カテゴリ:別館のご案内( 20 )

ぱぱんださんの悩み


☆能力の上下に悩む人々へ.

<別館>にて学校教師のぱぱんださんの悩みを記事にしています。
ぱぱんださんの悩みはまだ明快な段階ではありません。
でも、「能力の上下は人の価値の上下」と捉えていらっしゃるようなのです。
「能力の上下は人の価値の上下」と考えている人は意外と多いのではないか。
確かにそのように思っている人は沢山いるでしょう。
でも、私はそうは思わないのです。全然、考えが違う。
能力が劣っていても、能力は発揮できるからです。
さらに申し上げるなら、能力の上下で幸・不幸も決まらない。
そのことを私はこれからお話するつもりです。

以下に、現段階の記事4つのURLを以下に示します。
同様のことでお悩みの方はぜひ見でほしいです。
1.sokamori2.exblog.jp/26870768
2.sokamori2.exblog.jp/26871540
3.sokamori2.exblog.jp/26874510
4.sokamori2.exblog.jp/26876768

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-22 05:41 | 別館のご案内 | Comments(4)

穢土で悩む多くの友へ


☆穢土こそ使命の場所.

穢土(えど)とは、けがれた土地の意味です。
濁悪の世という意味ですね。
社会に出て10年、20年と働くと、世の中の濁悪が見えてきます。
30年も仕事をしているとビックリするぐらい醜い世の中に唖然とします。
純粋に生きていきたい人間にとって、住むには苦しい世界です。
濁悪に染まらず生きるのは本当に大変です。
「あいつは真面目過ぎる。面白くないやつだ!」って言われません?
でもね、真面目に生きるのは不真面目に生きるより何倍も大変なんですよ。
ほとほと嫌になるんですね、汚いオカシイ人間の世の中が。
そんな人は多いだろうし、じゃあ目には目を、歯には歯で・・
いっそのこと清濁併せのみ、どっぷり浸かって生きよう!なんて人がいる。
そうなると六道輪廻、修羅の戦いになる。
私は嫌ですそんな生き方。贅沢なんかいらない。美しく生きたい。
さて、そんな穢土ですが寂光土に変わるんです。
そんな記事を書きました。シングルマザーさんのお陰です。
赤裸々な対話をしてくださるから、他の人にもお裾分けできる。
「この世が嫌になっている人」は見てください。
http://sokamori2.exblog.jp/26667322



この記事は、人間関係の悩みシリーズの14番目です。
シリーズ全体のURLを以下に示します。
http://sokamori2.exblog.jp/i50

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-21 05:32 | 別館のご案内 | Comments(2)

幸せにとって必要不可欠な悩み


☆悩みのない人生は幸せか.

悩みって、幸せに必要不可欠なものかもしれない。
そんなふうに思う話を聞きました。
悩みという燃料で信心のエンジンが回転する・
池田先生がそんな指導をされたと座談会で聞いたのです。

言われてみればその通りで、私は馬のしっぽの青葉江のごとき信心しかありませんが、それでも頑張ってこれたのは悩みからでした。
勿論、離婚や窓際族のような瀕死の重傷(笑い)なら、やる。
でもそうでなくても、馬鹿にされたり、意地悪されたりするのが嫌だし、逐次悩みながら、その悔しさが信仰を継続させたことは確かです。

創価学会を馬鹿にし、池田先生を悪く言う人たちが沢山いる。
心底愛する学会だし、池田先生だから、絶対に法を下げられない、学会に泥を塗ることができないと思うから、仕事もガンバルし、振る舞いも真面目になった。
知らず知らずに力がつき、知らず知らずに幸せになった。
だから今の健全?な生活があるのだと思う。私、学会員でなかったら到底、こんなに真面目に生きられないと思うのです。

そんなこと、<別館>に書きました。
その記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-11-28 06:17 | 別館のご案内

創価学会仏の使命に生きる


☆使命の本質シリーズ終了です.

<別館>の使命の本質シリーズ、ついに全19編で終了しました。
標題の「本質」という言葉を探求した内容ではありません。
論理的な話ではなく、私の思いを中心に記しました。

地涌の菩薩としての私たちは、現代に生まれ、創価学会仏としていきる使命ある私たちです。それが答えですが、具体的には個々に相違がある。

先日、創価大学では箱根駅伝の出場がきまりましたね。
http://sokafree.exblog.jp/26280716/
そして一昨日は、創大の田中正義投手がソフトバンクに決まった。
http://sokamori2.exblog.jp/25526912/
さらにもう一人、池田隆英さんは楽天へ決まった。
素晴らしいことです。偉大な人たちです。

田中正義さんは次のように語っています。
「田中が先発だから球場に行こうよ、と言ってもらえるような魅力の多い投手になりたい。ぶれることなく努力していきたい」
華やかな才能と渾身の努力とで掴んだ栄冠。
これらの人たちはすでに自らの使命を発揮していますね。

でも、彼らにすらできない使命が私たちにはある。
わが友、わが家族、わが地区に、職場に、あらゆるところに、あなたしかできない広宣流布がある。それを見つけられたら・・見つけてほしい・・
そんな願いを込めて書いた19編です。
私も年々歳々、価値ある使命を見つけながら前進します。
どうか皆さまも偉大な使命を果たしてください!
「使命の本質」記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-22 18:08 | 別館のご案内 | Comments(0)

使命なき人は不幸な人


☆使命が宿れば幸せになる.

使命が生まれたとき、人は瞬時に幸せになるのです。

別館に「使命なき人は不幸な人 」と題して記事を書いています。
「使命が見つからない」、「使命を感じられない」・・
これは生活においてとても困った状態です。
食べるものがない、着る服がない、住む家がないという物理的問題は痛烈ですが、それらがあれば人は幸せかというと違います。
生活に不自由していなくても「何をすればいいのか分からない」というのはやはり切実な問題であり、不幸なことです。

なぜ、私がそのようなことが分かるかというと、私が若かりしこと、同様のことに本当に悩んでいたからです。私は次のように思っていました。

>目指すべきものは見えない、分からない。
>誰かに必要とされたい。やりがいを持てる職に就きたい。
>変わりたい。自分を好きになりたい。
>確信を持ちたい。人生が楽しいと実感したい。
>本当の危機感が持てない。将来が見えない。
>題目があがらない。惰性の日々。

健康もあるし、時間もある。でもダラダラ・・
結局、何をしたいか分からないのです。
ありましたよ、私にも同じこと。
使命、ほしいですね。掴みましょう、使命という宝物。
そんな記事、別館に書いております。
その別館記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-11 05:41 | 別館のご案内 | Comments(0)

ネット論争に益はあるのか


☆断片しか見えないネット.

過去から現在まで、ネットで論争を見ることがあります。
あるいは様々な意見交換が行われ、そのことで悩む人がおられます。
意見を言う場ですから良いこともありますが悪いこともあります。
けれど、私はネットでの過剰なやり取りには反対です。
昔の私はリアルとネットは同じものと認識していました。でも、途中、間違いだと気づきました。それは「裏」が取れないことです。
以来、私は論争をしなくなりました。

文字だけしか見えない世界では、とんでもない悪人も善人になれます
リアルでは誰にも相手にされないような人が崇高にも見せられます。
直接会ってその姿を見て、話してみない限り分からない。
実際、会ってみてガッカリしたことがあります。
逆に想像以上に立派な方で驚いたこともあります。
文章通りの人もいますが、多くは予測に反します。
私が重視するのは現実です。意見が現実に即しているのかどうかが大事なのです。
どんなことも口先では言える。しかし、実際はどうなのか。
どういう生活をしているのか。どの程度の実力なのか。
会えばわかるのです。その人格、品格、能力などがはっきりする。
ですから本当の解決を双方が望むなら会うことです。
会って、自分の眼で判断するしかない。
相手の文章の切り文で揚げ足をとり、空想に空想を重ね、白を黒という人もいますが、そこに抗議して、まともな話にならないとするなら、延々と悩むことは賢い生き方ではないはないと思います。
その模範を日蓮大聖人はお示しになられている。

三度諫めて用いなければ山林に交わる
日蓮大聖人は佐渡流罪赦免後に身延に入られた。
延々と言いすぎるのは「騒音おばさん」の如し。
先日、ある人に意見したら聞き入れてもらえなかった。
そこで思いました。リアルでお付き合いしている人ですら意見を聞かないに、ネットで延々と罵り合うような相手が意見を聞くはずもないと。
それでも言う、それでも続けるという人はおられます。
私は三度言ってだめなら身を引きます。
むしろ、不毛な論争をして周囲に迷惑をかけるなら、言わず、祈る。
第一、不毛な論争は時間の無駄ですから。

読者のみなさま、ネットに騙されませんように
「じゃあ、お前も同じだ」ですって?
はい。私とて同じですよ。^^



<別館>に相談者がいて、参考資料として作りました。
結婚の条件シリーズの途中なのでこちらに記事にしました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-06-05 07:03 | 別館のご案内 | Comments(6)

今、<別館>で語っていること


☆私の考える結婚のすすめ.

あなたのソウルメイトがすぐそばにYoutubeを添付します。


<別館>で個人的見解として結婚の条件を語っています。
でも、読者の方は「はははっ」と一笑されるかも知れません。
そもそも、私は郷ひろみでも、西城秀樹でもない。
ちょっと古すぎますね、いやはや、年が知れる。(爆笑)
単なる並みの男が恋愛を語るなんて、「宿命転換して来世で語れ!」と批判されそうなテーマですが、しっかり語ろうと思っています。
恋愛のことでもありますから少しクダけた話もしています。
ただし、勘違いしないでいただきたいのは「結婚しないと不幸」ということは絶対にありませんからね。あくまでご参考までのお話です。
過去に語ったことのないテーマなのでぶれますがお許しください。
ご興味ある方は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-06-03 05:35 | 別館のご案内 | Comments(2)

下品な記事のご紹介


☆トンデモナイ記事です.^^

私、長らくブログやっていますが、書いていいことと悪いことの分別は、この7年間の経験から随分勉強したつもりです。
過去の創価の森の小さな家ブログは言いたいこと言いましたが、「森通信」はしっかりセーブしていて、真面目に歩んでいますよね?
真面目なことは良いことですが、しかし、不真面目と言いますか、「下品な記事」でしか真実を伝えられないことがあるのです。
それで<別館>にヘンな記事を投稿しました。
私としては、「こんな人になって欲しくない!」という思いから書きました
何のことやら、と思われるでしょうね。^^
まさか婦人部の方には該当者はいないと思いますが、男子部や壮年部員に心当たりの方もいらっしゃるかも知れないから投稿しました。
ということで、下品なことは、お許しくださいね!
その<別館>記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-02-02 05:42 | 別館のご案内

「遊びを馬鹿にしない」という提案


☆<別館>記事のご案内.

<別館>に、1つの区切りの記事を書きました。
私としては、まず、ここまで書きたかったのです。^^
よく、遊びの記事を書くと「奴は活動をサボっている!」とか、「信心が浅い!」とか上目目線の批判をする人がおられます。
特殊な感覚を持ったネット学会員のようです。
そのことに、私がしっかりと反論しないのは、そういう人とはそもそも対話にならないからです。実は、そういう人は、トモダチがいない人です。
そんなことを批判するようではトモダチは作れない。
トモダチとは「仲良し子よし」が原則であり、相手の欠点には片目をつむり、良いところを見て、楽しい対話が前提です。批判したいなら‥
すっかり仲良くなってから、注意の一つ、二つをするのです。
最初から仏法の話もないでしょう。まずは、人間関係がなければならない。
友人づくりにも、ホップ、ステップ、ジャンプがあるのです。
「遊びは悪いこと」と考える学会員は意外と多い。
「学会活動もしないで、あの人は遊んでいる」などと言う人がいる。
そういう人は了見が狭いと申し上げたいのです。
第一、トモダチを沢山作れる人は素晴らしいことですから。
それを「オカシイ」と言うことの方がオカシイのです。
以上の内容を<別館>に具体的に書きました。
その記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-09 00:12 | 別館のご案内 | Comments(5)

記事のご案内


☆10人の友人作りシリーズの今.

飼い猫ラッキーの可愛くない写真を添付します。^^
b0312424_1091514.jpg

写真解説.「ラッキーの横顔で、まったく生命力のない顔をしています。寝ていたのです。(笑い)撮影していると、ふと目を開けた瞬間です。別館に同じような写真を使ったものですから、こちらにも貼りました」

記事が進まない<別館>ブログ。(^^:
興味をお持ちの人も多いようで、さくさく書きたいのですが「超忙しい」スケジュールに、体調がイマイチ優れないということでなかなか進みません。
しばらく別館は「デンデン虫」の歩みにてご了承ください。
でも、1つ書きましたよ。やっと記事らしい記事。^^
その記事は、→ここをクリック!
では、今日、目一杯、これから活動です。
ガンバリマス!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-11-08 10:21 | 別館のご案内 | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
未分類

最新のコメント

誓願さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:04
ルルさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:40
私も茫然としちゃう時があ..
by 誓願 at 22:45
はじめまして。入会して間..
by ルル at 18:21
誓願さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:20
つづきです。 ここ..
by 誓願 at 01:05
菊川さん。こんばんは。菊..
by 誓願 at 00:54
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:59
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 23:57
菊川さんも口が開かなくな..
by 凡ちゃん at 23:17
すごい台風でしたね。 ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 23:09
非公開さん、こんばんは。..
by sokanomori3 at 20:59
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:01
たまこさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:51
別館でご返信ありがとうご..
by たまこ at 00:09
師弟誓願さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:58
菊川さん。こんばんは。 ..
by 師弟誓願 at 23:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:31
かつてさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:12

リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア