<   2015年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

55歳の誕生日


☆定年退職まで残り10年.

以下に、職場の女性社員から頂いた誕生日プレゼントの写真を添付します。
b0312424_20412161.jpg
写真解説.「職場の社員が私の誕生日プレゼントとして、飾りつけをしたうちわをくださいました。お誕生日おめでとう、55歳と書かれています。手作りプレゼントをいただいたことは過去にありません。嬉しいプレゼントでした」

55歳になりました。
誕生日ということで、職場のメンバーがお祝いをしてくれました。
この写真は社員の一人がわざわざ手作りでくださったうちわです。(^^)
手間暇かけて作ってくれたんですよ。ビックリしました。
会社では、次のように挨拶いたしました。
「55歳になって思いますことは、65歳まで最後のご奉公の10年ということで、皆さまに恩返しをしたい、悔いなく最後の10年を歩みたいということです。
私としては皆さんに支えられ、今があります。心よりありがたく思っています。
近頃、能力も体力も衰えてまいりました。若くはありません。
けれど、溌剌と元気に10年を歩み通すために、しっかりと健康を作って頑張ります。どうぞ、これからも宜しくお願いいたします」
さて、定年退職まで残り10年になりました。
65歳になっても仕事の継続は可能です.
でも、65歳でけじめをつけたいと思っています。
残るにせよ、若い社員のため、後輩のため、道を譲ってバックアップに徹したい。
できれば完全に引退してスッキリしたい。若い人たちに輝いてもらいたいから。
私、夢があるんです。それは定年の日にお世話になった人を食事会にお誘いすること。自分が祝ってもらうのではなく、私が関係者を招待する。(^^)
1人1人に感謝の言葉をかけ、御礼を述べて去りたいのです。
その日は10年後に訪れます。ですから悔いなく会社に貢献したい。
思い起こせば、窓際族になり発心して15年になります。
今となっては、想像を絶する幸せな人生を歩ませていただいております。
15年間の信心というのはスゴイものです。私は幸せです。
職場にも、創価学会にも、感謝、感謝です。
過去の誕生日の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-31 21:06 | 管理人より | Comments(39)

車椅子の人


☆頑張っている人は美しい.

同じ通勤電車で、1両違いにクルマ椅子の女性がいる。
年齢は30歳前後。いつも電車で一緒になるから、仕事をされているようだ。
私は車両の片隅に乗る。その車椅子の女性も別車両の片隅に乗る。
だから、車両の窓からその女性が見える。
膝の上にバッグを乗せ、そのバッグから物を取り出し、使用して戻すのだが、片腕を不自由されていて、指がそっている。
チャックを閉める作業も、なかなか時間がかかる。
健常者なら数秒もかからない行為を、時間をかけて行っている。
私は、「辛抱強いなあ‥」と感心しながら見ていた。
満員電車。その戦場のような空間に、ハンディを持ちながら活動する女性‥
私は心の中で声をかけた。

「あなたは重い障がいをお持ちなのに、毎日、電車で出かけている。
今日もお仕事なんですね。尊いことです。
あなたにとっては、この通勤時間も戦いですね。
私も戦っています。ですから、あなたも戦いきってください。
ベストを尽くすという点で、私たちは同志です。
いつまでもお元気でいてくださいね。
お仕事、頑張ってくださいね!」と。(^^)

障がいをお持ちの女性を電車でもう1人見かけます。
その人の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-30 06:39 | 妙音・自由の人 | Comments(19)

阿仏房御書(2015年2月度座談会御書)


☆阿仏房御書(宝塔御書).

阿仏房御書。(あぶつぼうごしょ:1304ページ)
以下に、2月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている阿仏房御書、別名・宝塔御書(ほうとうごしょ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.


まっぽうに はいって ほけきょうを たもつ なんにょの すがたより ほかには ほうとう なきなり  
もし しかれば きせん じょうげを えらばず なんみょうほうれんげきょうと となうるものは 
わがみ ほうとうにして わがみ また たほうにょらい なり  
みょうほうれんげきょうより ほかに ほうとう なきなり  
ほけきょうの だいもく ほうとうなり  
ほうとう また なんみょうほうれんげきょうなり.

○漢字文.


末法に 入つて 法華経を持つ 男女の すがたより 外には 宝塔なきなり 
若し 然れば 貴賤上下をえらばず 南無妙法蓮華経と となうるものは 
我が 身宝塔にして 我が身 又 多宝如来なり 
妙法蓮華経より 外に 宝塔なきなり 
法華経の題目 宝塔なり 
宝塔 又 南無妙法蓮華経なり.

○背景と大意.

文永9年(1272年)3月13日、日蓮大聖人が51歳の御時、佐渡の阿仏房に与えられた御書です。阿仏房は、塚原三昧堂で大聖人と出会い、念仏を捨てて、妻の千日尼とともに大聖人に帰依しました。
本抄では、阿仏房がご供養をしたとき、宝塔涌現の意義をご指南されたもので、宝塔とは御本尊のことであり、南無妙法蓮華経と唱える者は、その自身が宝塔であり、多宝如来(法華経が真実であることを証明した仏)であると述べられています。
引用箇所は、法華経見宝塔品(けんほうとうほん)第11に記される「七宝(しっぽう・金、銀、瑠璃などの7つの宝)」で飾られる巨大な宝の塔が、法華経をたもつ男女(なんにょ)、すなわち私たち学会員であると述べられているところです。
「皆が仰ぎ見る宝塔」とは、自分自身が偉大な光り輝く尊極の命であるとの意義です。
大白蓮華2月号60~62ページに次の記述があります。



自分が嫌い、私は生きる価値がない‥
現代は、自己肯定感を持ちにくい時代と言われています。
自分を大切に思えない無力感や絶望感は、人生に悪影響を及ぼすだけでなく、他人も尊重せず、踏みにじってしまう傾向にもつながります。
そんな時代だからこそ、自分の可能性を心から信じ、自分をかけがえのない尊い人間だと誇れる哲学が求められています。
七宝とは、聞法(もんぽう)、信受、持戒、禅定、精進、喜捨(きしゃ)、慙愧(ざんき)の意味で、よく正法を聞く、正法を信じ受ける、戒律を守る、心を安定させる、仏道修行に励む、執着を捨て他人に施す、反省し恥じる心を持ち、常に向上を目指すという、仏道修行の譬えでもあります。
妙法を聞く求道心、日々のたゆみない前進‥
これらの実践が、わが生命を飾る宝となるのです。


.
苦難の中で、惨めな自分に耐えがたい苦痛を感じている人もいることでしょう。
私がそうでした。離婚、仕事での孤立、惨めなる人生に意気消沈し、宿業に泣いた日々‥
祈りに祈り、貪るように御書を読みました。
そして、幸せとは「仏に成る」ことだと知りました。
当時の記事は、→ここをクリック!
私は、発心して15年間、信心根本に歩みました。弱虫で、愚鈍な一人の男が、宿命転換し、今では元気に笑顔で生きられるようになりました。私は確かに、「自分をかけがえのない尊い人間」と思えるようになりました。
これは功徳(くどく)なんです。自分が自分に誇りを持てること。
「自分は確かにこの世に役に立っている」‥
この心がなければ、この世は闇ですから。(^^)

阿仏房御書の先生のご指導、→ここをクリック!
ひらがな御書の交互文は、→ここをクリック!
ひらがな文は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-29 06:57 | 座談会御書 | Comments(6)

劇団四季のライオンキング


☆1万回公演、1000万人動員へ.

昨年、ライオンキングの物語の内容を読者の方がメールで教えてくださいました。
ストーリーを聞いて、とても興味が湧き、チケットをとりました。

劇団四季のコマーシャルYou Tube(2011年版)を添付します。


年明けの本年、浜松町にある四季劇場に出向きました。
ライオンキングは、16年ものロングラン公演であり、近く1万回の公演を数えます。
1998年12月20日以来、観客動員数は900万人を超えました。
「無期限ロングラン」という前代未聞の作品です。
この日本記録を持つ、ライオンキングとは何でしょう‥
以下に、所感を述べたいと思います。

○圧巻のドラマ.

冒頭から、見る者を圧倒する劇団四季の舞台でした。
幕が開き、スモークが焚かれた舞台に太陽が昇ります。
鳥が、キリンが、チータが、シマウマが、あるいはサイ、あるいはゾウ、そのような様々な動物たちが大地に姿を現し、歓喜の歌声を奏でます。
その中で、ライオンキングが生まれた子を高く掲げます。
アフリカの大地は、この動物たちと共に、後継者たる子を称えるのでした。
この希望溢れる舞台に、恐ろしい心を持った悪者が登場します。
その姿に、観客は不安を覚えるのです。
ライオンキングは、この邪悪な者の手で殺害されます。後継者である主人公のシンバは、父殺しの罪をきせられて失意のうちに王国を去ります。
シンバは惨めなる世界に流浪し、やはり惨めなる仲間と巡り合うのでした。
全てを失ったシンバでしたが、同じ境遇の者に励まされるのです。
やがてシンバは、自らの中の使命を自覚し、敢然と邪悪の王スカーと戦うのです。
すてきな劇場と白熱した演技のコンビネーションが、見るものを圧倒します。

○所感.

この公演が、なぜ、16年も愛され続け、900万人もの観客を動員したのか‥
その理由は、誰もが開幕から瞬時に理解することでしょう。
完成度が極めて高いのです。ストーリーも演技も歌も‥
この公演はこれからも終わることなく続くでしょう。私はまた見たいと思っています。
勇気と希望を得ることのできる、本当に素晴らしい舞台ですから。
さて、この物語の素晴らしさは、魂の抜け殻になった子供のライオンが、自らのチカラと使命に目覚め、一人立ち、困難に立ち向かって勝利するというプロセスを演じることです。
加えて、邪悪な者は、どんなに栄華を極めても、心は満たされないということを鮮烈に表現していることも見逃せないところです。
他を殺して王位を得たスカーは、その邪悪ゆえに幸福になれませんでした。
彼は実力があって王位を得たのではなく、他の不幸の上に自らの幸福を築くことのみに奔走しました。結果、誰からも愛されない空虚な権力者に成り果てたのです。
一方、友情に育まれたシンバは、健全な心を持ち、王国に平和と安定をもたらすのです。
私は、この物語に創価学会員の人生を見ました。
獅子王の心を取り出した善良なる若者の生き方が、広宣流布の闘争に見えました。
自信を失い、悔恨の情に悩む青年の彼は、過去から逃げていました。
けれど、過去を見つめ、過去に学び、自らの命が獅子であることを悟ります。
結果、弱虫が獅子王になりました。まさに人間革命のドラマです。
「今度は、あなたが獅子の心を取り出すことです!」
「さあ、獅子よ、立ち上がりましょう!」
そんなメッセージを与えてくれる物語です。(^^)
皆さま、ライオンキングはお勧めですよ。期待を裏切らない。
絶対に感動できる!鼓判を押したいと思います。



以下に、ライオンキングのあらすじと劇場施設を示します。
ライオンキングのあらすじは→ここをクリック!
東京・四季劇場は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-26 21:21 | 雑記帳 | Comments(6)

ライオンキング ストーリー


b0312424_16321278.jpg☆ライオンキングのあらすじ.

アフリカの広大な大地に王国があった。尊敬を集めるライオンキングのムファサに息子が生まれた。その名をシンバという。

国中の動物たちがシンバの誕生を祝う。この出来事を快く思わないライオンがいた。ライオンキングのムファサの弟で、名をスカーという。
このスカーは兄のムハサの栄光を嫉妬し、自らが王位に付きたいと願っていた。
息子のシンバに対し、ライオンキングのムファサは様々な教育を施す。シンバは将来に大いなる希望を抱きながら成長する。

○スカーの陰謀.

ある日、邪悪の弟のスカーは、好奇心旺盛なシンバをハイエナが待ち受けるゾウの墓場に誘う。そこで殺害を試みるが失敗する。
次にスカーはさらなる陰謀を企て、ヌーの大暴走に巻き込み殺害を図る。
シンバはヌー大群の中で絶体絶命に陥るが、この情報を得たムファサが救済する。しかし、ライオンキングのムハサは弟のスカーから崖から落とされて死んでしまう。
父の死を目の当たりにして呆然とするシンバに、スカーは「殺したのはお前だ」と言い放ち、父殺しの意識を埋め込んで国を去るように仕向ける。
ショックを受けたシンバの心は深く傷つき旅に出る。
しかし、まだ子供のシンバは食事もとれず倒れてしまう。
その危機をイボイノシシとミーアキャットに助けられ、やがて辛い過去を忘れて大人のライオンになる。やがてシンバは、王国から逃げてきた雌ライオンのナラと再会する。

○使命を自覚する.

シンバはナラから、父ムファサ亡き後、王になった邪悪スカーによって、故郷の王国が荒れ果たことを聞くが、父を殺した原因が自分にあると思い込んでいるシンバは「帰れない」と逃げてしまう。
そのシンバの前に、マントヒヒが現れ、「あなたはライオンキングだ」と告げる。
しかし、シンバは父親のようにはなれないと逃げるばかり。
マントヒヒは、水鏡の中に父ムファサがいると言う。
水鏡を凝視するシンバ‥ 「これはムファサではない。これは僕だ」と言う。
マントヒヒは、いや、これはムファサだと言う。
シンバはこのとき、自らの中に、ライオンキングとしての自分を見出す。
そして、祖国に平和を取り戻すことを決意する。

○悪との闘争.

一方、荒廃した王国のスカーは、王になりながらも苦しんでいた。
王国の動物たちはスカーを怖れて近寄らない。
憔悴した心の中で葛藤するスカーの悩みは深かった。
死してなお、ムファサの人気が劣えないことにも怒りがくすぼり続けていた。
ハイエナやハゲタカなどが手下として君臨する荒廃した国‥そこにシンバとナラ、イボイノシシ、ミーアキャットたちが帰国する。
やがて邪悪の王スカーの軍勢とシンバを中心とする勢力が壮絶な戦争を繰り広げる。
闘争の中で、スカーが父を殺したことをシンバは知る‥



最後、邪悪の王スカーは敗北し、シンバが王位につきます。
ライオンキングの子は、幾多の苦難を乗り越えてライオンキングになりました。
以上が、この物語のあらすじです。
公演の感想は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-25 16:34 | 雑記帳 | Comments(2)

劇団四季の写真資料


☆ライオンキングを取り巻く風景.

以下に、劇団四季のライオンキングを見学した時の写真を5枚添付します。
b0312424_1555545.jpg
b0312424_1556129.jpg
b0312424_15562747.jpg
b0312424_1556556.jpg
b0312424_15571347.jpg

上から順番に5枚の写真について解説をいたします。
1.
東京浜松町駅の北口に向かう通路にある劇団四季「ライオンキング」の看板です。ライオンのイラストと、「壮大な生命の輝きが観る人すべてを圧倒する」と記されています。
この北口から徒歩5分程度で劇団四季の公演会場に到着します。
2.
劇団四季の「四季劇場」の向かって右の建物です。東京の四季劇場は、中央が茶色の建物で、その左右に白い箱型の建屋が連結された左右対称形の建物です。
写真は、春という大きな文字看板とライオンの大きなイラストの映像です。
3.
浜松町駅からライオンキングの看板を見て、さらに四季劇場を見て、盛り上がりながら会場に入ります。この写真は劇場の入り口上部から来場してくる人たちを撮影したものです。
ワイワイガヤガヤと来場者の歓喜の声が響いていました。
4.
この写真は、劇場の2階席の写真です。私は、2階席の最前列の右席のチケットでした。
赤い座席がぎっしり並び、天井からはオレンジ色の照明が輝いています。
5.
最後は、2階席から1階席と舞台を見下ろしている写真です。
赤いジュータン、赤い客席、そして舞台の前方を覆う赤い巨大なカーテンがあります。
カーテンには、印象派の絵のような模様が描かれています。



以上、浜松町駅から四季会場までのご案内でした。私は宝塚など舞台はいくつか見てきましたが、劇団四季はこれが最初でした。
独特の雰囲気の会場に、公演前からワクワクしていました。

尚、当日の詳しい感想は、別記事にてお話しいたします。
その公演の感想は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-25 15:59 | 雑記帳 | Comments(0)

地球人の目


☆ブラジルからのメッセージ.

今、イスラム国(いすらむこく)で日本人2人が人質になっています。
230億円もの身代金を要求と殺害予告は衝撃的でした。
ナイフで首を切断するという残酷な集団‥異常な人々‥
平和な国に生活してる私には、到底、理解できない行為です。
これを別館に記事にしたところ、ブラジル在住の遠藤さんがコメントをくださいました。
その別館記事は、→ここをクリック!
以下に、遠藤さんのコメントを抜粋し、所感を述べます。



<遠藤為盛さんのコメント>

危険地帯の例としてブラジルの貧民屈があります。
警察力が及ばない大麻とコカインとピストルが支配する地域です。
不用意に入ると生きては出られません。
でもそこにしか住めない学会員もいます。我が支部の地域内にも複数の貧民屈があります。家庭訪問がヤバイ場合があります。
学会員の中にも警察官がいて、危ない目にあわないよういろいろと注意してくれました。
私が地区部長の時、前支部長は貧民屈の入り口の飲み屋で必ずビールを飲み、見知らぬ人(酔っ払い)にあれこれ話をしました。
「自分は仏教徒だ」など。
犯罪組織は警察よりも競合する他の犯罪組織の動きにピリピリしています。
貧民屈の入り口の飲み屋には犯罪組織の見張りがいるので(もちろん誰かはわからない)、見張りに自分の顔と名前と訪問目的を覚えさせるのです。
貧民屈の地獄で戦っているメンバーもいるのです。
御本尊の力で地獄を極楽に変えてゆく。先の見えない長くてつらい戦いですが、苦しいところほど御本尊の力が現れます。
「極楽百年の修行は穢土一日の功徳(くどく)に及ばず」です。



<所感>

遠藤さんは、残酷な殺戮が日本でも発生したことも述べらていました。
織田信長が長島一揆で投降してきた百姓を皆殺しにしたこと。
幕府軍が天草一揆で、同じく百姓を皆殺しにしたこと。
しかし、それは過去のこと。今は良識ある世界になったのだ‥そう思っていた私の視点が、国際的にみるなら極めて特殊なものの見方ではないかと思い知らされたのです。
警察力が及ばない麻薬とピストルが支配する地域に、命をかけて広宣流布(こうせんるふ)を果たそうとする同志の話は衝撃的でした。
ブラジルといえば、リオのカーニバル、サッカー、神秘的なアマゾンなど、華やかで壮大なイメージです。良いことだけを見せるTV映像は、ブラジルが日本と変わらぬ平和を保っていると印象付けるのです。しかし、見る位置によって、まったく違うものになる。
日本から見た地球、ブラジルの貧民屈から見た地球、イスラム国から見た地球、アメリカから見た地球‥全部、違っている。遠藤さんの声を聞き、ハッとさせられました。
「イスラム国のことは、イスラム国から見なければ解決できないよ」
そんな風に教えていただいたと感じております。
遠藤さん、貴重なご意見ありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-24 09:27 | 別館のご案内 | Comments(22)

旧創価の森ブログ風ラッキー


☆癒される飼い猫ラッキー.

以下に、わが家の飼い猫ラッキーの写真を3枚添付します。
b0312424_6514959.jpg
b0312424_6524720.jpg
b0312424_653870.jpg

写真解説.「猫じゃらしのオモチャを使って、猫と戯れている連続写真です。棒の先にボール状の白い毛玉が付いていて、これを猫に近づけると、猫が右手で捕まえ最後にはかじりつくという連続写真です」

窓際の毛布の上にくつろいでいたラッキーに猫じゃらしを「ほれ、ほれ」と近づけると、サッと片腕で捕まえます。(熟練した技ですよね)
近頃、大人になり過ぎて、さして興奮もしないラッキーですが、最後はガブリ!
毛玉ほどの小動物だったら怖いでしょうね。(^^)
犬猫たちには癒し力がありますね。ラッキーは良き友人です。
一昨日、かわいいラブラドール・レトリバーを記事にし、ラッキーとしては面白くないかもと思い、予定外ですが記事にいたしました。(^^)
ラブラドール・レトリバー記事は、→ここをクリック!
さらに刺激的なラッキーは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-23 07:00 | 創価の森の小さな家 | Comments(28)

近況報告

☆寒くなりましたね。
特に昨日は寒く、東京ではアラレが降りました。
寒いですけれど、体はいたって健康で、五十肩も治り、休日にはジョギングをたっぷりしているので元気なのです。仕事も順調。ありがたい。^^
五十肩完治の記事は、→ここをクリック!
WHOでは、健康の定義を「心・体・社会(環境)」が健全であることと定めています。
この3つが、平穏で健全であることが健康だというのです。
社会とは経済の意味も含まれます。
仕事があり収入があることは大事中の大事で、社会人となってすでに30年になりますけれど、仕事が途切れず、大病もせず、こうして歩めることは幸せなこと。
27歳の時の100万遍の功徳で仕事のチカラを得て以来、経済苦はありません。
心と体の健康は、40歳の時の300万遍から得たものです。
全部、功徳です。本当にありがたい信心と思っております。
さて、先日、劇団四季のライオンキングを見ました。
16年も続くロングラン公演で、ある人から勧められて見たのですが、良かったです。その感想文を書こうとおもいつつ、どのように表現するかを思案中です。
尚、パソコンは治りません。これには困っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-22 06:40 | つぶやき

憧れの犬


☆ラブラドール・レトリバー.

以下に、ラブラドール・レトリバーの子犬の写真を3枚添付します。
b0312424_631135.jpg
b0312424_6311937.jpg
b0312424_6313533.jpg
写真解説.「1枚目はレトリバーの子犬が柵の中で眠っている写真です。この写真を撮影しているとき、子犬が目を覚ましました。2枚目は子犬が柵の上部に足前足をかけて私の手を舐めようとしている写真。3枚目はアクリルでできた柵越しに正面から撮影した子犬の顔の写真です」

先日、金魚水槽の用具を買いにペットショップに行きました。
そこに憧れの犬がいました。
ラブラドール・レトリバーの子犬でした。
柵の上から手をかざすと、背伸びをして私の掌を舐めるのです。
私は子犬の頭や首を撫でてあげました。軟らかい毛並みが気持ち良い!です。
やさしい瞳。落ち着きのある、でも素晴らしい反応‥
超MAX無限大にカワイイのです!(^^)
すぐにでも家に持ち帰りたい気持ちなのですが、叶わぬ夢‥
今のところ犬は飼えません。家には飼猫ラッキーがいますしね。
私、定年退職したら犬を飼うと決めています。
まだ、10年も未来の話で、夢でしかありませんけれど。
千早さんの盲導犬の記事は、→ここをクリック!
盲導犬の本の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-21 06:56 | 盲導犬 | Comments(15)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:48
メール返信いたしました。..
by sokanomori3 at 22:41
oh・・・無料配布・・超..
by とろサーモン at 21:32
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:14
大変、神経使う作業ですね..
by うるとらまん at 17:12
とろサーモンさん、ぶつい..
by sokanomori3 at 06:36
 今年は11.18に信濃..
by ぶつい at 06:02
こんばんわ。菊川さん、千..
by とろサーモン at 23:25
ぶついさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 18:39
 もう12年目になります..
by ぶつい at 11:49
とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45
> その後、嫉妬に狂った..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 11:41
菊川さん、記事紹介どうも..
by 千早 at 08:16
やっぱり、池田先生の小説..
by とろサーモン at 01:49

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア