<   2015年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

私の幸せ


☆世界一の師匠と生きる幸せ.^^

線香「紫紅梅」(しこうばい)5箱の写真を添付します

b0312424_17173490.jpg先日、正月の帰郷に際し、本部に出向いてお土産を購入した。
母のリクエストは線香5箱。(^^:
毎年、300万遍を唱える母は線香の量も半端ない!
線香は金剛堂で購入した。日頃は遠慮して飲まないコーヒーを飲み、お客様として堂々と放映されているビデオを見た。
池田先生が指導されていた。


「どうすれば、歓喜のお題目があげられますか?」
欧州の女性の質問に、先生は答えた。
「生活のため、幸福のため、人生を最大に生きるため・・
御本尊は、自分という胸中の御本尊を開くためにあります。
自分自身が、南無妙法蓮華経です。
勇気が出ます。自由自在になります。
全部、乗り切っていける。仏だもの。
それが大聖人の仏法です」

その他、数々の人たちが質問し、先生が力強く指導された
「仏法対話はどうするといいですか?」
「自信満々に話すことです。相手が聞いていようが、聞いていまいが、自分の確信と体験を話すことです。かならず、相手の心に残ります。
その種は、いつか根を張り、花を咲かせます」

「善と悪の判断はどうすればいいですか?」
「非常に難しいことです。国際問題、個人、家庭・・夫婦喧嘩をしている。
どちらが正義か、どちらが悪か。判断は難しい。
何百、何千と判断基準はあるでしょう。ただ、南無妙法蓮華経は善の中の善です。法則です。1mという単位は法則だから誰も変えられない。
人を殺すことは悪です。絶対にあってはならない。
平和にする、人々を幸福にする。それは善だ。
その他のことは、小さなことです」

「感謝の表現を教えてください」
「一番大切なことは“誠実”です。誠実にかなうものはない。
ウソがないこと、策略がないこと、陰謀がないこと。
立派な人は、皆、誠実です。人間の人格です。
その人に勝てる人はいません」

池田先生は、創価高校の男子生徒に指導された

「負ける男はね、惨めです。
人生は全部、戦いです。負けたら馬鹿にされる。
何でもいい。1つ1つを勝つことです。
カネを儲けた。それは勝ったとは言えない。
儲けて悪くなる人が沢山います。
自分の心に勝つこと。自分はやった、自分らしい人生を勝ち取った。
世間とか、人気とか、まぼろしです。
男は断じて勝て!」



線香を買いに入った店で、コーヒー飲んでいたら・・
全部、全部、その通り!その通り!何という素晴らしい師匠でしょう!
涙、涙で、ハンカチが濡れてしました!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-30 17:51 | 池田大作先生 | Comments(7)

ひらがな御書実績(2015年12月度)


☆ひらがな訳70編が収録完了.^^

ひらがな御書が、本日、ついに70編となりました。
交互文案内スレッドは、→ここをクリック!
少しづつ水かさを増し、カタチになってまいりました。
上野殿御返事(須達長者御書、すだつちょうじゃごしょ)の冒頭「仏にやすやすとなる事の候ぞ」と「成仏の要諦」をご教示されています。それは「渇ける者に水を与え、寒さに震える者に火を与えることである」と述べられています。
須達長者御書は、→ここをクリック!
ひらがな御書は自在会の方々が、御書を読めるよう作られたサイトです。
点字御書もなく、音声CDもない。その中で御書の原文を読みたいとき、支えになれるホームページにするために、当サイトをご支援くださるスタッフの皆さまがいらっしゃる。まさに創価学会仏の皆さまです。
心より御礼と感謝を申し上げる次第です。

70編の収録 は1つの夢でした。
もともと、最初に私がやると決めた御書は67編でした。
戸田先生の発刊の辞から始まり、一生成仏抄、立正安国論(りっしょうあんこくろん)を経て、十一通御書、寺泊御書、開目抄(かいもくしょう)‥
最終的に日蓮一期弘法付属書、身延付属書まで67編を選出。
この完成をもって、一応のカタチとしようと思っていました。
その旧ブログの記述は、→ここをクリック!
最初の目標が67編の御書だったのです。
数だけで言えば、その67編を越えて、今、70編になった。
しかも、点字御書が10編も加わった。これは望外の成果です。
点字御書エディタは、→ここをクリック!

次の目標 は100編です。
すでに、30編のストックはあるのです。問題は、私の時間の捻出です。
1編をアップするのに2時間と計算して60時間かかります。
しかも、私の集中力、頭脳の冴えが伴わなければなりません。
ブログ記事と違って、ものすごく厳格な作業なのです。
ともかく、明年、その100編達成に向けて前進いたします。
個人の力では到底成しえない領域に前進できていることは幸せです。
ちよさん、佐藤牧子さん、ゆりこさん、Sさん、その他のスタッフの皆さま、そして、この歩みを最初から共にしてくださっている千早さん‥
本当に、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願い申し上げます。(^^)
ひらがな御書HPは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-29 20:54 | ひらがな御書 | Comments(2)

忘年会を楽しむ


☆料亭での忘年会料理.^^

仕事納めの忘年会で出された料理の数々を以下に添付します。
b0312424_6165690.jpg

写真解説.「忘年会で出された料理と飲み干したワイングラスの9枚組の写真です。料理は掲げた映像で8品目ですが、実際は10品目ありました。美しい器に海の幸、山の幸が宝石のように盛り付けられています」

最後の忘年会が終了しました。
最後は豪華な会社オーナー主催の忘年会でした。
飲みましたよ。ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、どれもこれも。
料理もお酒も最高に美味かった!(^^)
御馳走(ウニ、イクラ、タイ、マグロ、高級牛肉、その他あらゆる食材の絶品)ですから確かに美味しいのですが、何より、本年の下半期の仕事の勝利があっての美味しさであり、楽しさなのです。(^^)
今年は会社に恩返しができましたから、皆、感謝してくれた。
その恩返しの記事は、→ここをクリック!
喜びがあれば、カップラーメンすら御馳走になりますが、さらにこれらの料理だったものですから、そりゃ、美味い。どれもこれも、外れがない。
口に入れるごとに「こりゃ最高だ!」という日本料理の極み。
参加者はグループ会社の貢献者約30名。仕事をやり切った、力を出し切ったというつわものばかり。皆、至極のひとときを過ごしたのです。^^
2015年、55歳の年末、勝ちました。幸せ、味わいました。
で、しみじみ味わい、大いに盛り上がり、かなり飲んで・・
帰りの道のりは長く、なかなか自宅に着かなかったです。あははっ。(^^:
と、いうことで、しばらく休肝日といたします。
年内は、もうお酒は飲みません。^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-29 07:11 | 体験談 | Comments(9)

5枚刃のカミソリ(使用感想)


☆シックハイドロは凄い.^^

5枚刃カミソリSchick HYDROの写真を添付します。
b0312424_675832.jpg

男性はヒゲが生えます。
女性もヒゲが生えるそうですね。毎日、ヒゲ剃りをしている女性はいない?と思っていますが、正しいでしょうか?
このヒゲ、男性は毎日剃らないといけません。
私には辛い?現実があるのです。
それは、ほぼ1年365日、いつも誰かと会っていること。
で、ヒゲを毎日剃らなければならない。本当は毎日剃りたくないんです。
肌を休ませたいというか、刃物を当てたくないというか・・
2~3日、伸ばし放題で、温泉に漬かっていたいのですが、できません。(^^:
それとニンニク料理を食べることができない。
ヒゲを剃らず、ニンニク料理を食べたいのですが、夢のまた夢。
学会員ですしね、まあ、仕方ないのですが。^^
さて、このほど55歳にして凄いカミソリを発見しました。
5枚刃カミソリです。以前から存在は知っていましたが、昔は1枚刃で、それが2枚刃となり、3枚刃となったまでは「うんうん」と納得していましたが、あるとき5枚刃となって、「増やせばいいってもんじゃないだろ!」と思い、「バカバカしい」とすら思っていました。しかし、使ってみて驚いた。
「カマイタチだな、これ!」という感じ。剃っているという感覚がない。
綺麗さっぱりヒゲがなくなるのです。肌もほとんど痛まないし。
今まで2枚刃使っていたのですが、別物ですね。
2枚刃カミソリ記事は、→ここをクリック!
シックハイドロのCMのYouTubeを以下に示します。
そのYouTubeは、→ここをクリック!
男性諸氏の皆さま、こいつはスゴイですよ。肌健康に必需品です。
(今さらって声聞こえてきました!)
もう、きっと私、生涯手放せません。
はははっ。(^^)



シックハイドロの体験YouTubeがありました。同感です。^^
そのyouTubeは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-28 06:08 | 健康づくり | Comments(12)

よい、こら、しょ!


☆最後の日曜日もガンバル!?

皆さん、いかがお過ごしですか?
私は、気合が抜けて、抜け殻のようです。(^^:
珍しく9時間も寝てしまった、ということもあるのでしょうけれど、まずいことに「1年が終わった」という感覚になってしまって、そうしたら一気に燃えるような心がどこかに行ってしまいました。^^
「広宣流布」、「実証」、「使命」とかの感覚が、一昨日までを100とすると、昨日は30ぐらいにまで失速し、今日は1ぐらいなんですね。
完全お休みモードなんです。気合ゼロ、まだ寝れるし。^^
でも、10時から会合があるし、午後から防災ボランティアの仕事もある。そして、今日は10km程度はジョギングしないと「いけない」。
会合に行かないと「いけない」、防災ボランティアの仕事をしないと「いけない」・・要するに使命感でなく義務感で一杯の心なんですね。
マラソンレースでゴールしたような気分で、でも、まだあるよと。(笑い)
あれれ、まだ走らんといかんのか、勘弁してよと。
本当のこと言いますとね、スーパー銭湯に今からでもすぐに行きたい。
ヒゲも剃らず、何も考えず、お湯につかり、サウナで汗を流し、何も考えずボーッとしたい。うだうだしたい。世の中とは無縁の自分になりたい・・
そんな気分なんですね。でも! でも!
私は池田先生の弟子だ。もうひと踏ん張りだ!
と、いうことで、これからヒゲを剃って、身支度整えます。
ヒゲソリの記事は、→ここをクリック!
では、重い腰を動かしましょう。
「よい、こら、しょ!」



20時55分.
追記:本日、予定通り、学会活動、ボランテァ、マラソントレーニングを終了いたしました。悔いなき素晴らしい日曜日でした。(^^)
明日、仕事納めを果たし、年内の活動を終了いたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-27 09:31 | つぶやき | Comments(4)

年末の仕事残り1日


☆東京の解体現場の連続写真5枚を添付します。
b0312424_20271690.jpg
b0312424_20272840.jpg
b0312424_20273943.jpg
b0312424_2027516.jpg
b0312424_2028285.jpg
写真解説.「重機が建物を解体し、更地にして、鉄筋を施し、コンクリートを流す一連の流れを撮影しました。1ヵ月前後の期間に、都度、定点で撮影いたしました」

ビルの解体工事が行われました。
夜も20時過ぎまで工事をしていたし、厳しいスケジュールなんだろうなと注目して、ときどき写真を撮影していたのです。
特段、意味もなく撮影していたのですが、ちゃんと年末に着地させたのを見て、スゴイな、たいしたものだな、と感心したのでした。
一流の仕事というのは、何もかも、美・利・善です。
私の仕事も何とか無事、着地しそうで残り1日、来週の月曜日を残すのみ。
でも今日は疲れました。何だか、1年の疲れがドッと出てきた感じ。
気が抜けたんでしょうね。まだ気を抜いてはいけないのですが・・
ほとんど、ありとあらゆるカチラが抜けました。(^^:
これからお風呂に入り、早めの就寝とします。



追記.翌日の朝になりました。目覚めたら7時でした。
ラッキーが起こしに来てくれました。私が朝の7時過ぎまで寝ているというのは珍しいことです。9時間近く寝ていたようです。(^^)
先日のラッキー記事は、→ここをクリック!
さあ、今日も活動もあるし、ボランティアもある。それとマラソンの練習しないとですね。本当は疲れているのですけどね・・
「でも、でも、でも、ガンバルしかない!」
と、気合を入れてみる私なのでした。^^
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-26 20:52

真面目なクリスマスの話


☆学会員も楽しいクリスマス.

前回の記事は、→ここをクリック!
クリスマスの朝、奥さんと次のような対話をしました。

クリスマス って、何でお祝いするの?キリストの誕生日?」(私)
「そう。でも、日本のクリスマスは企業の陰謀みたい」(奥さん)
「商業ベースってことかな?」
「本来、クリスマスは家族が集まって過ごすもので、恋人同士や友人と楽しむためじゃないって。テレビでやっていたわ」
「家族のためということは、日本の正月みたいなものかな?」
「外国では、新年の始まりはハッピーニューイヤーで終わりみたい。年末のカウントダウンまでは盛り上がっても、年を越すと普通に仕事だったりする」
「へー、正月から仕事なんて僕は考えられないなあ。正月ぐらいのんびりしたいもの。お雑煮を食べて、のほほんとする。日本人で良かったよー」
「日本人だって仕事してる人、いるじゃない」
「あゝ、でも、それは可哀そうだ。悲しいことだな」
「ちゃんと正月手当がつくよ。誰かがやらないと困るでしょう?」
「手当が付いても、僕は正月に仕事なんかしたくないなあ。でも家族は喜ぶか‥手当で給与が増えるからね。本人は悲しい、でも奥さんと子供は喜ぶ」
「手当が付くから家族が喜ぶなんてことはないよ」
「いや、喜んでいる奥さんはいる。間違いない。亭主元気で留守がいい」
「いやらしい考えだなあ、低俗だなあ」
「ジョーダンですよ。本気なわけ、なかろう」

こんな対話をしたクリスマスの朝だったのです。(笑い)
で、「そもそもクリスマスとは何か」をネットで調べてみました。
子供の頃から楽しんできたクリスマスとは、一体、何なのか。
以下は、ウィキペディアからの抜粋です。

新約聖書 には、イエス・キリストの誕生日を特定する記述はない。
イエス・キリストが誕生した日がいつにあたるのかについては、古代からキリスト教内でも様々な説がある。新約聖書にイエスの誕生日に関する記述はないが、10月1日か10月2日が誕生の日と推測する説もある。
1993年9月15日に、イギリスの天文学者が聖書中の天文現象の記述から、イエスの誕生日は紀元前7年9月15日とする説を発表した。
キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で、一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。
クリスマスツリーの習慣は、中世ドイツの神秘劇でアダムとイヴの物語を演じた際に使用された樹木に由来している。またクリスマスツリーに飾りつけやイルミネーションを施す風習は19世紀以降のアメリカ合衆国で始まったものである。
キリスト教の中でもカトリックの影響の強いイタリア、ポーランド、フランス、スペインなどでは、クリスマスは12月25日に始まり、1月6日の公現祭に終わる。24日はクリスマス・イヴとして夜を祝う。
大人たちは、12月初旬からクリスマスにかけて、愛情を込めた言葉を記したクリスマスカードを郵送しあう。子供達がプレゼントを貰うのは1月6日である。
オランダやドイツの一部地域では、12月6日がニコラウスの日で、子供達はプレゼントをもらう。ドイツでプレゼントを持ってくるのは北部ではヴァイナハツマン(降誕祭の男)、南部ではクリスト・キント(キリストの子)と呼ばれている。
プレゼントを貰えるのは、それまでの1年間に良い子だった子供だけで、悪い子は石炭を与えられたり、木の枝で打たれることになっている地域もある」.

サンタのオジサン は世界共通ではなかった。
トナカイが引くソリで、シャンシャンと来るわけでもない。(唖然)
おそらく、私のような無知な日本人は多いであろう。
第一、12月25日はキリストの生誕日ではなさそうだということ、西暦元年が正しい誕生年度でもなさそうということ、また、「クリスマスの日に、悪い子は木の枝で打たれる」という風習などはビックリな話である。世界は広く、深い。(^^)
キリストの誕生の年について、ご参考にウィキペディアの記述を示す。
「西暦1年は、キリストの生まれた年と決められており、紀元前を表すB.C.は「Before Christ」すなわち「キリスト前」という意味である。しかし実際には、キリストが生まれた年は紀元前8年から紀元6年ごろまで諸説ある。
西暦の1月1日を新年として祝うのは王政ローマで紀元前713年ごろから始まった。多くのキリスト教国や日本はそれに倣っている」



西暦すら正確な数字ではないということを初めて知りました。
最後に、<商業主義に対するローマ教皇の懸念>と題されるウィキペディアの記述を紹介いたします。
「第265代教皇・ベネディクト16世は、2005年、以下のようなコメントを発している。現代の消費社会の中で、この時期が商業主義にいわば「汚染」されているのは、残念なこと。降誕祭の精神は、「精神の集中」と「落ち着き」と「喜び」であり、この喜びとは、内面的なもので、外面的なものではない」.
なるほど、確かにクリスマスは企業の陰謀のようだ。
けれど、私のような部外者(学会員)からすると、この商業ベースの華やかなクリスマスは楽しいし、ありがたい祭典なのであります。^^
長い文章になりましたね。読んで、これが結論かとガッカリかも。
ガッカリされた読者の皆さま、ごめんなさい!
クリスマスの別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-26 00:40 | つぶやき | Comments(2)

クリスマス忘年会


☆クリスマスの夜に忘年会.^^

今日はクリスマスですが、夜は忘年会が予定されています。
「クリスマスの夜に忘年会なんだ」ですって?
はい。たまたま、みんなの都合が25日が空きというメンバーなのです。
で、クリスマスの夜の忘年会は「鍋」なんですよ。(笑い)
それで明日の土曜日から幸せな二連休‥ではありません。
土曜日は仕事です。それだけではない。
週明けの月曜日も忘年会なんです。(^^:
あっちの忘年会、こっちの忘年会で年は暮れていくのです。
肝臓によくないのですが、このシーズンは仕方ない。
私の肝臓の状態は、→ここをクリック!
山本リンダじゃないけれど、「どうにも止まらない」。(笑い)
週末で、少々疲れておりますが、あと、ひと踏ん張り。



追伸:以下の写真は、本日の忘年会でつついた鍋です。
めちゃ、美味しかしたです!!^^
b0312424_2317460.jpg

S部長、O次長、Nさんという人たちとの忘年会でしたが、食事もお酒も対話も全部、最高に楽しかったし、S部長の話、しびれるほど素晴らしかった。
S部長は、本年7回目の忘年会だそうです。(笑い)
ともかく輝く命の人たちと最高に幸せなひと時を過ごすことができた。
終わりよければすべてよし!あゝ、幸せなり!^^
尚、クリスマスとは何かを調べてみました。
その記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-25 06:31 | Comments(5)

諸法実相抄(2016年1月度座談会御書)


☆諸法実相抄に学ぶ.

諸法実相抄(しょほうじっそうしょう)。
以下に、1月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている諸法実相抄(1360ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

いかにも こんど しんじんを いたして 
ほけきょうの ぎょうじゃにて とおり 
にちれんが いちもんと なりとおし たもうべし  
にちれんと どうい ならば じゆの ぼさつ たらんか  
じゆの ぼさつに さだまりなば しゃくそん くおんの でしたる こと あに うたがわんや  
きょうに いわく 「われ くおんより この かた これらの しゅうを きょうけす」とは これなり.

○漢字文.

いかにも今度 信心をいたして 法華経の行者にて とをり 
日蓮が 一門と なりとをし 給うべし、
日蓮と 同意ならば 地涌の 菩薩たらんか、
地涌の菩薩に さだまりなば 釈尊久遠の 弟子たる事 あに 疑はんや 
経に云く 「我久遠より 来かた 是等の衆を 教化す」とは 是なり.

○背景と大意.

文永10年(1273年)5月、日蓮大聖人52歳の御時、元天台宗の学僧であった最蓮房(さいれんぼう)に与えられた御書です。
最蓮房は、佐渡の地で日蓮大聖人に帰依しました。
大聖人は前年に開目抄を顕され、翌年、諸法実相抄を記されました。
冒頭、法華経の方便品の一句「諸法実相 乃至 本末究竟等」を引用され、「しも じごくより かみ ぶっかい までの えしょうの とうたい ことごとく いっぽうも のこさず みょうほうれんげきょうの すがたなり」(下 地獄より 上 仏界までの 十界の依正の当体、悉く 一法ものこさず 妙法蓮華経のすがたなり)と、一切の実相が妙法蓮華経に含まれていることをご指南されています。

妙法蓮華経に一切の実相が含まれるとは、どういうことでしょうか
言い換えれば、あらゆる人に仏界があり、大聖人の仏法を実践することによって仏の境涯を開くことができるということです。
また、法華経に説かれる虚空会(こくうえ)の儀式の地涌の菩薩とは日蓮大聖人であり、「同意ならば(弟子ならば)、地涌の菩薩である」と述べられています。
同意とはすなわち、大聖人と同じ心、同じ精神です。
具体的には、今月号の巻頭言に池田先生が述べられているように、「自らが人間革命を誓い、自他共の幸福を誓い、立正安国を誓う。そして、その成就のために師子王の心で戦う人」なのだと思います。

どうすれば師子王の人になれるのでしょうか
本抄の最後に、有名な御文があります。
「いちえんぶだい だいいちの ごほんぞんを しんじさせ たまえ(中略)ぎょうがくの にどうを はげみそうろうべし. ぎょうがく たえなば ぶっぽうは あるべからず.われも いたし ひとをも きょうけそうらえ.ぎょうがくは しんじんより おこるべくそうろう.ちからあらば いちもんいっく なりとも かたらせたもうべし」
(一閻浮提第一の御本尊を信じさせ給へ、(中略)行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、行学は信心よりをこるべく候、力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし).
直弟子の信心とはかくのごときものであります。
御書全集の冒頭「発刊の辞」に、この御文を戸田先生が引用されています。
その発刊の辞は、→ここをクリック!

所感.

本抄には、次の御文が記されています。
流人なれども喜悦はかりなし、うれしきにもなみだ つらきにも なみだなり」(1360)、「現在の大難を思いつづくるにもなみだ、未来の成仏を思うて喜ぶにもなみだ(中略)日蓮は なかねども なみだひまなし、此のなみだ(中略)甘露のなみだとも云つべし(1361)」.
大聖人は一切の難を全部受けられ、大勝利されました。佐渡の生活は厳しいものでしたが、大幸福、大歓喜の生活であられたのです。

成仏の生活とは歓喜の中の大歓喜です
私もその一部分が見えてきました。ほんの少しですが‥
ほんの一部分だとしても、途方もない幸福であり、歓喜なのです。
その幸福を5年間語ったのが「旧・創価の森ブログ」でした。完結から2年‥
私の歓喜と幸福は、さらに大きく、さらに深くなっています。
ありがたいことです。創価学会に大感謝です!(^^)
諸法実相抄の別記事は、→ここをクリック!
旧創価の森ブログは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-23 21:39 | 座談会御書 | Comments(2)

CT胆嚢(たんのう)検査


☆病魔に負けない戦い方を!!

CT検査センターのパンフレット写真2枚を添付します。
b0312424_2141598.jpg

b0312424_2144297.jpg<写真解説>
1枚目は、“検査項目と料金のご案内”と書かれたパンフレットの写真、2枚目はパンフレットを開いた状態の写真です。
2枚目の写真には人のイラストが描かれ、脳、心臓、腹部などの検査部位が示されています」

昨日は肝機能の血液検査、本日は胆嚢(たんのう)のCT検査を実施した。検査は都内の病院でした。いつもの通勤電車に揺られながら、「弱気じゃだめだ。徹底的に調べて健康を作ろう!」と胸中唱題しながら出向きました。
私の胆嚢には、胆石以外の膨らみがあるのですが、それは何でしょう。
55歳ですからね、何があってもおかしくない。

MRI は過去、経験している。
顔面神経麻痺をやって入院したときに体験した。
当時の記事は、→ここをクリック!
MRIはカンカン音がして騒がしく、私の病状がひどい状態だったので、苦痛と恐怖を伴うものでした。CTもさぞかし苦しいのだろうと予測した。
更衣室で検査用の衣類に着替えた。
最初、主治医から投与する薬の説明を受けた。
「イオパミンという薬を静脈投与しますが、100人に5人の確率で副作用があります。ただし、死に至るようなことはほとんどありません」
人によっては、動悸や吐き気が起るようだ。
また、湿疹が出る人もいるとのことであった。
少し嫌な予感がしながら、出された書類に無言でサインした。
先に注射針を刺され、腕にテープで固定され、導かれるままに検査室に入った。
1人が横になれるベッドを包むように、ドーム状の装置が見えた。
横になり、両手を上げて横になった。
衣類は着たままで、脱がされることはなかった。

CT装置 は、美しいデザインで安心感があった。
最初に、薬剤投与前にCTスキャンされ、続いて投与直後、更に80秒後にスキャンされる。すなわち、3回、スキャンされる。
問題は薬剤投与で、「体が熱くなる」ということ。
体重を再確認された。体重に応じて投薬の量が決まるようだ。
最初のスキャンは何のストレスもなかった。
次に薬液が注射針から投与された。
すぐに頭に熱を感じ、次に胸部、そして腹部が熱くなった。
その時間差は、ものの5秒ほどである。
苦痛はなかった。ただ、全身に薬が回るスピードに驚いた。
そして、2回目、3回目のスキャンが行われた。
検査時間は10分かからない。実質、5分程度だったかも知れない。
予測に反して楽だったので拍子抜けした。(^^)

検査結果 が出るのに数日かかるという。
肝機能検査も合わせ、主治医から聞くのは明年になります。
ともかく、一通りの検査を終えたことで一安心。^^
何がどうなろうと、ベストを尽くしておくことが大事です。
不治の病であろうと悔いを残す戦いはよくない。
読者の皆さま、このように前倒しで私は病気と戦っています。病魔に犯されてから戦うのではなく、寄せ付けない戦いをしたいからです。
「健康はあるものでなく作るもの」と言った人がいる。
守りより、攻めですよ。問題は小さいうちに対処するべきです。
同志の方々全員に、健康でハツラツとした人生であっていただきたい。
微塵も病魔につけ入らせない皆さまであっていただきたい。
私はベストを尽くします。共に戦いましょう!
昨日の検査記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-12-22 22:04 | 健康づくり | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

(^^♪ こんにちは。 ..
by 1979 at 19:16
こんばんは! (^^♪ ..
by 1979 at 19:11
<星の使い>より ..
by 1979 at 18:37
ある昔話を思い出しました..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 14:57
人間誰しも、欠点はありま..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 13:11
花さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 06:01
こんばんは!初コメントま..
by 花 at 22:56
ルピナスさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:26
福島の壮年さん、とろサー..
by sokanomori3 at 06:19
人間が生きていくうえで大..
by ルピナス at 22:24
それをすごいと思える人が..
by 1979 at 14:52
千早さん。ありがとうござ..
by 1979 at 14:05
「世界に一つだけの花」 ..
by 1979 at 14:04
自分の身の回りだと、3名..
by 凡ちゃん at 22:30
菊川さん、こんばんわ。今..
by とろサーモン at 22:27
本記事からは脱線しますが..
by 福島の壮年 at 15:59
永遠の凡夫さん、おはよう..
by sokanomori3 at 06:12
pure_star_32..
by sokanomori3 at 06:08
非公開さん、了解です。 ..
by sokanomori3 at 06:06
だからこそ、日々、難しい..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 21:54

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア