<   2017年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

奇怪な森友学園の大騒ぎ


☆何のために騒いでいるの?

学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が23日、証人喚問となった。
結果、野党各党は首相夫人の昭恵氏の証人喚問を要求したという。
民進党の蓮舫代表は記者会見で「問題は幕引きでなく、幕が開けた」と指摘したらしい。
「昭恵夫人に国会で(籠池氏と)同じ条件の証人喚問で話してもらいたいと要求していく」
こんな風に言っているというのだ。
共産党の小池晃書記局長も会見で「(昭恵氏も取引に)関係していた疑いが極めて強い。徹底解明が必要だ」と強調したという。

一国の総理大臣夫妻が、どう見てもまともでな人と同等の立場となり、国会で大騒ぎ。
野党は倒閣の道具なら何でも使うということか。
http://sokamori2.exblog.jp/26727430/
http://sokafree.exblog.jp/26726283/

宗門が池田先生を蹴落とす作戦と酷似している。
http://sokamori2.exblog.jp/i49/
同じように「安倍晋三を攻めろ!」とマッチポンプ。
チカラがないからスキャンダルで大騒ぎするしかないのか。

もともと森友学園の問題だったのに、どうして首相夫妻の問題になっているのか。
民進、共産は本当にオカシナ政党だと思います。
二重国籍問題に答えない蓮舫。「お前が言うな!」と言いたい。
民進はいつから共産党路線になったのか。
批判、批判、大騒ぎ。批判、批判、バカ騒ぎ。
正常な人間のやることとは到底思えないです。



この記事は後日消去します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-24 06:09

春のピクニック


☆冬は必ず春となる.

昼食弁当と小川のある風景写真を以下に添付します。
b0312424_5541983.jpg
b0312424_5543822.jpg
b0312424_5544952.jpg

写真解説「1枚目は草が綺麗に刈られ、蒼い草が岸を覆っている小川の写真。2枚目はその小川にいた白鷺、3枚目はピクニックに持参したサンドイッチの弁当です」

春を見たくて奥さんとピクニックに行きました。
ピクニックにはサンドイッチがお似合い!
と、いうことで手作りサンドを奥さんの指導でつくりました。
sokafree.exblog.jp/26736969

この弁当をリュクサックに背負って家を出発。
ジョギング経験は数えきれませんがピクニックは初めてでした。
弁当を背負って歩くなんて小学校の遠足以来です。(笑い)
しかも私が生まれて初めて作ったサンドイッチがあるのです。
ウキウキで心の中に次の歌が鳴り響いていました。
www.youtube.com/watch?v=5qGesm
弁当を背負ってのウオーキング、気持ちよかったです。

桜のつぼみはまだ膨らんでいませんでした。
森の木の芽はまだ開きません。
これから1~2週間ほどで一気に春は街を覆い尽くすでしょう。
目的の公園に到着。昼食前に“うんてい”をしました。
sokafree.exblog.jp/267351
ジタバタで、何とも情けない。(笑い)

そんなことをして食べたサンドイッチの味は・・
コンビニのサンドとは大違い。MAX感動の味でした。
100倍の価値があるのです。しかもうまし!
手作りは味とともに“想い出”が詰まっている。
出発前に作って、2時間たって、それでこんな味なんだ!
サンドと共にイチゴとヨーグルト、お菓子も食べました。
恍惚となりましたよ。手作りサイコー!

身も胃袋も心も全部、満たされた春のピクニックでした。
この公園には過去に二度、訪れていました。
以下に当時の記事のURLを添付いたします。
sokafree.exblog.jp/25768386

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-23 06:01 | 創価の森の小さな家 | Comments(4)

ピクニック用サンドイッチ


☆初めてのサンドイッチ.

サンドイッチの調理手順の5枚の写真を添付します。
b0312424_2151515.jpg
b0312424_2153236.jpg
b0312424_2154430.jpg
b0312424_2155885.jpg
b0312424_2161433.jpg

写真解説「フライパンで卵、ソーセージを調理、サンドイッチの作成の写真です」

奥さんに指導していただきながらサンドイッチを作りました。
調理手順(2人前)は次の通りです。

1.フライパンに4分の1の水を入れ沸騰させる。
2.そこに2個の生卵をゆっくり落とし、フタをして蒸し焼きにする。
 (沸騰させないために時々フタを開ける)
3.続いて同じ方法で「縦に半分に切ったウインナーソーセージ」5本をゆでる。
4.食パン4枚をトースターで軽く焼き、バターとマスタードを塗る。
5.キュウリを食パンの長さに合わせて切り、これを縦に三当分する。
 レタスも食パンの大きさに合わせてカットする。
6.スライスハム、キュウリ、レタスの順で乗せ、マヨネーズをつける。
7.続いてウインナーソーセージを乗せてケチャップをつける。
8.蒸した目玉焼きを乗せてマヨネーズをつける。
9.その上にもう1枚の食パンを乗せて、上から抑える。
10.完成したサンドイッチをアルミホイールに包む。

以上、完成したサンドイッチアルミを1つずつビニール袋に入れました。
(目玉焼きの水分で汁が漏れる可能性があるため)
この他、イチゴ、お菓子、水筒(砂糖入り紅茶)を準備しました。
果たして、このサンドイッチのお味は・・
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-22 21:14 | 料理は魔法 | Comments(0)

57歳の青春の一コマ


☆弱い肩でチャレンジ.

ピクニック先の公園でうんていをする私の写真です。
b0312424_67948.jpg
b0312424_672261.jpg

写真解説「1枚目はうんていをしている最初の段階。2枚目はチカラ尽きつつある写真です」

ピクニックに行って“うんてい”をしました。
知らぬ間に奥さんが写真を撮っていたので、その写真を公開しました。
私が全身を見せたのは過去、あったでしょうか?
花粉症でマスクをしていたので使ってみました。

さて、ハーフマラソンは走れる体なのですが、肩はダメなんです。
五十肩を左右やって以来、鉄棒にぶら下がるのもなかなか厳しい。
ムリをすれば2~3回は懸垂できますが「肩が痛い」のです。
ちなみに昔は20回近くできていました。
ジタバタしているのが弱さの証拠。

いつか、10往復でもできる体にならないかなあ・・
でも、こればかりは自信がないのです。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-22 06:10 | 健康づくり | Comments(4)

邪宗門の僧の境涯


☆妬みと欲望の虜の命.

新人間革命でついに先生のお気持ちが語られました。
「(宗門は)妬みと欲望の虜になった」・・
言葉を変えれば「恨みと欲望」=「修羅と畜生と餓鬼」の命でしょう。
醜くく汚わらしい、卑しい心根の天魔たち。

大山の章は「起承転結の起」です。
邪宗門の真実の姿は、むしろこれから語られることでしょう。
以下に<別館>の最新記事を示します。
sokamori2.exblog.jp/26732194

さて、話は変わりますが明日から「ピクニックシリーズ」を書きます。
珍しく、私自身の写真を公開するつもり。
ご期待なさらず、お楽しみに!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-21 05:24

なぜ「法華経の智慧」は出版されたのか


☆須田晴夫氏の論文より.


須田晴夫氏は、元・創価学会教学部講義部長です。
sokafree.exblog.jp/26576902
名著「法華経の智慧」で池田先生と対談されたのが須田氏。
このほど「法華経の智慧」の解説が須田氏のホームページに発表されました。
以下にその主要な部分を抜粋して示します。

世界広布の為.

池田先生が言われたことがある。
それは、「日蓮仏法だけでは直ちに世界の人々には分からないよ。しかし、法華経や釈尊ということなら分かる。だから、まず法華経や釈尊を通して世界の人々を日蓮仏法に導いていくんだ」という趣旨のお話だった。

1990年に青年部の訪問団の一員として初めてインドを訪問させていただいた折、
大学教授の方々と懇談する機会があった。
「創価学会インタナショナル(SGI)」とはどういう団体かと質問された。
「日蓮大聖人の仏法の団体です」と答えたが、インドの先生方は怪訝な顔をしている。
そこで「南無妙法蓮華経の仏法の団体です」と言葉を重ねたが、怪訝な表情は変わらない。
聞いてみると、「日蓮」も「南無妙法蓮華経」も初めて聞く言葉だという。
話題を変えていろいろな話をしていったが、たまたま話が法華経ということになった。
すると、先生たちの顔がパッと輝いた。
「法華経(ロータス・スートラ)ならば私たちにも分かりますよ」というのである。
そして話題が「釈尊」ということになると、教授たちは「釈尊という方はこういう方ですね」と、とうとうと論じ始めた。
実際に法華経や釈尊を通して初めて対話が可能になった。
(この時)池田先生の言葉の意味がよく分かったものである。
池田先生は「法華経が分かれば大聖人の仏法が分かってくる。大聖人の仏法が分かってくると法華経が分かってくる。両者は表裏一体だよ」とも言われている。

正統性の証明の為.

正統性とは文字通り「正しい伝統」ということ。
つまり、「仏教三千年の正しい伝統」を今日に継承しているのが創価学会であるということを発信していく教学であるということである。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などを見ても千年を超える歴史を持つものが多い。
それに対して創価学会は牧口先生、戸田先生が創立してからまだ百年にも満たない。
とくに世界的な展開が開始されたのはまだ50年ほどである。
そのためか、世界的にはまだSGIがよく理解されていない。
重要なのが「三国四師」という言葉である。釈尊・天台・伝教、日蓮大聖人という系譜こそが仏教の本流であるということが「三国四師」という言葉の意味である。
そこで仏教正統の精神は、今日どこに継承されているか、ということが問題となる。
その仏教正統の精神を現代に継承し、実践しているのが「日蓮大聖人直結」の教団である創価学会であるということを示したのが「法華経の智慧」の趣旨である。

末法の経典の意義.

結論として、法華経とは誰のために説かれた経典なのか、ということを確認しておきたい。
まず法華経には二重の意義があるといわれる。
二重の意義とは釈尊在世のために説かれたという面と釈尊滅後のために説かれたという面の二つがあるということである。
法華経の真の意義は、末法に出現する本仏すなわち日蓮大聖人の出現を予言し、その化導を助けるために、あらかじめ仏が留め置いた経典であるというところにある。
そして、「日蓮等」と言われていることが重要である。
「日蓮等」であるから、法華経が説かれたのは大聖人お一人のためではない。
大聖人と同じ心で妙法を弘めていく門下全員のために説かれた経典である。
日蓮大聖人と同じ師弟不二の心で妙法を弘通しているのが創価学会・SGIである。
SGIが出現して初めて南無妙法蓮華経が全世界に弘まった。
すなわち法華経は、今日、創価学会が進めている世界広布を助けるために留め置かれた、私たちのための経典であるということができる。
まさに仏意は甚深という以外にない。

救っていく経典である.

法華経について、「救われる弟子から救う弟子へ」ということが言われる。
十大弟子など声聞の弟子は、法華経以前は成仏できないとされていたが、法華経の会座
えざにおいて初めて成仏が許され、救われることができた。
しかし、彼らはそこでとどまっていたのではない。
今度は、師匠の心を受け継いで、師匠に代わって民衆を救う戦いを起こしていった。
弟子たちの境涯が変わっていったのである。
つまり、法華経は弟子が弘める経典であり、妙法弘通のための経典である。
だから、民衆救済の実践がなければ、学問的に研究しただけでは法華経の心を理解することはできない。



以上、須田氏の「講演要旨」からその一部を抜粋いたしました。
詳しくは以下のURLをご一読いただければと思います。
www4.hp-ez.com/hp/haruosuda/page4
(PDFなので音声ソフトには対応いたしません)

海外に創価学会を説明する手順は、釈尊・法華経・日蓮大聖人・南無妙法蓮華経の順で説明することが一番理解されやすいということでした。
最後に、以下の文章で締めくくられていました。
「誰が妙法弘通の戦いを行っているのか。それを行っているのは、事実に照らして創価学会以外にない。だからこそ、創価学会に法華経を語る資格がある」・・
日蓮大聖人の仏法の正当な系統は、確かに唯一創価学会です。
そのありがたさを改めて教わった論文でした。

須田晴夫氏の経歴と著作物を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26370605

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-20 05:55 | 学会書籍のご案内 | Comments(1)

早春の風景 2


☆ほら春が来たよ.

林とモクレンと傾斜地の写真を以下に添付します。
b0312424_844652.jpg
b0312424_8441963.jpg
b0312424_8443117.jpg

写真解説「葉をつけていない樹木、つぼみをつけたモクレン、蒼い雑草の写真です」

2週間前の寒波は消え失せました。
モクレンが白い花のつぼみを開こうとしていました。
梅は寒風の中で咲きますが、ここまでくれば春をはっきり実感できる。
春の陽気に誘われてピクニックにでも行きましょうか。
なんだか、ウキウキの日曜日の朝です。
最後の寒波の記事URLを示します。
sokafree.exblog.jp/26728423
モクレンの別記事のURLを示します。
sokanomori.exblog.jp/17779

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-19 08:57 | つぶやき | Comments(0)

早春の風景 1


☆冬の最後の抵抗あり.

わが家のクルマが凍り付いた朝の写真を添付します。
b0312424_865545.jpg
b0312424_87498.jpg
b0312424_871515.jpg

写真解説「うっすらと凍ったクルマの正面、後ろ、横からの3枚写真です」

2週間前、強烈な寒波が来たときの写真です。
クルマは全身を凍らせていたし、真冬のような風が吹いていました。
でも、春が目前でしたから、その寒さも楽しめました。
このクルマ、凍ってブルーに見えますがグレーなのです。
購入当時(中古)の記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/18043060
これが最後の冬の抵抗でした。1週間後は・・
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-19 08:41 | つぶやき | Comments(0)

4周年に向けてスタート


☆往復書簡で5編を送付.

162ページの原稿を入れた封筒の写真を添付します。
b0312424_3353769.jpg


いよいよ4周年目のスタートです。
スタートにしては何と地味な写真(単なる封筒)でしょう。
浜口コウさん、ちよさん、ゆりこさんより頂いたひらがな訳原稿を校正。
昨日、ポストに投函。Sさんに郵送いたしました。

今回の御書は、三沢抄(みさわしょう)、十法界明因果抄(じっぽうかいみょういんがしょう)、三世諸仏総勘文教相廃立(さんぜしょぶつそうかんもんきょうそうはいりつ)17ページ、同生同名御書(どうしょうどうみょうごしょ)、四条金吾殿御返事(別名、煩悩即菩提御書)の5編。
ワープロ原稿で162ページのボリュームになりました。
ご支援、ありがとうございました!

「無事に届いてくれよ!」と念じつつポストに投函します。
その瞬間、いつもドキドキします。宝物の原稿ですからね。
「無事に届くだろうか。ちゃんと帰って来るだろうか」とソワソワします。
その原稿がSさんの校正を終えて自宅に戻ってくると・・
いつも心がパッと明るくなり、心の底から熱意が湧いてきます。
「さあ、頑張ろう!」と元気になるのです。

当面の目標は、8月中にひらがな御書を250編にすることです。
チカラの限り前進してまいります!

ひらがな御書ホームページのURLを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-19 03:48 | ひらがな御書 | Comments(4)

マスゴミによって増えるゴミ


☆批判オンリーは自殺行為.

マスコミをマスゴミと呼ぶ人がいる。
漢字にすると「増すゴミ」(増えるゴミ)であろうか。
ブログ炎上のように、日本のマスコミ、政治分野が大炎上。
森友学園問題でバカ騒ぎを続けている。
朝起きて、TVをつけるとことさら大騒ぎである。

批判オンリー野党には、年々、腹立たしさが大きくなる。
共産党の批判だけ活動は古くからそうだが、蓮舫民主もひどい。
とにかく大げさ。少々のことですぐ「辞任しろ!」のワンパターン。
自身の二重国籍にはダンマリ。で、「お前が言うな」ブーメラン。
とにかく、こんなバカ騒ぎばかりやっていると国が弱体化する。
民進党はそんなことも分からないのか。

日本はオカシイ。勿論、日本だけではない。
様々な国がオカシイ。ネットの発達で見えるようになったのか。
それとも、この近年にオカシクなったのか。
いずれにしても、批判オンリーなんて流行らない。
黙々と、無言で世のため人のために努力する・・
そういう生き方こそニュースにするべき。

近年オカシイのは評論、批判が巨大化していること。
そんな口先だけの騒ぎは飽き飽きです。
地に足をつけて仕事をしろ、と言いたい。

<別館>にも森友学園問題を記事にいたしました。
sokamori2.exblog.jp/26727430

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-03-18 08:33 | 政治 | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

ちよさん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:27
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:24
福島の壮年さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:18
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 21:14
千早さん 投稿時間が 1..
by ちよ at 21:11
さてさて、今回の籠池氏の..
by 福島の壮年 at 18:20
丘を越え行こうよ 口笛吹..
by 千早 at 11:18
ちよさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:11
とろサーモンさん、おはよ..
by sokanomori3 at 06:08
うんていと 逆上がり い..
by ちよ at 05:43
こんばんわ、菊川さん。い..
by とろサーモン at 22:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:30
菊川さんがどんなに ひら..
by 千早 at 23:29
確かに、インドの人たちに..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:45
大阪の学校のこともそうで..
by 永遠の凡夫こと凡ちゃん at 14:24
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 21:28
投函する時ドキドキする。..
by 千早 at 13:47
確信を持ちたい非公開さん..
by sokanomori3 at 06:09
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 05:57
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:50

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア