<   2016年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

癒したい体と心


☆朝もクタクタ.^^

都内の公園で撮影した猫の写真を2枚添付します。
b0312424_64234.jpg
b0312424_641357.jpg

この写真は、東京北区の公園で撮影した三毛猫です。
白、黒、茶の3色の猫で、のほほんと生きていました。
この猫の数メートル先にはハトが20羽ほどいて、でも、襲うわけでもなく、食べ物には困っていない様子。いいな、猫、この世の春。^^
さて、私、3月のハードスケジュールが原因でクタクタです。朝だというのに、肩も凝っているし、全身に疲労感があり、何もしたくないという朝です。
ヒゲも剃りたくないし、誰とも会いたくない。(笑い)
でも、仕事があるし、よっこらしょで、動くしかない。^^
と、こんな状態なので、コメントをお返しする元気がない。
なので、しばらくお時間ください。^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-31 06:24 | つぶやき | Comments(0)

お父さんの涙


☆泣いたお父さんの話.
大白蓮華2016年4月号6ページを参考に童話風にまとめました。 

墨田文化会館 (東京)の落成式(らくせいしき)がおこなわれました。昭和51年11月1日ですから、ずいぶん昔のお話です。
落成式では、高校1年生の女の子がピアノ演奏をすることになっていました。
女の子は大役をりっぱにはたそうと、開会前に会場で練習にはげんでいました。
すると会場に、池田先生が1人で入っていらっしゃいました。
「何かひいてごらん」と先生が言われ、女の子は母の曲を演奏しました。
すると先生は、「一緒にひこう」と言われ、二人で演奏しました。
やがて三々五々と会場に人々が集まりはじめました。

池田先生 は厚田村やあつはらの三烈士、人生の並木道などを演奏されました。一小節(いっしょうせつ)ひかれるたびに、女の子の顔を見て、
「負けるな!」「がんばれ!」と言葉をかけられました。
会館のすみで、その子のお父さんが見ていました。じつは、このお父さん、入会していたものの、たいへんな酒乱で、家族を悩ませていたのです。
お父さんは、池田先生が娘を励ます姿をじっと見ていました。
“何ていうことだ!娘にめいわくばかりかけてきたのに、
先生は私にかわって、こんなにも娘を激励(げきれい)してくれている!”
ふかい反省と感謝とが込み上げてきました。

男泣き
 にお父さんは泣きました。
会合は女の子の見事な演奏で幕をとじました。
先生は帰りぎわ、ふたたび女の子を激励されました。
「墨田を守っていくんだよ」とおっしゃられました。
その日いらい、女の子のお父さんは、ピタリと酒をたち、
学会活動にはげむようになりました。
そのときの女の子は、いま、墨田婦人部のリーダーになり、地域の模範(もはん)となる立派な家庭を築いています。
(終わり)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-29 05:53 | 大白蓮華 | Comments(6)

ひらがな御書の役割分担


☆3者による合同作業で制作.

ひらがな御書は、2016年3月現在、10人の関係者が存在しています。
千早さんを始めとするスタッフの団結で作業が行われます。
そのプロセスは、1.ひらがな訳(元原稿作成)、2.校正(チェック)、3.プログラミング(入力)ですが、細かく申し上げると以下の10通りになります。
(①、④、⑤の青字がひらがな訳担当者のパートです)



<ひらなが御書の制作プロセス>

①制作したい御書名称(御書のページ含む)を管理人に伝える。

②管理人はHP掲示板Ⅰに、担当者の受付入力をする。
③管理人は段落を区切った元原稿を担当者にメールする。

④担当者は受け取った元原稿を分かち書きしながらひらがな入力する。
(ひらがな漢字交互文のみを作成する)
(交互文末尾にピリオドは打たない)
⑤担当者は完成した交互文を管理人にメール返信する。


⑥管理人は一通りのチェックを行い、問題点を修正し交互文の原稿を完成させ、
 プリントアウトして校正担当者に郵送する。

⑦校正担当者(Sさん)が原稿をチェックし、赤ペン修正する。
⑧校正担当者は赤ペン修正した原稿を管理人に郵送する。

⑨管理人は受け取った赤ペン箇所を修正し、交互文からひらがな文を作成、
 さらに背景と大意原稿を作成する。
⑩管理人は完成した原稿をホームページに組み込み投稿する。
(ジャンプ、リンク機能の作動確認も行う).



すなわち、元原稿を作る「ひらがな訳担当」、その内容の是非を確認する「校正担当」、そして、その手順を運びホームページに組む「プログラム担当」の3者の合同作業になっています。
この3者に加え、佐藤牧子さんが独自に完成した原稿を参考に「点字ソフト御書」を担当され、また、千早さんが実際にひらがな御書HPを使用し、実際に音声で問題の有無を確認していただいています。
さらに申し上げれば、HPをご覧になられる利用者、閲覧者の方が、任意で問題点をメールでお教えくださったりもします。
このように、大変、手間暇かけてHPは運営されています。
どの作業も欠かせないパートです。
スタッフの皆さま、また問題点をご指摘くださる皆さま。
尊い作業、本当にありがとうございます!^^

交互文分かち書きルールは、→ここをクリック!
ひらがな漢字交互文ルールは、→ここをクリック!
S氏の校正原稿は、→ここをクリック!
まちがい指摘は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-26 07:02 | ひらがな御書 | Comments(0)

ひらがな御書二周年


☆ひらがな訳88編を収録.^^

筆で書いた「ガンバレ、自分!」の文字を添付します。
b0312424_21422744.jpg

写真解説.「ガンバレ、自分!という文字の末尾にひらがなで「ひ」と書かれた赤い判子があります。「ひ」の判子は、私の広幸(HN)の「ひ」です」.

遅ればせながら、ひらがな御書HP、二周年のご挨拶を申し上げます。
(ブログ版ひらがな御書からは4年半です)
落ち着かない日々の中、挨拶が本日になってしまいました。^^
この1年、私自身多忙を極め、昨年は体調を崩したりもしましたが、各種ご支援を承り過去に倍する収録を果たすことができました。
3月16日までに、ひらがな御書88編、点字御書10編(エディタ御書)の投稿が終了しました。そして御書全集の20%を収録することができました。
結果、開目抄(かいもくしょう)、佐渡御書、兄弟抄、撰時抄 など、長編の御書を多数、収録できました。これは、大変嬉しい出来事でした。
スタッフの皆さまに、心より、御礼を申し上げます。

尚、このほど、ティ子さんがスタッフに加わってくださいました。
ティ子さんは今、大変困難な「御義口伝」のひらがな訳に挑戦くださっています。御義口伝は開目抄と双璧の、もっとも困難な御書です。
心から、その挑戦に御礼を申し上げたいと思います。
スタッフ登録スレッドは、→ここをクリック!
ご加入、誠にありがとうございました!^^

今後、私自身、体調管理に万全を期し、新たなる1年を歩む決意です。
3周年を迎える時、しっかり歩めた!頑張った!と言えるよう精進します。
これからも、宜しくお願い申し上げます!
昨年1周年の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-25 05:41 | ひらがな御書 | Comments(9)

兄弟抄(2016年4月度座談会御書)


☆三障四魔との戦いを明かす.
(さんしょうしまとの たたかいを あかす)

兄弟抄(きょうだいしょう)。
以下に、4月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている兄弟抄(1087ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

この ほうもんを もうすには かならず ま しゅったい すべし  
ま きそわずは しょうほうと しる べからず  
だい5の まきに いわく 
「ぎょうげ すでに つとめぬれば さんしょうしま ふんぜんとして きそい おこる ないし したがう べからず おそる べからず  
これに したがえば まさに ひとを して あくどうに むかわしむ これを おそれば しょうほうを しゅうすることを さまたぐ」とう うんぬん  
この しゃくは にちれんが みに あたる のみならず 
もんかの めいきょう なり  
つつしんで ならいつたえて みらいの しりょうと せよ.

○漢字文.

此の 法門を 申すには 必ず 魔 出来 すべし 
魔 競はずは 正法と 知る べからず 
第五の 巻に 云く 
「行解 既に 勤めぬれば 三障四魔 紛然として 競い 起る 
乃至 随う 可らず 畏る 可らず 
之に 随えば 将に 人 をして 悪道に 向わしむ 
之を 畏れば 正法を 修することを 妨ぐ」等 云云 
此の 釈は 日蓮が 身に 当る のみならず 門家の 明鏡 なり 
謹んで 習い伝えて 未来の 資糧と せよ.

○背景と大意.

文永12年(1275年)4月、
日蓮大聖人54歳の御時、池上兄弟に与えられた御書です。
兄の宗仲(むねなか)、弟の宗長(むねなが)は、四条金吾とほぼ同時期に日蓮大聖人の弟子となりましたが、父の康光(やすみつ)が極楽寺良観の熱心な信者であったため、父は兄弟の信心に反対し、兄の宗仲を二度に渡り勘当しました。
本抄は、一度目の勘当の時の御手紙です。兄弟、並びに兄弟の妻が団結し、退転することなく信心を全うするよう指導されています。
大聖人は、天台摩訶止観の「此の法門を申すには 必ず魔 出来すべし、魔 競はずは 正法と 知るべからず」、さらに六波羅蜜経の「心の師とは なるとも 心を師とせざれ」(1088)を引用され、仏道を成就するよう激励されています。
兄弟夫婦は一致団結して父を諌め、最終的に康光を大聖人に帰依させました。
帰依の1年後、康光は題目を唱えながら安らかにこの世を去りました。

○所感.


御文で重大な箇所は、「行解 既に 勤めぬれば」にあります。仏法への理解、また実践が深まった時、三障四魔(さんしょうしま)競い起るのです。
逆に行解が浅ければ、三障四魔は競いません。
四条金吾の君主、江間氏の背後に極楽寺良観の策謀がありましたが、この池上兄弟の父、康光の背後にも極楽寺良観がいました。
しかし、三障四魔(さんしょうしま)を乗り越えた池上兄弟。
まさに、「門家の明鏡なり、謹んで習い伝えて未来の資糧とせよ」の実証を今に伝える、模範となる信心の戦いでした。
三障四魔の記事は、→ここをクリック!

私は43歳の時、悩みを解決するために300万遍の唱題を果たし、その功徳で一切に勝利して、圏の壮年大会で体験発表をしました。
当時の体験は、→ここをクリック!
勝利した私は、全人生を広宣流布に捧げる決意に燃えていました。
しかし、その後、大変な出来事が発生しました。
ネット上ですから詳しく申し上げませんが、家族の一人が重病になったのです。
その病は、不治の病にしか思えないものでした。
一生、取り返しのつかないことになってしまったと嘆きました。
あまりなショックで私は御本尊の前に座れなくなりました。
3年間、死に物狂いで信心し、全てが解決した後、まさに三障四魔が紛然と競い起りました。けれど、1年後に解決され、乗り越えることができました。
今があるのは、この絶望的な難を乗り越えたからです。

尚、4月度大白蓮華73ページに、以下の池田先生のご指導があります。
「一生成仏という大空に悠々と舞い上がっていくには、難という烈風に向かって飛び立たなければならない。難に負けない信心こそが、永遠の幸福の城を築きゆく力です」・・私自身、これからも苦しい局面は続くと思います。
けれど、一切の苦難をバネに人間革命を果たすつもりです。

兄弟抄のひらがな御書は、→ここをクリック!
ひらがな漢字交互文は、→ここをクリック!
兄弟抄の別記事は、→ここをクリック!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-24 00:09 | 座談会御書 | Comments(2)

前略 千早さま(35)


☆冬は必ず春となる.^^

白いモクレンの花と桜の蕾の写真を添付します。
b0312424_045453.jpg

b0312424_051256.jpg<写真解説>
美しいモクレンの花が咲いていました。桜はつぼみを膨らませ、今にも咲きそうです。

通勤電車の車窓から見える河川敷は、今、菜の花が咲いています。
春、いいですよね。
元気なれる季節です。


先日、街を歩いていると、モクレンが綺麗に咲いていました。
大きな白い花を木の枝に沢山咲かせていました。次は桜が咲きますね。
これから一斉に爛漫と咲き誇ることでしょう!
過去のモクレン記事は、→ここをクリック!
思い出しました。一昨年の春に千早家を訪れたこと。
あのときは春の盛り。新緑まぶしく、花も沢山咲いていた。
ご家族様とお会いし、また地元の同志の方々ともお会いした。
その一部始終がまるで昨日のことのようです。(^^)
当時の記事は、→ここをクリック!
まさか、その翌年、また会えるとは思わなかった。
ひらがな御書のメンバーで祝賀会までできた。
当時の記事は、→ここをクリック!
今年は、ひらがな御書3周年へのスタートの年です。
やりますよ、今年もガンバリマスよ!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-23 05:48 | 前略 千早さま | Comments(2)

健康に関する池田先生の指導


☆新・人間革命第29巻「常楽」の指導.

池田先生は関西指導(1978年)で健康に関する指導をされている。

「広宣流布(こうせんるふ)のリーダーにとって強盛な信心に立つことが最も大事であるのは当然ですが、そのうえで、広く、深く、教養を身につけていかなければなりません。学歴や知識が、そのまま教養になるわけではありません。
学んだものが、知性、見識となって発揮され、人格の輝きになってこそ真実の教養です。それには多くの書を読んで、学び考え、自らを高めていく努力を、日々、続けていくことです。
第二に、広宣流布という遠征のために、健康でなければなりません。
暴飲暴食を慎み、食事の取り方を考える。疲れがたまったら工夫して休むようにする。毎日体操を続ける。また手洗い、うがいを励行する。定期的に健康診断を受けるなど、基本的なことを怠らず行っていくことが大事です。
仏法は道理です。信心をしているから大丈夫と考えるのは間違いです。
“健康になるぞ!”と深く決意し、唱題に励み、規則正しい生活を送っていく。それが信仰者の姿です。信心の世界にあっては、1つ1つの課題に対して、常に真剣に取り組んでいかなければなりません」

これは池田先生の実践がそのまま語られているのだと思います。
結核で30歳までしか生きられないと言われていた先生が88歳にして尚ご健康であられるのは、健康管理の実践をしっかりとされてきたからに他ならないからです。
「体操を続ける」「食事の散り方を考える」「疲れたら休む」
個々、体質に合った方法を見つける努力は必須です。
弟子として肝に銘じたい指導です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-22 06:37 | 怪我・病気対策 | Comments(0)

モスバーガーの味


☆失敗したモスバーガー.^^

普通のハンバーガーとライスバーガーの写真を添付します。

b0312424_15575384.jpg
b0312424_1610577.jpg<写真解説>
1枚目はノーマルのハンバーガーです。2枚目はライスバーガー「焼肉」です。

本日、出かけ先でカレーを食べようと奥さんと話しました。
カレー屋に向かう途中、モスバーガーの店舗が見えました。
気が変わり「ハンバーガーにしよう!」と店舗に近づくと、屋外に吊るされた広告に、美味しそうなハンバーガーの写真がありました。「復活、ライスバーガー」と書かれていました。「ふむ、ご飯のハンバーガーか。美味そうだな」・・
このようにインプットされ、結局、単細胞の私はライスバーガーのセットを注文しました。
一体、どんな味がするのでしょう?
モスバーガーは、完成するまで時間がかかります。
でも、その分、マクドナルドより美味しい。で、出てきました。こうしてライスバーガーを初めて食べたのです。さて、そのお味は・・

このライスバーガー、ご飯の間に焼肉とレタスが入っているのですが、ライスですから直接手に持てない。紙袋に入っているのですが、かなり奥にドテッと入り込んでいて、口がなかなか届かない。
何とか口にくわえてみるものの、焼き肉が前歯で切れない。(笑い)
そこで中身をズルズル出してご飯を食べようとするのですが、そのご飯が奥から動かず、仕方ないので焼肉やレタスを食べていたら、ほとんどご飯だけが残ってしまった。最後はほとんとご飯だけを食べることになってしまったのです。
ある意味、ご飯のおかずがポテトで、飲み物がコーラに。ご飯ですからコーラは合わず、お味噌汁がほしくなります。できればタクワンも。^^
ともかく、ご飯のおかずにポテトでは何の感動もありません。
と、いうことで大失敗したのです。(^^:
しかも、あんまりお腹が膨れず、物足りなかった。
口直しに、220円のノーマルハンバーガーを注文しました。
そのハンバーガーはパン生地がのっぺりしていてゴマもなく、「これで220円だもんな・・」と何とも盛り上がらないカタチでした。
でも、そのハンバーガーはとても美味しかったです。
パン生地もいいですね、感動ありましたよ。^^
(ノーマルバーガーはマクドも美味しい)

思いましたのは、ライスバーガー「焼肉」はリピートはないです。
ご飯なら、他の食べ物の方が絶対にいいです。
そもそも、ハンバーガーの店にご飯は合いません。
単品390円は高いと思います。(モスバーガーさんごめんなさい!)
ちなみに奥さんはカツバーガーのセットを食べていました。
カツバーガーは美味しかったようです。^^
ミスタードーナツは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-20 15:59 | 創価の森の小さな家 | Comments(6)

ホームドア東京五輪までに800駅


☆新型ホームドアが続々誕生.

山手線のホームドアと人身事故のときのメールを添付します。
b0312424_7195018.jpg

b0312424_7222648.jpg<写真解説>
1枚目は都内のホームドアの写真。ホームドアの前に人が2人立っています。
2枚目は、人身事故で動かなくなった山手線の中から送信したときの過去メール。「沢山、みんな死ぬ。何で死ぬ。こんな雨に日に」と書いている。


今、東京の主要駅ではホームドアの取り付け工事が進んでいる。
私が主に使う高田馬場駅のホームドアも最近完成した。
東京視覚障がい者協会(豊島区)が100人に行った調査では、半分の50名の視覚障がい者が「ホームから転落した経験がある」と回答した。
国交省によると、2014年度、「歩きスマホ」などが原因でホームから転落した人は32人いた。このような状況から、都内の各駅では急ピッチに工事が進んでいる。
東京五輪までに全国800の駅に設置するという。
(しかし、全国には約9500駅がある)

渋谷駅 は、まだ工事が行われていない。
良く使う駅なので早く付けてもらいたいものだ。
その理由は自殺者がとても多いからである。
特に、山手線の事故はいつものことで、朝に夕に飛び込む人が後を絶たない。
写真のメール映像は、帰宅途中の電車の中で書いたもの。
仕事でぐったり疲れている中の人身事故。本当に自殺が多い。
あまりにも多く、感傷にすら浸れなくなっている自分がある。
工事の問題はコスト。ホームの補強工事も必要な場合があり、1駅数億円から、数十億円かかることがネックである。
その中で、コストダウン型のホームドアが開発された。

新型ドア は、従来型の左右の扉のスライド型でなく、上下式のバーになっている装置(踏切の遮断機の竹竿のようなバーが上下に動く)が開発され、これは従来当たりの費用の半額でできるタイプである。
西日本ではバーが、ロープになっているタイプもあるという。
三本ほど横になっていて、電車が止まると、そのロープが上に上がる。
この新型の開発は嬉しいニュースである。
コストダウンが進めば、より多くの駅に採用されるからだ。
視覚障がい者にとって安全な駅は、晴眼者にとっても安全だ。
さらにホームドアの設置でワンマン運転も可能になり、長期的に見れば経費の削減にもなるという。人身事故も減り、経費も削減できる。一石二鳥だ。
今後、多くの駅に設置されることを切に望みたい。
歩きスマホ問題は、→ここをクリック!

追記:過去、電車とプラットホームの間に女性が落ちて助けたことがある。
しっかり動けず、今も自己嫌悪が残っています。
当時の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-20 07:50 | 自在の人 | Comments(8)

浄土と穢土と学会員


☆大東京を股にかけて働く!^^

都庁、都庁から見える富士山、東京ドームの写真です。
b0312424_2254327.jpg
b0312424_22541457.jpg
b0312424_22542582.jpg

写真解説.「1枚目、2枚目の写真は新宿都庁の写真。眼下に東京のビルがあり、遠方に残雪の美しい富士山が映っています。3枚目は、後楽園の高層ビルから撮影した東京ドーム。メロンパンのような屋根を上空から撮影しました」

先日は横浜、千葉へ。今日は東京へ。
あっちこっちと飛び回っております。
横浜の過去記事は、→ここをクリック!
有難いことに忙しい。都庁にまで仕事で出向きました。
都庁は警備が厳重になっていて、入館許可を得ないと入れません。
テロ対策です。日本は無防備ですし、このぐらいでちょうどいいですね。
「菊川さん、何の仕事をやっているの」ですって?
月光仮面のオジサンですから言えません。(笑い)
ともかく東京で仕事をして30年。ど田舎出身で苦労しました。
悩みに悩み、苦しみに苦しみ、必死で生きてきました。
今も悩みは尽きず、苦労多い毎日です。(^^)
でも、これが現実、これが穢土(えど)。それを浄土にするのが学会員!
浄土と穢土の記事は、→ここをクリック!
人生、浄土でも転落の人生がある。穢土のままの苦しい人生もある。
創価は穢土をも浄土に変革する。浄土をさらに永遠ならしめる!
これが本当の学会員の人生です。人間革命の人生です。
さあ今週も、もうひと踏ん張り。ガンバルゾ!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2016-03-17 22:57 | 創価の森の小さな家 | Comments(6)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
未分類

最新のコメント

とろサーモンさん、こんば..
by sokanomori3 at 22:48
メール返信いたしました。..
by sokanomori3 at 22:41
oh・・・無料配布・・超..
by とろサーモン at 21:32
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:14
大変、神経使う作業ですね..
by うるとらまん at 17:12
とろサーモンさん、ぶつい..
by sokanomori3 at 06:36
 今年は11.18に信濃..
by ぶつい at 06:02
こんばんわ。菊川さん、千..
by とろサーモン at 23:25
ぶついさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 18:39
 もう12年目になります..
by ぶつい at 11:49
とろサーモンさん、永遠の..
by sokanomori3 at 07:45
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 07:40
うるとらまんさん、おはよ..
by sokanomori3 at 07:36
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:33
素晴らしいと思います。 ..
by うるとらまん at 04:48
千早さんがやってきたの記..
by 千早 at 16:54
あ、私のコメントなんだか..
by 千早 at 15:45
> その後、嫉妬に狂った..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 11:41
菊川さん、記事紹介どうも..
by 千早 at 08:16
やっぱり、池田先生の小説..
by とろサーモン at 01:49

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア