッグを乗せ、そのバッグから物を取り出し、使用して戻すのだが、片腕を不自由されていて、指がそっている。
チャックを閉める作業も、なかなか時間がかかる。
健常者なら数秒もかからない行為を、時間をかけて行っている。
私は、「辛抱強いなあ‥」と感心しながら見ていた。
満員電車。その戦場のような空間に、ハンディを持ちながら活動する女性‥
私は心の中で声をかけた。

「あなたは重い障がいをお持ちなのに、毎日、電車で出かけている。
今日もお仕事なんですね。尊いことです。
あなたにとっては、この通勤時間も戦いですね。
私も戦っています。ですから、あなたも戦いきってください。
ベストを尽くすという点で、私たちは同志です。
いつまでもお元気でいてくださいね。
お仕事、頑張ってくださいね!」と。(^^)

障がいをお持ちの女性を電車でもう1人見かけます。
その人の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-30 06:39 | 妙音・自由の人 | Comments(19)

手話の歌


☆伝えたいことがあるから.

以下に、少女が歌に合わせて手話をするYou Tubeを添付します。


「You TubeにはCMが表示されます。右隅の×印を押すと全画面を見ることができます」



ふと見つけたYou Tube。手話の歌たっだ。
「世界が一つになるまで、ずっと手をつないでいよう‥」
「夢がほんとうになるから‥」
そのフレーズと少女の無垢な手話に圧倒された。
ジェスチャーで、何かを伝えようと挑戦している人たちがいる。
こんなに小さな女の子ですら、ここまで見事に思いを伝えるんだ。
僕にもあるよ、伝えたいこと。
何かができないなら、できる人が助けてあげる。そんなこと当たりまえ。
僕自身、沢山助けてもらったんだ。
「何で、見ず知らずの僕を思いやってくれるんだろう‥」
「どうして、こんなに僕をかまってくれるんだろう‥」って。
そんな驚くべき慈悲と愛とを受けてきた。
愛情の深い人たちとの出会いの数々が、僕の心を豊かにしてくれたんだ。
不思議な世の中だよ。人間には素晴らしい心があるってこと。
だから、お互いさま。遠慮はいらない。

追記:夢が本当になるまで、私も頑張ります。
その夢は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-11-16 20:01 | 妙音・自由の人 | Comments(5)

ロフトランドクラッチ


☆通勤電車の2本杖の女性.

ロフトランドクラッチという杖がある。
ハンドルと前腕部を支えるカフ(腕をホールドする輪)のある杖である。
その杖を2本使用している女性と通勤電車で一緒になった。
年齢60歳前後。ときどき同じ車両になる。
話したことはない。けれど、良く見かけるので知り合いのような親近感がある。
小さなバッグをタスキに掛け、両方の腕に杖を持っていらっしゃる。
ときどき目が合う。瞳が綺麗な人である。
指輪をしているからご結婚されているのだろう。
品格、人格を感じさせる表情をされている。
さて、どんな人生を生きてらっしゃるのか。
どんな仕事をされているのか。
雨の日は、傘をさせるのか。それともカッパか。
どんな夢を、どんな目標をもって生きていらっしゃるのか‥
終着駅に着くと、人波の最後尾を歩いていらっしゃる。
左足が麻痺していて、踏ん張りが効かない。
左右のロフトランドクラッチを使い、ゆっくり出口に向かう。
それが、感動的な風景になっている。勇者のごとき姿に見える。
私は心の中でエールを送った。
「頑張っていらっしゃいますね!」
「行ってらっしゃい!」

追伸:私は、「障がいが人の幸、不幸を決めるのではない」と思っています。
むしろ、その障がいは、人々へのメッセージ力を大きくし、魅力ともなるものです。
ハンディを個性と輝かせながら生きる、生き抜く‥
私が障がいを持ったら、彼女のように生きたいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-10-22 06:13 | 妙音・自由の人 | Comments(5)

妙音の人


☆通勤電車の嬉しい風景.


先日、通勤電車に 手話で話をする2人の男性がいた。
1人は50代、1人は30代。
とても感じの良い2人の男性は、耳が聞こえないようだ。

リラックスした普段着で、華麗な手話が繰り広げられた。
笑顔、相づち、「オカシイな」とか「ガッカリだ」とか、「そりゃ、最高だ!」とか、きっとそんな‥意味は分からないが 盛り上がった話をしている。
こんなにも快活な、こんなにも爽やかな手話を 私は見たことはない。
「朝から、何て素敵な光景だろう!」と、微笑ましくなった。
彼らは、途中の駅で下車し、飛び跳ねるように歩き去った。
2人は、楽しい所に遊びに行くのだろう。

私はいくつか気付いたことがある。
手話は「ひそひそ話はしずらい」ということ。
そして、「手話も ちゃんとした文字」であるということ。
手話は雰囲気を伝えるものではなく、明確に「言葉」であり、「文字」なのである。
そして、もう一つ。
ハンディがあろうとなかろうと、笑顔や歓喜は、周囲を明るく元気にするということ。
幸せな姿、楽しんでいる姿、喜んでいる姿‥
その底抜けの笑顔に、「人生、こうでなくっちゃ!」と元気にさせられた。

電車の中の一風景。
その振舞いにすら、人は人を感動させ、歓喜させることができる。
やっぱり、陰気、怒り、恨み、つらみというのは‥
そんな振る舞いや態度ではいけませんよね。
陽気、歓喜、笑顔、思いやりを 周囲に与える人生にしたい。
そのことを教えられた朝の出来事でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-05-10 07:14 | 妙音・自由の人 | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ対策
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
未分類

最新のコメント

kaisenさん、古くか..
by sokanomori3 at 22:05
菊川様お久しぶりです。 ..
by kaisen at 15:03
>天気のことすら祈ってい..
by 凡ちゃん at 00:32
超科学主義者でした・・・..
by 凡ちゃん at 00:00
会合の前日まで大結集に走..
by 師弟誓願 at 15:52
>「祈ると晴れる」と言わ..
by sokanomori3 at 06:24
【模範解答】 随筆..
by 師弟誓願 at 01:39
「難しい」の意味は何を指..
by 師弟誓願 at 01:36
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:58
日野原先生亡くなってしま..
by 千早 at 07:32
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:54
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 21:29
karu44karu8..
by sokanomori3 at 21:26
まさに法華経の行者の人生..
by 凡ちゃん at 16:26
こんにちは、体調はいかが..
by karu44karu8866 at 09:13
2人の非公開さん、こんば..
by sokanomori3 at 23:29
ランさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:24
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:22
非公開さんの皆さん、あり..
by sokanomori3 at 23:20

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア