カテゴリ:夢修行( 15 )

国際福祉機器展2016


☆進歩発展する福祉用具の今.

東京ビッグサイト展示会の車椅子写真を添付します。

b0312424_5444961.jpg<写真解説>
黒い標準型の車椅子の写真です。


先日、大規模な福祉機器の展示会を見学しました。
例年、この展示館を見学しているので、年々進歩する変化の速度を体感することがでます。
技術の進歩は目覚ましく、障がいの度合いに応じた多品目の商品が広がってきていました。
この黒い車椅子は通常のよく目にするタイプですが、腕の障がいがあり自力で走行できない人用に電動式の車椅子があります。
新タイプの電動式車椅子は、段差も乗り越えられ回転半径も小さい。
その新型タイプのデモンストレーション写真を以下に示します。

b0312424_556314.jpg
b0312424_5561573.jpg
b0312424_5562995.jpg

写真解説「1枚目は電動車椅子のデモンストレーション会場。床が青い会場に係員が立っています。2枚目は電動車椅子が段差を乗り越えているところ。3枚目は直系70㎝を回転している車椅子の写真です」

試乗した人は「これはスゴイ!」と感嘆の声を上げていました。
ちなみにこの先端の車椅子、すでに介護保険が使えます。
まるで新型ロボットの登場を見ているようでした。

この他、ありとあらゆる福祉用具が展示されていました。
日本の福祉は世界一なんだと思います。
これらを有効活用するなら快適な高齢化社会が維持できる。
もちろんお金がかかりますから、有効に分配し、工夫して運営する必要があるし、介護に当たる人たちの技術とモチベーションの維持も大事です。

ただ、一点気になったのは、あまりに進歩し過ぎて「過剰」な用具と感じる出品が増えていることでした。車椅子が搭載できる美しいスポーツカー、おそらく数百万円するであろう階段の昇降機、おしゃべりできるロボットなどです。
障がい者の方々もスポーツカーに乗りたいでしょう。
おしゃべりロボットも薬の飲み忘れなどを伝える機能や体操の動きは必要とも思いますが、金額面を考えると今は厳しいと思います。
何かその進歩に違和感のようなものすら感じるのです。
あくまで昭和人間の私の主観ですが・・

私はホームヘルパー研修で、施設介護と在宅介護の双方を体験しました。
その研修記事は、→ここをクリック!
私の体験は高齢者介護でした。その視点から言うならできるだけコストをかけないで、しつかり介護のできるシンプルなものがいいと思うのです。
一切が全自動でボタン一つで何でもできる・・
それは素晴らしいことですが、反面、便利過ぎて筋力が低下します。
今の介護は過剰な介護をすると弱るということから、必要以上の介護はしないという選択が重視される時代になっています。
それと高齢者の心情としてはできる限りお金を使いたくない。
この視点も大事にして商品開発をしたいものですね。

ともかく福祉の分野は将来、私自身の仕事にもしたい。
できるかぎりの知識と経験とを吸収していきたいと思っています。
過去の展示会は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-20 06:27 | 夢修行 | Comments(4)

弱火で作る野菜炒め


☆3度目の正直で成功.^^

弱火で作った野菜炒めの調理写真2枚を添付します。
b0312424_12502283.jpg
b0312424_12504655.jpg

写真解説「1枚目は完成した野菜炒めと塩ラーメンのカップ麺、牛乳の写真。2枚目は調理途中の野菜炒めの写真。その横に調合したタレがあります」

先日、油ベトベト野菜炒めが51点だったと報告した。
その記事は、→ここをクリック!
youtubeを調べると、弱火で作るとシャキシャキした野菜炒めになるらしい。
過去のチャレンジが炒め過ぎであったから、再びチャレンジした。
前回は塩コショウだったので、今回は本格的なタレにした。
今回はほぼ正しい、ほぼ間違いないレシピである。

オイスターソース大さじ1、日本酒小さじ2、醤油小さじ1、
砂糖小さじ2分の1、おろしニンニク小さじ1、おろし生姜小さじ1、
中華スープの素小さじ2、ごま油こさじ2分の1.
これに黒コショウ少々を入れて混ぜる


ショウガとニンニクはチューブ式のものを流用した。
ごま油を青字にしているのは入れ忘れたから
前回も入れ忘れた。今回も・・イカン!(^^:

野菜はキャベツ、ニンジン、もやし、ピーマンの4点。
肉もキクラゲも入れませんでした。純粋な野菜のみ炒め。
作り方はYouTubeを参考にした以下の方法。

1.熱していないフランパンに野菜を全部一緒に入れる。
2.できる限り少ない油で混ぜ、野菜全体に油がつくようにする。
(油は大さじ1杯以下にとどめる)
3.弱火で10分間以上炒め、ニンジンに火が通ったら、
 フライパンを強火にしタレを入れて10秒ほど炒めて終了


参考にしたYouTubeを以下に示す。
https://www.youtube.com/watch?v=wZB76_K0As4

今回はオイスターソースを入手して使用した。
ともかく、成功体験をしないと向上心がなえしまうと考えたから。
私はオイスターソースというものを知らなかった。
だから最初は、とんかつソースを入れたのです。
その記事は、→ここをクリック!

味は劇的に変わり、すごく美味くなりました!
しかも油っぽくないし、シャキシャキの仕上がりでした!
80点でした。うん、一気に高得点になりましたね。^^
これにごま油が加わっていたら・・
一気に90点を超えるかも知れません!



この調理方法、冷めてもシャキシャキ感が続くと思われます。
いつかごま油を入れて完璧にして、冷めたものも食べてみたい。
ともかく「オイスターソース」は素晴らしいです。^^
以上で野菜炒めの修行を終了します。
次回はカレーライスにチャレンジします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-08 13:05 | 夢修行 | Comments(2)

千早流野菜炒めの実験


☆塩コショウだけで美味い.らしい

先週、野菜炒めを作ったことを報告した
その報告は、→ここをクリック!
すると千早さんは「塩コショウだけ」とのこと。
そこで「千早流野菜炒め」を作ると申し上げた。
すると、うさぎさんも「塩コショウだけ」とのこと。
本当に、塩コショウだけで美味しくなるのか。
本日は別段、野菜炒めが食べたい訳ではなかったが、塩コショウのチカラを確かめる意味で、また、野菜炒めにした。

何と「モヤシ」がない
そこでキャベツ、ニンジン、玉ねぎ、ニラ、豚肉、ニンニクにしました。
ニンニクは一片、みじん切りにして塩コショウした豚肉と共に炒め、あとは野菜に塩コショウのみ。味は、確かに美味しいのです。
玉ねぎはモヤシに劣る?し、ましてニラは良くない。
モヤシが入っていればニラも生きるかも知れないが、今回は違和感があり、ましてニラが歯の間に入って取れないのが不快だった。(笑い)

今回はそんなに炒めていないつもりでしたが、やっぱり炒め過ぎ
強火でさっと炒めて、塩コショウ(味付き)で良いみたい。
油を入れ過ぎた感じ。胸焼け感がある。(^^:
ニラと玉ねぎ、油多し、キクラゲも多過ぎた。炒め過ぎが何より問題。
やっぱり野菜炒めにはモヤシが必要だ!
今回は味はよかったが51点です。



追記1:千早さんがコメントでアドバイスくださったので、まとめます

1.冷凍コーンが好きなので入れる事が多い。
2.豚肉を先に炒め、後から野菜を入れる。
3.野菜山盛りでも火が通ると少ししんなりして量が少なくなる。
4.減ってきて柔らかみが少し出てきたなと思ったら出来上がり。
5.豚肉からも油が染み出るので油は少なめでよいかも。

追記2:こんなYouTube見つけました、いいかも!
https://www.youtube.com/watch?v=wZB76_K0As4
https://www.youtube.com/watch?v=5OJTutFTRyI

成功した野菜炒めは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-01 13:49 | 夢修行 | Comments(6)

夢修行(はじめに)


☆本格的な夢修行スタート.^^

聖教新聞(9月1日)の書籍広告の写真を以下に添付します。

b0312424_232730.jpg<写真解説>
「やる人はやる、できない人は論ずる」という本の広告です。
「あなたはどういう価値観で、どう生きますか?」と記されています。



聖教新聞「名字の言」。その下にあった広告に目が止った。
「できる人はやる、できない人は論じる」・・本の題名であるが、その通りだよなあ、と思った。
世の中、当事者と傍観者がいる。傍観者とは評論家。評論家は威張っているが、口先だけの人もいる。

大相撲の力士を「腰が高い、脇が甘い!」「怠慢だ!」「やる気なし!」と言うのは簡単だが、実際に相撲ができるだろうか。
魚屋の論評ができても、実際に魚屋として商いできるのか。
口先だけの人間の言葉は軽すぎる。体験なき言論はたわごと。
螢火が日月を笑い、蟻塚が華山を下すようなもの。
文証と現証とは天地雲泥の差です。

「名字の言」は、意味深な内容でした。
歴史小説を著す中津文彦氏によれば、興隆・滅亡には方程式があるという。
以下に抜粋し、所感を述べます。

滅亡の共通点は「準備不足」「孤立」「奇策」の三つ。
一方、興隆の共通点は、「周到な準備」と「連携」。しかし、最後の三点目は「奇策」を挙げる。どういうことか。準備を重ね、強い連携を築いた上で、定石を破った大胆な策は「大いなる飛躍が期待できる」ということだ。
かつて、池田SGI会長は、アムンゼンが南極点初登頂を成し遂げた要因は、「準備」と「団結」にあったとし、広宣流布の前進にあっても「正確な時計のように」準備を重ねる執念、異体同心(いたいどうしん)の団結が不可欠と語った・・
(以上、9月1日の記事より)

私には夢がある。今の夢、そして将来の夢・・
「夢は見るものでなく掴むもの」と言った人がいる。
元日本サッカー代表選手の澤穂希さんである。
夢を見て、その夢を掴むまでのプロセスこそ、人生の醍醐味であろう。
私は現在進行形のひらがな御書を、残り3年半で完遂する。
そして現状の仕事を果たし、見事に定年退職を果たす。
次の夢の準備を同時並行で行い、その夢も定年後に実現させたい。
何をやるかは語りません。語れば必ず批判されるから。
「この職業を60歳から始める。※※をマスターし、※※の資格を取得し、しっかり仕事を果たし、その仕事を通じて人々を幸せにします!」と言ったとする。

間違いなく 「現実は甘くないよ!」とか、「現場を舐めるな!」とか、「素人がエラそうに!」とネットで叩かれることでしょう。
「菊川さん、60歳にもなって、そんなことできるわけないじゃん」
「定年退職したジジイに、何ができるってんだ?」
「夢のある仕事なんて、あなた、甘い、甘い。(笑い)」
「お調子者がまた始めた。お手並み拝見!(爆笑)」
このように言われること。そういう騒ぎは避けたいのです。
「批判されることを嫌っている」のではありません。
そういう「醜い言動」「腐れた言動」の気味の悪い命(境涯)を見たくないのです。オゾマシイ命、的外れの愚行を見るぐらい嫌なことはありませんから。
人の悪口を言い、目を怒らせ、悪態をつく。空想に空想を重ね、人の真剣な努力すら「売名行為」とか、「自慢話」とか、「人気取り」としか思えない人がいて、そういう現実を知ると愕然とし、吐き気すらするのです。
「どうして人間は、ここまで汚らしくなれるのか」とガッカリする。
かのイチローも見下され、笑われましたね。
その記事は、→ここをクリック!

イチローは馬鹿にされたことを怒っているではないと思う。
けがれた不純な心が許せないのだと思う。

批判者の方々 に申し上げたいことがあります。
あなたたちに夢はあるの?と。夢がないんでしょう?
夢を持っていれば、他人のあら捜しばかりしている暇も、そんな気分も起こらない。夢があれば、ハツラツと夢の舞台で頑張っている人を見て、学び、研究し、挑戦し、汗水流す。批判は他に向かうのではなく自分に向かうもの。
瞳はキラキラ輝いているものですしね。
その純な行動を馬鹿にする命って、一体、何ですか?
人生って、どう思うかより、どう生きるかが大事じゃないですか?
私も、これから夢修行をしますけど、遊び半分じゃない。本気ですからね。
でも100%果たせるかと聞かれたら、「分かりません」ですよ。
病気になったり、経済事情でできなくなったり、未来のことは分からない。でもね、夢を持ち、夢に向かって挑戦したい。ただ、それだけなんです。
ともかく、3年余の準備をして第二の人生の檜舞台に立ちたい。
一歩一歩前進するつもり。皆さん見ていてくださいね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-02 05:50 | 夢修行 | Comments(12)

60歳からの夢の始まり


☆新たな夢、萌える.^^

説明会場近くの風景写真を添付します。
b0312424_0143484.jpg

写真解説.「台風一過の青空の下、都庁ビルが見える風景です」

昨日、新宿のとある建物に出向きました。
私が60歳からチャレンジしたい仕事の説明会に参加したのです。
過去からやりたい仕事で情報収集してきましたが、今回、本格的な説明を受けました。60歳からこの仕事をできないか・・ずっと考えてきました。

経験者の話を聞いて、身震いするほど魅力を感じました。
今、56歳。定年退職まで3年半。現在の夢は明々と燃えている。
それは「ひらがな御書をカタチにする」という夢。そして「今の仕事の円満退職」という夢。この大きな夢の実現を果たし、次なる夢へスタートしたい。
「何を60歳からやるのか」ですって?
言えません。言うには早すぎる。来年のことすら鬼が笑いますから。
3年先の話をすると、批判者らも大騒ぎするに違いないですし。
やれ「売名行為」、「自画自賛」と騒ぎたい人、いますから。^^
いつも思うのは批判者というのは、見知らぬ人の批判がよくもできるものだということ。他の人の生き方、勝手な空想で批判して何になる。
ホント、ネットの中ってオカシナ人がいる。そんなクダラナイことしないで、自ら夢中になれる夢を持ちなさいよ、と心から言いたいです。

さて、この年になっても、ワクワクの夢が生まれる。
本当に心からやりたくなった。今から修行したい!
それは体を鍛えること、健康を維持すること、掃除、洗濯、料理ができること。裁縫もできるといいな。とくに料理ができると最高です。
料理ができなくても仕事はできます。でも、料理できるとパーフェクトなんですね。理想というか。本気でやってみたい。
「山登りでもやるのか」ですって?
いいえ、違います。王様の耳はロバの耳、今は言えません。(^^:
とにかく定年までガンバル、定年後もガンバル!
そして夢を実現していく。自他ともに幸せになる。
私の青春、まだまだ続きそう!



再就職の準備の記事は、何の名前がいいでしょうか。
花嫁になる修行を「花嫁修業」といいます。仏になる修行を「仏道修行」といいます。3年半の未来に向けての本格的なある仕事の修行・・
では、「夢修行」としておきますかね。
いつか、その正体、明かすまで。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-09-01 05:59 | 夢修行 | Comments(2)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ対策
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:23
こんばんわ、菊川さん。雨..
by とろサーモン at 23:37
遊さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:34
弱いというか、根性が捻じ..
by 遊 at 18:23
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 00:11
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 23:37
菊川さんがこんなにがんば..
by 千早 at 11:58
凡ちゃんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:30
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:21
大いにやってください ..
by ちよ at 05:09
昔の人は、今よりもずっと..
by 凡ちゃん at 11:30
菊川さんへ お返事あり..
by 田中くん(仮) at 12:07
田中くんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:38
公開コメントでお声がけく..
by sokanomori3 at 05:21
ちよさんは、聖教新聞をし..
by sokanomori3 at 05:17
こんばんは!はじめまして..
by 田中くん(仮) at 20:46
茨城の日 おめでとうござ..
by ちよ at 08:08
非公開さん、情報、ありが..
by sokanomori3 at 23:48
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:47
ここが世界遺産になったと..
by 凡ちゃん at 13:19

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア