<   2015年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

前略 千早さま(26)


☆梅の花が咲き始めました。

以下に、咲はじめの梅の花の写真を2枚添付します。
b0312424_22123255.jpg

b0312424_2213135.jpg千早さん、私の近所の梅が少し花をつけました。
乳白色の花弁の中に黄色の雄蕊と雌蕊をつけています。
まだ春の初め、肌寒い風が吹いています。
梅の木は枝を小さく揺らしました。
青空に真っ白な可愛らしい花が揺れるのです。
美しきかな純白の花。(^^)
素晴らしいですね、春‥
梅が咲き誇る3月16日にひらがな御書ホームページはスタートしましたね。
仲間も増えて、ホームページも1周年‥それまでにカタチにしたい。
撰時抄(せんじしょう)と兄弟抄を組みたい。
本当は開目抄を組もうと思っていたのですが、撰時抄のボリュームの凄さに、間に合わないことを悟ったのです。(^^:
今日は、ゆりこさんに頂いた撰時抄の原稿でひらがな文をやっていたのですが、全然、終わりません。さすがに37ページは半端ないボリュームです。
忍耐ですね。「絶対に、何としてもやるんだ!」という忍耐‥
マラソンのレースみたいなもの。機織りで布を織っている感じ。
とにかく一歩一歩前進するのみ。
「3.16までに」の記事は、→ここをクリック!
ひらがな御書は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-28 22:23 | 前略 千早さま | Comments(12)

樹木希林さんの人生


☆俳優は人生を映し出す鏡.

以下に、日本経済新聞夕刊(2月25日)の記事写真を添付します。
b0312424_6364585.jpg

女優・樹木希林(きききりん)さんの写真が目に止まった。
有名な人だし、「きききりん」という名前は知っていたが、漢字で樹木希林と書くとは認識していなかった。妙な名前だな、と思った。
希林さんは1943年生まれと書かれていたので、71歳であろうか。
まろやかな人柄が顔に表れている。
記事の表題は「磨きすぎない鏡でいる」であった。
サブタイトルでは、「俳優は、この身で人生を映し出す」とも‥
以下に、記事の一部を抜粋します。



私は、劇団「文学座」研究生の第一期生です。
当時、ものすごい数の応募者があって、いい女にいい男ばかり。
私などとても無理と思った。
そのときの千人が40人になり、最後は10人。
美人にはすぐ役が付いたけど、私は通行人とか、声だけとか。
あれから50年以上たつ。
俳優は自分の身で人生を映し出す面白い仕事だと思う。
鏡に例えると、自分がゆがんでいると演じる役もゆがんでみえるから、できれば平らな鏡でいたい。ただ、磨きすぎると映さなくていいものまで映してしまう。
映しすぎない鏡でいることは、私の俳優人生の価値基準になっています。



女優として、70歳を超えてもなお、活躍を続ける希林さん。
希林さんはハンセン病患者の女性を演じられたが、そのときハンセン病施設を訪ねている。彼女は語る。
「施設を訪ね、80歳過ぎの女性から話を聞き、事実の重みが胸に迫った。でも、彼女はとても明るい。予期せぬ出来事に巻き込まれたり、他から「大変ね」と思われる人生でも、当事者はなにげにたくましく生きている。“それでも生きなきゃいけない人生”というものを考え演じた」
私は、希林さんの「それでも生きなきゃいけない人生」の言葉に考えさせられた。
これは確かにある。生き恥をさらしても人は生きねばならない。
人生はTVゲームのように、ボタン1つで最初からやり直せるというものではない。
生きることに意味が見出せないほどの不幸の中でも人は生きるし、生きていい。
マイナス部分を捨てることができない人生も沢山ある。しかし、それでも生きているうちに、「やっぱり生きることは素晴らしい」と見えてくる、感じてくる‥
その幸せを、私たちは信仰を基(もとい)として掴むことができる。
信仰のない人ですら人間革命をする。
私たちが人間革命できないはずはない。



追伸:希林さんが主演する「あん」という映画は6月に公開されます。
ハンセン病を克服した女性が、おいしい粒あんを作り、どら焼き店で働く物語だとのこと。
映画は「生きること」を問う内容になっているそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-27 06:46 | 雑記帳 | Comments(4)

上野殿後家尼御返事(2015年3月度座談会御書)


☆地獄即寂光御書.

上野殿後家尼御返事(1505ページ)
以下に、3月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている上野殿後家尼御返事(うえのどのごけあまごへんじ)、別名・地獄即寂光御書(じごくそくじゃっこうごしょ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

ほけきょうの ほうもんを きくに つけて なおなお しんじんを はげむを 
まことの どうしんしゃとは もうす なり  
てんだい いわく「じゅうらんにしょう」うんぬん  
この しゃくの こころは あいは はの とき よりも 
なを そむれば いよいよ あおし  
ほけきょうは あいの ごとし  
しゅぎょうの ふかきは いよいよ あおきが ごとし.

○漢字文.

法華経の法門を きくにつけて なをなを 信心をはげむを 
まことの 道心者とは 申すなり 
天台云く「従藍而青」云云 
此の釈の心は あいは 葉のときよりも 
なをそむれば いよいよ あをし 
法華経は あいのごとし 
修行のふかきは いよいよ あをきがごとし.

○背景と大意.

南条時光の母・上野尼御前の夫の死に際し与えられた御書です。
本抄の冒頭、大聖人は、
いきて おわしき ときは せいの ほとけ いまわ しの ほとけ しょうじ ともに ほとけ なり(いきてをはしき時は 生の仏 今は死の仏 生死ともに仏なり)と、
亡き夫が死しても仏であることを述べられています。
さらに法華経第四にある、
「もし よく たもつ こと あれば すなわち ぶっしんを たもつ なり」
(若し能く持つこと有れば即ち仏身を持つなり)を引用され、
不退転で信仰をたもつことの重要性を述べられています。

今回の御文は、天台大師の摩訶止観の「従藍而青(じゅうらんにしょう)」にある「青は藍より取て、しかも藍より青し」について述べられている箇所で、藍の葉を絞った染料液は鮮明な青色ではありませんが、何度も繰り返し染めることで鮮明な青色に染まる‥
すなわち、修行を重ねることで福徳が積まれることをご指南されています。

上野殿後家尼御返事は、別名を地獄即寂光御書といいます。
その由来は、
「それ じょうどと いうも じごくと いうも そとには そうらわず ただ われらが むねの あいだに あり これを さとるを ほとけ という これを まようを ぼんぷと いう」
(夫れ 浄土と云うも 地獄と云うも 外には候はず ただ我等がむねの間にあり これをさとるを仏といふ これにまよふを凡夫と云う)に続く、
「ほけきょうを たもち たてまつる ものは じごく そくじゃっこうと さとり そうろうぞ」
(法華経を たもち たてまつるものは 地獄即寂光と さとり候ぞ)との御文にあります。

大白蓮華同月号59ページには、次のように書かれています。
「妙法を実践することで、胸中から仏界の生命を顕現し、たとえ地獄のような苦悩の環境にあっても、平和と幸福の楽土へ転ずることができるのです」
モノのない時代に幸福があり、モノが余っている時代に不幸があるように、幸福とは環境によって決定付けられるものではありません。
仏とは、地獄に赴き、苦悩の人々を救済することで幸せを築きます。
「月月 日々につより給え」(1190)の信心でありたいものです。
上野殿後家尼御返事の別記事は、→ここをクリック!

○所感.

私自身、40歳に発心し、今日まで15年の信心を重ねてまいりました。
お題目は1000万遍を超え、想像を絶する幸せを頂きました。
1000万遍唱題は、→ここをクリック!
離婚、職場でのいじめ、大震災での会社危機の全てを乗り越えました。
大聖人の仏法は、創価学会の中に厳然と存在します。
そのことは、絶対に間違いありません。
100万遍の功徳の体験は、→ここをクリック!
300万遍の功徳の体験は、→ここをクリック!
震災の時の功徳は、→ここをクリック!



追伸:御書全集では、文永11年(1274年)7月、日蓮大聖人が53歳の御時、南条時光の母の上野尼御前に与えられた内容となっていますが、最近の研究では、夫の兵衛七郎が亡くなった直後の文永2年の御述作とされています。
文永2年は、日蓮大聖人が44歳の御時ということになります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-26 06:49 | 座談会御書 | Comments(12)

3・16までに


☆ピラミッドが最初にできたのはどこ?

古い聖教新聞の切り抜きを整理していた。
名字の言に次のように書かれていた。
「面白い なぞなぞを聞いた。
ピラミッドが最初にできたのはどこ?
正解は、作ろうと思った人の心の中。
同じように、先などとてもみえないような苦境も、“必ず突破する”と誓うことから 転換のドラマが動き出す‥
どんな大事業も“やってみよう”と思うことから爛漫の時を迎える‥」
その通りだと思った。人生も仕事も、何もかもが 最初に心の中に生れ、それが行動となって作られていくのだから。
ひらがな御書もそうだった。最初に千早さんがひらがな訳をやった。
「ないよりはあった方がいいかも」と始めたのだ。
それを見て、私の心の中に ひらがな御書が一瞬にして生れた。
千早さんに問いかけた。
「どうでしょう、ひらがな御書を僕が作るというのは‥」
話し合い、ひらがな御書ブログをスタートした。
そのひらがな御書というピラミッドは、今、少しづつではあるが基盤が整いつつある。
3.16のホームページ1周年までに、どこまで組めるだろう。
さあ、今日も 小さな一歩で前進だ。(^^)
ひらがな御書のご案内は、→ここをクリック!
HP作成の経緯は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-25 06:43 | ひらがな御書 | Comments(6)

猫の日


☆1日遅れの猫の日ラッキー.

以下に、2月22日にゃんにゃんにゃんの猫の日写真を3枚添付します。
b0312424_22312778.jpg
b0312424_558768.jpg
b0312424_623911.jpg

写真解説.「ぐだぐだ昼寝をしているラッキーの連続写真です。1枚目は、右腕を腕枕にしてぐっすり眠っているラッキーです。2枚目は、写真撮影に気付き、目を覚ましたラッキー。3枚目は、再び眠りにつくラッキーです」

ブラジル在住の遠藤さんが、猫の日について教えて下さいました。
「猫の日って、何だろう?」と思いつつ調べると‥2月22日が、「にゃんにゃんにゃん」ということで猫の日とのこと。「へー、そうなんだー」と感心しました。でも、これは日本での話。外国は、2月22日ではないようだ。
ロシアは3月1日、アメリカは10月29日とのこと。(理由は知らない)
日本はすでに23日ですが、ブラジルは22日。
と、いうことで猫の日ですからラッキーの登場です!
ラッキーは少々、おっさんになっていますが元気ですよ。(^^)
前回のラッキー記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-23 22:46 | 創価の森の小さな家 | Comments(35)

不幸の原因


跳べないノミの時代のお話です。

以下に、ノミのサーカスの外国のYou Tubeを添付します。


You tube解説.「猫などにつくノミを使ったサーカスの映像です。かなり古いもので、白黒映像です。沢山のノミが、小さなオモチャを動かしています。馬車のような形をしたオモチャに繋がれたノミがオモチャを動かします。観客は虫眼鏡で見ています。その観客が首や足をかいているユーモラスな映像もあります」



○不幸の原因.

別館で、「コンプレックス」という記事を書きました。
私の不幸の最大の理由だったコンプレックス。その原因の「格差の認識」‥
当事の私は、平均点以上を幸福、平均点以下を不幸と考えていました。
そもそも、幸福とはそういうものではありません。
そのような人生観は、人を不幸にしてしまいます。
けれど、そういうモノの見方をする人は少なくないでしょう。
そんな人たちのために、今、別館で長編のシリーズを書いているのです。

○跳べないノミ.

跳べないノミという話は皆さんもご存じでしょう。
透明の容器に入れられたノミは、ジャンプするたびに容器に頭をぶつけてしまいます。
なんども頭をぶつけることで、「自分は跳べない」と思い込むというのです。
私は長く「跳べないノミ」でした。
幼少期から自信がなく、落ちこぼれの自分を卑下し続けたのです。
私の青春とは、悶絶しながら生きた青春でした。
コンプレックスの記事は、→ここをクリック!
まだまだ<別館>で、この話は続きます。
同様の悩みのある方は、ときどき覗いてみてください。

追伸:この記事は「境涯革命シリーズ」ということで制作しているものです。
シリーズは、過去の記事から順番に見ていただけると全体が明らかになります。
そのカテゴリは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-22 06:56 | 別館のご案内 | Comments(6)

素晴らしき人生


☆10年間の努力と辛抱のチカラ.

会社の掲示板に昇格人事の貼り紙が出た。
係長から課長へ、課長から次長へ、また、次長から部長へ、十数名の昇格人事の内容が書かれた用紙の中に、苦楽を共にした1人の昇格者がいた。
戦友とも言える彼が、10年以上かけて課長から次長へ昇格を果たした。
粘り強い彼の努力が、ついに報われたのだ。
私は祝福したいと考え、行きつけの花屋に出向いた。
以下は、店員と私の対話である。
「女性ですか?」→「いいえ、男性です。昇進のお祝いです」→「どのようにしますか?」→「はなやかにしてください。奥さんから笑顔がこぼれるような花束にしてください」
代金を先払いし、喫茶店に入った。
コーヒーを飲みながら、ぼんやりと花束ができるのを待った。
「10年ぶりだもんな、どんな気持ちだろう‥」
粘り強く、こつこつと仕事をするタイプの彼は、課長から昇格しない日々が続いた。
目立たない地味な仕事も生真面目にこなした。
私など気分屋だし、頑張ったり、頑張らなかったり、むらがあるタイプである。
その点、彼は違う。終始一貫、努力の人である。
彼には、奥さんと素晴らしい子供が3人いる。
「きっと、家族全員、大喜びだろうな‥」
家族が喜んでいる姿が浮かんで、私自身、嬉しくてしかたない。
出来上がった花束を受け取り、会社に戻った。そして花束を渡し、「おめでとう」と言って固い握手をした。すると彼は、深々と頭を下げたのである。
こんなに丁寧な深いお辞儀を私は見たことがない。
人生はまさにドラマだと思った。シナリオのない現実のドラマ‥
勝利の瞬間って、いいものですよね。最高です。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-20 23:18 | 雑記帳 | Comments(7)

ひとたびはポプラに臥す 3


☆途方もなく大きな山脈と広大な砂漠.

b0312424_19453677.jpg写真は、ポプラに臥す3巻の表紙写真です。ウイグル族の少女が表紙を飾っています。



前回のポプラに臥す2の感想文は、→ここをクリック!
3巻の冒頭、宮本輝(みやもとてる)は記している。
「私は道に落ちている1本の藁のようです。暑いのです。乾いているのです。風土だけではなく、私の体までが」
「どうしてここが中国なのかと考え込んでしまうほどに風貌の異なる人々とアラビア文字が街にひしめいていて、アラブ世界と差異がありません」
1巻から続く砂漠の旅は、3巻も続きます。シルクロードとは過酷で困難な道です。
ただ、2巻までと違うことは中国人の土地ではなく、新疆ウイグル自治区であるということ。ウイグル族の国の旅の話です。
著者は広大な大地の中、1本の藁のように無力で小さな存在になってしまいます。
途方もなく広い砂漠と、巨大な天山山脈とに圧倒されながら。

○3巻のあらすじ.

猛暑と難路に苦しみながら、一行(いっこう)は不毛のゴビ砂漠を抜け、敦煌を過ぎて、やがて異国のウイグル族の自治区に到達する。
熱砂の砂漠に、雪山の巨大な天山山脈(てんざんさんみゃく)が聳えている。
次なる世界は、タクラマカン砂漠であった。
ウイグル人は漢民族の圧政の中に生きている。
その旅の途中で、事故で死亡した婦人の死体に遭遇する。
著者は言う。「人は車をよけないし、車は人を豚か羊みたいに思っている」
事故が起きない方が不思議なほどに乱暴であると著者は述べる。
ありとあらゆる生活のカタチが違っている異国‥
わずか1分の誤差もなく電車や地下鉄が動く日本とは全く異なる。
その現実を、宮本輝は次のように語る。
「百人生まれても、成人するのは1割にも満たなかった天山の麓(ふもと)では、生死の思考は、現代の人間をはるかに凌駕していたに違いない。
生きることが極めて難しい環境と時代に生まれた人々は、二種類の生き方しかなかったように思われる。すべてを刹那的に割り切って、本能のままに、あるいは徹底して受動的に生きるか、それとも幸福とは何かを考え続けて思索し、絶えず能動的に生きるかの二種類である」
シルクロードの横に、廃墟と化した建物の残骸が見える。
千数百年前の人間の営みは、城跡だけを残し消滅していた。
やがて、一行は鳩摩羅什(くまらじゅう)の像のあるクチャに到着する。
クチャは、鳩摩羅什の母の国である。(父はインド人)
宮本輝はクチャにあるキジル千仏洞を見学した。

○所感.

3巻を読み終えるころには、すっかり私の心も干乾びてしまいました。
大型の旅客機で移動するなら、このリアリティはなでしょう。
自動車の旅で、ここまで過酷であるということは‥
仏典を中国に伝えた人たちは、馬やラクダで移動しました。
運んだだけではありません。学び、また多国語に翻訳しました。
死身弘法(ししんぐほう)の人生でなければ、仏典を中国まで伝えることはできないでしょう。ましてや、海を渡り東土の日本まで渡すなんて‥
そのことを伝える伏線になっているのだと思いつつ第3巻を閉じました。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-19 06:07 | 一般書籍のご案内 | Comments(0)

小説・人間革命 連載7000回


☆小説・人間革命が国内5000万部超.

以下に、聖教新聞(2月10日)の記事写真2枚を添付いたします。
b0312424_16193645.jpg

b0312424_1619555.jpgこのたび、聖教新聞に小説・人間革命が、連載7000回となったことを報じていました。
1枚目の写真は、「説・人間革命、新・人間革命が連載7000回」との表題の下に、池田先生が原稿を執筆されている姿の映像で、2枚目は、新聞二面に掲載されていた小説・人間革命第一巻の戸田先生と牧口先生の挿絵です。


○記事の概要.

以下に、7000回の壮挙を祝す新聞記事の内容を要約して述べます。

「池田名誉会長が、「法悟空」というペンネームで、小説・人間革命の連載を開始したのは50年前の1965年(昭和40年)の新年号であった。
1993年(平成5年)2月、山本伸一が第3代会長に就任する章をもって、全12巻の連載が完結した。しかし、名誉会長は筆を置くことはなかった。
早くも同年の8月6日、続編として「新・人間革命」を寄稿したのである。
池田名誉会長は、その理由を、新・人間革命の「はじめに」に「恩師の精神を未来永遠に伝えゆくには、後継の「弟子の道」を書き残さなければならない」と記されている。
戸田会長亡き後に、不二の弟子・山本伸一は、いかに戦い、いかに勝ったのか。
世界広宣流布(こうせんるふ)はどのように進展していったのか‥」

紙面には、原田会長が解説を加えられていました。
その内容(抜粋)を以下に記します。

○原田会長の言葉.

「私は聖教新聞の記者時代、小説・人間革命1巻から3巻までの編集担当をさせていただきました。激務が続く先生にとって、新聞掲載は、どんなに過酷な作業であったことか。
1日の行事や執務を終え、夜、帰宅されてから筆を執られることも少なくありませんでした。
連載ですので、体調が優れないなかでも書き進めなければなりません。
肺炎を患い、冷却枕を頭に巻いて原稿に向かわれたこともありました。
また、過労のため腕が上がらず、万年筆も重くて持てない日もありました。
鉛筆すら持てないときは、テープに吹き込まれたり、記者に口述されました。
執筆は、単に小説を書くということではなく、一枚一枚が壮絶な闘争でした。
先生は小説・人間革命の中に、学会の正しい歴史、指定不二の生き方を、厳然と書き留めておられます。これは学会員の「信心の教科書」であります。
私たちは、先生の命そのものである一文字一文字を精読し、命に刻みつけていきたい。とともに、一人一人が、その指導を、わが使命の舞台で実践していきたい。
その実践のなかにこそ、創価万代の基盤の確立があるからです。
精読から実践へ! 連載7000回の壮挙を新たな出発点にしようではありませんか」

○所感.


まさに「限りある命の時間との壮絶な闘争」が今も続いています。
池田先生の遺言とも言える、また、牧口会長、戸田会長、池田名誉会長の創価三代の会長と創価学会の魂とも言える小説・人間革命‥
その完成を、祈り、学び、実践しゆく日々にいたします。

原田会長は記者時代、池田先生の原稿を後世に残すため、自主的に全ての原稿を自ら書き直し、池田先生の原稿を完璧に残されました。
原田会長が記者時代は、コピー機のない時代です。原稿をそのまま渡すと、校正され、本来の姿を保管できなかったのです。
この一人の記者の奮闘秘話を学会の先輩からお聞きしたとき、私は「会長になる人の信心は何とは、何と深く大きなものだろう!」と身震いいたしました。
今、師弟が織りなす偉大なる創価学会の歩みに、身を置ける幸せを噛みしめています。
最後まで御無事で完成いたしますよう、心よりご祈念申し上げます。
原田会長、聖教新聞社の皆さま、ありがとうございます。
池田先生、本当に、ありがとうございます!

小説・人間革命の読書感想文は、→ここをクリック!
新・人間革命の読書感想文は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-17 05:53 | 新人間革命読書感想文 | Comments(11)

ブラジル創価学園


☆ブラジル創価学園が2017年完成へ.

b0312424_18124431.jpg聖教新聞(2月11日)にブラジル創価学園の校舎建築の記事が掲載された。
表題は「創価三代の師弟が開いた教育の大道」
添付写真は完成予想図で、正面からのものと、屋上からのものとの二種である。
ブラジル・サンパウロ市の中心地に、箱型の校舎が写真のように精密に描かれている。
正面は、左側と上部とが青色で、その青色の部分に創価学園のマークと「Escola Soka」の文字が見える。
とても近代的造りで、学校というよりオシャレなビルである。屋上階はフットサルの練習場となっている。
すごく近代的な建物だ。
b0312424_18284538.jpgブラジル在住の遠藤為盛さんから、この数ヵ月、さまざまなブラジル情報をいただいていたことから、今回のニュースは、とても身近に感じられました。
ブラジル情報が提供されている記事は、→ここをクリック!
言語、人種、気候、風土のまったく異なるブラジルに、このような創価教育の校舎が生まれる‥
素晴らしいことだと思います。

ブラジル創価学園のロべス学園長(女性)は語る。
「創価三代の会長が開いてくださった教科教育の大道を、わがブラジル社会にも大きく広げ、世界最高峰の教育の場を築いていきます」
ブラジル創価学園は、2001年にブラジル創価幼稚園としてスタートした。
その後、小学校、中学校が併設され発展した。



所感:ブラジルに、創価学園が完成することを心から祝福したいと思います。
ブラジルSGIの皆さま、誠におめでとうございます。
宗門と別れ、創価学会の本当の世界広宣流布(こうせんるふ)が着実に進化、発展していますね。C作戦から今日までの歩みですら、これだけの前進です。
これから50年、100年、200年の未来とはいかばかりのものでしょう。
世界各地に創価学園が生まれるのでしょうね。(^^)
海外の創価幼稚園のご案内、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-02-14 20:33 | 創価ニュース | Comments(8)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:48
メール返信いたしました。..
by sokanomori3 at 22:41
oh・・・無料配布・・超..
by とろサーモン at 21:32
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:14
大変、神経使う作業ですね..
by うるとらまん at 17:12
とろサーモンさん、ぶつい..
by sokanomori3 at 06:36
 今年は11.18に信濃..
by ぶつい at 06:02
こんばんわ。菊川さん、千..
by とろサーモン at 23:25
ぶついさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 18:39
 もう12年目になります..
by ぶつい at 11:49
とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45
> その後、嫉妬に狂った..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 11:41
菊川さん、記事紹介どうも..
by 千早 at 08:16
やっぱり、池田先生の小説..
by とろサーモン at 01:49

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア