<   2017年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

普通のナポリタン


☆ケチャップで調理.

私が作ったナポリタンの写真を以下に添付します。
b0312424_5295918.jpg

写真解説「白いお皿に盛り付けたナポリタンスパゲッティの写真です」

きょうは、生まれて初めて作ったナポリタンのご紹介です。
YouTubeを見ると、いろいろなスパゲッティがありましたが、最初に作るのはナポリタンでしょう、ということでナポリタンに挑戦しました。
今さら驚いたのはケチャップで作るということ。
「へえ、ケチャップなんだ。トマトソースじゃないんだ」
いちいち、そんなふうに感動している私なのです。
レストランの高級ナポリタンはトマトソースみたいですが、庶民の味、ケチャップでどこまでの味なるのか・・いろいろYouTube見てみました。
どれがいいのか分からず、独自の方法にしました。

材料. (2人前)
1.パスタ160グラム。
2.玉ねぎ2分の1。
3.チョリソー(辛みのあるソーセージ)3本。
4.マッシュルーム1パック。
5.ピーマン1個。

ソース.
1.ケチャップ大さじ8杯。
2.ウスターソース中さじ1杯。

調理方法.
1.玉ねぎ、チョリソー、マッシュルーム、ピーマンを切っておく。
2.鍋に2リットルの水を入れて20グラムの塩を入れる。
3.お湯を煮立て、規定時間パスタをゆでる。
4.フライパンにオリーブオイル(大さじ2杯)を入れる。
5.パスタの具(玉ねぎなど)を全部、一度に入れて軽く炒める。
6.塩、コショウを入れて炒める。
7.規定時間の30秒前までパスタをゆでる。
8..ゆだったパスタをフライパンに入れ、パスタの具と混ぜる。
9.あらかじめ作っていたソースを入れて混ぜる。
10.水気がなくなるころ、バター20グラムを入れる。
11.パターが解けたら皿に盛り付ける。
12.パセリの粉末をかけて完成。
(パセリの粉は見た目を良くするため)

所感.
玉ねぎは大目に入れた方がよかったと思いました。
ポイントは、ケチャップソースで長めに炒め、水分を飛ばすということ。
この熱で、ケチャップに甘味が生まれるのだとか。
盛り付けて、「粉チーズ」をかけて食べました。
「へえ、ちゃんとした味だ」と嬉しかったです。
チョリソーはピリッとしていて美味しかったです。
マッシュルームはわざわざいらないと思いました。
マイタケでも、シメジでもいいでしょう。
ニンジンが入っていてもいいし、何が入っていてもいいのだと思いました。
思いの他、良い味だったので自信が持てました。

以下に、私が参考にしたYouTubeを添付します。
1.youtube.com/watch?v=T8abdu1I4cs
2.youtube.com/watch?v=Rm0qEIz8fHw
3.youtube.com/watch?v=4pV1mhbVvVw

トマトジュースで作るナポリタンYouTubeがありました。
次回は、この方法で作ってみたいです。
4.youtube.com/watch?v=ui-webgdHRc

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-29 05:32 | 料理は魔法 | Comments(6)

美味しいカップうどんの食べ方


☆生タレと粉タレの違い.

カップうどん「どん兵衛」の写真を2枚以下に添付します。
b0312424_4215926.jpg
b0312424_4221230.jpg

写真解説「1枚目位は2種類のどん兵衛を撮影したもの。向かって左が「生タレ」タイプ。右が「粉」タイプ。2枚目位は、お湯を注いで10分後の状態。油揚げが大きい」

先週のことである。
夜、事務所で夜食のため、カップラーメンにお湯を注いだ。
1分もたたない間に、会社のオーナーの姿を見た。
「お疲れさまです!」と挨拶すると、「打ち合わせをしよう」とのこと。
カップラーメンは諦めて打ち合わせを30分行った。
打ち合わせを終えてデスクに戻った。

カップラーメンを放置したのは人生で初めてだった。
「膨れてカップの外に垂れていないか?」と心配だったが、外見に変化はなかった。
カップをさわると生暖かい。フタを開けた。
「食べられるのだろうか?」と恐る恐る口にした。
柔らかくなっていたが、食べられなくもない。
これはこれで食べられるものだった。

翌日、この話を社内の知り合いにしたとろ、次の話があった。
「日清のどん兵衛を10分(規定時間の2倍)蒸らすと美味しくなるという話がネットに流れ、日清は「それはデマ情報だ」と反論したようなんですが、その後、日清の社員が10分蒸らして食べたところ美味しかったとネットに書いたようなんです」・・
その話を聞いた女子社員が昼食にどん兵衛を買ってきて、チャレンジすることになった。
大注目のその感想は「おいしい!」とのことであった。

そこで私は会社近くのコンビニでどん兵衛を1個購入、休日の昼食に食べることにした。
けれど、このイベントを私一人で楽しむのももったいない。
奥さんに話して2人で食べることにした。いつもスパーに行くと・・
どん兵衛の「生タレ」は売っていなかった。
そこで普通の粉タレのどん兵衛となり、写真の通り2種類になったのです。

生タレは後でスープを入れるが、粉タレは最初に入れた。
2つに湯を注ぎ、10分間放置した。
そして、この2つのうどんを食べ比べたのです。
果たして・・生タレはうまく、粉タレはまずかったのです。
と、いうか、生タレのどん兵衛は格段にうまいのです。
(粉タイプは最初に粉を入れたからマズかった?)

ネットで調べたら、生タレはコンビニ限定だとのこと。
スーパーには粉タイプしか売っていないことを知った。
さて、ともかく、10分ものの生タレどん兵衛は納得の美味しさでした。
これは御馳走ともいえるのです。麺が「生めん」なるのです。
油揚げも、なんだかふんわりして美味しい。

皆さま、どん兵衛生タレ10分うどん、お試しあれ。
絶対にお勧めですよ!^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-28 06:15 | 料理は魔法 | Comments(5)

東条景信(とうじょうかげのぶ)


☆立宗宣言以来の仏敵.


東条景信(とうじょう かげのぶ)。
安房国長狭郡東条郷(ながさごおり とうじょうのごう)の地頭。
念仏の強信者で、建長5年(1253年)4月28日、東条郷にある清澄寺で、大聖人が立宗宣言された時、東条景信は怒って大聖人に危害を加えようとした。
大聖人は清澄寺の兄弟子にかくまわれて脱出、鎌倉に渡られた。
景信はその後、大商人門下の大尼の領地の寺を奪おうとしたが、大聖人が味方した大尼が勝訴となった。この領地をめぐる争いもあって、景信はますます遺恨を深めた。
大聖人は建長3年(1263年)に伊豆流罪を赦免され帰郷、工藤吉隆(くどう よしたか)の邸宅に向かう途中、東条景信は数百人の兵で襲撃した。(小松原の法難)
この事件で、大聖人は頭部に深手を負われ、左手を骨折し、工藤吉隆と鏡忍房が殉教した。
東条景信は法難の後、しばらくして狂死したと伝えられる。



大尼と工藤吉隆の記事URLを以下に示します。
大尼:sokafree.exblog.jp/26805964
工藤:sokafree.exblog.jp/26881843

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-27 06:20 | 御書の登場人物 | Comments(0)

工藤吉隆(くどうよしたか)


☆小松原法難で殉教する.


工藤吉隆(くどう よしたか)。
安房国東条郡天津(千葉県鴨川市天津)の門下の武士です。
日蓮大聖人は、弘長3年文永元年(1263年)、御年42歳の時、1年9カ月に及ぶ伊豆流罪が許され、鎌倉に帰られました。
翌 文永元年(1264年)8月、大聖人は故郷の安房へ帰省。
母の病気平癒の祈りを捧げられました。(母は無事蘇生)
大聖人はしばらく故郷に留まり、弘教されました。
同年11月11日、大聖人は10人ほどの共を連れて工藤吉隆の屋敷に向かいました。
その途中、午後5時ごろ、大聖人一行が松原大路(小松原)で、待ち伏せしていた東条景信(とうじょうかげのぶ)の軍勢に襲撃を受けました。

念仏の強信者であった東条は、大聖人の「念仏無間」の破折に激しい憎悪を持ち、また、大聖人門の大尼との領地の支配権に敗北した恨みもあって襲撃したと考えられます。
領地問題の記述は以下のURLを参照ください。
sokafree.exblog.jp/26805964

待ち伏せの東条軍の数は「数百人」(1498)。
「(敵が)射る矢は降る雨のようであり、打つ太刀は稲妻のようであった」(1498)と仰せのように、10人を数百人の軍勢が襲ったのです。
この襲撃に対し、工藤吉隆は死力を尽くして戦い殉教します。
大聖人の弟子の僧・鏡忍房(きょうにんぼう)も死亡しました。
大聖人ご自身、額に深手の傷を負われ、左手を骨折されました。
大聖人は当時のことを「もはやこれまでという有様であったが、どうしたことであろうか、打ちもらされて今まで生きている」(1498)と記されています。

生前、工藤は「四恩抄」(935)を与えられています。
この御書は伊豆流罪中、弘長元年(1261年)1月16日にしたためられた御書です。
hiraganagosho.web.fc2.com/a935.html
大聖人は四恩抄の中で「流罪という難を受けていることは法華経の行者であることの証明である」と述べられています。
(以上、2017年大白蓮華6月号を参考に記述)

所感:大聖人門下で、最初の殉教者を出した小松原法難。
11月中旬の午後5時は、すでに日が落ちていた時刻でしょう。
薄暗い林の中から、無数の兵士が襲いました。
日蓮大聖人をお護りするために、おびただしい数の敵と戦う吉隆・・
もし、吉隆がいなければ大聖人の命はなかったでしょう。



大聖人門下の紹介カテゴリのURLを以下に示します。
http://sokafree.exblog.jp/i46

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-26 05:31 | 御書の登場人物 | Comments(2)

弥三郎殿御返事(2017年6月度座談会御書)


☆決戦の御書に学ぶ.

弥三郎殿御返事に書き込みのある御書の写真を添付します。
b0312424_21121163.jpg


弥三郎殿御返事(やさぶろうどのごへんじ)。
6月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている弥三郎殿御返事(1451ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

ただ ひとえに おもいきるべし ことしの せけんを かがみとせよ
そこばくの ひとの しぬるに いままで いきて ありつるは
この ことに あわんがため なりけり
これこそ うじがわを わたせし ところよ
これこそ せたを わたせし ところよ
なを あぐるか なを くだすかなり.

○漢字文.

但 偏に思い切るべし 今年の世間を鏡とせよ
若干の 人の死ぬるに 今まで生きて有りつるは 此の事に あはん為なりけり
此れこそ 宇治川を 渡せし所よ 是こそ 勢多を 渡せし所よ
名を揚るか 名をくだすかなり.


○背景と大意.

建治3年(1277年)、日蓮大聖人56歳の御時、門下の弥三郎に与えられた御書です。
弥三郎の詳細は明らかではありませんが、念仏僧と法論できるだけの教学力を備えた人物であり、所領を持てる身分であったことがうかがえます。
本抄で大聖人は、法論に臨む弥三郎に問答の内容を想定し、破折の方法いついて御指南され、「今まで生きて有りつるは此の事にあわん為なり」「名を揚ぐるか名をくだすかなり」と、弥三郎を激励されています。

当時、法論は命がけだったのでしょう。
今回の学習範囲の前文に以下の御文があります。

かまえて かまえて しょりょうを おしみ つまこを かえりみ
また ひとを たのみて あやぶむ ことなかれ.
構へて構へて 所領を惜み 妻子を顧りみ 又 人を憑みて あやぶむ事 無かれ

日蓮大聖人の仏法は世界一正しい仏法です。他宗は誤った宗教です。
その正邪は文証、理証、現証で決せられます。
しかしそれは、何も仏法の法論のことだけではありません。
生活、仕事などあらゆる分野に正邪があります。

そもそも正とは何で、邪とは何でしょうか。
正(しょう):本当であること。正しいこと。間違いがないこと。
邪(じゃ):正しくないこと。良くないこと。悪いこと。
正は、一に止める(とどめる)と書きます。
何かを果たすため、一番の方法、最高の存在という意味です。

正は安全で利益があります。邪は危険で損をします。
私たちは世界一の正法を実践しています。
ですから必ず世界一幸せになれるのです。

池田先生は「まず、勝つと決める。その上で行動を起こす」と述べられています。
河合師範の指導には「決めて、祈って、行動する」との指導があります。
河合師範の指導の記事うURLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/22302359

「ただ偏に思い切る」そして「祈り、行動する」・・
そうして、創価三代会長(牧口先生・戸田先生・池田先生)、無数の学会員が勝利してきました。
私たちも不二の戦いで勝利したいものです。

○所感.

私の所有の御書、弥三郎殿御返事の最終ページに「会社での幽閉生活。これを戦う為に生まれてきたのだ」と記したメモがあります。(上写真)
私が窓際族の時に書いたものです。
まさに「名を揚ぐるか名をくだすかなり」の命を懸けた戦いでした。
当時の窓際族体験のURLを以下に添付します。
sokanomori.exblog.jp/15414796

各々の宗派が「わが宗教には功徳がある」と言っています。
しかし、その教義の通りの功徳は本当にあるでしょうか。
私は信心根本で会社の圧力の中で戦いました。
そして宿敵は退職、私は執行役員に昇格しました。
sokafree.exblog.jp/26870641
私は絶体絶命の状態を脱し「名を揚げた」のです。

思い返せば、本気で決意して信心で戦って負けたことはありません。
不思議です。つくづく偉大な宗教と感じます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-24 21:57 | 座談会御書 | Comments(20)

1時間でリフレッュする方法


☆徹底的にキレイにする.

リフレッシュに使用した用具類の写真を添付します。
b0312424_2235131.jpg

写真解説「歯間清掃用の糸、歯ブラシ、綿棒、育毛剤スプレー、爪切りの写真です」

皆さま、休日をどのように過ごされていますか?
ゆっくり、のんびりされる人もおられましょう。
交流や活動に頑張られる人もおられましょう。
きょうは少ない休日をリフレッシュする方法についてお話します。
それは「全身くまなくキレイにする」というもの。

たまの休日、楽しみは「昼寝」と「全身美容」です。
「全身美容」というと大げさですね。
要するにお風呂につかり、頭の先からつま先まで徹底的にキレイにするのです。
仕事から帰ると、家族は布団に入って熟睡・・
疲れているしカラスの行水。朝もバタバタしている。
ストレス溜まりまくり、なのです。
でも休日で用事のないときは、一番風呂に入れる。
太陽光線が明るい夕方にあえて入ります。
これが贅沢なんです。最高なんですよ。

長湯しながら歯を磨きます。
まず、液体の洗浄液で口をクチュクチュし、糸ようじでコシコシ・・
歯の間の汚れを取って、次に歯ブラシで丹念に磨きます。
日ごろの3倍以上時間をかけてしっかりキレイにします。

目の洗浄をします。カップに洗浄液を入れて目を開けたり閉じたりする。
目を上下左右に動かし、スッキリさせます。
この時点で、かなりキモチイイ状態になっています。

頭と体を丹念に洗います。
髪の毛を隅々までシャンプー洗浄し、タオルに沢山石鹸を泡立てて丹念に体を洗います。
シャワーのお湯はたっぷり使います。(ケチケチしない)
体を洗っている間に「追い炊き」して浴槽の湯を熱くしておきます。
体が洗えたら熱いお湯に浸り、MAX気持ち良くなります。
風呂を出て清潔なタオルで拭いて、清潔な衣服を身に付けます。

育毛剤ゴシゴシと爪切りをします。
私は剥げてはいませんが「予防」で育毛剤を使います。
その育毛剤は良い香りがするし、頭皮がスーッとして気持ちいいのです。
エアゾルを濡れた頭にシュート吹いて、両手でゴシゴシすると・・
これが超快感なんです。ほえぇ!!という感じ。(笑い)
そして、手足の爪を切ってきれいに整えます。

リフレッシュの基本は「六根清浄」だと思います。
身も心も清浄にすること。これが何より一番です。
何も考えず、ただひたすら体中を磨く、整える。すると心も清められるのです。
上記の方法に加え、勤行・唱題、散歩、昼寝もセットにすると完璧ですね。
ついでに洗車したり、掃除したり、雑草取りも有効です。

最後の〆は、美味しい夕食を食べて、ぐっすり眠ることですね。
翌朝は気力充実、間違いなしです。
頑張るだけでなく、ご褒美も必要ですよー
モヤモヤしている人、お試しあれ!

追記:「美しくなると強くなる」という記事URLを添付します。
sokafree.exblog.jp/26812479
過去の育毛剤の記事URLを添付します。
sokanomori.exblog.jp/20460808

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-23 05:39 | 怪我・病気対策 | Comments(2)

ぱぱんださんの悩み


☆能力の上下に悩む人々へ.

<別館>にて学校教師のぱぱんださんの悩みを記事にしています。
ぱぱんださんの悩みはまだ明快な段階ではありません。
でも、「能力の上下は人の価値の上下」と捉えていらっしゃるようなのです。
「能力の上下は人の価値の上下」と考えている人は意外と多いのではないか。
確かにそのように思っている人は沢山いるでしょう。
でも、私はそうは思わないのです。全然、考えが違う。
能力が劣っていても、能力は発揮できるからです。
さらに申し上げるなら、能力の上下で幸・不幸も決まらない。
そのことを私はこれからお話するつもりです。

以下に、現段階の記事4つのURLを以下に示します。
同様のことでお悩みの方はぜひ見でほしいです。
1.sokamori2.exblog.jp/26870768
2.sokamori2.exblog.jp/26871540
3.sokamori2.exblog.jp/26874510
4.sokamori2.exblog.jp/26876768

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-22 05:41 | 別館のご案内 | Comments(4)

5分間のチカラ(御書講義)


☆勇気と希望を伝える.


昨日の座談会は内容がてんこ盛りでした。
そのメインは2人の女子部の体験発表でした。
青年大会に参加した歓喜の話や進学、就職活動の体験が語られました。
1人は東京芸大に合格して、その作品を見せていただいた。
1人は大学4年生で早々と就職を勝ち取って、来年から社会人なる。
輝いているんです2人とも。もう、泣きそうなるぐらい素晴らしい体験でした。
未来の創価学会を背負う大人材に大拍手でした。

私の担当は御書講義でした。与えられた時間は5分。
この5分を印象のない大白蓮華の棒読み講義にだけはしてはならない。
5分は「あっという間」です。でも、鮮烈な5分、突き刺さる5分にしたかった。
会合は夜の7時半に始まったのですが、その2時間前からあれこれ考えました。
とくに今回の会合は未来ある女子部(学生部)がいた。
だから何としても印象に残る講義にしたかった。

会合前に30分間唱題しました。
良い講義に欠かせないのがお題目なんです。
御書を開きました。そこに2001年の窓際族の時のメモがありました。
「2001年6月12日、進退伺を出した日、これを読む」
進退伺とは、当時対立していた常務との抗争を代表取締役に提出した文書です。
進むも退するもできない。よって、会社で判断してください。
その判断に私は従いますよ、という内容でした。
そのメモのある御書が、今回の座談会御書だったのです。
以下にその御書記事のURLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26811707

座談会会場には10分前に到着しました。
会場は唱題してましたから、さらに10分、御書講義の成功を祈りました。
「日本一の御書講義をさせてください!」と祈りました。
今月の御書は四条金吾殿御返事。「なにの兵法よりも法華経の兵法をもちい給うべし」「臆病にては叶うべからず」の有名な御書です。全員で御書を拝読し、講義に入りました。
以下にその講義内容を再現いたします。

この御書は、一言でいうならば「臆病であってはならない」「信心は無敵だ」という御書です。
まず、47ページの背景と大意を見てみましょう。
日蓮大聖人は、佐渡流罪からご帰還され、大勝利されて身延に入山されました。
大聖人の勝利の一部始終を見て歓喜した四条金吾は、君主の江間氏を折伏します。
そのことが原因して金吾は迫害を受けます。
金吾は大聖人に指導を受けながら忍耐で戦いました。
結果、信頼を回復、三倍の領地を得るという大勝利しました。
けれど、その大勝利の後も苦難は続きます。襲撃を受けたのです。
今月の御書は、その金吾に対する大聖人の御手紙です。
では、48ページに戻りましょう。
ここに「敵を皆、ことごとく打ち破る」という経文が記されています。
信心根本で勇気を持って信心をするなら、敵を打ち破れるというのです。
私は、この御書を座談会の前に開いて一通り読みました。
(このとき会場で御書を開きました)
私の御書には次のように書かれてありました。
「2001年6月12日、進退伺を出した日、これを読む」
これは当時、会社の常務との抗争に巻き込まれ、会社に進退伺を提出したのです。
当時、私は部長職で、部門には10人の部下がいる立場でしたが、この抗争で私は部門を外され、窓際族となり、朝出社して夕方まで、何一つ仕事を与えられないというイジメを受けました。
そのイジメは2年3ヵ月も続きました。
このとき、私はこの四条金吾の御書を何度も何度も食い入るように読みました。
10回ということはないです。20回、30回と呼んで、必死に信心をしました。
この苦難の3年の間に、私は御書全集を3回拝読し、300万遍のお題目をあげ、10人の仏法対話をして2つの本尊流布を果たしました。この御書の通り、私は信心で戦ったのです。
結果、どうなったか。私をイジメた常務は退職、私は執行役員になりました。
まったく、この御書の通りなんです。私は勝利しました。
人生、無傷で歩める人なんかいません。
必ず人生には、恐ろしいことや苦難が必ずあります。
どうかその時には、この御書を開いてください。
私もこれらかもこの御書ととともに苦難を乗り越えて行きます。
以上で御書講義を終わります。
ありがとうございました。



2人の女子部は真剣に聞いていました。
人生には山もあるし谷も、まさかの坂もある。
そのとき、信心根本に立ち上がってほしい。そのメッセージは伝わったと思いました。
会合終了後、体験発表した女子部に声をかけました。
「ずっと見守っていますからね」・・
この会合には本年3月に入信したばかりの男子部も参加されていました。
その男子部を折伏した壮年部員が次のように言いました。
「菊川さんの講義、よかった。彼は今、仕事で悩んでいるんです」・・

つくづく思うことは「あの苦難があってよかった」ということ。
離婚も窓際族も、その他の様々な苦しみ、悲しみも、全部財産なんですね。
その私の財産となった体験記事URLを以下に添付します。
離婚:sokanomori.exblog.jp/15414508
窓際:sokanomori.exblog.jp/15414796

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-21 06:20 | 座談会御書 | Comments(8)

サカマキガイ掃討作戦3


☆100%の勝利を目指す.


みなさん、おはようございます。
sokafree.exblog.jp/26843578
上記の作戦から2週間を経て念願の掃討作戦をこれから実施します。
本日は、サカマキガイ対策を写真を使ってライブ中継いたします。
2週間乾燥させた水槽の砂を強烈な太陽光線に当てるのです。
写真は、2週間乾燥させていた砂のバケツです。

b0312424_718243.jpg

7時20分. (直射日光による消毒)
駐車場にブルーシート敷き、このバケツの砂をまきました。
ほら、2週間たっても、まだ湿気っている部分がありますね。
こういうところに仮死状態で生きているかも・・
ですから、この砂を広げて干しました。

b0312424_7184167.jpg

9時00分. 今、太陽がしっかり当たっています。
このまま夕方まで放置したいと思います。

11時30分. (砂浜のように熱い砂)
手で触って確かめてみたら、砂が「アチチッ!」状態です。
これはサカマキガイも助からないでしょう。
100%勝利は間違いないです!^^

15時50分.
(作業終了のこと)
朝から7時間、日干し作業を行い終了いたしました。
もう十分でしょう。7時間の完全乾燥で100%駆除完了?です。
以下にその勝利の記念写真を2枚添付します。

b0312424_15321817.jpg
b0312424_15322961.jpg

1枚目は乾燥が終わった砂と、ブルーシートを押さえた鉄アレイです。
2枚目はバケツに駆除を終えた砂を戻して保管した状態です。
今日の作業は以上にて終了いたします。



これで以下のURL記事のような平和な水槽になるでしょうか。
sokafree.exblog.jp/25916582

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-20 07:38 | サカマキガイ対策 | Comments(0)

日蓮正宗・開道寺住職の暴行事件


☆日顕と師弟不二の悪行.


創価新報に正宗僧侶の暴行事件が報じられました。
ときどき、僧侶が驚きの事件を起こします。
聖職であるあるはずの「お坊さん」が、パワハラ、セクハラ、飲酒運転などで逮捕されたり、裁判になることはなはだ多し。僧は少欲知足で慈悲深いはずなのに・・
前回、「下着泥棒で逮捕された僧侶も出てしまった」と書きましたが、その僧侶の具体的犯行についてお伝えいたします。
前回記事のURLを以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/26852800

内容は実名報道されていますが、当ブログではNと表現します。

<N事件に見る日顕宗の実像>

2016年8月23日、北海道・開道寺の住職N(46)は、静岡県三島市内などの路上で、2人の女性を襲ってケガを負わせた上、その犯行時に女性の下着を奪うなどして、強制わいせつ致傷、窃盗の罪で逮捕された。Nは公判の中で「ストレスがたまっていた」と述べた。
3月10日、静岡地方裁判所はNに対し、懲役3年、保護観察付執行猶予5年の判決を言い渡した。
(創価新報5月17日より)



この事件は46歳の現役僧侶の事件です
上記の抜粋内容は記事のごく一部ですが、読んでキモチ悪くなりました。
N住職は、北海道の開道寺の住職ですが、わざわざ静岡県で(おそらく大石寺の会合に出向いて)事件を起こした。その理由が「ストレス」だとのこと。
いったい、何のストレスか。正宗の僧侶の生活がストレスか。
ストレスで、一人ならず二人も、こんなことをするのか。
まったく理解できない、僧侶にあるまじき事件です。

このNは、この事件で僧籍を失い、今は正宗とは関係ありませんが、当時は日蓮正宗の正式な僧侶でした。正宗の僧侶の実態が顕われた事件と思います。
そもそも、師匠である阿部日顕そのものがシアトル事件を起こしており、私個人としては「悪の師弟不二」としての果報ではないかと思います。
可哀そうなのは被害者で、突然、暴行されて下着を奪われた。
その相手が、お寺のお坊さんだという現実は、あまりに異常な事件ですし、おそらく生涯、トラウマになることでしょう。
被害者が可哀そうでなりません。

実は、このN住職の兄も正宗の僧侶です
その兄は、交通事故で相手のクルマの運転手を死亡させています。
その際、クルマの車検は1年前に切れており、自賠責保険に加入していなかった。
この事件で、やはり同じく兄は僧籍をはく奪されました。
しかし、さらに驚くことは、この兄は再び日蓮正宗の僧侶に復帰しているのです。
まったく理解できない正宗の行動に、言葉もありません。

日蓮正宗が何を言おうが、このような異常な出来事が頻繁に起こっていること自体、正宗が邪教の証左でしょう。過去より申し上げていますが「理屈」ではありません。
「現証」こそが真実です。「大御本尊は偉大だ」と言っても説得力はありません。
参考に日蓮正宗・開道寺のホームページを示します。
kaidouji.wordpress.com

今、小説・新人間革命の最終巻、第30巻の連載で、宗門の恐るべき実態が語られています。
私たちは先生の御執筆に学び、宗門の邪悪を認識したいものです。
しっかりと拝し、心肝に染めてまいりましょう。

以下に、新人間革命第30巻の読書感想文URLを示します。
sokamori2.exblog.jp/i49

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2017-05-20 05:42 | 創価学会批判 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ対策
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
未分類

最新のコメント

非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 23:14
kaisenさん、<別館..
by sokanomori3 at 06:17
というか もう決着ついて..
by ちよ at 05:47
kaisenさん、スミマ..
by sokanomori3 at 23:02
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:52
菊川様、連投スミマセン。..
by kaisen at 18:59
菊川様 コメントありが..
by kaisen at 18:40
おっと。。f^_^;  ..
by 師弟誓願 at 07:18
kaisenさん、古くか..
by sokanomori3 at 22:05
菊川様お久しぶりです。 ..
by kaisen at 15:03
>天気のことすら祈ってい..
by 凡ちゃん at 00:32
超科学主義者でした・・・..
by 凡ちゃん at 00:00
会合の前日まで大結集に走..
by 師弟誓願 at 15:52
>「祈ると晴れる」と言わ..
by sokanomori3 at 06:24
【模範解答】 随筆..
by 師弟誓願 at 01:39
「難しい」の意味は何を指..
by 師弟誓願 at 01:36
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:58
日野原先生亡くなってしま..
by 千早 at 07:32
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:54
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 21:29

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア