カテゴリ:政治( 24 )

マスゴミによって増えるゴミ


☆批判オンリーは自殺行為.

マスコミをマスゴミと呼ぶ人がいる。
漢字にすると「増すゴミ」(増えるゴミ)であろうか。
ブログ炎上のように、日本のマスコミ、政治分野が大炎上。
森友学園問題でバカ騒ぎを続けている。
朝起きて、TVをつけるとことさら大騒ぎである。

批判オンリー野党には、年々、腹立たしさが大きくなる。
共産党の批判だけ活動は古くからそうだが、蓮舫民主もひどい。
とにかく大げさ。少々のことですぐ「辞任しろ!」のワンパターン。
自身の二重国籍にはダンマリ。で、「お前が言うな」ブーメラン。
とにかく、こんなバカ騒ぎばかりやっていると国が弱体化する。
民進党はそんなことも分からないのか。

日本はオカシイ。勿論、日本だけではない。
様々な国がオカシイ。ネットの発達で見えるようになったのか。
それとも、この近年にオカシクなったのか。
いずれにしても、批判オンリーなんて流行らない。
黙々と、無言で世のため人のために努力する・・
そういう生き方こそニュースにするべき。

近年オカシイのは評論、批判が巨大化していること。
そんな口先だけの騒ぎは飽き飽きです。
地に足をつけて仕事をしろ、と言いたい。

<別館>にも森友学園問題を記事にいたしました。
sokamori2.exblog.jp/26727430

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-18 08:33 | 政治 | Comments(4)

泥仕合になる可能性あり


☆豊洲問題の気になる行方.

有害物質が高い濃度で検出された豊洲市場。
過去の9回目の検査で環境基準の最大79倍の有害物質が検出され大騒ぎになった。
小池さんは豊洲移転を中止。過去の関係者を激しく批判した。
しかし、今回、「検査手順が違っていた」という。

ニュースによると・
>東京都の豊洲市場で2014~16年に計9回行なわれた地下水検査のうち、
1~8回目と9回目とで検査の手順が違っていたことが分かった。
・・とのビックリ仰天の内容でした。

おいおい、それは大変なことですよ!
分母が違う検査はまったく比較できない。別物になりますから。
もし「9回目の検査方法が間違っていた」などということになれば、
まして、「過去と同じ検査方法で過去同様の結果」となれば、
小池さんの過去の言動・行動は天ツバになる。

数字の向こうの隠されたトリックは怖い
だから批判材料に使う場合は慎重にならないといけない。
分母の違う検査での議論なんて、まったく馬鹿げた話ですから。
10分の1と100分の1と1000分の1が同じと言っているようなもの。
そんなこと検査を職務にしている人からみれば当たり前。
いろはの「い」の字です。あいうえおの「あ」です。
人様を批判するというのはあり余る根拠が必要です。
もし、再検査の結果で問題がなければ、小池さんは責任を取ることになるでしょう。
それとも「都の職員がオカシイ!」と職員を攻めるのでしょうか。

有害物質のない土地など日本にはありません
有害物質はどこにでもある。問題は「量」です。
例えば放射能がゼロなどという空間は絶対にない。
放射能は自然の中に普通にある。放射能は微量なら体に良い。
もし、放射能ゼロの空間に人間を閉じ込めたら死んでしまうという学説もあります。
是か非かの根拠を知らない人が簡単に良いとか悪いとか言う。
いつも「しょうがない人たちだなー」と思うのです。

過剰な安全意識は、国際競争力に不利に働きます
不必要にコストが上がるだけですから。
綺麗に掃除した。十分綺麗なのに二度も三度も掃除をすることは愚かです。
綺麗にすればいいのではありません。必要以上に綺麗にすることは損です。
問題にならないレベルの検出は汚染されているのではありません。
クリーンな環境なのです。安全なのです。
安全を危険と言い、危険を安全と言う人があまりに多い。

「農薬が検出された。問題だ!」これはオカシイのです
「人体に影響のある農薬が検出された。問題だ!」これは正しい。
その1つの例を以下に示しましょう。

二硫化硫黄のガス・人に対する影響
許容濃度は2ppmです。
5〜10ppm/鼻や喉に刺激があり咳が出ます。
20ppm/眼に刺激を感じ咳がひどくなります。
30〜40ppm/呼吸が困難になります。
50〜100ppm/短時間(30分〜1時間)耐えうる限界です。
400ppm~ 短時間で生命が危険です。
慢性毒性で、歯牙酸食症・気管支炎、胃腸障害・結膜炎、鼻喉頭炎などを起こします。
ガスが大量に漏れた場合には、噴霧水にガスを吸収させ、付近にいる人は風上に退避させること。ガスを吸入した場合は、新鮮な空気の場所に移し、酸素吸入(呼吸が停止している場合には人工呼吸)を行い、直ちに医師の処置を受けましょう。
(http://www.klchem.co.jp/blog/2007/08/so2_1.phpより抜粋)

すなわち2ppmは「問題ない」のです。3ppmも4ppmもおそらく問題はない。
(幼児・化学物質過敏症の人を除く)

火を燃やし、出てくる二酸化炭素も一酸化炭素も、温泉の硫黄だって全部有害物質です
塩だって、砂糖だって、大量に摂取すると有害物質になる。
化学物質は危険、天然だから安全なんてのも馬鹿な話。
天然物質の猛毒は化学物質の猛毒と同じですから。
ともかく有害物資は「量」で論じられなければなりません。

マスコミも馬鹿な話の片棒を担ぐことがあります
政治家も私たち市民も、単なる数字に騙されないことです。
とにかく「重箱の隅をつついての馬鹿騒ぎ」は有害極まりない。
豊洲移転を中止している間に何十億円の単位で税金が消えている。
単なる盛土をした、しないの問題ではない。

間違った判断基準で人々を罰すると魔女狩り裁判になります
もし、人体に問題がない微量の有害物質の検出に終わるなら・・
その罪は大いに批判されることになるでしょう。



追伸1:明日、韓国・朴大統領の弾劾裁判の判断が行われます。
魔女狩り裁判にならぬよう願っています。
http://sokamori2.exblog.jp/26414816

追伸2:結果、朴氏は弾劾されて大統領を失職しました。
魔女狩り裁判になった。私はそのように思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-09 21:35 | 政治 | Comments(0)

習近平・中国の気になる動向


☆習近平の核心は両刃の剣.

今、中国は、習近平の支配力が極度に高まっているように見えます。
昨日は中国共産党の重要会議が終了、国家主席である習書記長が「核心」に昇格したとの報道がなされました。
「核心」とは「特別な」を意味し、毛沢東に並ぶ地位を意味します。
これは具体的にどのような影響力を持つことになるのでしょうか。
中国では、行方不明になる人たちが沢山います。
以下に、その恐ろしい現実を伝える産経新聞記事を添付します。

b0312424_630714.jpg

この写真は、本年4月24日、出版社の人たちが行方不明になったことに抗議する人々の姿を報じた記事で、「不明」と「不白」と書いたプラカードを掲げる人たちの写真が掲載されていたものです。政府や習近平を批判すると、ある日、忽然と職場の責任者が蒸発する(逮捕・監禁される)のです。
この恐るべき弾圧にプラカードを持って無言で抵抗しているのです。
「政府はオカシイ!」と言うと被害が及ぶ。
だからプラカードを持ってたたずむだけ。

日経新聞には「習近平の支配」と題される記事が10月17日から連載されていました。以下にその文章を抜粋しつつ、所感を申し上げます。

「2012年、最高指導者となった習は「弱ければ叩かれる」と語った。
習は政敵の大連市長・薄 熙来(はく きらい)の建てた公園の昇り竜のオブジェを重機で破壊して言った。「敵対すれば痕跡さえ残さぬ」・・
このことを例に日経新聞は赤裸々に語る。
「弱肉強食の世界観が色濃くにじむ」
「中国ではメディアは党の喉と舌(代弁者)と位置付けられる。
風刺すら許さぬ重い空気が中国に漂う。
役人は言う。「仕事をして疑われるなら何もしない」と。
強権に表立って逆らえば損をする。面従腹背で嵐をやり過ごす。
習が支配を強めるほど、体制が麻痺し、泥濘は深まる」・・

ここまで日経新聞が書くことに驚きつつ連載記事を読みました。
まるで個人のブログのような感情丸出しの文章なのです。
私も面従腹背という記事を過去に書いています。
http://sokamori2.exblog.jp/19902800/
人々は恐怖政治の中で従うように見せて耐え忍んでいるのでしょうか。
逆にそういう人たちは少数で、国全体が右傾化しているのでしょうか。

習近平が「核心」という立場になったことは、中国の凶暴が強まる瑞相のように私には感じられます。あるいはその逆の意味で、国内情勢が危ういから核心に仕立て、さらなる凶暴性を担保したのでしょうか。

内側に出る敵は逮捕、監禁、刑罰で臨む。外国は強大な軍事力で脅す・・
彼らは今も日中戦争の番組を流し日本への憎悪を駆り立てているのだそうです。
70年も以前の話を蒸し返し今に伝える。韓国も同じ手法を使ってきました。
韓国の慰安婦問題はその象徴です。日韓合意があったにも関わらず、本年、新たに慰安婦像は15体も増設されています。
なぜ、このように国民の憎しみを駆り立てるのでしょうか。
日本を憎む中国人・韓国人がこうして作られています。

しかし、そのような憎悪を持つ人々が訪日(旅行)すると感情が一変するのだそうです。日本人は優しく、親切・・だから好きになったと。
以下に、その心の変化を伝える記事のURLを添付します。

http://news.searchina.net/id/1611216?page=1
http://news.searchina.net/id/1619958?page=1
http://news.searchina.net/id/1618596?page=1
http://news.searchina.net/id/1612630?page=1
http://news.searchina.net/id/1603735?page=1

でもこれは、ごく一部の人たちです。大多数は反日のままです。
中国や北朝鮮の凶暴化、フィリピンの米国への反発、中韓の反日・・
アジアは大変不透明な時代を迎えているといえるでしょう。
先日の日本とフィリピンとの首脳会談も不透明に終わりました。
日比首脳会談は、→ここをクリック!
混沌とした時代はこれからも続くでしょう。



尚、私は中国人の友人、韓国人の友人が沢山います。
池田先生から教えていただいたように、中国・韓国は仏法、文化を伝えてくれた大恩の国です。ですから私は中国も韓国も尊敬してきました。
上記の文章は、その愛情があっての上で個人的所感を述べたものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-29 06:41 | 政治 | Comments(8)

続・日比首脳会談の気になる行方


☆アジアの海はグレーな海.

前回の記事は、→ここをクリック!
一昨日の記事で、私は日比首脳会談の重要性を述べた。
そして昨日、その会談が行われて一応の成果に至ったようである。
以下に、日経新聞から現在の進度を示し所感を述べたい。

日比首脳会談の成果

1.南シナ海の中国問題の平和的解決に向けた協力で一致
法の支配の重要性を両首脳が確認
2.中国の主権主張を退けた仲裁裁判所の尊重
3.日本が大型巡視船2隻を供与し、海上自衛隊の練習機を貸与
4.日本が約200億円の農業支援やインフラ整備支援を表明

以上、4点が合意内容であるが、南シナ海問題への対抗策は考え方が示されただけで、具体的な方策は何も生じていない。
否、方策はむしろ生じさせないとの思考か。
中国との対決姿勢を避け、日本、中国に均等な距離を置き、グレーな形で時間稼ぎする・・これがドゥテルテ氏の考えのようだ
アジアの海洋国家がこぞって反発する南シナ海の問題をフィリピンは沈黙する。その沈黙から経済支援を勝ち取り、国内問題を解決しながら時を待つ・・
だとするなら合理的、かつ冷静な思考とも見える。

そもそもフィリピン新大統領・ドゥテルテ氏は、麻薬犯罪撲滅を政策に掲げ大統領になった。彼の信念は麻薬犯罪との戦争であり、その目的を達成できるなら犯罪者は容赦なく殺す、というものである
この行為に欧米は反発、新大統領を非難した。
これがドゥテルテ氏の逆鱗に触れたようだ。

彼は日本でも反発の声を荒げている。
外国軍部隊(米国)は、2年ほどで出て行ってほしい
アメリカ、欧州の国々を「馬鹿」呼ばわりまでするドゥテルテ氏・・
なぜ、彼はここまでの強弁をするのだろうか。

それは400万人と言われる麻薬中毒者の存在だ
「麻薬がこの国を亡ぼす」、だから「あらゆる手段で麻薬犯罪を撲滅する」「国家の病巣を切除する」という決意に立っている。
その証拠が「自分の命は失ってもいい」との発言である。
自分は死んでもいい。でも麻薬犯罪は絶対に許さない・・
彼の決意は揺るぎなく、その目標達成のためなら米国や欧州と手を切る、中国を受け入れるというものだ。

なるほどと思った。彼は国を良くしたいのだ
その強い決意が、閻魔大王のごとく、有無を言わさぬ死刑を肯定させているのであろう。部外者が無責任に批評する言動が許せないのだろう。
「批判者よ、お前が麻薬犯罪を無くせるのか。そうじゃないだろう。傍観者の批判などくそくらえだ。俺は絶対にお前らを許さない!」
このようなメッセージを彼は発信しているのだ。

蔓延する麻薬・・確かにこれは亡国の基である
彼はずっとこの問題の解決のために戦ってきた。一歩も引かない。
だとするなら米国は折れるしかない。
もし折れないなら、フィリピンは中国と手を結ぶだろう。
この私の見方は大方間違いではないだろう。

アジアの海はこうしてグレーに染まった
日本は領海、領土維持に戦略の見直しを強いられることだろう。
今後、政治の判断力、行動力の手腕が問われるだろう。
平和憲法、交戦権、基地問題、防衛システム・・
十分な備えを担保しながら新たな方法も検討する必要があるだろう。
中国の現状は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-27 21:06 | 政治 | Comments(17)

日比首脳会談の気になる行方


☆アジアの海の運命が決まる.

世の中、ショッキングなニュースが続いています。
あり得ないことが起る。考えられないことが起る。驚きの連続・・
それが3.11大震災以降の世界情勢です。

本日、“まったくの個人的見解”を書きます
(本日だけではありません。常日頃から個人的見解です)
こうでも言わないと、批判したい人は本日の記事で大喜びするだろうから。
「アジアの海の運命が決まるだと? 何がお前に分かるんだよ!」
「また始まった。ど素人の薄っぺらいものの言いよう」
決まって、このような批判があるからです。
でも思うんですよ。なんでそんなに批判ばかりするのかなあって。
耐えがたいストレスでもあるのでしょうか?

さて、個人的に中国とロシアの大国の侵略は許しがたいことです
ロシアの侵略行為は、→ここをクリック!
ロシアのクリミア半島の搾取にも驚きましたが、近年の中国による東シナ海・、南シナ海の侵略は極めて憂慮すべき状況です。
中国の侵略行為は、→ここをクリック!
その中で、新しいフィリピン大統領にドゥテルテ氏が選ばれた。
9月20日の中比首脳会談で彼が発した言葉に私は度肝を抜かれた。

ドゥテルテ氏は平然と言ってのけた。
軍事的にもビジネス的にも米国とは決別する
中国の海洋支配を日本、フィリピン、米国で阻止しようとしていたのに、忽然とドゥテルテ氏が出てきて、過去の方針を反故にした。
喜んだのは中国。破格の大盤振る舞いをした。
習近平は固い握手を交わし、2兆円を超える経済協力を約束した。

中国外務省の報道官は記者会見で言った。
南シナ海問題は二国間対話の正しい軌道に戻った

中国共産党機関紙・人民日報は社説に次のように書いている。
「中国とフィリピンは抱擁した」
さらにその社説にはこのような口汚い言葉が書かれている。
外部(日米など)は南シナ海を放棄しろ

オバマの米国は、南シナ海の中国の行動に対し、島の近くに少数の艦船を航行させる程度の消極策に終始した結果、「米国は頼りにならない」「中国と友好関係を築こう」と考える国が増えているとの報道がある。

中国の強大な軍事力が隣接する国々を平伏させているかのようだ
皆、静かに笑い、雉も鳴かずば撃たれまいと沈黙する。
フィリピンが中国と手を結べば、太平洋へ中国の軍艦は自由に進出できる。
中国にとってフィリピンは最高の地政学的戦略目標になるだろう。
もし、そうなら、中国は海軍力を飛躍的に伸ばすだろう。
あくまで私の個人見解。でも、まんざら大げさな話ではない。
中国は変わってしまった。危険な国になった。

ともかくアジアの海は、明日の日比首脳会談にかかっている
日比の首脳会談は、世界が注目する歴史的な会議になる。
安部首相は何を準備し、どう動くのだろうか。
「米国とのパイプを切ってはだめだ」と言うのだろうか。
大注目の会談から目が離せません。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-25 20:49 | 政治 | Comments(6)

小池百合子さん都知事選で勝利!


☆与野党支持の両氏は完敗 (^^:

読売新聞の記事(得票数グラフ)を以下に添付します。
b0312424_617566.jpg

写真解説.「小池氏291万票、増田氏179万票、鳥越氏134万票のグラフです」

選挙速報で、小池百合子さんが早々に勝利との報道になった。
自民、公明、こころ推薦の増田ひろや氏が落選。
民進、共産、社民、生活推薦の鳥越俊太郎氏も落選。
まったく支援組織のなかった小池氏が当選した。
所感は、別記事に詳しく書きます。
その別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-07-31 20:06 | 政治 | Comments(5)

東京都知事選、誰が勝つの?


☆小池、増田、鳥越の巴戦.

支援者は疲れる戦いですね。
東京のJR駅周辺では、「憲法を守り、クリーンな都政を」とのプラカードを掲げ、10人ほどの支援者が「鳥越、鳥越、都知事は鳥越、お願いします!」と大合唱していました。どんな人たちかは知りませんが、都政を改憲阻止の戦場にしようとしているの?と言いたくなります。
都のテーマは、都民の生活向上とオリンピックです
反戦平和のデモと混同しないでほしい。
でも、元気だなあ、なんでそこまでやるの?って思いますけど。
経済的基盤もあり、時間もあり、パワーもあるのか。(^^)
ま、私も人のことは言えない。腕立て200回もしましたから。
その腕立て記事は、→ここをクリック!
次元が違いますけれどね、これ。(笑い)
どの候補者も日本を良くしたいというのは分かる。でも本当に日本が良くなるかというと、私は野党には共感できないし、良くならないと思います。
第一、改憲阻止って、誰が改憲派ですか?
公明党は改憲派じゃないですからね。
その記事は、→ここをクリック!
それでもって、民主党は改憲派ですからね。
鳥越さん、そのこと分かっていますか?
さて、都民が誰を選ぶか、私には残念なことに投票権がない。
小池さんでなく、鳥越さんでなく、増田さんにして欲しい
山積みになっている仕事をテキパキ片づけること、それとオリンピック・・
東京都はケンカしている時間なんかない。
一分一秒でも、建設的な時間に当てるべきです。
だから増田さんです。小池さんも悪くないけれど、増田さんがベター。
小池さんは好きですけれど、ここは諦めて欲しい。
でも、今の雰囲気だと小池さんが勝つかもしれないです
その時は仕方ない。小池さんに頑張ってもらいましょう。
小池さんは悪い政治はしないでしょうから。(^^)
小池さんの記事は、→ここをクリック!
鳥越さんの記事は、→ここをクリック!



選挙の結果は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-07-29 05:39 | 政治 | Comments(0)

小池百合子氏 なぜ強い


☆支持政党なしが魅力?

今回、自民・公明推薦の増田氏の人気はイマイチ。
推選を受けられなかった小池さんがリードというから驚きだ。
予想に反する展開で、私個人としては「どうなっての?」。
では、漁夫の利を得る鳥越さんはダントツ有利かと思いきや、小池さんといい勝負だとの報道がなされている。これも意外。
(漁夫の利:二者が争っている隙に、第三者が利益を横取りする たとえ)
本当なら、自民分裂で野党連合の鳥越さんが有利なはず。
が、そうでもない。序盤だから何とも言えないが、なぜだろう。
鳥越さんは、ちょっとオカシイことを言っている。
「改憲を許してはならない!」って、都政と関係あるの?という感じ。
なんだか都のためなのか、国のためなのか、良く分からない。
それとね、改憲に公明党は賛成していませんからね。
改憲勢力に公明党を含めないでいただきたい。
だったら、民進党だって改憲勢力でしょ?
ともかく、小池さんには支援組織がない、たった一人で戦う女らしさ?に、世間は個性を感じ、心意気を感じ、応援したいのだろうか。
うーん、摩訶不思議な選挙戦ですね。どうなるのか・・
前回の関連記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-07-18 21:11 | 政治

2016都知事選の戦い始まる


☆有名人はもういらない.

日経新聞の小池、鳥越、増田3氏の記事を以下に添付します。
b0312424_2133053.jpg

2016参院選が終わったら都知事選ですか。
で、自民党は分裂選挙。野党は統一候補で有名人を使ってリベンジ。
自民党、何やってんだか。野党さん、また未経験の有名人ですか。
政治って、素人でもできるのでしょうか。誰しも、最初は素人ですけれど。
でも、東京五輪の正念場。小さなことから大きなことまで、しっかりと仕事のできる人が求められていませんか。都議の議員と力を合わせる必要もある。
鳥越さん、「公約これから考える」ですか。
一夜漬けの勉強程度で都政は任せたくありませんね。
「でも菊川さんは都民じゃないよね」ですって?
職場は東京だし、都政は関心ありますよ。
ともかく有名人だという理由で選ばないでほしいです。
顔で選ぶのではなく、能力で選んでほしい。
政治家の顔の話、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-07-14 21:31 | 政治 | Comments(0)

政治家は見た目も大事


☆ある女性(婦人)との対話.^^

「今回の参院選、どのように感じましたか?」
「盛り上がりに欠けた選挙。静かな選挙という感じ」
「民進党の岡田さんって、どう思う?」
「好きじゃないです」
「共産党の志位さんはどうですか?」
「別に、何とも思わない」
「じゃあ、公明党の山口さんは?」
「清廉潔白を絵に描いたような人」
「清廉潔白って具体的にどういうこと?」
「いいと思う。信頼できる」
「自民党の安倍さんはどうかな」
「ぬらいりひょんみたいな感じ」
「ぬらりひょん? なにそれ」
「疲れている。老けている。仕方ないけど」
「何だか見た目ばかりだね、見た目って大事なのかな?」
「そりゃ大事ですよ、怪しい人はいやだもん」
「怪しい人ってどんな人なの?」
「ガマガエルのような人。油っぽい人。清潔感のない人」
「じゃあ、もう一度聞くけど、志位さんは?」
「好みじゃないし、どうでもいい」



まあ、こんな対話をして思ったのです。
女の人は感情的に見るんだなと。
顔の好き嫌いで判断しても仕方ないと思うのですが・・
志位さんを二度聞いたのは油っぽくない志位さんはどうかと思ったから。
毛嫌いしていないみたいだけど、眼中にはなかった。(笑い)
志位さんが救われているのは油っぽくないということか。
私は安倍首相好きです。男として格好いいと思う。
奥さんも素敵な人。過去にお会いしたことがあります。
岡田さんは暗いから好きになれない。いつも怒っているし。
私、もともと批判ばかりする人が嫌いですからね、だから岡田さんNG。
民進党は前原さんあたりを党首にしたら議席が増えそう。
ともかく見た目も大事。いまさら教えられましたよ。
でも、これは政治に限ったことではない。
私も気をつけないとマズイな、これは。(^^:
何を言われるか分かりませんし。
今回の選挙結果は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-07-13 05:57 | 政治 | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

ちよさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:24
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:18
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:14
千早さん 投稿時間が 1..
by ちよ at 21:11
さてさて、今回の籠池氏の..
by 福島の壮年 at 18:20
丘を越え行こうよ 口笛吹..
by 千早 at 11:18
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:11
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:08
うんていと 逆上がり い..
by ちよ at 05:43
こんばんわ、菊川さん。い..
by とろサーモン at 22:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:30
菊川さんがどんなに ひら..
by 千早 at 23:29
確かに、インドの人たちに..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:45
大阪の学校のこともそうで..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:28
投函する時ドキドキする。..
by 千早 at 13:47
確信を持ちたい非公開さん..
by sokanomori3 at 06:09
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 05:57
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:50

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア