カテゴリ:学会書籍のご案内( 5 )

なぜ「法華経の智慧」は出版されたのか


☆須田晴夫氏の論文より.


須田晴夫氏は、元・創価学会教学部講義部長です。
sokafree.exblog.jp/26576902
名著「法華経の智慧」で池田先生と対談されたのが須田氏。
このほど「法華経の智慧」の解説が須田氏のホームページに発表されました。
以下にその主要な部分を抜粋して示します。

世界広布の為.

池田先生が言われたことがある。
それは、「日蓮仏法だけでは直ちに世界の人々には分からないよ。しかし、法華経や釈尊ということなら分かる。だから、まず法華経や釈尊を通して世界の人々を日蓮仏法に導いていくんだ」という趣旨のお話だった。

1990年に青年部の訪問団の一員として初めてインドを訪問させていただいた折、
大学教授の方々と懇談する機会があった。
「創価学会インタナショナル(SGI)」とはどういう団体かと質問された。
「日蓮大聖人の仏法の団体です」と答えたが、インドの先生方は怪訝な顔をしている。
そこで「南無妙法蓮華経の仏法の団体です」と言葉を重ねたが、怪訝な表情は変わらない。
聞いてみると、「日蓮」も「南無妙法蓮華経」も初めて聞く言葉だという。
話題を変えていろいろな話をしていったが、たまたま話が法華経ということになった。
すると、先生たちの顔がパッと輝いた。
「法華経(ロータス・スートラ)ならば私たちにも分かりますよ」というのである。
そして話題が「釈尊」ということになると、教授たちは「釈尊という方はこういう方ですね」と、とうとうと論じ始めた。
実際に法華経や釈尊を通して初めて対話が可能になった。
(この時)池田先生の言葉の意味がよく分かったものである。
池田先生は「法華経が分かれば大聖人の仏法が分かってくる。大聖人の仏法が分かってくると法華経が分かってくる。両者は表裏一体だよ」とも言われている。

正統性の証明の為.

正統性とは文字通り「正しい伝統」ということ。
つまり、「仏教三千年の正しい伝統」を今日に継承しているのが創価学会であるということを発信していく教学であるということである。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などを見ても千年を超える歴史を持つものが多い。
それに対して創価学会は牧口先生、戸田先生が創立してからまだ百年にも満たない。
とくに世界的な展開が開始されたのはまだ50年ほどである。
そのためか、世界的にはまだSGIがよく理解されていない。
重要なのが「三国四師」という言葉である。釈尊・天台・伝教、日蓮大聖人という系譜こそが仏教の本流であるということが「三国四師」という言葉の意味である。
そこで仏教正統の精神は、今日どこに継承されているか、ということが問題となる。
その仏教正統の精神を現代に継承し、実践しているのが「日蓮大聖人直結」の教団である創価学会であるということを示したのが「法華経の智慧」の趣旨である。

末法の経典の意義.

結論として、法華経とは誰のために説かれた経典なのか、ということを確認しておきたい。
まず法華経には二重の意義があるといわれる。
二重の意義とは釈尊在世のために説かれたという面と釈尊滅後のために説かれたという面の二つがあるということである。
法華経の真の意義は、末法に出現する本仏すなわち日蓮大聖人の出現を予言し、その化導を助けるために、あらかじめ仏が留め置いた経典であるというところにある。
そして、「日蓮等」と言われていることが重要である。
「日蓮等」であるから、法華経が説かれたのは大聖人お一人のためではない。
大聖人と同じ心で妙法を弘めていく門下全員のために説かれた経典である。
日蓮大聖人と同じ師弟不二の心で妙法を弘通しているのが創価学会・SGIである。
SGIが出現して初めて南無妙法蓮華経が全世界に弘まった。
すなわち法華経は、今日、創価学会が進めている世界広布を助けるために留め置かれた、私たちのための経典であるということができる。
まさに仏意は甚深という以外にない。

救っていく経典である.

法華経について、「救われる弟子から救う弟子へ」ということが言われる。
十大弟子など声聞の弟子は、法華経以前は成仏できないとされていたが、法華経の会座
えざにおいて初めて成仏が許され、救われることができた。
しかし、彼らはそこでとどまっていたのではない。
今度は、師匠の心を受け継いで、師匠に代わって民衆を救う戦いを起こしていった。
弟子たちの境涯が変わっていったのである。
つまり、法華経は弟子が弘める経典であり、妙法弘通のための経典である。
だから、民衆救済の実践がなければ、学問的に研究しただけでは法華経の心を理解することはできない。



以上、須田氏の「講演要旨」からその一部を抜粋いたしました。
詳しくは以下のURLをご一読いただければと思います。
www4.hp-ez.com/hp/haruosuda/page4
(PDFなので音声ソフトには対応いたしません)

海外に創価学会を説明する手順は、釈尊・法華経・日蓮大聖人・南無妙法蓮華経の順で説明することが一番理解されやすいということでした。
最後に、以下の文章で締めくくられていました。
「誰が妙法弘通の戦いを行っているのか。それを行っているのは、事実に照らして創価学会以外にない。だからこそ、創価学会に法華経を語る資格がある」・・
日蓮大聖人の仏法の正当な系統は、確かに唯一創価学会です。
そのありがたさを改めて教わった論文でした。

須田晴夫氏の経歴と著作物を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26370605

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-20 05:55 | 学会書籍のご案内 | Comments(1)

新・幸福論に学ぶ(3)


☆六道の境涯を仏にする.

新・幸福論の本の表紙写真を以下に添付します。
b0312424_2321228.jpg

写真解説「法華経の智慧に学ぶ、新・幸福論とのタイトルに素朴な男子と女子の顔のイラストがあり、“悩まないなんてソンですよ(笑い)”と大きな文字が記されています」

前回の記事は、→ここをクリック!
タレント・柴田理恵さんの体験と健康な心の9カ条をご紹介しました。
新・幸福論シリーズの最後に十界論をご紹介して所感を述べたいと思います。

地獄.(じごく)
苦しみから出れない弱い命。無念さの怒りは自分に向かう。
他人のせいではない、自分のせいだと認めざるを得ない。
その無念さが自分自身を切り刻んでいく。

餓鬼.(がき)
常に欲求不満の状態。肥大化する欲望の奴隷になる命。
欲望を得ても、むさぼりつ尽くすだけで、人生は豊かにならない。
ついには自分自身、他人をも傷つけていく。

畜生.(ちくしょう)
善悪・正邪の基準がない。時間の観念、社会という考えがない。
本能のままに行動し、人間的な精神が働かない。
弱い者を脅し、強い者を恐れる命。

修羅.(しゅら)
自分の本心を見せない曲がった命。勝他の命。
人の偉大さを受け入れることができず、悔しさのあまり嫉妬に燃え苦しむ。
人の不幸を悦ぶ。相手を自分より下に引きずり降ろそうとする。
他人に勝つために巧妙なウソをつく。仮面をかぶる。

.(にん)
努力できる。自分に勝つ「幸福への軌道」を持つ。
知性・理性を持ち、自分を自分でコントロールできる。
mのごとの善悪・正邪を判断する基準を持ち、自分の弱さと戦う。

.(てん)
望みがかなったときの喜び。不安定な喜びの状態。(長続きしない)
有頂天になって三悪道(地獄・餓鬼・畜生)に転落する。
死を見つめず、覆い隠している。

声聞.(しょうもん)
素晴らしい教えを学んで修行し、この世界を理解していく。
自分とは何かを見つめる。エゴイズム。
無常を感じて俗世間から遊離する。

縁覚.(えんがく)
縁覚は別の言い方として「独覚(どっかく)」ともいわれる。
ある種の真理を一人で見出していく命。一方で他を馬鹿にする。
声聞と縁覚は二乗(にじょう)呼ばれ、他を救おうとしない命。
勇気と慈悲が出てこない命。

菩薩.(ぼさつ)
自身を軽んじ他人を重んじる。他の人のために行動する命。
苦しみにとらわれている人に対し実際に行動する。
他の人の生きる力を引き出し、自らの生きる力も増していく。

.(ほとけ)
どんな逆境にあっても屈しない境涯。
一切の逆境をも成長の糧にしていく大生命。
(仏界は、現実としては菩薩の行動に現れる)

過去に書いた十界論の記事URLを以下に示します。
http://sokanomori.exblog.jp/13479476

地獄、餓鬼、畜生を三悪道と言います。
怒るは地獄、むさぼるは餓鬼、愚かは畜生と大聖人はご指導されています。
これに修羅が加わった悪しき命を四悪趣(しあくしゅ)と言います。
人界(にんかい)は境涯の中心にあり、さらに上に仏の境涯があります。

法華経のスゴイところは、地獄や餓鬼の命の人も「仏になれる」ということ
「お前は地獄だから救われない」「運命に従う」との教えではない。
あるいは念仏のように「今世では無理。西方浄土で」という逃避でもない。
全員が菩薩、仏という希望、勇気、感謝、共感、寛容性、謙虚さなどが詰まった命になれると説くのが法華経であり、南無妙法蓮華経です。
それを創価学会では人間革命といいますね。

人間革命はどうすいればできるのでしょうか
それは信・行・学の仏道修行だ、というのです。

「私は声聞でいい」とか「縁覚でいい」とはならない。
低い境涯は、やっぱり苦しいです。辛いですもの。
地涌の菩薩で生きないとだめ。成仏しないとだめ。
どんな苦難も敗北も笑顔で受けられるスゴイ境涯を掴むしかない。

朝晩の勤行、唱題、学会活動、御書や学会書籍の精読、そして仏法対話・・
スゴイですよ、学会の修行は。本当に仏になれるんですから。
私たち、大変な仏道修行しているんです。

「お前の命はどんな命なのか」ですって?
さて、どの境涯にあるのかは本人も明確ではありませんが、「創価学会仏(そうかがっかいぶつ)」の一員であるという自覚はあります。
日々の信心の継続が大事ですね。生涯不退転の信心。
私も40歳の発心から16年の信心で見えてきました。
幸福の正体がはっきりと、です。^^

以上で「新幸福論シリーズを終了します。
シリーズ冒頭の記事のURLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/26576902

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-23 23:39 | 学会書籍のご案内 | Comments(2)

新・幸福論に学ぶ(2)


☆悩まない人は損をする.

新・幸福論に掲載された見出し文字の写真を添付します。
b0312424_2174723.jpg

写真解説「本に「幸福とは?悩みに立ち向かうこと」と大きな文字で書かれています」

前回の記事は、→ここをクリック!
教学部講義部長の須田氏とタレントの柴田理恵さんの対談をご紹介しました。
境涯(十界)に特有の悩みがあるという内容でした。

次に、「幸福とは何か」というテーマを学んでみましょう
この本は様々な悩みを問いかけています。

人間関係、リストラ、いじめ、子育て、失恋、不登校、うつ、仕事、結婚、病気、無気力・・
だれもが突き当たるこれらの問題を解決する方途を次のように述べています。

「私たちは普通、悩みがない状態を幸福と考えています。
例えば、経済的に心配がない、体も健康で家族も仲が良い・・
たしかに一応は幸福といっても良いかもしれません。
でも、実際にはそのようにならないところが人生の問題なのです。
生きている限り悩みは付きものです。
悩みを避けることができないのであれば、逃げるのではなく、正面から取り組んで勝っていくしかありません。法華経はまさに、悩みと正面から取り組む生き方を説いているのです」

この本は、その結論を「自分の生命を強くするしかない」と述べています
また「幼児には重い荷物でも、大人なら軽々と運べるように、生命に力があれば苦もなく乗り越えていける」とも述べています。

この本には「健康な心の9カ条」が書かれています

1.誠実であること.
自分自身に誠実であり、他人のために自分を必要以上に犠牲にしない。

2.責任を負うことができる.
自分の問題はほとんどの場合、自分一人で解決することができる。

3.寛容であること.
心が広く、自分の考えと異なることも受け入れることができる。

4.確実でないことも受け入れられる.
たしかでないこと、変わる可能性のあることも容認できる。

5.考え方が柔軟である.
変化に対して順応性があり、柔軟な考え方ができる。

6.客観的に考えられる.

自己中心的でなく、まわりとの人間関係を客観的かる論理的に解決しようとする。

7.かかわり合いを持てる.
いろいろな状況に関心をもち、まわりの人とかかわり合うことができる。

8.挑戦できる.

必要とあれば、多少の危険を恐れずに挑戦する気持ちがある。

9.自分を受け入れられる.
長所も短所も含めて自分自身を受け入れて、生きていることに感謝できる。

この9項目の心のある人がいるとするなら、何と健全な輝かしい人でしょう。
希望、勇気、感謝、共感、寛容性、謙虚さなどが詰まった命。
悩みはチカラに応じて生まれ、局面は時間と共に変化します。
健康な心と体を持ち、人生を真に豊かに歩んでゆく・・
この命こそ、菩薩であり、仏です。学会精神です。
次回はさらに、仏の命について学んでみましょう。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-23 21:15 | 学会書籍のご案内 | Comments(2)

新・幸福論に学ぶ(1)


☆須田晴夫氏に会える本.

柴田理恵さん、須田晴夫さんの写真を添付します。
b0312424_5323329.jpg

写真解説「新・幸福論に掲載されていた柴田さんと須田さんの笑顔の写真です」

座談会の幹部指導で「新・幸福論」という本を知りました

「折伏で使っています。いつもバッグの中に入れています。
この本は、十界論がとても分かりやすく書いてある。
浦島太郎を十界論で読むとどうなるか・・
カメをいじめている子供たちは畜生界、いじめられているカメは地獄界・・
カメを助ける浦島太郎は菩薩界、竜宮城で楽しくくらす浦島太郎は天界・・
こんなことが書いてある分かりやすい本です」

そんな話を聞き、この本を購入しました。

この本に、須田晴夫(すだはるお)氏の写真がありました
柴田理恵さんと二人で大笑いしている写真でした。
昨年、創価大学教授の問題を記事にしたときの、あの須田氏です。
その須田氏の経歴記事のURLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/26370605

この「新・幸福論」では須田氏を「創価学会教学部講義部長」(当時)と表記していました。
須田氏は「法華経の智慧」で池田先生と対談されている立派な人です。
偶然にも、こんなところでお会いするとは、と思った次第です。

さて、この新・幸福論、なかなか良い本なのです。
冒頭、柴田さんと須田さんとの対談が掲載されています。
内容は、柴田さんの信心する前と後との境涯の変化が述べられています。
その部分を少し抜粋してみましょう。

須田「柴田さんといえば、元気で明るいという印象ですね。でも、信仰をもつ以前はわりと暗かったと聞きましたが本当ですか?」
柴田「暗いというか、心に鎧(よろい)を着ていたって感じですね。
自分はここまでやっているんだから、みんなもこうあるべきだ、なんて文句ばかり言ってて、周囲からすごく怖がられていました。
人をすぐにどなったりするから、友達も寄り付かなくなりました。
心の底ではもっと楽に生きたい、もっと優しく見れるようになりたいと思っていたんだと思うんですね。でも、どこか突っ張って生きていて・・
それがポキッと折れたときは大変で、“自分はもうダメなんだ”って・・」
須田「自我の突っ張りが折れるとドーンと落ち込みますからね」
柴田「そうそう。自分が丸ごとなくなっていくような感じ」
須田「それが入信のきっかけですか?」
柴田「すでに久本(雅美)から仏法の話は聞いていました。
いつも悩んでグチを言っていた久本がどんどん明るく変わっていくんですよ。
ある日、「久本!どうしてそんなに元気なの!」と聞いたんです。
すると「私、創価学会に入ったから」って」
須田「なるほど。そうすると目の前で現実に変わっていく久本さんのドラマを見続けたことが入会への刺激になった、ということですね」
柴田「そうです。それと久本が見せてくれた池田先生のスピーチですね。
その中に桜梅桃李(おうばいとうり)という言葉との出会いです。
そうか、私にも美味しい実が成るんだ。なら人と比べることなんてないやって。
そのとき、あゝ自分は人のことを妬(ねた)んでいただけなんだと分かったんです。
ガックリきたけど、すっきりしました」
須田「人に対する妬みが、自分の悩みの原因だと納得したわけですね」
柴田「はい。入会してからは、本当にいい意味で自己肯定的になりました。
悩んだことも、失敗したことも、それをプラスに変えていこうと思えるようになりました」
須田「いまお話があった「妬み」というのは、十界論で言うと「修羅界」の生命状態です。
自分の自我にとらわえて、自分を立派にみせなければおさまらない生命です。それがうまくいかないと苦しむわけです」
柴田「はあ、修羅界ですか」
須田「悩みという観点で見ると、十界それぞれに特有の悩みがあるんですよ」
柴田「でも、最近は悩みを悩みとして受け止められないというか、「もうちょっと悩めよ!」といいたくなるような人もいます」
須田「いますね。その人たちは、自己を確認する、いわば自分を見つめる理性が働かないのでしょう。それは「畜生界」の愚かさですね」
柴田「そういう人でも、いつか悩むときってくるんですか?」
須田「それは来ますよ。人生が熟してくると、悩む事態が絶対にやってきます」
柴田「さっき十界すべてに悩みがあると言われましたけれど仏界にもあるんですか?」
須田「小悩少病(しょうのうしょうびょう)というように、仏にも悩みも病もあるといわれます。たとえば日蓮大聖人は当時の厳しい迫害の中で、どうすれば人々を妙法に導いていけるか、深く考えられ、また悩まれたと思います。それに釈尊も大聖人も病気もされましたしね。
病気による肉体的な苦しみもあったと思います。
でも、そのことによる不安はない。仏の境地というものは「安心立命」ですから、心は泰然自若としているんです。人は偉大な悩みがあるから悟れるんです。
次々にやってくる悩みを避けずに、悩みと四つに組んでいく。
そのなかで自分のことを超えて人のことを悩んでいけるように境涯が上がっていくんです。
煩悩即菩提といっても、何もしないで菩提になるわけじゃないんです」・・


対談の最後は「悩まなきゃ、ソンですよ(笑い)」で締めくくられていました。
対談の主なる内容は、柴田さんの人間革命(境涯の変化)の体験談でした。
この対談で考えさせられたのは「境涯に応じて悩みが違う」というとでした
悩みは無くならない。ただ、悩みの質が変わってくる
その通りだと思いました。私も同じ体験をしているからです。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-01-23 05:53 | 学会書籍のご案内 | Comments(4)

黄金柱の誉れ(壮年部指導集)


☆壮年部結成50周年の書籍.

「黄金柱の誉れ」の書籍の写真を2枚を添付します。
b0312424_8212571.jpg

b0312424_8214325.jpg<写真解説>
1枚目は書籍の表紙の写真。
2枚目は掲載されていた「滝の詩」の石碑の写真です。
石碑には、滝の如く激しく、滝の如く弛まず、滝の如く恐れず、滝の如く朗らかに、滝の如く堂々と、男は王者の風格を持てと金文字で刻まれています。


この本は、私の地区の壮年部員が勉強するために全員で購入しました。
本年は壮年部結成50周年ということで発刊された指導集です。
これから定期的に壮年部が集まり、この本を学んでいきます。
書籍の冒頭に3つの指針が書かれていました。
その内容をご紹介し、所感を述べたいと思います。

1.生涯求道の壮年部.
求道の人生は行き詰まらない。
限りなく向上し、力を涌き立たせていくものです。

2.職場で勝利する壮年部.
日々の仕事も、即、信心である。
ゆえに仕事で勝っていくことが、即、仏法の勝負の証となる。

3.地域貢献の壮年部.
自分が住んでいる地域を愛し、地域に貢献し、そこを栄えさせ、常寂光土(じょうじゃっこうど)としていくのは、仏法者の責任であり、使命である。

「滝」は壮年部の象徴です。
今、全国で、敵の如く朗らかに堂々と、わが壮年部が立ち上がってくれている。
景気は依然として深刻だ。先行きの見えない混迷が続いている。
その中で、壮年部の戦友は、歯を食いしばって奮闘する日々だ。
(以上、書籍巻頭の指針とメッセージ)

この書籍の「発刊の辞」に先生は次のように述べられています

「男は柱である。それぞれの使命の城を担い立つ柱である。
今という時代に巡り合わせ、創価の大城を支え守り、地涌の陣列を創り広げる黄金柱ほど頼もしいものはない。幾度も剣難の峰を越えてきた、わが盟友たちの顔を見るたびに、胸に熱いものがこみ上げてくる。一人ひとりのもとに駆け寄って、肩を抱き、握手を交わし、尊き健闘を労い、称えたい気持ちで一杯だ。
壮年部の結成より50周年・・私の溢れる真情を託したのが、この一書である」

「一家眷属のため、友のため、地域のため、社会のため、矢面に立って一歩も退かない。打たれれば打たれるほど、不屈の智慧の光を放ちゆく奮闘の日々・・
現実の闘争は熾烈だ。しかし、そこから反転攻勢の勝負が始まる」

「強敵を伏して始めて力士を知る・師子王の心をもてる者、必ず仏になるべし(957)。これは日蓮大聖人が51歳の時、佐渡の地でしたためられた御文である。試練の時に師子王の心を燃やしてこそ仏となる。人間革命できる」

「賢者、トルストイは言った。われわれは他人のために生きたとき、はじめて真に自分のために生きるのである。実践してみれば本当だとわかるだろう」

「悔いなく燃焼し切って、今世の人間革命の劇を大勝利で飾ろう!」・・

私にとって、生涯求道、職場での勝利、地域貢献の3指針は夢でした
生涯を創価学会と共に生き、職場と地域に貢献する人生・・
20歳の頃、漠然と仰いだ将来は灰色でした。
「自分にはなれそうもない。少なくとも迷惑はかけたくない」
そんな自信のない、暗く切ない青春でした。
社会人となり、実証を示すということがどれほど困難かを知りました。
しかし、様々な苦難を乗り越えいつしか職場で実証を示せるようになりました。

昨年、幸運にも地域貢献の足掛かりを得ました
私は自主防災組織の任務を1年間全うし、確固たる信頼の絆を結び、数多くの地元関係者との交流ができるようになりました。
それまで、知り合いといえば学会員と少数の職場関係者のみ。
今は、町内会活動を通じて一気に人脈が広がったのです。
私の活動の1つを以下にご紹介いたします。
http://sokafree.exblog.jp/25105213/

この書籍の指導の両輪たる「仕事」と「地域貢献」の基盤は整いました。
さらには自在会の皆様のご支援の「ひらがな御書」もあります。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/
ガンバリマスよ、ピカピカの柱になるために。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-10-30 09:37 | 学会書籍のご案内 | Comments(7)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

只今、メールしました。 ..
by sokanomori3 at 12:36
誓願さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:32
只今、メールしました。 ..
by sokanomori3 at 05:28
ちなみに、私は創価の森に..
by 誓願 at 22:54
こちらこそ返信ありがとう..
by 誓願 at 00:18
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 23:46
誓願さん、再びこんばんわ..
by sokanomori3 at 23:41
池田先生の「すべて知って..
by 誓願 at 23:13
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:37
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:33
誓願さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:28
菊川さんと※※さんの関係..
by 誓願 at 22:04
菊川さん、お疲れ様です。..
by 誓願 at 22:01
そうなんだ‥ 勉強にな..
by 千早 at 10:40
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:13
凡ちゃんさん、おはようご..
by sokanomori3 at 05:11
近所で工事をやっているの..
by 凡ちゃん at 00:21
兵一さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:07
いつも励みに読ませていた..
by 兵一 at 14:04
そうこさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 20:39

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア