カテゴリ:つぶやき( 70 )

早春の風景 2


☆ほら春が来たよ.

林とモクレンと傾斜地の写真を以下に添付します。
b0312424_844652.jpg
b0312424_8441963.jpg
b0312424_8443117.jpg

写真解説「葉をつけていない樹木、つぼみをつけたモクレン、蒼い雑草の写真です」

2週間前の寒波は消え失せました。
モクレンが白い花のつぼみを開こうとしていました。
梅は寒風の中で咲きますが、ここまでくれば春をはっきり実感できる。
春の陽気に誘われてピクニックにでも行きましょうか。
なんだか、ウキウキの日曜日の朝です。
最後の寒波の記事URLを示します。
sokafree.exblog.jp/26728423
モクレンの別記事のURLを示します。
sokanomori.exblog.jp/17779

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-19 08:57 | つぶやき | Comments(0)

早春の風景 1


☆冬の最後の抵抗あり.

わが家のクルマが凍り付いた朝の写真を添付します。
b0312424_865545.jpg
b0312424_87498.jpg
b0312424_871515.jpg

写真解説「うっすらと凍ったクルマの正面、後ろ、横からの3枚写真です」

2週間前、強烈な寒波が来たときの写真です。
クルマは全身を凍らせていたし、真冬のような風が吹いていました。
でも、春が目前でしたから、その寒さも楽しめました。
このクルマ、凍ってブルーに見えますがグレーなのです。
購入当時(中古)の記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/18043060
これが最後の冬の抵抗でした。1週間後は・・
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-19 08:41 | つぶやき | Comments(0)

続・春はどこにいるのか


☆つくしのミイラ.

つくしのミイラの写真を以下に添付します。
b0312424_5415044.jpg

写真解説「乾燥してカラカラになったつくしの写真です」

寒いです。とっても寒い。
日本中が冷蔵庫のようになっていますね。
若い時は寒さも暑さも関係なく耐えられたけれど・・
60歳近くになるとやっぱり弱くなるんです。だから我慢は禁物です。
寒ければ重ね着しないといけないし、部屋も暖かくしなればいけない。
年齢と共に知恵を使うのです。智慧は体力に等しいチカラです。
さて、春は近い。この寒波の向こうに春はある。
闇が深ければ暁も近いように。うん、もう少しだ。
このつくしのミイラは、昨年の春に散歩途中で持ち帰ったもの。
すっかり忘れていて、昨年の夏ごろ気付いた。
そのまま保管していた。存在感あるでしょう?
もうすぐ元気なつくしに会える。
恋しいです、春。うふふっ。

前回の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-13 05:49 | つぶやき | Comments(0)

部員さん回りの喜び


☆葉っぱ付き大根の功徳.

昨日、部員さん回りをしました。
どの壮年部の方も超元気、満面の笑顔なんです。
座談会の招待状をもって一件一件回るのですが、どこに行っても会える。
留守宅ゼロ、全員玄関にみんな出てくださる・・
どうしたの?っていうぐらい会えました。

今回、未入会のAさん(壮年)にぜひ座談会に出席いただこうと考えていた。
何と奥さん(婦人部員)が留守で、そのご主人が玄関先へ・・
ご主人、今年、新年勤行会に参加されていたのです。
「お正月に学会の会館に行かれたと聞きました。今度、ブロック座と言って、小さな会合があります。もしよろしかったら、ぜひ、奥様といらっしゃってください」
するとAさん、招待状を見ながら笑顔で答えてくださった。
「そうですね、行けるようだったら行きましょうかねえ」
うふふっ。来てくれたらいいな。^^

いつも会合に出てこない壮年部のBさん。
お正月に帰郷先のお土産をお渡しした人です。
「首を長くして待っていますが、もう、待ち過ぎてろくろ首みたいになってますよ。皆よろこびますから、奥さんとぜひ、いらっしゃってくさいな」と言うと・・
Bさんいつもの笑顔でうなずく。でも、参加しないんです、この人。
すると奥さんがダイコンを持って玄関に出てこられました。
「親戚からもらったダイコン、もしよろしかったら・・」
新鮮な葉のついた見事なダイコンでした。
「ありがとうございます。遠慮なくいただきます!」
お二人に丁寧にご挨拶申し上げました。
私、Bさんとも仲良しなんですよ。
でもね、なかなか出てこない。はははっ。

この他、いろいろな方にお会いしたのですが、とにかくパーフェクトに会えた。
どの壮年部員も、過去になくお元気で幸せそう・・
どーしんたんだろう? うーん、でも嬉しい。

さて、ダイコンを自宅に持ち帰ったのです。
家族は「まあ、大きな立派なダイコンだこと!」と喜んでいる。
まあ、ダイコン1本ですけれど、こういう何気ない交流がいいのです。
人と人とのつながり。温かなふれあいという幸せ。
私、市民農園やっていたとき、部員さん宅に獲れたて野菜を差し上げてました。
農園をやらなくなって久しいですが、オモシロかったなあ・・
http://sokanomori.exblog.jp/i32

ちなみにAさんとは市民農園で仲良くなったのです。
2月の座談会、来てくれたらいいな!^^



追記:わが地区の座談会記事のURLを以下に添付します。
http://sokanomori.exblog.jp/i55

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-05 05:14 | つぶやき | Comments(17)

オカシナ時代に病まない方法


☆鬼神乱るるが故に万民乱る.

アメリカ、韓国の異様なニュースが続いていますね。
あまりにもオカシイから、オカシナ中国のニュースが目立たない。
まさか、アメリカが中国レベルでオカシクなるとはびっくりです。
立正安国論の次の御文を彷彿とさせる状況です。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/b17

国土 乱れん時は 先ず 鬼神乱る 鬼神 乱るるが故に 万民乱る.
(こくど みだれん ときは まず きじん みだる きじん みだるるがゆえに ばんみん みだる)

まさにトランプは鬼人そのものに見えます。ゆえに米国は大混乱です。

彼の欠点は「極端」にある。判断に幅がない

右に動けば左が泣き、左に動けば右が困る。
これが世の中の常。ゆえに中道が望ましい。
政治は極端であってならない。
甘くても厳しすぎてもいけない。
極端は各種の副作用を起こす。

加えて韓国はまるで無政府主義のように見えます
大統領は監禁され、野党も与党も言いたい放題でバラバラ。
どんどん増える慰安婦像。まったく理解できない日本人・・
韓国も極端です。米国同様、副作用に苦しむでしょう。

中国も北朝鮮もオカシイ。今は悪友です。
善友の連帯を築く必要がありますね。
日本は四面楚歌とならないよう、沢山の味方を作らなければならない。
オカシナ国とは適当に距離を置いて、世界中の国々と今こそしっかり付き合う。
他力でなく、日本の長所を生かして自力で歩むべきです。

思うに、自公政権で本当に良かったということ
私たちは民主党政権で世界に先駆けてオカシナことを経験している。
そういう意味では、日本は良い学習をしたといえる。

皆さん、世界も国内も情報が飛び交って、何がいいのか悪いのか分かりませんよね。
そして情報は不確実なものばかりです。
晴れると思っても雨だったり曇りだったり・・
猫の目のように変わる言動に振り回されるだけバカバカしい。

ここまでオカシナ人たちが台頭したら、悩まないことですよ
何かに頼ったり、他人のふんどしで相撲するのではなく、信心を心の中心にデンと置いて、一歩一歩確実に歩くことでしょうね。
楽をしようとか、近道をしようとかしなければ怖いものはありません。
苦労して歩もう!と決意して歩くこと。
混迷の時代はそれが一番良い選択だと思います。

これは、国も個人もまったく同じですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-03 06:03 | つぶやき | Comments(2)

さあ仕事をしよう!


☆ジョギング中の私の影法師写真を添付します。
b0312424_702387.jpg

写真解説「帽子をかぶり、バッグを背負い、両手を高く掲げて影法師を撮影しました」

昨日のこと。ジョギング途中で影をパチリ!
http://sokafree.exblog.jp/26571916
さて、今日は日曜日ですが仕事です。
週休一日の時は、いつも若かりし頃のことを思い出します。
昔は休日がないことが不幸と思っていた。
昔は週休一日しかなかったから。

今、ライフワークバランス重視の時代といわれる。
でも私は違うな。仕事がある、使命があることが大事なんです。
私が誰かに必要とされていること・・
そして何かをしてあげられること・・
それが幸せの正体なんだもの。
仕事の過去記事は、→ここをクリック!

今日も元気に仕事をしたいと思います。
さあ、小さな一歩でしゅっぱ~つ♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-22 07:02 | つぶやき | Comments(0)

つぶやきライブ(記事予告含む)

☆今日はスケジュール満載の公休日。
その行動の空き時間でときどきコメントを入れていきます。
まずは近況のご報告からいたしましょう。

☆家庭大工講座.
年始に東京新聞で見つけた「家庭細工」の通信教育・・
http://sokafree.exblog.jp/26534290
考えましたが、受講することはいたしません。
8万円もするからです。今はインターネットから各種情報が仕入れられるし、8万円あったら工具一式が購入できるので、まずは独自に学びたいと思います。
youtubeで主要な情報は入手できると思うので。

☆新記事の予告.
書きたい記事がいくつかあるのですが、なかなか集中できないのです。
本日、過去記事5編を消去しました。中途半端な記事が多いので。
これから書きたい記事は「新・幸福論」という本の読書感想文。
連載記事で「しっかり記事」をお届けしたいと考えています。
それと<別館>での新・人間革命の読書感想文。
ひらがな御書は当分収録はありません。

☆ひらがな御書報告. (以上 7時25分)
ゆりこさんから頂いた「報恩抄」を本日中に仕上げSさんに送ります。
御書36ページの超大作です。頑張ってやらなければ。
尚、私、新しいノートパソコンを購入しました。
電車の中でひらがな御書を随時やっています。
このパソコン、7万円というリーズナブルなもの。
ひらがな御書用なのでワープロ中心で使っています。
このことは後日、記事でご報告します。

☆運動と食事. (11時30分)
携帯電話の走行距離数の表示写真を添付します。

b0312424_11222417.jpg近く、マラソン大会があります。
本当はちゃんと練習したいのですが、なかなか時間が作れないのです。
まあ、最低限のトレーニングをしました。
走行距離数14km。ちょっと足りない。
今日の昼食は家族全員で外食に行きます。
すぐ出発の模様。急がねば!
   ↓ ↓ ↓
食事と買い物に行ってきました。
400gハンバーグ食べてきました。でかかった。で、パンは食べずに持ち帰り。
以下は食べたハンバーグの写真です。

b0312424_13453764.jpg

写真解説「鉄製の皿に大きなハンバーグステーキ、フライドポテト、スパゲッティが乗っています。その向こうに、パンやスープが見える写真です」


☆報恩抄原稿. (17時50分)
ついに報恩抄のひらがな訳原稿が完成しました。
そのワープロ文書の束の写真を以下に添付します。

b0312424_1732227.jpg

この写真で、原稿用紙の分厚さが分かっていただけることでしょう。
A4用紙170ページという大長編になりました。
立正安国論の2倍の量なんです。スゴイですよねえ。
ゆりこさん、ひらがな訳ありがとうございました!

☆新人間革命感想文. (23時50分)
座談会を終えて帰宅後に新・人間革命の読書感想文を書きました。
http://sokamori2.exblog.jp/26573705
今、まさに会長勇退の真実が語られているのです。
今日の座談会でも、その話でもちきりでした。
会長の辞任は宗門の圧力に屈したのではない。
故に辞任でなく「勇退」なのです。
幸せです。この真実を知り得たこと・・
ありがたい。本当にありがたいです!



以上で、つぶやきライブを終了します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-21 07:25 | つぶやき | Comments(0)

平和な家のラッキー


☆今は完璧なシェルター.

新年明けましておめでたいラッキーの写真を添付します。
b0312424_17115543.jpg

b0312424_1712923.jpg<写真解説>
1枚目は分厚い窓のカーテン。
2枚目はコタツの掛け布団の上で丸くなっているラッキーの写真です。


2017年の希望の年がスタートしました。
年始、安定したスタートが切れました。
平穏無事・・ありがたいです。
猫も水槽の魚たちも、皆、安心。
日本は安全で平和な国ですよね。
でもこの繁栄、血と汗の結晶です。

戦争の焦土から昭和の人たちが築いた日本・・
努力して、努力して、努力して、作った平和と繁栄です。
けれど諸外国を見れば、人々は想像を絶する苦しみの生活を強いられている。

アジアだけ見ても、理解不能な出来事ばかりですね。
中国に習近平という人が出てきてから日中の関係は悪化しました。
韓国も同じ。中国に追随して慰安婦問題を大騒ぎして韓流ブームが消滅してしまった。
反日、反日、反日・・そんなことして何になると心底思うのです。
何のためにそんな騒ぎを続けているのか、さっぱり分からない。
続いて、トランプ大統領が出てきて、未来はますます混迷を深めています。
貿易をビジネスとしている企業は悩ましいことでしょう。

加えて地震や竜巻などの天災のリスクが心配です。
3.11の東日本大震災以降、私の住む茨城県は余震がずっと続いているのです。
東京、南海、四国には大きな地震は全くない。でも、いつかあるのでは・・
それと台風や竜巻の狂暴化ですね。何度も関東に竜巻が来て数多くの家屋が損傷しました。
http://sokanomori.exblog.jp/20698035
我が家に来ないとも限りません。そうなるとラッキーのシェルターも終わりです。
心配しても仕方ないけど、不安は深層心理にいつもあるのです。
私としては、薄氷の平和であり安穏だとしか思えない。
だから信心がないと、不安で生きてられなくなる。
そういう意味では、平和ボケする時代よりいいかも知れません。

問題は各種企業の中でも頻繁に起こっています。
ある日、問題が発生。莫大な訴訟を会社が抱える。
それがニュースになる。マスコミが騒ぐ。警察が動く。
それまで優良企業だった会社が、あっと言う間に赤字に転落する・・
一寸先は闇。生きることは本当に大変です。
そんな危機感と決意から以下の書初め記事を書きました。
http://sokafree.exblog.jp/26536574

でも、ラッキーは・・家は温かで食べるモノにも困らない。なんの心配もない。
今年も元気にぬくぬくと生きるんだろうなあ・・
幸せだなあ、ラッキー。^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-09 05:40 | つぶやき | Comments(0)

2017年最初のつぶやき


☆大晦日からのご報告.

ゆったり、のんびり、リラックス冬休みのご報告です。

2016年12月31日.
大晦日の昼食、実家で「お好み焼き」を作りました。
私の料理に母が「私のより美味しい!」と喜んでくれました。
お好み焼きの過去記事は、→ここをクリック!
やりましたよ、ふっふっふっ。^^

その後、ご近所への挨拶、買い物、墓参り、母との対話など・・
夜はお刺身と日本酒、巻き寿司、その他いろいろ。

2017年1月1日.
早朝は霞がかかって、やがて晴天へ。吹く風は枝を鳴らさず・・
この安穏、この歓喜、この平和、ありがたし。
お雑煮、お節料理をいただき、朝9時、新年の勤行会に参加しました。
ご本尊への祈りで年を終わり、会館での勤行で年が始まる・・
この必勝パターンの年末年始。わが福運に、ただ、感謝するのみ。
時間があるので、何度も聖教新聞元旦号を読みました。

1時間昼寝もしました。「昼寝は贅沢だ!」ってつくづく思います。
昼寝ができる生活は、私にとってMAX贅沢な生活です。
70歳を超えたら、毎日、昼寝をできる生活をしたい。^^

<別館>に岡山の田舎の風景写真を載せました。
http://sokamori2.exblog.jp/26520719

1月2日.(7時20分)
今日は箱根駅伝です。朝8時がスタートです。
もう、テレビは始まりましたよ。
創価大学は一昨年がデビュー戦で、その激走は以下の通り。
http://sokafree.exblog.jp/23956934
でも翌年は予選落ち。そして本年は復活!しました。
過去のレースは「どんべ」。今年は「どんべ」には終わらないはず。
ガンバって、応援しているぞ!

8時55分.(創価大学先頭集団より遅れる)
創大頑張っていますが、他校が強いです。

8時05分.(創大17位・1分遅れ)
20位中17位。でも1分差。創大2番目のランナーはケニア人の選手。
アフリカ人は強い。ごぼう抜き期待しているよ!
ガンバレー!^^

箱根の婦人部さんから頂いた写真を以下に添付します。
b0312424_1011159.jpg

海から昇る火の玉のような青年拡大の年の太陽です。
この婦人部さん、箱根の森の小さな家にお住まいです。(笑い)
昨年、大勝利されたというコメント付きでのメールを頂いたのです。
嬉しいです。箱根の婦人部さん、おめでとうございます!
箱根の婦人部さんの過去記事URLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/23751093

10時15分.(ケニア選手は強かった)
なんと2区、創大が10位でタスキを繋ぎました。
やっぱり強いケニア人。ありがとう!

11時20分.(火の玉の創大ランナー)
3区の創大ランナーも頑張って7位で通過しました!
強いです。創大は前半戦に強い選手を入れているのでしょうか。
4区の創大はキャプテンが走ります。うん、いいね!
前半攻めて、後半粘る作戦か・・

12時30分.(続・火の玉の創大ランナー)
おおっ!創大キャプテン頑張った!
5位、5位ですよ。で、5区ランナー、箱根の山にいよいよ登ります!
箱根の森の婦人部さん、大喜びだろうなあ!

13時40分.(前半戦9位でゴール)
5区は4人に抜かれ9位でのゴールでした。
箱根の山は無数の人たちが沿道で応援していました。
創大生も大健闘で、天下のお山は元気いっぱい。^^
創大選手の皆様、お疲れさまでした!

1月3日.(8時から)
いよいよ後半戦がスタートになりました。
凛々しく美しく輝かしい選手たち!
創大選手は5人に抜かれ、次の選手にタスキを渡して倒れました。
6区の下りで9位から14位にどうなる後半戦・・

10時30分.(創価大学にシードはないのか)
8区は15位でスタート。また順位を落とした。
すぐ後ろに2選手が追う混戦で、シードへの距離は遠し。
千早さんから質問のあったラジオ放送のURLは以下の通り。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/player=tokyo
1校が繰り上げスタート(先頭との差が20分)。
創価大学はタスキを繋げるのか。

12時35分.(創価大学が順位を上げる)
8区の選手は強かった。創大は9区に12位でタスキを渡しました。
9区は12位をキープ。そして10区の最終ランナーへ!
最後の10区で5校が繰り上げスタートになりました。

13時50分.(創価大学が12位でゴール!)
「青年拡大の年」を飾る激走のレースが終了しました。
12位。一昨年の20位(どんべ)から12位へ進化したのです!
17位、10位、7位、5位、9位、15位、12位、12位、12位、12位・・
途中、15位まで落ちてからのガンバリが印象的でした。
大健闘です。大勝利です。大感動です!(涙)

あまりに創価大学が立派なレースをしてくれたので、保管記事にします。
創価大学の選手、それと箱根の森の婦人部さんに感謝です。
ありがとうございました!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-02 06:12 | つぶやき | Comments(5)

余命20日の宣告を受ける


☆残された命を何に使いますか.


私は夢をほとんど見ません
寝て、覚めたら朝というパターン。
見てもすぐに忘れてしまいます。カラーの夢は見ない。映像はいつも白黒。
たまに空だけが青かったり、火花が赤く見えたりしたことはあります。
でも、基本的に夢をカラーで見ることはありません。
記憶にある夢は少なく、50代になっての夢で記憶に残る夢は皆無です。
そんな私がリアルな夢を見ました。内容を以下に示します。

私は医務室で白衣の男性の医者と対面に座っていた
壁にはレントゲン写真が貼られ、医者は聴診器を首からかけている。
医者は冷静な表情で次のように言いました。
「これから1日過ぎるごとに体力が半分になります。余命20日です」
すなわち、今を100%の体力とすると翌日は50%、その翌日は25%に減じるのです。
動ける日数は5日程度でしょうか。
(夢の場面が変わり、私は自宅で備品の整理をしている)
残された時間が少ないので、私は焦りながら作業をしていました。
整理整頓を果たすべく、もくもくと自宅で働いているのです」・・
そこで私は目が覚めた。リアルな夢でした。

医者から余命を告げられた時、悲しいという気持ちはありませんでした
悲しみや寂しさなどの感情は何一つ湧かないのです。悔いるような気持ちもない。
「そうか、20日後に死ぬのか。うん、分かった」とこんな感じです。
ただ、しっかりと死の準備をしなければならないと思ったのです。
見送ってくださる人たちに迷惑をかけないように・・

この話を職場でしたところ、事務職の女の子が「夢の意味」をネットで調べてくれた
「余命を告げられる夢の特徴は、その後、何をするかで“一番大切にしていること”が分かるのだそうです。菊川さんは死の準備を大切に考えているのでしょうね」とのこと。
なんと、ドンピシャ。「良死の準備」シリーズ書いているぐらいだから。

ネットで夢の意味はすぐに調べられるという
「へえ、驚いた。当たっているよ。じゃあ、カラーの夢はどうなんだろう」と言うと、女の子は再びパソコンのキーボードを叩きました。
「ええっと・・女性はカラーの夢を見る人が多い。男性は白黒の夢を見るようですね。これは男性と女性の脳の作りがそうさせていると書かれてあります」
「ふーん、じゃあ、※※さんはカラーなの?」
「はい、カラーです。白黒は見ないです」
「ほう。私の奥さんもカラーなんだ。当たっているなあ」

そこに外仕事から帰ってきた男性社員がドアから入ってきました
「やあ、お疲れさん。※※さんは夢は白黒?それともカラー?」
すると「私はカラーです」との回答でした。
「あれ?なんでだろう?」というと、女の子が言いました。
「もう一つ書かれていました。白黒テレビを見ていた人は夢も白黒との説があります」
「なんだそれ・・要するに僕が古い人間ということかい?」・・
と、こんな対話で盛り上がったのでした。^^

以上、ドンピシャで驚いたというご報告でした
面白いですね、夢の意味の調査も。
さて、私は60歳で「死の準備」を終えたいと考えています。
その話は「良死の準備」というカテゴリに収めています。
良死の準備カテは、→ここをクリック!



追伸:非公開さんから、「夢は皆無じゃなかったでしょう?」とのご指摘がありました。
そうでした。本年1月、私は池田先生とお会いした夢を見ました。
その嬉しい夢の記事URLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/25294355/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-12-15 23:59 | つぶやき | Comments(9)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

ちよさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:24
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:18
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:14
千早さん 投稿時間が 1..
by ちよ at 21:11
さてさて、今回の籠池氏の..
by 福島の壮年 at 18:20
丘を越え行こうよ 口笛吹..
by 千早 at 11:18
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:11
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:08
うんていと 逆上がり い..
by ちよ at 05:43
こんばんわ、菊川さん。い..
by とろサーモン at 22:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:30
菊川さんがどんなに ひら..
by 千早 at 23:29
確かに、インドの人たちに..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:45
大阪の学校のこともそうで..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:28
投函する時ドキドキする。..
by 千早 at 13:47
確信を持ちたい非公開さん..
by sokanomori3 at 06:09
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 05:57
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:50

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア