カテゴリ:希望の哲学( 20 )

東北の春


☆東日本大震災から5年の歩み.

公明新聞に掲載された風船を飛ばす人々の写真を添付します。
b0312424_5411574.jpg

写真解説.「沢山の人たちが色とりどりの風船を空に飛ばす写真です。その中に震災で祖父を失った姉妹が笑顔で空を見上げています」

もう5年なのか、それとも、まだ5年なのか。
死者1万5894名、行方不明者2561名。
2016年3月現在、今だ17万4000人を超える避難者がいるという。
公明新聞は、まるで聖教新聞かと見間違えるほど、
明るく美しい東北の人々の姿を伝えていた。
天空に色とりどりの風船を飛ばしている人たちの写真が鮮烈だった、
「この思いを明日へ」と題された記事が印象に残った。
あえて希望の姿を伝えようとしたのだろう。
いつまでも、くよくよしていられないからだろう。
今も、「帰れと言われても帰れない」と言う避難者は少なくない。
若年層、子育て世代の流失が止まらないという。
被災地は人手不足に苦しんでいるともいう。
失った数えきれない現実と、今も残る心の傷は痛々しい。
けれど、それでも人は被災地に踏みとどまり生きている。
苦難を乗り越え、懸命に生きる東北の友。
池田先生は、5年目の節目にメッセージをくださった。
「不屈の力がある。試練を転じて飛翔する力がある。
過酷なる運命の烈風にさらされた一人が、どんな勇気を贈りゆくか。
東北の春は創価の春だ。人間勝利の春だ。
桜梅桃李の生命の花よ、爛漫と咲き誇れ!」
そうだ、東北の春は創価の春だ。あなたと私の春だ。
さあ、再び立ち上がろう。励まし合い、笑顔で歩もう!
勇気と希望の前進を開始しよう!
昨年の3.11の記事は、→ここをクリック!
一昨年の記事は、→ここをクリック!



追記:私は二度、東日本大震災の被災地を訪れ、現地を見ています。
どうか被災地の皆さま、大幸福、大福運の人生を築いてください。
東北の復興の姿、いつか必ず見に行きます!
被災地訪問の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-12 06:11 | 希望の哲学 | Comments(9)

ヘレンケラー名言集


☆「ヘレン・ケラーの名言20話 」YouTubeを添付します



YouTubeに語られた内容の一部を以下に抜粋します。

・盲目であることは悲しいことです
 けれど、目が見えるのに見ようとしないことはもっと悲しいこと。
人の苦しみを和らげてあげられる限り、生きている意味はあります。
人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒に振るか。
・一つの幸せのドアが閉じるとき、もう一つのドアが開く。
 しかし、私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ開いたドアに気付かない。
・もしもこの世が喜びばかりなら
 人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。
・世界を動かすのは、英雄の強く大きな一押しだけではありません。
 誠実に仕事をする一人の小さな一押しが集まることでも世界は動きます。
・本当の教育は知性と美しさと善良さを組み合わせたものです。
 一番大切なものは善良さです。
・世界でもっとも素晴らしくもっとも美しいものは、
 目で見たり手で触れたりすることはできません。
 それは心で感じなければならないのです。
・希望は人を成功に導く信仰である。希望がなければ、何事も成就しない。
人間を変えるものは環境ではなく、人間自身の内なる力です。
山の頂上に立つ喜びは、もしそこに至るまでに
 越えるべき暗い谷間が一つもなければ半減されるでしょう。
克服できそうにもなかった障害を克服し、さらに大きな達成目標を立てる。
 こんな楽しい悦びがまたとあるでしょうか。
自分が今いる世界を救うことができない限り
 どんな世界をも救うことはできないでしょう。
私は自分の障害を神に感謝しています
 私が自分を見い出し、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、
 この障害を通してだったからです。
悲しみと苦痛は、やがて人のために尽くす心という
 美しい花を咲かせる土壌です。
元気を出しなさい。今日の失敗ではなく、
 明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。



苦難を乗り越えたヘレンケラーは世界一素晴らしい人です。
ヘレンケラーは学会員です。すべてが一致しますから。
私は心から尊敬しています。(^^)
ヘレンケラーの記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-05 18:16 | 希望の哲学 | Comments(4)

過去も未来も変えられる


☆一瞬で人生が変わる名言集より.

https://www.youtube.com/watch?v=G3AvnvToqnE 

金八先生.
過去は変えられる。今を変えれば過去は変わる。
Saint-Exupery
愛とはお互いが見つめ合うことでなく、共に同じ方向を見つめること。
井上靖
努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。
本田宗一郎.
チャレンジして失敗を恐れるより、何もしないことを恐れろ。
ウォルト・ディズニー.
夢見ることができるならば、あなたはそれを実現できる。



確かに、過去も変えることができますね。
1つの成功が、過去の沢山の失敗を輝かしいものにしますから。
苦難を使命に開けば、全部武器に変えられます。
それと、成長する人は希望を語りますね。不満や愚痴は言いません。
そして夢は現実になる。共感します。そのための信心だし努力です。^^
希望の哲学カテは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-11-16 20:52 | 希望の哲学 | Comments(0)

義足の人生


☆足を切っても私は私.^^

新聞に掲載された義足の人たちの写真です。
b0312424_6321327.jpg

写真解説.「コートを着てハンドバッグを肩にかけて銀座を歩く義足の女性の写真。スカートの下から松葉杖のような金属製の義足が見え、先端には靴がついています」

読売新聞夕刊(11月2日)に義足の女性の写真を見た。
スカートの下から義足が見える。
その女性は明るい笑顔で颯爽と銀座を歩いている。
写真の女性は撮影用にスカートをはいたのではない。
「普段から義足を隠すことはない」と記されていた。
日頃から堂々と義足を見せて歩いているようだ。
新聞には「義足に個性キラリ」と題され、他の義足の人たちの写真も掲載されていた。そこには、夏祭りのステージに衣装をまとった5人の女性の写真があった。
スポットライトに輝く義足。いずれも片足を失った人たち。
その義足を触る少女の写真も掲載されていた。
少女に義足の女性が声をかけている。「かっこいいでしょ」と笑顔を向けると、「少女も微笑み返した」と記されていた。
美しい触れ合いに心が揺さぶられた。
彼女たちは語る。「足を切っても私は私。何も変わらない」
「これが私の足。ひとつの個性ととらえてもらえれば」
「同じ境遇の人にも、そのことに気付いてほしい」
事故や病で足を切断した人たちがポジティブに輝いている。
その笑顔は、まるで宝石のようだ。
開かれた境涯がオーラとなり、個性的な魅力を放っている。
「素敵だなあ、すごいなあ」と感心するばかり‥
私は苦難を克服する人が好き。勇気をもらえるから。
私も欠けていることが多いし、劣っていることも多い。
それをオープンにできる人は尊敬できるし、共感できるのです。
池田先生は、「宿命は使命」と語られています。
その記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-11-04 06:22 | 希望の哲学 | Comments(8)

希望の哲学5


迷路で迷っている人に贈る.

この中に、1つでもあなたに当てはまる言葉があるといいですね。

ライト兄弟.
今、正しいことも、数年後に間違っていることがある。
逆に、今、間違ってることも数年後に正しいことがある。

ウオルト・デズニー.
現状維持では後退するばかりである。

マイケル・ムーア.
どんな馬鹿げた考えでも、行動を起こさなければ世界は変わらない。

イングリッド・バーグマン.
私が後悔するのは、しなかったことであり、できなかったことではない。

グレイ・マター.
失敗を恐れる必要はない。恐るべきことは、やらないで逃してしまうチャンスである。

ルーズベルト.
単なる安穏無事な生活を送るより、冒険を試みるほうが人生にふさわしい。

ユダヤの格言.
他人を幸福にするのは香水を振りかけるようなものだ。
ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。

セネカ.
あなたが人に愛されようと思うなら、まずあなたが人を愛さなければならない。

アリストテレス.
愛はただ与え続けるもの。愛はむしろ愛することに存在する。

ジョン P コッター.
快適な空間にしがみつく自分をそこから押し出すのだ。
そして新しいことを始めてみることだ。

ジョン・レノン.
根本的な才能とは、自分が何かができると信じることだ。

相田みつを.
人間はね、人から点数をつけられるために生まれてきたんではないんだよ。
人間がさき、点数はあと。

羅漢.
どんな悲しみにも、それにふさわしい深い幸せがきっとある。




シリーズ1は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-09-05 17:59 | 希望の哲学 | Comments(5)

希望の哲学4


失敗で落ち込んでいる人に贈る.


ジョン・デューイ (米国の哲学者)
失敗は一種の教育である。人は、成功からも失敗からも非常に多くのことを学ぶ。

カルヴィン・クーリッジ (米国第30代大統領)
辛抱強さに勝るものはない。才能だけではだめである。
才能がありながら成功できない人はあまりに多い。

キケロ
 (ローマの哲学者)
どんな人間でも間違いを犯すが、愚者は間違いを改めようとしない。

チャーング (米国の牧師)
間違いと失敗は、我々が前進するための試練である。

ヘルマン・ヘッセ
 (ドイツの作家)
あやまちも失敗も多かった。しかし、後悔する余地はない。

ベートーベン (ドイツの作曲家)
優れた人間の大きな特徴は、不幸で苦しい境遇にじっと耐え忍ぶことだ。

ルドルフ・ヌレエフ
 (ロシアダンサー)
人生はおのれとの闘い。他には何もない。

孔子
 (儒教の祖)
最大の名誉は決して倒れないことではない。倒れるたびに起き上がることである。

ヘンリー・フォード
 (フォード創立者)
失敗とはよりよい方法で再挑戦する素晴らしい機会である。

ルーズベルト
 (米国第32代大統領)
未来は自分の夢の素晴らしさを信じる人のものである。

トーマス・エジソン
 (米国の発明家)
私は決して失望などしない、なぜならどんな失敗も新たな一歩となるからだ。

次の記事は、→ここをクリック!



追記1:この記事は、私を鼓舞するために書きました。(^^)
その理由を述べた記事は、→ここをクリック!
追記2:表題が4になっていますが、過去からのシリーズで4番目の意味です。
そのシリーズ1は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-08-15 14:55 | 希望の哲学 | Comments(2)

シンプルに考える


☆原点から考えて行動する.

以下に、森川亮著、書籍「シンプルに考える」の写真2枚を添付します。
b0312424_5304367.jpg

b0312424_531034.jpg<写真解説>
上写真は書籍の表紙、下写真は冒頭文の写真で、「会社にとっていちばん大事なことはヒット商品をつくり続けること」と書かれています。

私は、27歳のときから商品開発の仕事をしてきました。
もう、かれこれ28年になります。
社会人となって30余年、ずっと素敵な商品を追い求めてきました。
しかし、この数年、企画した新商品が世に出ないという不遇の歳月を過ごしてきました。
私としては「まずまず」と思っても、会社トップが首を縦に振らないのです。
どれもこれも試作で終わりました。
「企画倒れ」ばかり。だんたんと自己嫌悪に陥り、感性の衰えを感じ、自信を失っていきました。そこで、6月1日、新商品開発の責任者を辞退することにいたしました。
会社から言われたのではありません。自分からです。

辞任して数日後、私は「あん」という映画を見ました。
映画「あん」は、→ここをクリック!
その映画を見た翌日、立ち寄った本屋で白い本を手に取りました。
森川亮(もりかわあきら)著の「シンプルに考える」と本でした。
この著者は、LINE株式会社の代表取締役をしていた人で、会社を大成功させて引退、今は顧問に就任している成功者です。
今、輝きの頂点にいる天才が、「商品開発」について語っている書籍でした。

彼は、次のように言っています。
「本当に大切な1%に100%集中すること」
1%とは本質のこと。枝葉ではなく根っ子に焦点を当てろと言うのです。
さらに彼は、「会社にとっていちばん大切なこととは何か?それはヒット商品をつくり続けること」「イノベーション(革新)は目指さない。ユーザーが求めていないものをガンガンやっても意味がない。それは自己満足です」「私もいろいろ失敗してきました。一つのパターンが、二歩先、三歩先のサービスを狙っての失敗でした」と記していました。
そして、彼は次のようにも語っているのです。



1.熱こそが成功の条件。使命感をもってユーザーに尽くす。
2.ビジネスは戦いではない。ライバルではなくユーザーだけを見る。
3.お金を中心に考えない。価値を生み出すことに集中する。
4.仕事は自分でとりにいく。やりたいことを仕事にする。
5.自分の感性で生きる。会社や上司に自分を合わせない。
6.確信が持てるまで考え抜く。考え抜いて末の失敗は成功のもとになる。
7.成功を捨て続ける。それが事前の価値を高める唯一の方法。



共感した7項目を書いてみました。
自分の仕事に熱意が涌くか、お客様の心を知っているのか、お客様の満足を得られる商品なのか、常に真っさらな心で歩んでいるか‥
この本は、そういう根本的な視点を教えてくれるのです。
ともあれ、自分をもう一度作り直すつもり。
牧口先生は57歳から創価教育学会を創立されました。
私は55歳、まだまだ頑張りますよ!(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-06-09 05:38 | 希望の哲学 | Comments(2)

続々・希望の哲学


戦いに臨む人々へ贈る.


ソクラテス
生きるために食べよ、食べるために生きるな。

ゲーテ
生きている間は、なにごとも延期するな。汝の一生は、実行また実行であれ。

孔子
良心に照らして少しもやましいところがなければ、何を悩むことがあろうか。
何を恐れることがあろうか。

ガンジー
明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。

プラトン
賢き人は、話すべきことがあるから口を開く。
愚かなる人は、話さずにはいられないから口を開く。

ドフトエフスキー
みんなのために自発的にいのちを捨てること、
みんなのために十字架にのぼり、火刑の火の中に入ることは、
個性が最も強度に発達したときに初めてできることである。

トルストイ
戦いにおいて最も重要なことは、最後の勝負に勝つことである。




希望の哲学の過去記事は、→ここをクリック!
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-05-11 06:19 | 希望の哲学 | Comments(4)

続・希望の哲学


☆以下に、「今の自分から成長する方法」のYou Tubeを添付します。



アインシュタイン
他人のために尽くす人生こそ価値ある人生だ。

マザーテレサ
富を他のために用いるとき、その人は豊かになります。

ガンジー
最高の道徳とは人類への愛のために働くことである。

川端康成
一生の間に一人の人間でも幸福にできれば、自分の幸福だ。

エマーソン
真心をもって人を助ければ、必ず自分も人から助けられる。
これは人生のもっとも美しい補償の一つである。

カーネギー
他人の利益を図らずして、自ら栄えることはできない。

トルストイ
確実に幸福になるただ一つの道は人を愛することだ。

カーネルサンダース (ケンタッキーフライドチキン創業者)
他の人に一生懸命サービスする人が最も利益を得る人間である。

レイ・クロック (マクドナルド創業者)
自分の仕事を愛し、顧客第一でいれば成功はあなたのものだ。

リチャード・パック
夢を与えられればそれを実現する力も必ず与えられる。




成功者は、皆、同じ意味の言葉を口にしている。
希望の哲学の過去記事は、→ここをクリック!
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-04-30 06:01 | 希望の哲学 | Comments(4)

希望の哲学


Boys be ambitious !!

フロイト
森の分かれ道では通らぬ道を選ぼう。すべてが変わる。

ルソー
生きることは呼吸をすることではない。行動することだ。

ボールドウィン
人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。

ニクソン
人間は負けたら終わりではない。諦めたら終わりなのだ。

アーヴィン・“マジック”・ジョンソン
あなたが現状を変えられる唯一の人だ。あなたの夢が何であれ、それを追いなさい。

ショーシャンクの空に
希望はいいものだ。多分最高のものだ。いいものはけして滅びない。

エマーソン
道を開く秘訣は、各人がもつ喜びの中にある。



追記:下記のURLをクリックすると別館記事のYouTubeにジャンプします。
http://sokamori2.exblog.jp/24328889/


次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-04-06 06:55 | 希望の哲学 | Comments(6)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ対策
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:23
こんばんわ、菊川さん。雨..
by とろサーモン at 23:37
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:34
弱いというか、根性が捻じ..
by 遊 at 18:23
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 00:11
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:37
菊川さんがこんなにがんば..
by 千早 at 11:58
凡ちゃんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:30
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:21
大いにやってください ..
by ちよ at 05:09
昔の人は、今よりもずっと..
by 凡ちゃん at 11:30
菊川さんへ お返事あり..
by 田中くん(仮) at 12:07
田中くんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:38
公開コメントでお声がけく..
by sokanomori3 at 05:21
ちよさんは、聖教新聞をし..
by sokanomori3 at 05:17
こんばんは!はじめまして..
by 田中くん(仮) at 20:46
茨城の日 おめでとうござ..
by ちよ at 08:08
非公開さん、情報、ありが..
by sokanomori3 at 23:48
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:47
ここが世界遺産になったと..
by 凡ちゃん at 13:19

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア