カテゴリ:夢修行( 24 )

洗濯の方法


☆洗濯のノウハウ.

YouTube「上手な洗濯の仕方」を以下に添付します



1.最初に水洗いする。(石鹸の量が少なくて済む)
2.衣類を入れ過ぎない。(標準使用量の80%程度)
3.粉石鹸は洗面器などでぬるま湯で溶かしてから入れる。(液体石鹸はそのまま)
4.石鹸は多いと黄ばみの原因になる。(規定量以上入れない)
5.すすぎはしっかりと。

なほど、そうですか。57歳で初めて知りました。
私、洗濯を30年間したことがありません。
昔はコインランドリーでした。
まともな洗濯した記憶がないです。

Yシャツの袖や襟の洗い方YouTubeのURLを示します。
youtube.com/watch?v=nmF8BS9pVys

Yシャツって、大変ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-16 05:51 | 夢修行 | Comments(2)

当て逃げされたクルマの修理


☆5000円で塗装完了.

クルマの塗装の修理の作業写真を6枚添付します。
b0312424_6413148.jpg
b0312424_6414375.jpg
b0312424_6415444.jpg
b0312424_6423692.jpg
b0312424_6424628.jpg
b0312424_6425675.jpg

写真解説「バンパーの塗装がはげている軽自動車の修理手順を順に撮影した写真です」

3週間前、わが家の軽自動車が「当て逃げ」されました。
わが家の軽自動車記事のURLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/20659967
私の奥さんが公共施設の駐車場に停めていたらやられたのです。
奥さん、珍しくご立腹していました。「許せない!」って。
私が「いいじやないか、この程度。僕が直すよ」と言うと「直せるの?」とのこと。
そこで、必殺youtubeを見て、イエローハットで道具を購入しました。
www.youtube.com/watch?v=_xPKhBTw9mY
www.youtube.com/watch?v=1QFLDrJsgSY

修理は写真の順の通りで行いました。
1.ささくれをサンドペーパーで取り除く。
2.パテでへこみを埋める。(1日乾燥させました)
3.サンドペーパーでゴシゴシ磨きました。
4.水洗い+シリコンオフで洗浄しました。
5.シート、テープで周囲を養生しました。
6.同色の塗装エアゾルで何度も重ね塗りしました。
7.養生をはがして終了。

これで塗装まで終わりました。ちゃんとできました。
次の休日に、コンパウンドで磨いてワックスを塗って終りになります。
塗装屋さんに出すと5万円以上するでしょう。
自分でやれば安価にできるものです。

将来、大工仕事もマスターしたいと思っています。
sokafree.exblog.jp/26534290
やりたいこと沢山。あゝ時間が欲しい!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-04-17 05:09 | 夢修行 | Comments(4)

食器洗いを楽しむ


水遊び感覚で楽しむ.

わが家の食洗器と消毒の写真を以下に3枚添付します。
b0312424_682026.jpg
b0312424_683519.jpg

b0312424_69216.jpg<写真解説>
食洗器に食器を入れる前、入れた後の写真と、ぽっとのフタを漂白剤で消毒している写真です。

私は有能な主夫になりたいと思っています。
それは、私を支えてくれた家族に恩返しできる十分な能力を身に付けたいからです。
先日は包丁研ぎのご報告をしました。
結果、切れ味が抜群に良くなり、家族は大いに喜んでくれました。
sokafree.exblog.jp/26759944

今回は、誰もができる基本作業「食器洗い」についてお話ししたいと思います。
最初に食器洗いに関するYouTubeを示します。
youtube.com/watch?v=PA1iES0AitA

食器洗いのYouTubeは当たりまえですよね。
でも、他のYouTubeで外国の食器洗い情報には驚きました。
youtube.com/watch?v=htejsk_MNfU
youtube.com/watch?v=KTMscOE7iQs
洗剤で泡立てた容器に食器を入れてスポンジで汚れを落とし、“水洗いしないで”乾燥させるというもの・・ちょっと理解できない。

日本は水資源は空気と同じぐらい無限に存在する不思議な国です。
資源なき国と言われる日本ですが、空気は綺麗だし、水も綺麗で、無限に空から降ってくる。
都会では水道代が高いので節約しますが、田舎では安く、節約しなくても問題ない。
私は田舎育ちなので、水は贅沢に使いたいのです。
そこでジャブジャブ食器を洗っていると、家族が嫌な顔をします。
仕方なく、ある程度、倹約するようにはなりました。
でも、言いたいことがあるのです。「私はギャンブルもやらないし、無駄使いもしていない」
「せめて水ぐらい贅沢させてくれよ!」と。

ともかくお湯の感触を楽しむ。食器の輝きも見て楽しむ。
食器洗いを「水遊び」感覚でしていけばスキルアップできるのではないか。
そんなふうに思いつつ、皿洗いの修行をしています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-04-10 06:13 | 夢修行 | Comments(0)

包丁の管理方法


☆調理道具を大切にする.

砥石で研いだ包丁6本の写真を以下に添付します。
b0312424_6255588.jpg

今回、生まれて初めて「まともな包丁研ぎ」に挑戦しました。
包丁研ぎで参考にしたYouTubeを以下に示します。
youtube.com/watch?v=rwqhErGAJxU&t
youtubeは厳格に方法を述べていますが、ほぼ無視しました。
角度と押し方を参考にしただけ。とにかく適当にゴシゴシ・・
刃先に手のひらを当てて刃をさわると「鋭さ」が分かりました。
工夫したのは、バナナの皮があったので「試し切り」をしたこと。
試し切りが一番です。スッと切れる包丁になりましたよ。
作業終了後、洗剤で洗ってしっかり乾燥させました。
何だか気持ちいい。料理のやる気も出てきました。
調理用具のメンテナンス、大事ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-04-02 06:26 | 夢修行 | Comments(0)

続・親孝行の夢


☆63歳から始まる親孝行.

6年間の親孝行修行で万全のバックアップ体制を構築する。


「親孝行の夢」の題名に違和感を持つ人がいるかもしれない
「親孝行は夢でなく、子としての義務」と思うかもしれない。
私にとって親孝行は「当然のこと」ではない。
親と離れて暮らしている私は義務は容易に果たせない。
長く寂しい思いもさせている。何としても親孝行を果たしたい。
その思いがいつの間にか夢になった。

読者の皆様の中で、ご両親と一緒に生活されている人がおられましょう
そういう方は、ただ、それだけで親孝行の一端を担えている。
一方、私の帰郷は年に2回ほど。その滞在日数は1週間程度です。
18歳から上京し、以来39年を離ればなれで暮らしている。
今はよい。しかし、一人暮らしの母が弱ったら・・
私は母をサポートしなければならない。

母は私が暮らす関東に出ることを良しとしません
親戚も友人もいる母の城を離れたくない。
勿論、体が動けなくなったら茨城にも来るでしょう。
でも、そうならない限り実家を離れることはありません。
逆に、体が動かなくなる前から、私は母のサポートをしたい。
健康なうちに、親孝行はスタートしたい。

私は岡山の実家に戻るしかないのです
問題は「母とともに暮らす」という現実をどう作るかということです。
私は63歳まで家のローンがあり、年金がもらえる65歳までは現役で仕事をします。
できれば母の本格的なサポートは65歳からにしたいのです。
ただし、それは、母の健康が維持されてという条件の上です。
できれば家のローンが終わる63歳までは元気でいてもらいたい。
今57歳だから6年間は達者でいてもらわなければならない。

問題は何をもって親孝行とするか、です
今までの親孝行は「社会人として一人前に活躍する」ことでした。
それだけでよかったのです。けれど、これからは違う。
私は母の20歳のときの子ですから、私の65歳は、母の85歳。
どう計算しても、65歳以降は母のために生きなければならないのです。
なぜか。私は思い通りに生きさせていただきました。
今の私は、母いればこそ。その報恩は何を差し置いてもやらなければならない。
趣味も旅行も全部返上しても、やらなければならない。

私はあらゆる家事の技術をマスターしたいと考えています
料理、選択、アイロン、さらに大工仕事の技術です。
実家は家も古く改修が必要です。沢山の仕事があります。
このことに加え、介護の基礎技術の収取を果たします。
田舎の町は過疎化が進み、数多くが親と離ればなれです。
私は春夏秋冬、一定期間、実家に滞在しながら、母に食事を作り、一緒に勤行する。
旅行に行ったり、親戚に行ったりしたい。
ありきたりの平和な生活を母と過ごしたい。

具体的には、例えば春と秋の温暖な季節に帰郷し、一か月ほど滞在する
その滞在期間中にあらゆる大工仕事をする。
ふすまや障子張り替え、網戸の修理、ドアの修理、壁紙の張り替え、照明器具の交換、
不用品の処分、屋根や壁の補修・・数年をかけながら手間暇かける。
どこまでやれるかは分からないが、18歳以降の空白を確かな現実で埋めていきたい。
春には一緒に桜を見て、夏には高原の風を肌に感じ、秋には紅葉の峰を眺める。
瀬戸内海を見たり、砂丘を見たり、記念写真を飾ったり・・
このようにやることだらけ、なのです。

前回の「親孝行の夢」記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26680088

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-31 05:22 | 夢修行 | Comments(6)

親孝行の夢


☆恩を知り恩に報いる.

量販店のフライパン売り場の写真を以下に添付します。
b0312424_6404361.jpg

報恩こそ人生の原動力
戸田先生は「恩知らずになるな。忘恩から人生に乱れが生じる」と誡められた。
そして青年に「父母の恩を忘れず親孝行を!」と望まれた。
恩を知り、恩に報いる。この知恩・報恩の一念に立った時、
人間は最も気高く、最も強くなれる。
(創価新報2017年2月1日より)

親孝行とは、親の恩を知って初めて行われるものです。
私は親孝行をしたい。そのために料理の修行をしています。
いつか岡山の実家に1年のうち数か月帰り、目一杯、親孝行する・・
掃除、洗濯、買い物もしっかりできる人になりたいです。

美味しい焼きそばの作り方
昨日、嬉しいことがありました。
昼食で4人分の「焼きそば」を作り家族に食べてもらったのです。
今まで、私の調理に懐疑的だった義父、義母の評価は・・
義母曰く「美味しかった。日頃のマルちゃん焼きそばじゃないからかなあ」
嬉しかったですね、美味しかったの一言が・・
確かに1ランク高級な「マルちゃん焼きそば極み太麺・ウスターソース味」のチカラはある。
マルちゃんのホームページの「極み太麺」のURLを以下に示します。
http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2017/01
(今回作ったのは「ウスターソース味」です)
けれど、その成功の秘訣は以下のYouTube2つのノウハウがあったのです。
1.https://www.youtube.com/watch?v=eRaTWe
2.https://www.youtube.com/watch?v=7JS

入れたのはキャベツとモヤシと豚肉のみ。
私の奥さんがニンジン嫌いなのでニンジンを入れませんでした。
1のYouTubeで応用したのはカットの大きさと麺を電子レンジで事前に30秒温めること、
1人分60mlの水(今回は50ml)を投入、水気が無くなるまで炒める、でした。
2のYouTubeの応用は、野菜を先に強火で炒め別の容器に移し、豚肉の上に麺を載せて
豚肉がカリカリになるぐらい(麺も焦げ跡ができるぐらい)よく焼くということ。
そして最後、ソースを入れて10秒ぐらい混ぜて完成です。

ポイントは、「カリッ」と豚肉を焼くこと。
これはお好み焼きでも同じで、凄く美味しくなります。
私が成功したお好み焼きの記事URLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/26447539

フライパンの購入で知った主婦力
さて、その中でわが家のフライパンのテフロン塗装が剥げ、焦げ付くのです。
そこで、焼きソバを食べた後、奥さんとフライパンを買いに行きました。
当然、長持ちする良いフライパンを買うのだと思いきや・・
わが奥さん、一番安いフライパンを買いました。
高いフライパンは4780円、でも奥さんは980円のものを買ったのです。
「おいおい、こっちの方がいいじゃなか、長持ちするって書いてあるよ」
「安いフライパンは寿命が短いけど、トータルでは徳なんだ」
・・3倍寿命が延びても、980円のパフォーマンスには負けるのだとか。
高級であればよい、というのは幻想のようです。

お金があっても智慧がないと不幸
このような料理や買い物をして、主婦業の奥の深さに感心させれます。
お金があって、高級なものを取りそろえたから有益とは限らない。
高級な長寿命なフライパンを買っても、重くて使いずらい。
軽くてそこそこ寿命があれば、細かく買い替えた方がよい。
そういう智慧と経験がなければ有能な主婦にはなれない。
そんなことを学んでいる今日この頃なのです。



追記:フライパンを買いに行って驚いたのは、その種類の多さ。
量販店の販売コーナーは6段もあって、長さが5メートルもありました。
どれを選んでいいか分からない量の中、奥さんは3分ほどで選びました。
私なら1時間かかって、かつ、使い勝手の悪いフライパンを選んだことでしょう。
まさに、主婦歴27年の奥さんはスゴイです。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-02-26 08:16 | 夢修行 | Comments(0)

家庭大工挑戦の可能性


☆大工技術習得を検討する.


駅の売店で東京新聞を買うと・・
そこに「家庭大工」の通信教育の広告がありました。
その内容を以下に示し、所感を述べます。

家庭大工<通信教育>広告.


ふすま、障子、壁、床、内装、塀、電気、水道、左官、屋根、塗装、大工工事etc.

1.家の補修・改装の総合技術が身につきます
最近は、材料・道具が進歩しているので、ほとんどのことが自分でできます。当講座に学べば、表具、塗装、左官、水道、木工、大工、家屋工事の総合技能が身につきます。

2.実技ビデオで楽しく学べます
図解テキストとDVDで、納得がいくまで学習。本職が熟練の技を惜しみなく伝授。
プロのコツとノウハウが楽しみながら身につきます。



この広告には、封書が印刷されていました。
説明資料の無料贈呈の申し込みでした。岡山から帰ったばかりで縁を感じました。
故郷の家はあちこち老朽化しているからです。もし、この技術があれば・・
私はハサミで封書を切り抜き、ノリで貼り合わせて投函しました。
こういう技術系の通信教育は、そこそこの値段でしょう。
高額ならムズカシイですが、安価なら学ぶかも知れません。

私は親孝行のために、料理、洗濯、アイロンをマスターしようと思っています。
このことに加え、大工仕事ができたら・・まして、この通信教育の記述にある、ふすま・内装・水道・電気などができたら私の親孝行は万全になります。
それは母だけに限りません。知り合いの支援もできるでしょう。
ともかく一度、説明書を見て考えたいと思います。

私は65歳以降、年に2回実家に帰って母と暮らす夢があります。
春と秋、半年おきに1ヵ月つづ滞在し、食事、洗濯、プチ旅行などがしたい。
この他、正月を一緒に過ごします。母の命がある限り続けたい。
18歳から家を出て自由に生きた私の恩返し・・
その時、家庭大工の技術が加わったら・・
私の夢は膨らむばかりです。



追記:後日、通信教育の案内が自宅に届けられました。
一括払いで8万1000円という受講料でした。
8万円あったら工具が一式購入できますね。
今は受講しないことにします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-06 06:03 | 夢修行 | Comments(12)

遠距離介護の交通費割引


☆交通費負担に最大41%割引あり.

明治安田生命研究所(東京)によると、全国で親などの介護をしてる人は600万人にのぼり、そのうち1割が、片道3時間以上の遠距離介護をしているとの統計が出されている。

<モデルケース>
東京在住のモデルケースでは、両親のいる山口県へ月に1度のペースで帰郷することもあった。
毎回の帰郷費は数万円に及び、「経済的負担は大きかった」と振り返っている。
現在は、高齢者向けホームに入居し、通う回数は減ったという。

<事例1>
航空会社では「介護割引」の制度を設けている。
日本航空では介護認定が分かる保険証や介護する側の関係を証明する必要書類を提出して登録すれば最大41%の割引を得られる。
①日本航空(介護帰省割引)東京⇔福岡、4万1390円が2万6590円へ.
②全日空(介護割引)東京⇔福岡、4万1390円が2万7040円へ.
③スターフライヤー(同上)、3万6790円が2万1190円へ.

<事例2>
介護者を対象にしたものではないが、予約時期が早いほど安くなる「早割」がある。
介護割引より安くなる場合もあり、モデルケースの人はこの制度を利用し、3万円以上の航空運賃を1万円台に押させていた。
ただし、予約の変更は原則不可能で、取り消しには手数料がかかる。

<鉄道会社情報>
2016年現在、鉄道会社には介護に特化した割引運賃はない。
ただし、JR各社に以下のような割引制度がある。
JR東日本で、東北・北陸方面新幹線の特急券5~40%値引きができる。
(えきねっとトクだ値・お先にトクだ値)
JR東海・西日本で、3日前までの予約で東海道・山陽新幹線の運賃が割引できる。
(エクスプレス予約)



今後、時代と共に手厚い割引サービスが生まれるかも知れません。
随時、情報収集して有効活用したいものです。
(以上、読売新聞11月25日より)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-12-23 22:17 | 夢修行 | Comments(0)

カレー調理の極意とは


☆一気に高得点カレーに変身!

コスモ直火焼きカレー(チキンカレー)の写真を添付します。
b0312424_17365050.jpg

写真解説「盛りつけられたチキンカレーです。ラッキョウが添えられています」


前回、コスモ直火焼きカレーの評価は60点合格(普通にオイシイ)でした。
その前回の記事は、→ここをクリック!
“何かが足りない”、“感動まで今一歩”それはなぜか。
奥さんに相談し、隠し味についてご教示頂きました。
グレードアップするべく、以下のレシピと作業手順に変更しました。

カレー・ルー(コスモ直火焼きカレー・ルー3分の1)
鳥のもも肉200g(切らないでそのまま塩コショウ)
玉ねぎ1.5個 ニンジン1本(みじん切り)
ブイヨン1個を溶かしたスープ400cc(4人前)
モモ肉焼き用サラダ油(大さじ3杯)
バター2切れ ニンニク1かけら
(バターとニンニクは玉ねぎ・人参炒め用)
バジルなどのスパイス.


この材料を用いて、以下の4つの手順で調理いたしました。

1)フライパンにサラダ油を入れてモモ肉(そのままの大きさ)を焼く。
 モモ肉の上下を焼いたら火を止め余熱で火を通す。
 その後、容器に移して油を落します。
2)ナベにバターを入れ、ニンニク、玉ねぎ、人参のみじん切りを入れ、
 塩を一つまみ加えて弱火でしっかり炒めます。(色が変わるぐらい)
3)炒め終わったナベにブイヨンスープ400ccと一口大に切ったモモ肉
 (1の肉)を投入し20分間煮込みます。
4)煮込んだら火を止めて、味を確かめながらルーを溶かします。
 ルーが良く混ざったら、とろ火で60分煮込みました。

以下にその調理手順写真を参考に示します。(上記1~4を写真撮影したもの)

b0312424_17422685.jpg
b0312424_17424339.jpg
b0312424_1743460.jpg
b0312424_17434131.jpg


ほぼ完ぺきでした。80点(満足のうまさ)合格でした!
これはバターとブイヨンスープのチカラですね。
バジルなどの香辛料のチカラもあるでしょうけど・・
カレー・ルーが2皿分余りましたから、後日、また作ったのです。
その作り方は・・「そもそも60分もコトコト煮込む必要があるのだろうか?」と考え、あえてコトコト10分に短縮しました。
YouTubeなどの美味しいカレーは「ことこと煮込むと美味しくなる」と言いますが、調理時間30分でも十分美味しくできるのではないかと考えたのです。

で、10分コトコトカレーは美味しかったのです。
奥さんが試食して70点と言っていましたから、その差は10点です。
肉は60分コトコトすると柔らかくなりますが、10分カレーは歯ごたえがあります。
勿論、60分コトコトカレーは肉に味が染みわたるんです。
でも10点の差なら、10分コトコトカレーでも問題ないですね。
以上、カレー調理のご報告でした。^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-12-10 17:58 | 夢修行 | Comments(0)

国際福祉機器展2016


☆進歩発展する福祉用具の今.

東京ビッグサイト展示会の車椅子写真を添付します。

b0312424_5444961.jpg<写真解説>
黒い標準型の車椅子の写真です。


先日、大規模な福祉機器の展示会を見学しました。
例年、この展示館を見学しているので、年々進歩する変化の速度を体感することがでます。
技術の進歩は目覚ましく、障がいの度合いに応じた多品目の商品が広がってきていました。
この黒い車椅子は通常のよく目にするタイプですが、腕の障がいがあり自力で走行できない人用に電動式の車椅子があります。
新タイプの電動式車椅子は、段差も乗り越えられ回転半径も小さい。
その新型タイプのデモンストレーション写真を以下に示します。

b0312424_556314.jpg
b0312424_5561573.jpg
b0312424_5562995.jpg

写真解説「1枚目は電動車椅子のデモンストレーション会場。床が青い会場に係員が立っています。2枚目は電動車椅子が段差を乗り越えているところ。3枚目は直系70㎝を回転している車椅子の写真です」

試乗した人は「これはスゴイ!」と感嘆の声を上げていました。
ちなみにこの先端の車椅子、すでに介護保険が使えます。
まるで新型ロボットの登場を見ているようでした。

この他、ありとあらゆる福祉用具が展示されていました。
日本の福祉は世界一なんだと思います。
これらを有効活用するなら快適な高齢化社会が維持できる。
もちろんお金がかかりますから、有効に分配し、工夫して運営する必要があるし、介護に当たる人たちの技術とモチベーションの維持も大事です。

ただ、一点気になったのは、あまりに進歩し過ぎて「過剰」な用具と感じる出品が増えていることでした。車椅子が搭載できる美しいスポーツカー、おそらく数百万円するであろう階段の昇降機、おしゃべりできるロボットなどです。
障がい者の方々もスポーツカーに乗りたいでしょう。
おしゃべりロボットも薬の飲み忘れなどを伝える機能や体操の動きは必要とも思いますが、金額面を考えると今は厳しいと思います。
何かその進歩に違和感のようなものすら感じるのです。
あくまで昭和人間の私の主観ですが・・

私はホームヘルパー研修で、施設介護と在宅介護の双方を体験しました。
その研修記事は、→ここをクリック!
私の体験は高齢者介護でした。その視点から言うならできるだけコストをかけないで、しつかり介護のできるシンプルなものがいいと思うのです。
一切が全自動でボタン一つで何でもできる・・
それは素晴らしいことですが、反面、便利過ぎて筋力が低下します。
今の介護は過剰な介護をすると弱るということから、必要以上の介護はしないという選択が重視される時代になっています。
それと高齢者の心情としてはできる限りお金を使いたくない。
この視点も大事にして商品開発をしたいものですね。

ともかく福祉の分野は将来、私自身の仕事にもしたい。
できるかぎりの知識と経験とを吸収していきたいと思っています。
過去の展示会は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-20 06:27 | 夢修行 | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:34
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:31
私はここまでの事はまだで..
by とろサーモン at 22:25
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:48
メール返信いたしました。..
by sokanomori3 at 22:41
oh・・・無料配布・・超..
by とろサーモン at 21:32
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:14
大変、神経使う作業ですね..
by うるとらまん at 17:12
とろサーモンさん、ぶつい..
by sokanomori3 at 06:36
 今年は11.18に信濃..
by ぶつい at 06:02
こんばんわ。菊川さん、千..
by とろサーモン at 23:25
ぶついさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 18:39
 もう12年目になります..
by ぶつい at 11:49
とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア