<   2015年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

前略 千早さま(31)


☆11.1会合の成功祈っています.^^

千早さんブログの蝶(アサギマダラ)写真を添付します。
b0312424_23144887.jpg

明日ですね、あなたが責任者の自在会の会合。
あなたの使命は輝かしいものになってきている。
心身ともに健康になられ活躍されて嬉しいです。^^
さて、あなたが教えてくれたアサギマダラ、スゴイ蝶ですね。
「海を渡るチョウなんよ」とのこと。私はまったく知らなかったのです。
アサギマダラは、春から夏にかけて本州等の標高1000m以上の涼しい高原地帯を繁殖地とし、秋、気温の低下と共に適温の生活地を求めて南方へ移動する。
遠く九州や沖縄、台湾にまで海を越えて飛んでいくアサギマダラ。
季節によって長距離移動(渡り)をする日本で唯一の蝶だそうですね。
そのアサギマダラのYoutubeを見つけました。
いくつものアサギマダラが華麗に飛翔するyoutubeです。
神々しい姿に心が揺さぶられました。^^

以下に、佐賀関半島アサギマダラ のYoutubeを添付します



さあ、いよいよ明日、あなたのひのき舞台ですね。
どうか、会合、大成功させてくださいね。祈っていますよ。
来月12月1日は「創価の森の小さな家」の生誕7周年です。
その前祝い記事は、→ここをクリック!
その7周年を目前として、千早さんの会合があるなんて‥
何とも不思議なご縁ですよね。^^
千早さんブログは、→ここをクリック!



<お詫び>
本件記事は、当初、「11.1は創価の森ブログ7周年」と記していました。
それは、私のあゝ勘違いで、実際の7周年は1ヵ月後の12月1日でした。
当記事のコメント欄の盛り上がったやりとりは、事実と異なることで盛り上がっている部分がありますことをご了承いただきたくお願い申し上げます。(^^:
そのお詫びを記事にいたしました。ご参考までに以下に示します。
お詫び記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-31 23:50 | 前略 千早さま | Comments(23)

分水嶺(ぶんすいれい)


☆祈って動いて勝ちました.^^

人生は戦いの連続です。
55歳、年齢的に仕事はキツイ。でも、まだ負けられません。
若い者たちに圧倒され、少しづつ身を引く年齢です。負けたら「菊川は老いた」と言われる可能性が高い。いや、間違いなくそうなります。
先日、抜き差しならない厳しい仕事がありました。
その体験を赤裸々にお話しいたします。

4組 のプレゼンが300人の聴衆の中で行われた。
会社オーナーが見守っている会場に、若い社員から年配の役員までいた。
説明者4組の中に私がいた。勝てば官軍、負ければ賊軍の大勝負。
朝、勤行、唱題し、私の出番の時刻を妻に伝えた。
「申し訳ないが、今後の3年の仕事を決める大一番だ。題目送ってくれ」と言って出社した。このような緊迫した仕事は何年ぶりだろうか。
10年ぶりかもしれない。怖い勝負は刻一刻と近づいてきた。
4つの商品の勉強会なのだが、これだけの数の人たちが集まり、その壇上で私が発表するというのは久しぶりだった。
もし、頓珍漢な発表をしようものなら「菊川の時代は終わった」と見捨てられかねない。怖く苦しい、そして辛い仕事だった。
でも、私が作った商品だし、オーナーの指名だから逃げられない。
商品は良いものだから喜ばれることは分かっていた。
普通に発表ができれば大丈夫との思いもあった。
持ち時間は1時間である。50分程度で終えられるスライド数を準備して、導入の話をあれこれ考えて当日に臨んだ。

ライバル は驚くほど一流の人たちでした。
1組目は博士と話がうまい2人組、2番目は年に100回も講演しているプロフェッショナル。この2つがプレゼンを終えて私は真っ青になった。
あまりにレベルが高いのだ。完璧に見劣りしてしまう‥しかも3組目は過去絶賛のチームが控えている。恐怖心が沸いて咳が止まらくなった。
朝、勤行・唱題して声が枯れたし、調子がイマイチだったが、プレッシャーでことさら体調が悪くなり、右の耳がストレスで聞こえずらくなった。
これで3組目がパーフェクトのプレゼンをしたら、ほぼ私は敗北だ。
胃が昼食を消化しない。吐きそうになるほどのプレッシャー‥
ところが3組目は3人のチームで1人がコケてかなりオカシナ発表になった。
これで私は多少浮かばれるかと思ったが、最後の1人が名誉挽回で長々と話をする。すると時間がどんどん経過して、私の持ち時間まで奪ってしまった。
組み上げたスライドストーリーが、このままではだめになる…
焦った私は心の中でお題目を始めた。気がおかしくなりそうだ。
結果、私の予定時刻を40分も奪われてしまった。
「菊川さん、申し訳ないが30分で説明を終えてほしい」と司会に言われた。
私は用意した数多くの話を捨てて、ポイントだけの話をせざるを得なくなった。
あゝ、なんてアンラッキーなんだろう、楽しい話もできない、通り一辺倒の説明しかできない‥でも、「菊川は気の毒だった」と大目に見てもらえるだろうか。
ともかくベストを尽くすしかない。
「僕は池田先生の弟子だ。負けてたまるか!」と心の中で叫んだ。
体調が一段と悪くなり、のどがイガイガして飴をなめながら待った。
名前が呼ばれ、紹介があり、プレゼンを始めた。

予定時間
 が半分になりました、詳しいお話はできませんがポイントをかいつまんでお伝えいたします、と冒頭に挨拶した。
後方の席からオーナーが見守っている。私のスライドプレゼンを始めて見る人、過去若かりし頃の私を知っているが、一体、今回はどうかと見る人‥
アクシデントをどう調整するのか。多くは「お手並み拝見」だったと思う。
組んだストリーはスライド44枚。配布資料5枚。
「このスライドは時間の都合上、割愛します」、「詳細部分は本日は説明できません」と解説しながらスライドを切っていく。
それでもポイントは心を込めて説明した。
大事な大事な、祈りながら組み上げた商品の発表である。
この素晴らしい商品よ、観衆に届け!と願いつつ話しました。
すべてのスライドが終わり壇上を降りました。オーナーが私に言った。
「よくやった、いい内容だったよ」とほほ笑んでくれた。
数人から声がかかった。「いい商品だ」「一番、わかりやすかった」
成功したのです。みじめな敗北はありませんでした。



思うに、前のプレゼンが長すぎてだれたところに、端的明瞭な私の説明が実力以上に観衆をすっきりさせたようなのです。
私は思いました。「これは功徳だ。予定通り1時間かけてやったら、ここまでの評価は得られなかっただろう」と。
妙法です。功徳としか言いようがありません。
いつもご本尊は守ってくれる。勝たせてくれる。
本当にありがたい信心です。^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-30 22:46 | 体験談 | Comments(16)

記事の予告


☆「10人の友人」シリーズを開始.

<別館>で、いくつかのシリーズ物の記事を書いてまいりました。
過去の4項目のシリーズを以下に示します。

①普通の生活(全50編)

 普通のサラリーマンとして生活するための基礎的な考え方や技術。
②境涯革命(全42編)
 幼少期から中年までの体験を踏まえた境涯革命の話。
③信念の人生(全13編)
 本音で生きながら、幸せになる生き方の話。
④怒りの正体(全21編)
 個々人が持つ「べき」というこだわりが対立を生む。

今回の新テーマは「10人の友人づくり」です
友人はどうすれば作ることができるのか、私のつたない体験からお話するつもりです。まずは、導入部の記事を書きました。ご覧ください。^^
その第1話は、→ここをクリック!



なかなか記事が進まないかもしれませんが、チャレンジです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-29 06:10 | 別館のご案内

モチベーショナル・タグ


☆走りが楽しくなるタグ.^^

運動靴の装飾品と装着した状態の写真2枚を添付します。
b0312424_23543695.jpg
b0312424_23544920.jpg

写真解説「厚みのある茶色の紙4枚に1つずつ靴ひも用のタグがついている商品の写真。2枚目はオレンジ色のランニングシューズにタグを付けた写真です」

日頃、大変お世話になっている友人からプレゼントをいただきました。
シューズの装着品で“モチベーショナル・タグ”と呼ぶらしい。
しかも私の名前入り、さらに、私の奥さん用まで‥
※※※さん、ありがとうございました!
シューズの靴ひもにタグをつけて、久々ゆっくりジョギング楽しみました。
何だか嬉しくて、スキップしながら走りましたよ。ふっふっ。
※※※さんと一緒に走っているような気分がしました。(^^)
私、60歳になったら3度目のフルマラソンを走ります。
そのとき、このモチベーショナル・タグをつけて走るつもり。
フルマラソンの過去記事は、→ここをクリック!
苦しくなったら、このタグを見つめる。友情をほんわか感じながら走る‥
そこには「ラン・ハッピー」と書かれている。
走れることは幸せですよね。健康あっての走りですから。
文字はチカラですね。嬉しいプレゼントでした。
健康に感謝しつつ、ずっと走り続けたい。
そんなふうに思っております。^^



本件のスロージョギングの連載は、※※※さんからのプレゼントのお礼を申し上げたいと思い三連投したものです。そのぐらい大感謝です。
これからも思い出を作りつつ走ることでしょう。ありがたや。^^
シリーズの最初の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-28 00:02 | 健康ジョギング | Comments(12)

ガンバル草とガンバル虫


☆片足ないバッタ、頑張れ!

ジョギングで見つけた雑草とバッタの写真を添付します。
b0312424_073359.jpg
b0312424_0875.jpg

前回の記事は、→ここをクリック!
秋の田園を眺めながらのスロージョギング‥
ふと足元を見るとアスファルトの裂け目に草の子がいました。
(草の子‥まだ小さな草という意味です)
アスファルトの裂け目にタネが入ったのか、アスファルトの裂け目を大きくしたのか‥どちらか分かりませんが、ど根性の草に見えました。
さらに一匹のバッタに出会いました。何となく動きが鈍いのです。
見ると右足がないバッタでした。
片足がなのでジャンプすると真っ直ぐ飛べないのです。
飛距離は小さいし、右にカーブする。でも、憂いの表情はない。
多くのバッタがいて、近寄ると逃げて写真に撮らせてくれないのですが、この片足バッタだけは写真を撮らせてくれました。
ガンバル草とガンバル虫なんです。
障がいがあるのですが、負けてなんかいられないですしね。
「僕もガンバルから、負けないから!」
そんな気持ちをもらって、ジョギングをしていました。
数時間の小旅行ですが、このような出会いが沢山あります。
過去に出会った動物は、→ここをクリック!
健康も作れてワクワク楽しい。
やっぱり、ジョギングは最高です。^^
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-27 00:16 | 創価の森の小さな家 | Comments(8)

秋の田園風景


☆実りの秋の野菜とタンポポ.

ジョギングで見た田園風景の3枚の写真を以下に添付します。

b0312424_20424541.jpg
b0312424_2043025.jpg
b0312424_20431457.jpg

先日、スロージョギングで歩いたり走ったり‥
秋の田園風景を楽しみました。
時計も持たず、携帯電話も持たず、ポケットカメラのみ‥
一切の出来事から解放されて、移り変わる風景を楽しむのです。
1枚目の写真を見てください、赤、緑、黄緑、色とりどりのレタスの行進。
まるで宝石のように美しいですよね。
そして2枚目はキャベツに農薬を撒いているトラクター映像です。
虫がつかないようにお仕事されていました。
そして3枚目は、秋のタンポポ。風が強く吹いてタネが飛ぶのです。
タンポポ、春ばかりではない。秋も大空にタネを飛ばします。
春のタンポポ記事は、→ここをクリック!
その他、沢山の生き物を見ました。トンボ、チョウ、バッタ、その他いろいろ‥
元気でしたよトンボたち。先週のトンボは最後ではなかった。(^^)
先週のトンボの話は、→ここをクリック!
ともかくストレス100%発散で最高の贅沢でした!^^
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-26 06:02 | 創価の森の小さな家 | Comments(8)

三沢抄(2015年11月度座談会御書)


☆三沢抄(みさわしょう)

三沢抄(みさわしょう)。
以下に、11月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている三沢抄(1489ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

この ほうもん しゅつげん せば しょうほう ぞうほうに 
ろんじ にんしの もうせし ほうもんは 
みな ひ いでて のちの ほしの ひかり 
たくみの のちに つたなきを しる なるべし  
このときには しょうぞうの じとうの ぶつぞう そうらの れいげんは 
みな きえうせて ただ この だいほう のみ 
いちえんぶだいに るふすべしと みえて そうろう  
おのおのは かかる ほうもんに ちぎり ある ひと なれば 
たのもしと おぼすべし.

○漢字文.

此の法門 出現せば 正法 像法に 論師 人師の 申せし 法門は 
皆 日 出でて 後の 星の光 
巧匠の 後に 拙を 知るなるべし  
此の時には 正像の 寺堂の 仏像 僧等の 霊験は 
皆 きへうせて 但 此の 大法のみ 
一閻浮提に 流布すべしと みへて 候  
各各は かかる 法門に ちぎり有る 人 なれば 
たのもしと をぼすべし.

○背景と大意.

建治4年(1278年)2月、日蓮大聖人 57歳の御時、身延にて駿河国(現在の静岡県)の三沢小次郎に与えられた御書です。
御書を与えられた三沢氏は、所領を有する領主という立場であり、熱原法難(あつはらほうなん)の渦中で、公然と音信の交わせる状況にありませんでした。
その中で本抄は、冒頭、「仏法をがくする者は 大地微塵より をほけれども まことに仏になる人は 爪の上の土よりもすくなし」と、仏道修行を極めることの困難さの原因が三障四魔(さんしょうしま)にあると述べられています。
三障四魔とは、→ここをクリック!
その魔の中に「大六天の魔王」がいて、成仏を妨げる働きをすると示されます。
法華経法師品第十に説かれる「にょらいげんざい ゆたおんしつ きょうめつどご(如来現在 猶多怨嫉 況滅度後)の通り大難を受けられた日蓮大聖人が、竜の口の法難、佐渡流罪に至って初めて真実の法門を明かされたこと、その法門が比類なきものであることを語られています。
今月の座談会御書は結論の御文で、「太陽が出たのちの星の光のようなものであり、巧(たくみ・力のある工員)が出ると、以前の者たちの作品のつたなさが分かるようなものである。そのように過去の教えや価値が消えて、ただ大法(日蓮大聖人の仏法)のみが流布されるのであるから頼りがいがあると思いなさい」と語られ、「この信仰以外にない」ことをご指南されています。

○所感.

日蓮大聖人の仏法は、広宣流布(こうせんるふ)の宗教です。
自他ともに幸せになる、幸せにしていく宗教です。
その行動は、必ず、周囲の保身の人たちや嫉妬の人たちから妨害や迫害を受けることになります。利害関係から迫害を受けるのです。
この難を恐れ、自己の幸福のみを追求するならば仏になれません。
私たちは創価三代の会長の弟子です。師子の子です。
ですから負けるわけにいきません。勝つしかありません。
大白蓮華11月号の巻頭言(かんとうげん)に、目が不自由な夫妻の人生を語られていました。難病の子を育てつつ信心を貫いていた夫妻‥
その妻は次のように語られています。
「障害も悪口も忘れるほど無我夢中で、学会歌を歌いながら走りました。何があっても“さあ、どう乗り越えようか!”と心に決めて戦えば楽しい」
目の不自由な夫妻が、まるで日蓮大聖人のように強い。たくましい。
そして、池田先生は戸田先生のご指導を紹介くださっています。
「朗らかに、はつらつと自分を開いていけば周囲が変わる。どんな試練にも最後は必ず勝つという証を、この信心で残していくんだよ」
一切の苦難を喜々として乗り越えていく大生命力の創価学会‥
さあ、師匠と共に一生成仏の大道を歩みましょう!
三障四魔を打ち破り、大勝利の人生にいたしましょう!

追記:本抄に大六天の魔王について以下の内容がしたためられています。
ご参考までにひらがな文、漢字文を示します。(1487ページ)



ぶっぽうをば がくすれども あるいは わが こころの おろかなるに より
あるいは たとえ ちえは かしこき よう なれども しに よりて わが こころの まがるを しらず
ぶっきょうを なおしく ならいたる こと かたし
たとえ めいし ならびに じっきょうに あい たてまつりて しょうほうを へたる ひと なれども しょうじを いで ほとけに ならむと するときには かならず かげの みに そうが ごとく あめに くも あるが ごとく
さんしょうしまと もうして ななつの だいじ しゅつげんす
たとえ からくして ろくは すぐれども だいななに やぶられぬれば ほとけに なること かたし(中略)
だいろくてんの まおう このことを みて おどろきて いわく(中略)
でしだんな ならびに こくどの ひとの こころに いりかわりて
あるいは いさめ あるいは おどしてみよ
それに かなわずば われ みずから うちくだりて こくしゅの しんしんに いりかわりて おどしてみむ.

仏法をば がくすれども 或は 我が心の をろかなるにより
或は たとひ 智慧は かしこき やうなれども
師に よりて 我が 心の まがるを しらず
仏教を なをしく ならひ うる事 かたし、
たとひ 明師 並に 実経に 値い 奉りて 正法を へたる 人なれども
生死を いで 仏に ならむとする 時には
かならず 影の身に そうがごとく 雨に 雲のあるがごとく
三障四魔と 申して 七の大事 出現す
設ひ からくして 六は すぐれども 第七に やぶられぬれば 仏になる事 かたし(中略)
第六天の魔王 此の事を見て 驚きて云く(中略)
弟子だんな 並に 国土の人の 心の内に 入りかわりて
あるひはいさめ 或はをどしてみよ
それに叶はずば 我みづから うちくだりて 国主の身心に 入りかわりて をどして見む.



この大六天の魔王を打ち破る信心が真の信心です。
池田門下生として私も断じて負けません!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-24 08:32 | 座談会御書 | Comments(2)

秋の終わりのトンボは幸せか、不幸か


☆秋の夕暮れに思ったこと.

葉をすっかり落した枝にとまるトンボの写真2枚を添付します。
b0312424_5462185.jpg

b0312424_54648100.jpg<写真解説>
葉っぱを落した桜の木にの枝先に、4枚の翅(はね)を真一文字に伸ばしたトンボの写真です。1枚目は遠目から、2枚目はアップ写真です。

もう、すっかり夕暮れどきの小路を歩いていました。
すると、鉛色の空をコウモリがくるくると舞っていました。
目の見えないコウモリ。音波でものを見ているコウモリ‥
羽音もたてず、自在に舞うのです。
感心して空を眺めていると、桜の木の枝に4枚の羽を見つけました。
薄暗いですし、影絵のように見えるので色は分かりません。たった一匹のトンボが枝先から公園の広場を眺めているのです。
コウモリが飛んでいますから、飛び立つと食べられてしまうかも知れません。
仲間も、ほとんどいない。もしかすると最後の一匹なのかもしれない。
私は、じっとそのトンボを観察しました。
少し体を動かしたりはしていて、でもじっとしている。
天涯孤独のトンボに見えました。
以前の私なら、こういう風景は悲しく切ない風景でした。でも、今は違う。
最後の最後まで、生きていることに感謝している姿に見えるのです。
境涯というのは不思議なもので、このような寂しい風景の中にも、勇気や希望、納得や満足を感じることができるのです。
私は今、家族も友人もおりますが、もし、私だけになっても、私は不幸ではありません。そういう境涯を、私は大聖人の仏法からいただきました。
自分で言うのもおこがましいのですが、私は本当に沢山の功徳をいただいたし、それは過分な幸せで、申し訳ないぐらいなのです。
「どうして、こんなにも幸せになったのだろう?」
不思議でなりません。妙法としか言いようがありません。
あとは報恩感謝でお返ししなければなりませんね。^^
そんなことを一匹のトンボから考えました。



トンボの過去の記事を以下に示します。
(アンダーラインをクリックするとジャンプします)
◆向日葵と少年 ◆朝鮮半島ののトンボ ◆コスモスとトンボ
◆シオカラトンボ
 ◆花の上のトンボ ◆森のトンボ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-22 06:09 | 創価の森の小さな家 | Comments(5)

母に送った写真集


☆母との誓願勤行会の写真集.

岡山の母に送った写真集の表紙写真を以下に添付します。
b0312424_21112822.jpg

10月3日に参加した誓願勤行会。
そのときの写真集を作成して、岡山の母に送りました。
親子で満足しているこの人生を、さらに記録に残せる楽しさ。
過去にもいくつも思い出を作ってきました。こんなに幸せになれるなんて‥
母も私も同じことを考えているのです。ありがたい。(^^)
そのお礼にと、母から「サバ寿司」が送られてきました。
母の手作りの寿司です。ふるさとの味でした。^^
元気出ました。天高く馬肥ゆる秋ですしね。
誓願勤行会の記事は、→ここをクリック!
猫肥ゆる秋は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-20 21:20 | 創価の森の小さな家 | Comments(6)

創価大学、箱根駅伝予選の結果


☆予選会は敗退、残念!^^

10月17日、注目の箱根駅伝の予選会が行われました。
結果、創価大学は出場権を得ることができませんでした。
箱根駅伝、レベルが高いですからね、仕方ない。
来年は勝ってほしいです。お正月、盛り上がりたいですから。
ガンバレ、ここからだぞ、創価大学陸上部!^^
昨年の予選記事は、→ここをクリック!



ただし、関東学生連合で創大陸上部キャプテンが走ります。
(山口修平さん4年生・予選個人6位)
と、いうことで応援しますよ!^^
その結果は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-10-19 06:18 | 創価ニュース | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
未分類

最新のコメント

誓願さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:04
ルルさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:40
私も茫然としちゃう時があ..
by 誓願 at 22:45
はじめまして。入会して間..
by ルル at 18:21
誓願さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:20
つづきです。 ここ..
by 誓願 at 01:05
菊川さん。こんばんは。菊..
by 誓願 at 00:54
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 23:59
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 23:57
菊川さんも口が開かなくな..
by 凡ちゃん at 23:17
すごい台風でしたね。 ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 23:09
非公開さん、こんばんは。..
by sokanomori3 at 20:59
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:01
たまこさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:51
別館でご返信ありがとうご..
by たまこ at 00:09
師弟誓願さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:58
菊川さん。こんばんは。 ..
by 師弟誓願 at 23:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:31
かつてさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 08:12

リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア