<   2014年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

見えない人こそよく見える


☆ガイドヘルパーの手引き.

以下に 「見えない人こそ よく見える」の本の写真を添付します。
b0312424_22545779.jpg

写真解説.
「表紙の中央に 白杖をついている女性が ヘルパーに付き添われて歩くイラストが 描かれています。
説明文として “視覚障がい者のガイドヘルプにとって 本当に大事なことは何か”と書かれています」


視覚障がい者ガイドヘルパーの参考書です。
この書籍には 各種の事例を通じ、配慮に欠けた対話がトラブルの原因になること、また、不注意が事故や怪我をもたらす、子ども扱いや、強引なサポートなどが 利用者さんに大きな苦痛を与えることなどが示されています。
以下に 本文の一部を抜粋して示し、※箇所に補足説明をします。

○噛み合わない対話.

(ヘルパーAと利用者Bの対話)

A 「目がね、見えていないのは大変だと思うけど 前向きにいかないとね」
B 「そうですね」
A 「みんなもいろいろな人生を背負っているんだから、やっぱりね、あなたも楽しく生きていかないとね」
B 「わたしは 好きなことをさせてもらっているので 十分幸せですよ」
A 「まあ、元気出して! あなただけが見えないんじゃないからね」

※利用者さんは「そんなことは分かっているんだけど」と思いながら答えている。

B 「こんな感じの素材が好きなんだけど、このスカートは何色かしら?」
A 「ちょっと ババくさいなあ」
B 「じゃあ、これはどんな感じかな?」
A 「う~ん、なんか違うなあ。ああ、ピンクのいいのがあった。これにしときな!」
B 「私、ピンクは好きなんだけど、上の服と合わせるのが大変だから無難なシックなものを探してもらっていいかな?」
A 「ピンクが似合うよ、これがいいよ。これにしとき!」

※利用者さんに判断基準を与えていない。

B 「手が荒れちゃうから洗い物でゴム手袋したいけど、手袋すると感触が分からないので、どうしてもできないんだよね」
A 「そんなん、一緒、一緒」
B 「でもね、指が目の代わりをしている私にとっては大変なことなのよ」
A 「私もしてないで。見えてたって、せえへん。そんなもん、見えていても一緒!」

※筆者は「視覚障がい者は 手から火を噴くほどの肌荒れがあっても、手袋をしたくてもできない」と述べている。

○見えない人こそよく見える.

「残念なことだが、ガイドヘルパーに関する苦情や相談ごとの中に、ヘルパーがよそ見をしたまま話をするといった声が多くあった。
確かに 移動中であれば、利用者の顔ばかりは見ていられないが、そうでない場合でも顔を見ず会話するガイドが多い。
利用者は いったい私のことを どう思っているの?と訝っているのだ。
そのヘルパーには“どうせ見えていないのだから、どこを見ていても分からない”と思っているのかもしれない。しかし、全盲であっても、その人がどちらを向いているのか 声の方向で 顔の向きは分かるのである。
本来、相手の顔を見て話すことは、人としてのマナーです」

※上記のことを 多くの利用者さんが不満にしている。

「視覚障がい者とは、視覚に障がいがある人のことで、それ以上でも、それ以下でもない。
目が見えなくなると、残存感覚を使うので 見えている人に比べ 音に対する注意力や集中力が違うため、その分聞こえはよいかも知れないが個人差は大きい。
その中で、見えなくなったら何もできなくなると思い込んでいる人がいる。
また、「心眼」で何でもできると思う人がいる。
視覚障がい者は スーパーマンでもなければ、何もできない可哀そうな人でもない。
目が不自由なだけの「普通の人」である。
社会にはさまざまな人がいる。性別、年齢、職業、生活歴、性格、考え方や趣味、価値観など 千差万別である。見えていても 見えていなくても、一人ひとりみんな違うことを分かってほしい」

○所感.

世の中には 目配り 気配り 思いやりに欠ける人がいるものです。
ため口、押し付け、お説教‥
利用者がお金を払って依頼しているヘルパーが、上記Aのごときサービスであったなら、それは最悪だと思います。
かくいう私も ときどき 悪気なくオカシナことを言うことがあります。しかし、その時折に 相手の反応から反省し 軌道修正しつつ 対応力を向上させる努力を続けています。
気づきと反省のない人は ヘルパーとしては 適性を欠くことでしょう。

本書の参考資料は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-28 22:57 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(0)

資料 (見えない人こそよく見える)


☆参考資料です。

書籍「見えない人こそよく見える」の筆者紹介、書籍内Q&Aの抜粋など。

○筆者紹介.

速水 基視子 (はやみ きみこ)
網膜色素変性症で全盲となる。
視覚障がい者として 結婚、出産、育児の中、試行錯誤を繰り返しながら、見えなくてもスムーズな生活が送れるよう、ワンポイントアドバイスを盛り込んだ著書「キミちゃんのえがお」を出版。この作品はドラマ化され、テレビ、ラジオにも多数出演している。
その他、「難病と視覚障害と宝物」「キミちゃんの生活術」などで講演活動をしている。

速水 洋 (はやみ ひろし)
速水基視子さんの夫である。
盲重複障害者の更正援護施設に勤務している。
白杖歩行訓練士、在宅視障害者指導員。
著者に「青い空と白いつえ~ノンちゃんととともに」「青い空と白いつえ~訪問編」「キミちゃんのえがお」などがある。

○基視子(きみこ)さんの声から.

(前書きから抜粋し、一部文章の修正をしています)

私は18歳の頃、網膜色素変性症と診断され、23、4歳でほぼ全盲となりました。
20代の頃は まだ室内の灯りを感じることができましたが、現在の私は室内の灯りを感じることはできません。屋外で かろうじて明暗が認識できる程度です。
このような 見えない状態での生活も 過ぎてみれば早いもので 気づけば20年という月日が流れています。

世間では、全盲になると 耳がよくなるとか 勘がよくなると言う人がいますが、全盲になったからといって 、耳がよくなるわけでも勘がよくなるわけでもありません。
もちろん、全盲になったからといって 心眼を開くわけでもありません。
ただ 視覚を使えない分、別の感覚、つまり残存感覚を使って生活することから、傍目には 耳や勘がよくなったように感じ、見えない人は心の眼で見えるのだと なるのでしょう。

残存感覚を使っての生活といっても、見えなくなってすぐにそれが スムーズに行えるものではありません。
見えなくなった当初は 精神的なショックもあるうえ、目を使わず どのように生活すればよいのかさえも分かりません。
工夫と慣れと練習が必要で、最初は大変です。

○Q&A
.

視覚障がい者にどのように対応するのがいいのでしょうか?
以下に 本書のQ&Aから3つ抜粋します。

Q1. 視覚障がい者が困っている様子を見たら?
A1. 見たまま 感じたまま声をかければよい。「お困りですか?」など。
Q2. 基本的な手引きの形はあるのですか?
A2. どのようにすればよいのか本人に聞いてみるのがよい。
Q3. 歩く速度はゆっくりの方がいいのですか?
A3. 体の弱い人はゆっくりがよいが、元気な人もいるため、本人に聞くのがよい。

※すなわち、利用者さんの要望をヒアリングすることが大事です。

○本に書かれていること.

この書籍は、視覚障がい者のガイドヘルパーの参考書です。
利用者さんの移動介助をするためのポイントが書かれています。
具体的には 溝またぎ、段差移動、階段の上り下り、エスカレターの利用、電車・バスの利用、また、ガイドヘルパーの心得などが記されています。

本書の具体的内容は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-28 22:33 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(1)

前略 千早さま (6)


☆ひらがな御書のこと。

私は ほとんど 睡眠中の夢の記憶というものがありません。
本当は 見ているのだと思いますが 記憶に残る夢は 年に数度 あるかないかです。
また その記憶に残る夢も その日の朝に覚えているだけで 数時間すると すっかり忘れてしまうのです。
横になると数十秒で私は眠り パチッ!と 唐突に朝が訪れます。
目をつむり すぐに深い眠りに墜ち 覚醒まで 記憶は何もありません。

そんな私が 今朝 珍しく夢を見ました。
その夢は パソコンを見ている ほんの一コマの風景で ひらがな御書のホームページを作っているのです。数秒程度の パソコン画面と左右の私の腕だけのもの‥
ただ そんな 夢の断片です。
実力 不足で 思うにまかせないジレンマからでしょうか。
その焦りからでしょうか。(^^)

過去 旧創価の森ブログで 具体的な ひらがな御書の夢を語っています。
(以下の記事は 音声ソフト対応になっていません)
その旧ブログの夢の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-28 06:45 | 前略 千早さま | Comments(4)

白杖の青年


☆白杖の青年を見て‥

今朝の通勤経路でのこと。
急ぎ足で雑踏の中、縫うように人波を歩いていると、前方に空間が開けた。
と、そのとき、至近距離に 白杖を手にした一人の青年が視野に入った。
青年は前方を見据え、白杖を地上に垂直に伸ばして、駅員に寄り添われながら歩いていた。距離は1メートル少々‥
私はとっさに、進行の邪魔にならないように身をひるがえした。
危うく 青年と接触するところだった。
青年は 今風のオシャレな髪型で、グレーのコートを着ていた。
通り過ぎながら、青年のことを考えた。

「この通勤ラッシュの中、彼は どこから来て どこに行くのだろう」
「この何百という靴音を どんな気持ちで 聞いているのだろう」
「彼は これからの人生を どのように生きるのだろう」

以前の私なら、駅員に連れられて歩く姿を見て、不幸の象徴に感じたに違いない。
しかし、今は違う。そもそも 彼は 暗闇の中を歩いているのではないし、悲しみに魂を震わせているのでもないのだから。
彼の心には光があり、しかも夢も希望も同じくあるのだから。
そして 彼は、自在な心をして 自らの人生を最大限に活用しながら歩くことができる。
颯爽と 通勤ラッシュの波を切り裂き 愉快に歩むことができる。
盲の運命を乗り越え、決然と一人立ち、前進しゆく勇者として 生きることができる。

何故、そんなことが言えるのか?
それは 一人の自在の友の人生から 学び知ったから。
その友の姿が 私の世界観を 一変させたから。
だから私は、彼を平等に見ることができるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-27 22:35 | 自在の人 | Comments(2)

アンドレ・マルロー


☆聖教新聞は偉人との出会いの場.

以下に 聖教新聞に掲載されたマルロー氏の写真を添付します。 
b0312424_235043.jpg

写真解説.
 「白黒の縦写真です。写真の詳細は 本文に申し述べます」 


昨日の聖教新聞に強く引き付けられる一枚の写真があった。
アンドレ・マルロー氏の写真である。
眉間に深い2本の縦じわ。左目の目じりには4本のしわ。
上目ずかいに見つめる左右の眼の間に 親指をかざし、鋭い眼光が何かを見抜いている。凄まじい顔つきだ。
私は魂を震わせながら、新聞の一部始終を読んだ。
以下に、本編記事から一部を抜粋し、私の所感を述べることにする。

○マルロー氏と池田SGI会長.

1974年5月18日。
「モナリザ展」のフランス政府の大使として、来日していたマルロー氏が語った。
「私が日本を訪れるのは4度目ですが、いちばんお会いしたいと思っていたのが 池田会長でした。さっそくですが、まず 私からおうかがいしたいのは 創価学会の活動とは どのようなものかということです」
単刀直入、余事を交えず質問するマルロー氏。氏は、これまで多くの日本の要人と会ってきたが、「礼儀的なふれあいばかりで、率直さは皆無」と語る。
SGI会長が答えた。(以下、要約)
「結論していえば 仏法を生活の上、現実社会の上に脈動させ、平和と文化の価値を創造することです」

マルロー氏は、「20の人生を生きた男」といわれた。
1901年、20世紀とともに生まれ、辻馬車から宇宙船まで、たった一世代のうちに変化を遂げるのを見た人である。
具体的には、インドシナの密林で遺跡を探査し、中国革命の動乱の目撃者となり、スペイン内戦では 国際義勇軍の飛行隊長として出撃。
第二次世界大戦では「ベルジェ大佐」の偽名で、ナチスへのレジスタンスとして戦った。
戦後は ドゴール政権の文化大臣として世界を駆けた。
アメリカのケネディ、インドのネルー、中国の毛沢東らと会ってきた。
そうした氏が SGI会長に深い関心を抱いたのも必然と言える。

日本の民衆を率いて 人間主義の思想を社会に広げる仏教指導者。
その思想とは? その運動の方向とは?
世界の行く末まで影響を与える存在なのか?

対話は 核問題、国連の役割をはじめ 意見が異なる部分も多かったが、氏より26歳も若いSGI会長に対する期待は 終始変わらなかった。

○パリでの再会.

SGI会長が教育の重要性を訴えると、マルロー氏は こう返した。
「創価学会のような人間形成の運動に力が加われば、人類にとっての亀鑑(きかん)となりましょう」
(亀鑑とは 人のおこないの手本、模範の意)
そしてマルロー氏は、再会を望んだ。

1975年5月19日。
一年後、SGI会長は パリにあるマルロー氏の自宅を訪ねる。
再びの対談‥ 未来への深い懐疑を垣間見せる氏に対し、SGI会長は 希望を手放さない。ほとばしるような対談が続く。
マルロー氏は SGI会長の話に応える。(以下、要約)
「かつて ヨーロッパに キリスト教がもたらした精神革命が、ふたたび 仏教によってもたらされないという保証はどこにもない」
(池田SGI会長のこれからに) 「期待しています」

この二度の語らいは、翌1976年8月に 対談集「人間革命と人間の条件」として結実した。
マルロー氏は、この出版から3ヶ月後に死去した。
その後、夫人からは その後、氏の原稿や画集、遺品などが折に触れて届けられた。
マルローの夫人は語っている。
「日本人で マルローと対談した人は 本当に限られた人だけでした。
池田会長は、マルローの尊い友人です」

○所感.

読んで、深い感動と歓喜とが生れた。SGI会長とアンドレ・マルロー氏の偉大さはもとより 聖教新聞社の記者の表現力にも感服した。読み応えのある記事だった。
傑出した人物を知る機会の場としての聖教新聞に感謝しつつ、新聞社に働く 様々な人たちにも深く感謝し、御礼を申し上げたい。

○アンドレ・マルローの履歴.

フランスの作家、美術評論家。
1901年11月、パリに生まれる。
21歳でフランス領のインドシナに渡るが、母国が行う植民地政策に疑問を感じて独立運動を支援する。
その後、中国でも革命運動の動乱を目の当たりにし、それらの経験を基に 「征服者」「王道」などを執筆した。
特に 中国革命を舞台にした「人間の条件」では「ゴンクール賞」を受賞。
また、スペイン内戦や第二次世界大戦下でのレジスタンス活動を通じて、「希望」「アルテンブルグの胡桃の木」を出版、“行動する作家”として 不動の評価を得た。
戦後は ドゴール大統領のもとで 情報相、文化相を歴任。
1976年11月 死去。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-27 00:06 | 聖教新聞 | Comments(0)

兵衛志殿御返事 (2014年3月度座談会御書)


☆兵衛志殿御返事(三障四魔事)
ひらがな訳:ひょうえのさかんごへんじ(さんしょうしまのこと)

以下に 大白蓮華50ページの写真を添付します。
b0312424_6314632.jpg

写真解説.
座談会御書「ひょうえのさかんごへんじ」の見出しの下に 観葉植物の蘭の花のイラストが描かれています。



○ひらがな訳.

しおの ひると みつと つきの いづると いると
なつと あきと ふゆと はるの さかいには かならず そういする ことあり
ぼんぷの ほとけに なる また かくのごとし
かならず さんしょうしまと もうす さわり いで きたれば
けんじゃは よろこび ぐしゃは しりぞく これなり

○ルビ付き本文.

しをの ひると みつと 月の出づると いると
夏と秋と冬と春とのさかひには 必ず相違する事あり
凡夫の仏になる 又 かくのごとし、
必ず 三障四魔(さんしょうしま)と申す 障(さわり)いできたれば
賢者はよろこび 愚者は退くこれなり

○現代訳.

海の潮が引く時 満ちる時 月の出る時 入る時 また、夏と秋と 冬と春との季節の境目には 必ず それまでとは相違する出来事がある。
凡夫が 仏になる時もまた 同じである。
必ず 三障四魔という妨げが出てくるが、賢者は喜び 愚者は退くのである。

○背景と大意.

本抄は 日蓮大 聖人が池上兄弟の弟 宗長(むねなが)に送られたお手紙です。
池上兄弟は 大 聖人門下で信心に励んでいましたが、父親の康光(やすみつ)が 真言律宗(りっしゅう)の極楽寺良観を尊敬していたため 兄の宗仲(むねなか)を勘当します。
この御書は 兄が 二度目の勘当となったときのものです。 
兄の勘当が解かれなければ 池上家の地位や財産は 弟が受け継ぐことになります。
すなわち 父の康光は、団結していた兄弟を切り離す狙いがあったものと考えられます。
大 聖人は、弟に宛てた本抄のお手紙で「凡夫が仏になる時には 必ず三障四魔が出現する」ことを述べられ、苦難を恐れず 賢者の信心を貫くよう ご教示されています。

大白蓮華59ページには、「もとより、私たちの信仰は、家族が争うことを勧めるものではなく、全員が信心しなければ和楽が実現できないこともありません。
一人が太陽になれば 光が一家を照らすように、自分が境涯を開けば、その福徳は一家を包み 和楽を実現できる」と記され、続いて、池田先生のご指導が掲載されています。
「大切なのは三障四魔の捉え方です。
“これは、自分が呼び起こした障魔だ!”と自覚することです。
一見、障魔から攻め込まれているように思うことがあるかも知れない。
しかし、本質は逆です。
私たちが自ら勇んで、成仏の峰に挑んだがゆえに、障魔が競い起こったのです」と。

○語句解説.

凡夫. 煩悩、宿業、苦悩に束縛され、迷いの世界で生死(しょうじ)を繰り返す者。
三障四魔. (さんしょうしま)信心を妨げる三種類の障害・煩悩障、業障(ごうしょう)、報障(ほうしょう)と、四種類の魔・陰魔(おんま)、煩悩魔、死魔、天子魔(てんしま)のこと。

以下に 三障四魔の補足説明のため 旧創価の森ブログの記事を掲げます。
(旧創価の森は、音声ソフト対応になっていません)
その三障四魔の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-26 06:41 | 座談会御書 | Comments(5)

私の幸せ


☆働いて、やりたいことをやる。


○くうねるあそぶ。

昔、「くう ねる あそぶ」という言葉が流行ったことがあります。
「食べて 寝て 遊ぶ」という意味です。
この言葉は、私は好きになれませんでした。
「それはグウタラではないか」と不快に思ったのです。
先日、電車の中に、心臓の薬の「求心」の意見広告がありました。
そこには次の見出しが書かれていました。

○働く、遊ぶ、休む。

似ているのですが、「くう ねる あそぶ」とは印象の異なる言葉でした。
この言葉は、スッと違和感なく、私の心に入ってきました。
しかし、もっと私的に言うなら、
「働く やりたいことをやる ぐっすり眠る」です。
遊ぶという言葉が 何となく しっくりしないからです。

私は働き、得られた対価で生活をし、許される範囲の中でやりたいことをしています。
そして、翌日の活力を得るために ぐっすりと眠っています。
これが私の日課です。
やりたいこととは、信仰です。幸せになること、幸せにするための行動です。
具体的には、祈り、学び、自分にできることを果たすこと。
その中に 健康作りのために運動することも、友人と語らうことも含まれます。

それらは遊びではありません。
周囲からは 遊びに見えるようなことでも 真剣勝負そのものです。
やりきれない量なので、工夫しながらやっています。この大真面目な私の目標と実践は、いわゆる世間で言う遊びの何十倍も楽しいことです。
ですから私は、遊びたいとは思いません。
今の道を真っ直ぐ歩むだけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-23 07:09 | 管理人より | Comments(4)

創価学会歌 東洋広布の歌(歌詞)


☆東洋広布(とうようこうふ)の歌.


作詞作曲:中嶋信子

○ひらがな訳の歌詞
.

1.
くおんの ひかり みょうほうの こうせんるふの とき きたる
けつぜん たちて いま ここに この だいちをば ふみ しめて
とうよう こうふは われらの てで
2.
しんずる ものは つねに かつ すすめ わこうど ふるい たて
われ とうようの ちと ならん とわに かわらぬ はたを かかげて
とうよう こうふは われらの てで
3.
けわしき みちも なんの その いきと ちからと この ねつで
じゃほうを うちて いざ ゆかん ふじの たかねを あおぎみて
とうよう こうふは われらの てで

○ルビ付き歌詞.

1.
久遠(くおん)の光 妙法の 広宣流布の 時来たる
決然起ちて 今ここに この大地をば 踏みしめて
東洋広布は 我等の手で
2.
信ずる者は 常に勝つ 進め若人 奮い立て
我 東洋の 血とならん 永遠(とわ)に変らぬ 旗をかかげて
東洋広布は 我等の手で
3.
険しき道も なんのその 意気と力と この熱で
邪法を撃ちて いざゆかん 富士の高嶺を 仰ぎ見て
東洋広布は 我等の手で

○解説.

東洋広布の歌は、当初、「九州制覇の歌」という名称で歌われたものである。
全九州に妙法を広めていくとの心意気を託した歌であった。
昭和32年、第1回九州総会に戸田第二代会長が参加された。
総会で 登壇者が「九州制覇」を幾度も叫んだ。
このとき戸田二代会長は 「九州制覇は我らの手でと言っているが、スケールが小さい。どうせなら、東洋広布は我らの手でと言ってほしいものだ」と言われた。
これをきっかけとして、九州制覇の歌は 東洋広布の歌に変わった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-21 21:44 | 創価学会歌 | Comments(2)

走れメロス


☆メロスの真実 (1971年10月31日)

以下に 池田先生の詩集「青年の譜」66ページの写真を添付します。
b0312424_665028.jpg

写真解説.
 「詩 メロスの真実の 冒頭文を 撮影した写真です」 



以下に、池田先生の詩「メロスの真実」の冒頭文を掲げ、所感を述べる。

○メロスの真実.

「聳え立つ 絶壁を越え 荒漠(こうばく)たる 天の野原を踏み
暗闇の森林を抜け ただ前に疾駆する 若者 メロス

ただ彼は走る 友との金剛の契りを果たすために
信頼の譜の証しを示すために
彼は至純の心を抱きながら 前に走る

青い樹々を見ず にぎやかな街並みをわすれ
銀の雲を仰がず 黒い風の如く メロスは走りゆく

川の波の中も大股で メロスは進む
真実の衣装に包まれながら なにか得体の知れぬ
巨いなるものに 合掌しながら 彼は ただ走り続ける

それは この世の死への疾走
そして 悠遠の蘇生への疾走

若きメロスよ!
君は 偽りと惑わしに充ちた この 人の世を
もっと高尚にして 美しく
潔癖な 確かなる稀有の実在に転換したのだ
人間のある限り 永遠に響く 「真実」の曲を残したのだ

その強い真実は 何処にあったのか

濁流を泳ぎ抜いた 体力にあったのか
山賊を打ち倒した 武勇にあったのか

いな!
すべてが本質を衝いていない
ふと 心を横切る疲労の悪夢に 厳しくも打ち克った
汝自身の 胸中の制覇にあったのだ」

○所感.

走れメロスは、太宰治が書いた小説である。
処刑されるのを承知の上で、命をかけて友情を守ったメロスが、王に信頼する事の尊さを悟らせる物語である。
以下に そのあらすじを示す。

「青年メロスは“人間など私欲の塊だ”と断言する悪王に、“人を疑うのは恥ずべきだ”と反論する。処刑されることになったメロスは、親友を人質として王のもとにとどめおく。そして、妹の結婚式をとり行なうため3日後の日没までの猶予を願う。
悪王はメロスを信じず、死ぬために再び戻って来るはずはないと考える。
メロスは急いで村に帰り 式を無事に終えると 朝 王宮に向けて走り出した。
夕刻までに到着するつもりが、度重なる不運に出遭う。
しかしメロスは、ついに約束を果たす。
真の友情を見た王は改心する」

池田先生は この詩の冒頭、 メロスの勝利の理由を 強靭な体力でもなく 武勇にあったのでもないとし、その真実の理由を 不退転の心にあると述べる。

文末に 池田先生は 記す。

「友を捨てた安逸は 悔恨の苦痛が 終生 離れぬだろう
さびしい微笑みを 滲ませながら 片隅に 悲しげに生きるよりは
むしろ真実の死を 選びたい」

「私は銘じたい
真の雄大な 勇気の走破のみが 猜疑と 策略の妄執を砕き
人間真実の 究竟の開花を もたらすにちがいない と」

池田先生の人生とは、戸田第二代会長との約束を厳守された人生である。
常人に対比すれば、数千倍 数万倍の速度で疾走した人生であられる。
これは まさに、池田先生の決意と行動を したためられた詩ではないか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-21 06:43 | 池田先生の詩 | Comments(5)

タイSGI特集


☆グラフSGI 2月号のご案内.

2014年2月号は、タイSGIの特集になっています。
以下に、目次と記事をご紹介いたします。

○目次.

表紙
タイの地区座談会の参加メンバー(約100名)の集合写真が掲載されています。
青空の下、 皆 元気に手を振っています。
1ページ
池田先生が撮影されたバンコクでの写真(輝く水面を走る小舟)紹介.
2ページ
沖縄研修道場での本部幹部会の会場写真と解説.
4ページ
中国・広州市で行われた「池田思想シンポジュウム」の写真と解説.
6ページ
中国・復旦大学、華東師範(かとうしはん)大学の池田大作思想研究センター記事.
8ページから35ページ
「美しきほほえみの国・タイ ありがとう!」と題された、タイ特集です。
タイでの各種会合の写真、コメンテーターが紹介されています。
登場人物は、タイ創価学会理事長、議長、青年部長、婦人部顧問、鼓笛隊、音楽隊、フルート演奏者、芸術家、国際物理オリンピック優勝者、その他、大勢の現地メンバーが紹介されています。
37ページ
日本の刀鍛冶師(学会員)の紹介記事.
40ページ
読者の声.
45ページ
2月の座談会御書(英訳付き)

○グラフ紹介.

今回のグラフSGIには、大中小 80枚以上の写真が掲載されています。
全てカラー写真で、数千人の人たちの姿が映し出されています。
丸い顔、細長い顔、大きな顔、小さな顔‥
その一人一人の顔が、老若男女 皆 輝いています。

○プラチュムソンタナータム.

その中に タイの座談会が紹介されています。
グラフ12ページから13ページに 見開きで、大きく座談会が映し出されています。
会場には 約100人の参加者が集い、女性の司会者がマイクを持って話しています。
床は板の間で、その床の上に、現地メンバーが足を崩して座り、拍手をしています。
服装は多くが半そでで 素足。色とりどりの色彩の衣服です。
肌の色が少し日本人とは違いますが、座談会の雰囲気はまったく日本と同じ。
タイ語で、座談会は プラチュムソンタナータム と紹介されています。
生き生きと ハツラツとした タイ 創価学会員の姿‥
嬉しいです。アジアに 全世界に 創価家族がこんなにもいること。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-02-20 23:59 | グラフSGI | Comments(1)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45
> その後、嫉妬に狂った..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 11:41
菊川さん、記事紹介どうも..
by 千早 at 08:16
やっぱり、池田先生の小説..
by とろサーモン at 01:49
とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:49
こんばんわ、菊川さん。池..
by とろサーモン at 23:50
千早さん、読解力? 私..
by sokanomori3 at 20:58
菊川さん、読解力がない私..
by 千早 at 15:55
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:01
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:58
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:56
農業をアグリカルチャーと..
by 凡ちゃん at 15:21
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:57
代配ゆきんこさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:51

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア