聖教新聞の四コマ漫画


☆「ちーちゃん家」がオモシロイ.

聖教新聞の四コマ漫画の写真を以下に添付します。
b0312424_21233718.jpg


たまたま聖教新聞のスポーツ欄を見た。
そこに何とも面白い四コマ漫画があった。
ちーちゃん家(ちーちゃんち)という漫画である。
作者名が「堀田あきお・かよ」とある。夫婦で描いているのだろうか?

実は、私は四コマ漫画をまったく見ていなかった。
1年に何度かちらりと見る程度である。
そもそもスポーツ欄すら見ないのである。
でも、昨日の四コマ漫画が面白かったし、猫がかわいかった。
わが家の飼い猫ラッキーにそっくりの猫なのである。

四コマ漫画のストリーは次のような内容だ。
宅配便が届けられ、ちーちゃんのお父さん?が「ごくろうさまー」と受け取る。
お父さんは段ボール箱から中身を取り出し「ほら、チロ。おまえの新しいおうちが来たぞ」と猫用ベッドを床に嬉しそうに広げる。(チロとは猫の名前)
お父さんは可愛いチロに「どうだ?」と語りかける。
見ると猫は段ボール箱に入ってリラックスしている。
それを見たお父さんは「そっちじゃないって!」とつぶやく・・

ラストシーンの猫の無表情な顔と、しらけたお父さんの雰囲気がなんとも微笑ましい。
この漫画のタッチは見たことがある。でも、ちらりと見た程度だ。
イラストがなんとも味わいのある良い絵柄。(好みです)
昨夜、帰宅して数日分を見たが、どれも面白かった。
尚、ちーちゃんというのはおかっぱ頭のかわいい女の子である。
連載は205番だから、昨年スタートしたようだ。

私は聖教新聞のスポーツ欄や時事、テレビ欄はまったく見ていなかった。
でも、こんなに面白いものがあるなら今後は見ようと思います。
段ボールのラッキー記事を以下に4つご紹介します。
sokanomori.exblog.jp/20834045
sokanomori.exblog.jp/19657920
sokanomori.exblog.jp/18072741
sokanomori.exblog.jp/13174486

次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-06 05:43 | 聖教新聞 | Comments(6)

続・三世を変革できる宗教


☆この世で一番美しい思い出.

創価の森通信のオリジナル青猫イラストを以下に添付します。

b0312424_22415931.jpg昨日、「過去を変えることができる信心」と題して池田先生の想い出を記事にしました。
sokafree.exblog.jp/26764621
友人のhanaはどう思い行動したのでしょうか。
当時のことを聞きたくて、hanaに電話をしました。
半年ぶりぐらいでしょうか。
でも、離れ離れという気がしない親友です。
その電話の内容を以下に再現しましょう。


菊川 「創大の体育祭に行けば先生に会えると思った?」
hana 「そう。それで行った」
菊川 「あのとき森の中を歩いていた。そうしたら記念撮影になったね」
hana 「いや、あれは古典の家で先生を待っていたんだよ」
菊川 「そうなの? 先生がそこにいらっしゃるとなぜ分かった?」
hana 「会いたい一心だったし、雰囲気で分かった」
菊川 「古典の家って、どういう建物なんだろう?」
hana 「古典の家だったか、万葉の家だったか。どっちだったかな・・」
菊川 「でもhana、凄いな。雰囲気で分かるんだ」
菊川 「あのとき先生は無言だったよね?」
hana 「いや、先生は背の高い学生と話していたんだよ。
    先生は“孤独の人は強くなるんだ”とおっしゃった」
菊川 「へえ、そうなんだ。僕は終始無言だったような印象しかない」
hana 「菊川は先生から離れていたから聞こえなかったんだ。
    僕は近くにいたから聞こえた。
    あのころ孤独だったから凄く心に響いた」
菊川 「送られてきた写真を見て、あんなに人がいるなんて思わなかったよ」
hana 「そう。僕も写真を見て、びっくりした」
菊川 「先生しか見ていないからね。そうなるわな」
hana 「そうだね。僕も先生しか見ていなかった」
菊川 「hana感謝しているよ。あの時、先生に会わせてもらったこと。
    今、小説・新人間革命で当時のことが語られていて、新聞が待ち遠しくて仕方ない。
    朝5時に起きて、ずっと新聞が来るのを待っているんだ。
    38年経過して、あの時のことがあるから深く読める」
hana 「宿縁だね。純粋だったね、あのころは」
菊川 「あのさ、hanaは当時、宗門問題は知っていた?」
hana 「ある程度のことは知っていたよ」
菊川 「じゃあ、会長勇退が宗門問題だったことも知ってた?」
hana 「それは知らなかった」
hana 「会長勇退のテレビを見て、あのとき壁にもたれて菊川は泣いていた。
    そのことは憶えている?」
菊川 「僕が? へー、同じ部屋で一緒にテレビ見てたんだー」
haha 「うん。それで壁にもたれて泣いていた」
菊川 「泣いたのは憶えている。でも、壁にもたれていたなんて覚えていない。
    ましてやhanaと一緒だったとも記憶にない。
    じゃあ、yamaさんの部屋だったのかなー」
hana 「僕は会合で池田先生に再びお会いした。最前列で先生の指揮を見た。
    そのとき、先生は“仏法は勝負”って何度もおっしゃられた」
菊川 「ほえー、それはスゴイな。さすが!」
菊川 「憶えている? 僕が新聞の池田先生の顔にマジックでメガネを描いたこと」
hana 「知らない。覚えていない」
菊川 「覚えていないか。 “何んちゅうことするか!”ってhanaに怒られたんだ。
    でもその先生への思いが凄いなあって思ったよ」
haha 「そうだったっけ?」

hanaとの対話をリアルに再現してみました。
古典の家は、当時の記憶では小さな家でした。(今はない)
池田先生の居場所を親友の一念が見抜き、お待ちし、お会いできた。
今から振り返れば、夢のような出来事でした。

hanaから聞いた「孤独の人は強くなる」との言葉が何とも心に響きました。
当時、私もhanaも志望校に行けず惨めで孤独でした。
「孤独の人は強くなる」は、その通り。確かに僕たちは強く幸せになった。
でも当時の先生もまた勇退直後で「孤独の人」であられた。
小説・新人間革命30巻の連載で当時のことを知り、今さら驚いております。
http://sokamori2.exblog.jp/i49



hanaのことを書いた記事のURLを以下に添付します。
sokanomori.exblog.jp/11925327
sokafree.exblog.jp/24630356

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-05 05:27 | 体験談 | Comments(4)

三世を変革できる宗教


☆過去は変えられる.

創価の森通信のオリジナル赤猫イラストを以下に添付します。

b0312424_55345.jpg「過去は変えられない」とよく聞きます。
私も「過去が変わるはずはない」と信じていました。
しかし、過去は変えられるし、事実、変わります。

私が19歳の時のこと
それは1979年(昭和54年)のこと。
輝かしい創大生と自分を見比べて私は落ち込んでいました。
志望校に行けなかった私は、他と見比べて悩んでいたのです。
その時代に、私は創価大学の森で池田先生に出会いました。

親友のhanaが「池田先生に会いに行こう!」と言うのです
導かれるままにhanaと行動を共にしました。
その日、創価大学で体育祭が行われていました。
大学の運動場のスタンドで創大生が運動会を楽しんでいました。
しかし、池田先生は姿を現しません。ぼんやりと体育祭を眺めました。
夕方、創大の森を歩いていると、hanaが「池田先生だ!」と叫び走り始めました。
その方向に行くと、そこに池田先生がいらっしゃいました。
やがてカメラマンが「写真撮影をします!」と言いました。
記念撮影が行われました。カメラのフラッシュがたかれ、先生はどこかに行かれました。
付き人が住所と名前を用紙に書くようにと署名を求めました。
太陽が落ちた薄暗い森の中で名前と住所を記入しました。

hanaは、池田先生にお会いしたいとの一念で題目をあげていたそうです

私はただついて行っただけ。先生にお会いしたいなどと一遍も唱えていません。
Hanaの一念が、私を師匠に会わせてくれた。
後日、下宿に記念写真が送られてきました。
20人にも満たないと思っていたのですが、40人ほどいました。
その当時の記念写真記事URLを以下に添付します。
sokanomori.exblog.jp/11277896

当時、あんなにひどい仕打ちを宗門から受けていたなんて知りません
ただひたすら、先生は偉大な人であり、私は意気地のない不幸な人間でしかなかった。
当時の私は池田先生に報告できる誉など何一つありません。
ふがいない自分を先生は全部、見抜いていらっやる・・
そんなふうに思ったものでした。

池田先生にお会いした私したが、惨めな青春は何も変わりませんでした
夢もなく、ただ灰色の未来だけがありました。そうして昭和54年は終わりました。
あれから38星霜が経過しました。19歳の私は57歳になりました。
過去より現在まで、池田先生に無数のご指導を、新聞や書籍、同時放送でいただきました。
そして今、私は想像を絶する幸福な人生を歩んでいます。

人生は不思議です。あの惨めな生活はすっかり消え失せました
あの惨めな過去が、美しく、誇らしい過去になっているのですから。
過去は変わらないのではありません。過去は変わるのです。
今が良く変われば、過去も良く変わるのです。本当です。

不思議ですが、あの離婚体験すら美しく嬉しい体験に変わったのです。
sokanomori.exblog.jp/15414508

読者の皆さまの中に、惨めで苦しく砂を噛むような生活をされている人がいるかも知れない。
すぐに答えは出ないかも知れない。でも、大丈夫ですよ。絶対に大丈夫です。
10年、20年と退転なく学会に在籍し、ほんの少しでも祈り、ほんの少しでも学ぶことです。
やがて過去も含めて、楽しく、誇りの持てるあなたになれることでしょう。

新人間革命30巻の連載はサプライズなのです
それは、当時のことを語ってくださっているから。
もしかすれば、お会いした当日のことも書いてくださるかも知れない。
その報恩のためにも、深く深く拝している今日この頃です。



小説・新人間革命30巻の読書感想文URLを以下に示します。
http://sokamori2.exblog.jp/i49
在在諸仏土常与師倶生の別記事URLを以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/26569171

この記事の続編は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-04 05:59 | 体験談 | Comments(11)

邪宗門よ、今に見よ!


新人間革命が楽しみ!

枝を切られた街路樹の写真を添付します。
b0312424_21413118.jpg

毎日が歓喜の日々です。
なぜなら小説・新人間革命が連載されているから。
それが昭和54年、私が師匠とお会いした年だから。
宗門にこの樹木のごとく切られた学会・・
でも、じっとこらえて、今に見よ!との先生の歩み・・
池田先生は「巌窟王」になられ、邪宗門に永遠の決別を宣言されるでしょう。
そのことが語られる「雌伏の章」だと思っています。
今の歓喜を<別館>にて綴っております。
sokamori2.exblog.jp/i49



追記:私は19歳の時に池田先生にお会いしました。
sokafree.exblog.jp/26764621

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-03 05:14 | 新人間革命読書感想文 | Comments(5)

包丁の管理方法


☆調理道具を大切にする.

砥石で研いだ包丁6本の写真を以下に添付します。
b0312424_6255588.jpg

今回、生まれて初めて「まともな包丁研ぎ」に挑戦しました。
包丁研ぎで参考にしたYouTubeを以下に示します。
youtube.com/watch?v=rwqhErGAJxU&t
youtubeは厳格に方法を述べていますが、ほぼ無視しました。
角度と押し方を参考にしただけ。とにかく適当にゴシゴシ・・
刃先に手のひらを当てて刃をさわると「鋭さ」が分かりました。
工夫したのは、バナナの皮があったので「試し切り」をしたこと。
試し切りが一番です。スッと切れる包丁になりましたよ。
作業終了後、洗剤で洗ってしっかり乾燥させました。
何だか気持ちいい。料理のやる気も出てきました。
調理用具のメンテナンス、大事ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-02 06:26 | 夢修行 | Comments(0)

エイプリルフールのつぶやき


☆終日つぶやき生中継です.

本日は、ときどきつぶやき記事にします。

6時05分. 今日はエイプリルフールです.
ウィキペディアからエイプリルフールとは何かを抜粋します。

エイプリルフール(英語: April Fools' Day)とは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことである。4月1日の正午までに限るとも言い伝えられている

有力とされる起源説を以下に挙げるが、仮説の域を出ていない。
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた(これ以降は嘘の起源と思われる)。
しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。
そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった・・

何だか悲しい話ですね。

6時19分. 過去のエイプリルフール記事について.
さて、今日はエイプリルフールですが、ウソはつきたくない。
過去、エイプリルフールということでウソの記事を書いたことがある。
当時の真っ赤なウソ記事URLを以下に示す。
sokanomori.exblog.jp/19768656

7時30分. <別館>記事のこと.
別館に「朴槿恵氏の拘置所生活」と題する記事を投稿しました。
sokamori2.exblog.jp/26757632
尚、別館には新人間革命30巻の読書感想文を随時掲載しています。
以下に、本日の掲載記事写真と記事URLを添付します。
sokamori2.exblog.jp/26748291

b0312424_733631.jpg


12時55分. 午前中の活動と食事.
午前中は部員さん回りでビックリ!
大・大幹部が引っ越しされて来て、話してMAX大感動!でした。
仏間でお茶をいただきながら1時間ほど談話。大変に立派な人でした。
学会はスゴイ。これからもしっかり吸収して成長したい!です。
その後、家族で美味しいラーメン屋さんで昼食しました。
無料だったのでライスも食べたらお腹がパンパンになりました。

15時18分. ひらがな御書2編投稿.
短い御書ですが2編投稿、累計で225編となりました。
225.松野尼御前御返事(まつのあまごぜんごへんじ)
224.破信堕悪御書(はしんだあくごしょ)

17時20分. 包丁研ぎをしました.
切れ味の悪い包丁6本を砥石で入念に磨きました。
まともに包丁研ぎすらしたことはなく、一応、YouTubeで学びました。
切れ味を取り戻した包丁の写真記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26759944
これから早々にお風呂にてリラックスします。

21時30分. 協議会から帰宅しました.
本日は「統監」を含む協議会で、活発な協議をしました。
小・中・高、さらに学生部も含め、カードを書き直す作業を行いました。
その後は、座談会の内容の話し合いで、難関の大学に合格した未来部の体験発表を組み入れることに決まりました。浪人からの悲願の合格で、誉れの未来部員なのです。
その他、大幹部の転入、町内会役員になった人もいて、話を聞きたい人多数。
座談会に収め切れないという贅沢な状況、なのです。
4月の座談会は、間違いなく、世界一の座談会になります。
私もしっかり役目を果たし、生涯忘れ得ぬ座談会にしたいです。
さらに、新人間革命「大山の章」を壮年部で勉強しようとの提案があり、私が全部切り抜いて所有しているので、これをコピーして教材にしようと話し合われました。
まだ決定ではないですが、私としてはやりたいです。

わが地区の座談会に関する記事URLを以下に添付します。
sokanomori.exblog.jp/i55

22時25分. 夕寝をしたこと.
今日は包丁研ぎを終えて、ゆっくり風呂に漬かり、その後「夕寝」しました。
昼寝はときにしますが、夕寝はほとんどしたことはありません。
湯上りにベッドの上で猫(ラッキー)と戯れていたら眠くなったのです。
ラッキーの記事カテゴリのURLを以下に示します。
http://sokanomori.exblog.jp/i43
夕寝の後は、そそくさに食事をして協議会に向かいました。

22時50分. こうしてつぶやきを振り返ると「平凡な学会員」ですね.
適度にリラックスしながら、そこそこ活動もする。
本気で決意すれば、もっとガンバレるのですが、このぐらい。
でも、大幹部さんの話を聞いて「この生き方でいいのか」と考え込みました。
やはり、大幹部の生活は活動へのチカラの入れ方が違うんです。
学会や先生への思いも違う。圧倒的にスゴイのです。
ひれ伏したくなるぐらい立派な人。こういう人のことを「一騎当千」と言うのでしょう。
過去、一騎当千の記事を書いていますが、私の生活を考えるとちょっと恥ずかしい。
http://sokafree.exblog.jp/26710604
その方が私に「57歳は若い!」と笑顔で言うのです。
愛情のある温かなまなざしで、大いに励ましてくださいました。
80歳を超えるご年齢で今も広宣流布100%の人でしたから、「へえ、そうなんだ。僕は若いんだ。ならばまだまだやらないとだめだな」って思いました。



さらにもう一歩、信心を深めたいと「憧れ」が生まれました。
今の気持ちが「ウソ」にならないようにしないといけませんね。
以上、発心させられたエイプリルフールの一日でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-04-01 06:02 | つぶやき | Comments(2)

続・親孝行の夢


☆63歳から始まる親孝行.

6年間の親孝行修行で万全のバックアップ体制を構築する。


「親孝行の夢」の題名に違和感を持つ人がいるかもしれない
「親孝行は夢でなく、子としての義務」と思うかもしれない。
私にとって親孝行は「当然のこと」ではない。
親と離れて暮らしている私は義務は容易に果たせない。
長く寂しい思いもさせている。何としても親孝行を果たしたい。
その思いがいつの間にか夢になった。

読者の皆様の中で、ご両親と一緒に生活されている人がおられましょう
そういう方は、ただ、それだけで親孝行の一端を担えている。
一方、私の帰郷は年に2回ほど。その滞在日数は1週間程度です。
18歳から上京し、以来39年を離ればなれで暮らしている。
今はよい。しかし、一人暮らしの母が弱ったら・・
私は母をサポートしなければならない。

母は私が暮らす関東に出ることを良しとしません
親戚も友人もいる母の城を離れたくない。
勿論、体が動けなくなったら茨城にも来るでしょう。
でも、そうならない限り実家を離れることはありません。
逆に、体が動かなくなる前から、私は母のサポートをしたい。
健康なうちに、親孝行はスタートしたい。

私は岡山の実家に戻るしかないのです
問題は「母とともに暮らす」という現実をどう作るかということです。
私は63歳まで家のローンがあり、年金がもらえる65歳までは現役で仕事をします。
できれば母の本格的なサポートは65歳からにしたいのです。
ただし、それは、母の健康が維持されてという条件の上です。
できれば家のローンが終わる63歳までは元気でいてもらいたい。
今57歳だから6年間は達者でいてもらわなければならない。

問題は何をもって親孝行とするか、です
今までの親孝行は「社会人として一人前に活躍する」ことでした。
それだけでよかったのです。けれど、これからは違う。
私は母の20歳のときの子ですから、私の65歳は、母の85歳。
どう計算しても、65歳以降は母のために生きなければならないのです。
なぜか。私は思い通りに生きさせていただきました。
今の私は、母いればこそ。その報恩は何を差し置いてもやらなければならない。
趣味も旅行も全部返上しても、やらなければならない。

私はあらゆる家事の技術をマスターしたいと考えています
料理、選択、アイロン、さらに大工仕事の技術です。
実家は家も古く改修が必要です。沢山の仕事があります。
このことに加え、介護の基礎技術の収取を果たします。
田舎の町は過疎化が進み、数多くが親と離ればなれです。
私は春夏秋冬、一定期間、実家に滞在しながら、母に食事を作り、一緒に勤行する。
旅行に行ったり、親戚に行ったりしたい。
ありきたりの平和な生活を母と過ごしたい。

具体的には、例えば春と秋の温暖な季節に帰郷し、一か月ほど滞在する
その滞在期間中にあらゆる大工仕事をする。
ふすまや障子張り替え、網戸の修理、ドアの修理、壁紙の張り替え、照明器具の交換、
不用品の処分、屋根や壁の補修・・数年をかけながら手間暇かける。
どこまでやれるかは分からないが、18歳以降の空白を確かな現実で埋めていきたい。
春には一緒に桜を見て、夏には高原の風を肌に感じ、秋には紅葉の峰を眺める。
瀬戸内海を見たり、砂丘を見たり、記念写真を飾ったり・・
このようにやることだらけ、なのです。

前回の「親孝行の夢」記事URLを以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26680088

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-31 05:22 | 夢修行 | Comments(6)

ついに明かされる日顕の真実


☆新人間革命第30巻二章.

広宣流布大誓堂前の桜のつぼみの写真を以下に添付します。
b0312424_5163816.jpg
b0312424_5165021.jpg

信濃町・学会総本部の桜の写真です。
広宣流布大誓堂前広場から、大誓堂を背景に撮影しました。
まだつぼみの状態ですが、今にも咲きそうな・・
広宣流布大誓堂前広場と総本部記事URLを以下に添付します。
http://sokafree.exblog.jp/26423029
http://sokanomori.exblog.jp/i34

さて、新人間革命第30巻が聖教新聞に連載されてますが、ついにその第二章「雌伏」で待望の日顕に関する記述が始まりました。
待っていたんです。28巻から待っていました。
29巻でも語られず、一体、いつになったら語られるのかと、やきもきしつつ。
首を長くして待ちわびて、ろくろ首になりましたよ。(笑い)
日達の急逝が語られ、そしてついに日顕が登場した!

私の予測がちょっと外れましたね。
私は山崎正友と日達の死が第二章、日顕誕生が第三章と申し上げていた。
http://sokamori2.exblog.jp/26741933
一気に第二章で山友と日顕の双方が語られるのでしょうか。
ともかく、いよいよ「その時」が来ました。
皆さん、目が離せませんよ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-30 05:31 | 創価学会総本部 | Comments(0)

世の中には泥棒が多すぎる


☆給料泥棒の議員に注意.

読売新聞3月28日「社説」の写真を以下に添付します。
b0312424_19575838.jpg

写真解説「森友一色の議論でいいのかとの標題の読売新聞社説の写真です」

かつて、これほどくだらない国会討論があっただろうか。
愚の骨頂の「森友学園スキャンダル」の騒ぎが終わらない。
倒閣のみを目的とした悪口攻勢を続ける野党議員たち。
その中でも民進党のストーカー行為は病的だ。

今日の新聞に「本質外れた議論・野党を批判」と題し、次の内容が書かれていた

「ない」と言っている人に対して、「ある」と言っている人は証明するべきだ・・
安倍首相は28日の参院で、森友学園の寄付を首相夫人から受け取ったとの証言に対し、寄付証言を強く否定した上で「籠池氏自らが立証すべきだ」との認識を示した。
また、「昭恵夫人のコメント作成に、第三者の関与があったのではないか」との野党の指摘にも、「今の質問は何の意味があるのか」と切り返した。
対する野党は、今後も首相を直接追求したい考え。党首討論などの開催を自民党に申し入れたほか、森友問題を取り上げる街頭演説やビラ配布を強化する方針を決めた。
民進党の蓮舫代表は、「森友問題はまだ終わっていない」と強調している。
(読売新聞3月29日より)

「やっていない」と何度も否定しているのに、延々と批判を続ける。
まるで、壊れたレコードのように反復される質問。
今の安倍首相の心の内を代弁すれば「バカか!」であろう。
バカの一つ覚えということです。

「ない」ものを「ある」とし、煙なき所に煙を立てたい野党議員。
「なにか企てがあるはずだ」と騒音オバサン状態である。
こういう給料泥棒に国会を任せてはならない。

政治家だけではなくマスコミにも問題があります。
sokafree.exblog.jp/26726283

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-30 05:04 | 政治 | Comments(0)

上野殿母御前御返事に学ぶ


☆病と寒さに耐える.


上野殿母御前御返事(1583)の一節を以下に申し述べます。
先に平仮名文、次に漢字文を示します。

うえのどの ははごぜん ごへんじ.

この やまに いり そうらいて ことし 12がつ ようかに いたるまで 
この やま いずる こと いっぽも そうらわず  
ただし 8ねんが あいだ やせやまいと もうし 
としと もうし としどしに み よわく 
こころ おぼれ そうらい つるほどに 
ことしは はる より この やまい おこりて 
あき すぎ ふゆに いたるまで ひびに おとろえ 
よよに まさり そうらいつる (中略)  
ゆきは さんかんなり かんは せめ そうろう  
みの ひえる こと いしの ごとし  
むねの つめたき こと こおりの ごとし.

この 山に 入り 候いて 今年十二月八日に いたるまで 
此の 山 出ずる 事 一歩も 候はず  
ただし 八年が 間 やせやまいと 申し 
としと 申し とし どしに 身 ゆわく 
心 をぼれ 候い つるほどに 
今年は 春より 此の やまい をこりて 
秋 すぎ 冬に いたるまで 日日に をとろへ 
夜夜に まさり 候いつる (中略)  
ゆきは かさなり かんは せめ 候  
身の ひゆる 事 石の ごとし  
胸の つめたき 事 氷の ごとし.


日蓮大聖人が60歳のときの御手紙です。
大聖人は体調が悪く、しかも極寒の身延で生活されていました。
つらく厳しい生活をされても、門下の人々を励ます大聖人。
私たちは贅沢になり過ぎているのではないかと感じました。
着るものがある、住む家もある、三食十分食べることができる、寒さも暑さも避けられる。
それなのに幸せを感じることができない現代人とは一体何でしょうか。
平凡な幸せにもっと感謝すべきではないのか・・
このように「傲慢で贅沢な心」を洗い流してくれる御書です。

上野殿母御前御返事のURLを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1583

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-26 06:11 | ひらがな御書に学ぶ | Comments(5)

立正安国論(2017年4月度座談会御書)


☆自他共の幸福を実現する.


立正安国論(りっしょうあんこくろん)。
4月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている立正安国論(32ページ)のひらがな文、漢字文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.

なんじ はやく しんこうの すんしんを あらためて 
すみやかに じつじょうの いちぜんに きせよ  
しかれば すなわち さんがいは みな ぶっこくなり ぶっこく それ おとろえんや  
じゅっぽうは ことごとく ほうどなり ほうどなんぞ こわれんや  
くにに すいび なく どに はえ なくんば みは これ あんぜん 
こころは これ ぜんじょう ならん.

○漢字文.

汝 早く 信仰の 寸心を 改めて 速に 実乗の 一善に 帰せよ 
然れば 則ち 三界は 皆 仏国なり 仏国 其れ 衰んや 
十方は 悉く 宝土なり 宝土 何ぞ 壊れんや 
国に 衰微 無く 土に 破壊 無んば 身は 是れ 安全 
心は 是れ 禅定 ならん.


○背景と大意.

文応元年(1275年)7月16日、日蓮大聖人が39歳の御時、鎌倉幕府の最高権力者の北条時頼に提出された国家諌暁の書です。
天災、飢饉、疫病の原因は 世の人々がみな正法に背き 捨てて 悪法を信じていることにより、善神が去って 悪鬼、魔神が住みついているためであるとされ、各種の経典を例に出され、謗法(ほうぼう)を犯すことで三災七難が起こると述べられています。
その一凶は 法然の念仏であるされ、この一凶を断つために 布施を止め、正法に帰すならば 平和楽土が実現できることを述べられています。

今回学ぶ御文は、立正安国論の結論の部分になります。

あなたは信仰の心を改め、速やかに真実の仏法に帰依しなさい。
そうすればこの世界はすべて仏国になる。仏国は衰えることはない。
国土はことごとく宝と変わり破壊されることはない。
身は安全になり心は平安になるのである
」(趣意)

大白蓮華4月号51ページの講義には小説・人間革命の一文が記されています。
一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」・・
人間革命とは境涯革命です。その一念の変革が全人生を変える。
日蓮大聖人が残してくださった仏法史上最大、最高の御本尊を信じ切り、祈り、仏としての命を開き、行動することで自他共の大幸福を得られる。
小説・人間革命の先生のお言葉は立正安国論の御文と同義であります。

○所感.

大白蓮華57ページの講義に次のように記されています。
法華経には、この娑婆世界を即、寂光土へと変革していく教えが示されています。
日蓮大聖人は、その実践を立正安国として示されました。
「立正」とは正法の流布であり、「安国」とは、社会の繁栄と平和を目指すものです


創価学会員の人生とは、最高善たる日蓮大聖人が実証として残された南無妙法蓮華経を根本とし、この題目で大聖人と不二となり、一身の安堵を願うエゴイズムを打ち破り、自他共の幸福を築く自分自身になることなのだと思います。
自らの誤りも他の誤りも誡め、自他共に折伏し、仏道修行して人間革命する。
この大幸福境涯を周囲に広げる活動こそ広宣流布です。
これが立正安国の大精神であり、創価魂と言えるでしょう。

創価の信仰とは「信・行・学」(しんぎょうがく)の実践です。
池田先生は日蓮大聖人の直系の弟子です。
私たちは世界一の師匠・池田先生の弟子です。
その誇りと歓喜をもって、生涯、広宣流布の人生を歩みたい。
広宣流布の人生が即ち、立正安国の人生なのですから。

さあ、今日も明日も、鮮烈に御本尊を信じ切り祈りましょう。
そして自分にしかできない広宣流布を果たしましょう!

ひらがな御書の立正安国論交互文、立正安国論の別記事を以下に示します。
http://hiraganagosho.web.fc2.com/b17.html
http://sokanomori.exblog.jp/16612478/
http://sokanomori.exblog.jp/19772137/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-25 06:14 | 座談会御書 | Comments(29)

春のピクニック


☆冬は必ず春となる.

昼食弁当と小川のある風景写真を以下に添付します。
b0312424_5541983.jpg
b0312424_5543822.jpg
b0312424_5544952.jpg

写真解説「1枚目は草が綺麗に刈られ、蒼い草が岸を覆っている小川の写真。2枚目はその小川にいた白鷺、3枚目はピクニックに持参したサンドイッチの弁当です」

春を見たくて奥さんとピクニックに行きました。
ピクニックにはサンドイッチがお似合い!
と、いうことで手作りサンドを奥さんの指導でつくりました。
sokafree.exblog.jp/26736969

この弁当をリュクサックに背負って家を出発。
ジョギング経験は数えきれませんがピクニックは初めてでした。
弁当を背負って歩くなんて小学校の遠足以来です。(笑い)
しかも私が生まれて初めて作ったサンドイッチがあるのです。
ウキウキで心の中に次の歌が鳴り響いていました。
www.youtube.com/watch?v=5qGesm
弁当を背負ってのウオーキング、気持ちよかったです。

桜のつぼみはまだ膨らんでいませんでした。
森の木の芽はまだ開きません。
これから1~2週間ほどで一気に春は街を覆い尽くすでしょう。
目的の公園に到着。昼食前に“うんてい”をしました。
sokafree.exblog.jp/267351
ジタバタで、何とも情けない。(笑い)

そんなことをして食べたサンドイッチの味は・・
コンビニのサンドとは大違い。MAX感動の味でした。
100倍の価値があるのです。しかもうまし!
手作りは味とともに“想い出”が詰まっている。
出発前に作って、2時間たって、それでこんな味なんだ!
サンドと共にイチゴとヨーグルト、お菓子も食べました。
恍惚となりましたよ。手作りサイコー!

身も胃袋も心も全部、満たされた春のピクニックでした。
この公園には過去に二度、訪れていました。
以下に当時の記事のURLを添付いたします。
sokafree.exblog.jp/25768386

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-23 06:01 | 創価の森の小さな家 | Comments(4)

ピクニック用サンドイッチ


☆初めてのサンドイッチ.

サンドイッチの調理手順の5枚の写真を添付します。
b0312424_2151515.jpg
b0312424_2153236.jpg
b0312424_2154430.jpg
b0312424_2155885.jpg
b0312424_2161433.jpg

写真解説「フライパンで卵、ソーセージを調理、サンドイッチの作成の写真です」

奥さんに指導していただきながらサンドイッチを作りました。
調理手順(2人前)は次の通りです。

1.フライパンに4分の1の水を入れ沸騰させる。
2.そこに2個の生卵をゆっくり落とし、フタをして蒸し焼きにする。
 (沸騰させないために時々フタを開ける)
3.続いて同じ方法で「縦に半分に切ったウインナーソーセージ」5本をゆでる。
4.食パン4枚をトースターで軽く焼き、バターとマスタードを塗る。
5.キュウリを食パンの長さに合わせて切り、これを縦に三当分する。
 レタスも食パンの大きさに合わせてカットする。
6.スライスハム、キュウリ、レタスの順で乗せ、マヨネーズをつける。
7.続いてウインナーソーセージを乗せてケチャップをつける。
8.蒸した目玉焼きを乗せてマヨネーズをつける。
9.その上にもう1枚の食パンを乗せて、上から抑える。
10.完成したサンドイッチをアルミホイールに包む。

以上、完成したサンドイッチアルミを1つずつビニール袋に入れました。
(目玉焼きの水分で汁が漏れる可能性があるため)
この他、イチゴ、お菓子、水筒(砂糖入り紅茶)を準備しました。
果たして、このサンドイッチのお味は・・
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-22 21:14 | 料理は魔法 | Comments(2)

57歳の青春の一コマ


☆弱い肩でチャレンジ.

ピクニック先の公園でうんていをする私の写真です。
b0312424_67948.jpg
b0312424_672261.jpg

写真解説「1枚目はうんていをしている最初の段階。2枚目はチカラ尽きつつある写真です」

ピクニックに行って“うんてい”をしました。
知らぬ間に奥さんが写真を撮っていたので、その写真を公開しました。
私が全身を見せたのは過去、あったでしょうか?
花粉症でマスクをしていたので使ってみました。

さて、ハーフマラソンは走れる体なのですが、肩はダメなんです。
五十肩を左右やって以来、鉄棒にぶら下がるのもなかなか厳しい。
ムリをすれば2~3回は懸垂できますが「肩が痛い」のです。
ちなみに昔は20回近くできていました。
ジタバタしているのが弱さの証拠。

いつか、10往復でもできる体にならないかなあ・・
でも、こればかりは自信がないのです。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-22 06:10 | 健康づくり | Comments(6)

なぜ「法華経の智慧」は出版されたのか


☆須田晴夫氏の論文より.


須田晴夫氏は、元・創価学会教学部講義部長です。
sokafree.exblog.jp/26576902
名著「法華経の智慧」で池田先生と対談されたのが須田氏。
このほど「法華経の智慧」の解説が須田氏のホームページに発表されました。
以下にその主要な部分を抜粋して示します。

世界広布の為.

池田先生が言われたことがある。
それは、「日蓮仏法だけでは直ちに世界の人々には分からないよ。しかし、法華経や釈尊ということなら分かる。だから、まず法華経や釈尊を通して世界の人々を日蓮仏法に導いていくんだ」という趣旨のお話だった。

1990年に青年部の訪問団の一員として初めてインドを訪問させていただいた折、
大学教授の方々と懇談する機会があった。
「創価学会インタナショナル(SGI)」とはどういう団体かと質問された。
「日蓮大聖人の仏法の団体です」と答えたが、インドの先生方は怪訝な顔をしている。
そこで「南無妙法蓮華経の仏法の団体です」と言葉を重ねたが、怪訝な表情は変わらない。
聞いてみると、「日蓮」も「南無妙法蓮華経」も初めて聞く言葉だという。
話題を変えていろいろな話をしていったが、たまたま話が法華経ということになった。
すると、先生たちの顔がパッと輝いた。
「法華経(ロータス・スートラ)ならば私たちにも分かりますよ」というのである。
そして話題が「釈尊」ということになると、教授たちは「釈尊という方はこういう方ですね」と、とうとうと論じ始めた。
実際に法華経や釈尊を通して初めて対話が可能になった。
(この時)池田先生の言葉の意味がよく分かったものである。
池田先生は「法華経が分かれば大聖人の仏法が分かってくる。大聖人の仏法が分かってくると法華経が分かってくる。両者は表裏一体だよ」とも言われている。

正統性の証明の為.

正統性とは文字通り「正しい伝統」ということ。
つまり、「仏教三千年の正しい伝統」を今日に継承しているのが創価学会であるということを発信していく教学であるということである。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などを見ても千年を超える歴史を持つものが多い。
それに対して創価学会は牧口先生、戸田先生が創立してからまだ百年にも満たない。
とくに世界的な展開が開始されたのはまだ50年ほどである。
そのためか、世界的にはまだSGIがよく理解されていない。
重要なのが「三国四師」という言葉である。釈尊・天台・伝教、日蓮大聖人という系譜こそが仏教の本流であるということが「三国四師」という言葉の意味である。
そこで仏教正統の精神は、今日どこに継承されているか、ということが問題となる。
その仏教正統の精神を現代に継承し、実践しているのが「日蓮大聖人直結」の教団である創価学会であるということを示したのが「法華経の智慧」の趣旨である。

末法の経典の意義.

結論として、法華経とは誰のために説かれた経典なのか、ということを確認しておきたい。
まず法華経には二重の意義があるといわれる。
二重の意義とは釈尊在世のために説かれたという面と釈尊滅後のために説かれたという面の二つがあるということである。
法華経の真の意義は、末法に出現する本仏すなわち日蓮大聖人の出現を予言し、その化導を助けるために、あらかじめ仏が留め置いた経典であるというところにある。
そして、「日蓮等」と言われていることが重要である。
「日蓮等」であるから、法華経が説かれたのは大聖人お一人のためではない。
大聖人と同じ心で妙法を弘めていく門下全員のために説かれた経典である。
日蓮大聖人と同じ師弟不二の心で妙法を弘通しているのが創価学会・SGIである。
SGIが出現して初めて南無妙法蓮華経が全世界に弘まった。
すなわち法華経は、今日、創価学会が進めている世界広布を助けるために留め置かれた、私たちのための経典であるということができる。
まさに仏意は甚深という以外にない。

救っていく経典である.

法華経について、「救われる弟子から救う弟子へ」ということが言われる。
十大弟子など声聞の弟子は、法華経以前は成仏できないとされていたが、法華経の会座
えざにおいて初めて成仏が許され、救われることができた。
しかし、彼らはそこでとどまっていたのではない。
今度は、師匠の心を受け継いで、師匠に代わって民衆を救う戦いを起こしていった。
弟子たちの境涯が変わっていったのである。
つまり、法華経は弟子が弘める経典であり、妙法弘通のための経典である。
だから、民衆救済の実践がなければ、学問的に研究しただけでは法華経の心を理解することはできない。



以上、須田氏の「講演要旨」からその一部を抜粋いたしました。
詳しくは以下のURLをご一読いただければと思います。
www4.hp-ez.com/hp/haruosuda/page4
(PDFなので音声ソフトには対応いたしません)

海外に創価学会を説明する手順は、釈尊・法華経・日蓮大聖人・南無妙法蓮華経の順で説明することが一番理解されやすいということでした。
最後に、以下の文章で締めくくられていました。
「誰が妙法弘通の戦いを行っているのか。それを行っているのは、事実に照らして創価学会以外にない。だからこそ、創価学会に法華経を語る資格がある」・・
日蓮大聖人の仏法の正当な系統は、確かに唯一創価学会です。
そのありがたさを改めて教わった論文でした。

須田晴夫氏の経歴と著作物を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26370605

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-20 05:55 | 学会書籍のご案内 | Comments(1)

早春の風景 2


☆ほら春が来たよ.

林とモクレンと傾斜地の写真を以下に添付します。
b0312424_844652.jpg
b0312424_8441963.jpg
b0312424_8443117.jpg

写真解説「葉をつけていない樹木、つぼみをつけたモクレン、蒼い雑草の写真です」

2週間前の寒波は消え失せました。
モクレンが白い花のつぼみを開こうとしていました。
梅は寒風の中で咲きますが、ここまでくれば春をはっきり実感できる。
春の陽気に誘われてピクニックにでも行きましょうか。
なんだか、ウキウキの日曜日の朝です。
最後の寒波の記事URLを示します。
sokafree.exblog.jp/26728423
モクレンの別記事のURLを示します。
sokanomori.exblog.jp/17779

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-19 08:57 | つぶやき | Comments(0)

早春の風景 1


☆冬の最後の抵抗あり.

わが家のクルマが凍り付いた朝の写真を添付します。
b0312424_865545.jpg
b0312424_87498.jpg
b0312424_871515.jpg

写真解説「うっすらと凍ったクルマの正面、後ろ、横からの3枚写真です」

2週間前、強烈な寒波が来たときの写真です。
クルマは全身を凍らせていたし、真冬のような風が吹いていました。
でも、春が目前でしたから、その寒さも楽しめました。
このクルマ、凍ってブルーに見えますがグレーなのです。
購入当時(中古)の記事URLを以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/18043060
これが最後の冬の抵抗でした。1週間後は・・
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-19 08:41 | つぶやき | Comments(0)

4周年に向けてスタート


☆往復書簡で5編を送付.

162ページの原稿を入れた封筒の写真を添付します。
b0312424_3353769.jpg


いよいよ4周年目のスタートです。
スタートにしては何と地味な写真(単なる封筒)でしょう。
浜口コウさん、ちよさん、ゆりこさんより頂いたひらがな訳原稿を校正。
昨日、ポストに投函。Sさんに郵送いたしました。

今回の御書は、三沢抄(みさわしょう)、十法界明因果抄(じっぽうかいみょういんがしょう)、三世諸仏総勘文教相廃立(さんぜしょぶつそうかんもんきょうそうはいりつ)17ページ、同生同名御書(どうしょうどうみょうごしょ)、四条金吾殿御返事(別名、煩悩即菩提御書)の5編。
ワープロ原稿で162ページのボリュームになりました。
ご支援、ありがとうございました!

「無事に届いてくれよ!」と念じつつポストに投函します。
その瞬間、いつもドキドキします。宝物の原稿ですからね。
「無事に届くだろうか。ちゃんと帰って来るだろうか」とソワソワします。
その原稿がSさんの校正を終えて自宅に戻ってくると・・
いつも心がパッと明るくなり、心の底から熱意が湧いてきます。
「さあ、頑張ろう!」と元気になるのです。

当面の目標は、8月中にひらがな御書を250編にすることです。
チカラの限り前進してまいります!

ひらがな御書ホームページのURLを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-19 03:48 | ひらがな御書 | Comments(4)

マスゴミによって増えるゴミ


☆批判オンリーは自殺行為.

マスコミをマスゴミと呼ぶ人がいる。
漢字にすると「増すゴミ」(増えるゴミ)であろうか。
ブログ炎上のように、日本のマスコミ、政治分野が大炎上。
森友学園問題でバカ騒ぎを続けている。
朝起きて、TVをつけるとことさら大騒ぎである。

批判オンリー野党には、年々、腹立たしさが大きくなる。
共産党の批判だけ活動は古くからそうだが、蓮舫民主もひどい。
とにかく大げさ。少々のことですぐ「辞任しろ!」のワンパターン。
自身の二重国籍にはダンマリ。で、「お前が言うな」ブーメラン。
とにかく、こんなバカ騒ぎばかりやっていると国が弱体化する。
民進党はそんなことも分からないのか。

日本はオカシイ。勿論、日本だけではない。
様々な国がオカシイ。ネットの発達で見えるようになったのか。
それとも、この近年にオカシクなったのか。
いずれにしても、批判オンリーなんて流行らない。
黙々と、無言で世のため人のために努力する・・
そういう生き方こそニュースにするべき。

近年オカシイのは評論、批判が巨大化していること。
そんな口先だけの騒ぎは飽き飽きです。
地に足をつけて仕事をしろ、と言いたい。

<別館>にも森友学園問題を記事にいたしました。
sokamori2.exblog.jp/26727430

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-18 08:33 | 政治 | Comments(4)

祝・ひらがな御書3周年


☆石の上にも三年.

ピンク色の梅花の写真を以下に添付します。
b0312424_22121688.jpg


写真解説「青空を背景に1本の枝が伸び、美しい梅の花が咲いています」

本日、ひらがな御書ホームページが3周年を迎えました。
http://hiraganagosho.web.fc2.com
ブログからは5周年です。(正確には5年半)

今、私は沢山の財産を所有しています
財産とは「ひらがな御書原稿」です。
現在、浜口さんから三沢抄5ページ、ちよさんから十法界明因果抄(じっぽうかいみょういんがしょう)10ページ、ゆりこさんから三世諸仏総勘文教相廃立(さんぜしょぶつそうかんもんきょうそうはいりつ)18ページのひらがな訳原稿を頂いている。
その他、ゆりこさんから数編の原稿が届いている。

先日はホームページ3年の歩みに感謝しつつ、報恩抄を完成させた
sokafree.exblog.jp/26712785
私にとって、ひらがな御書原稿は世界一の宝物です。

短い御書がある。長い御書もある
分かりやすい御書、難解な御書、様々な御書を平仮名に訳してきました。
2013年10月、ブログでスタートした「ひらがな御書」・・
現時点で219編まで収録することができました。

千早さんの意見を聞いて作った理想のカタチ
100点ではないけれど、今、自在会にとってこれ以上のサイトはない。
そのことは自負できる。間違いなく有益なホームページになっている!

219の御書が収録されたけど完成の道は遠く険しい
まして300編の収録が果たせても完成ではありません。
2019年12月までにひらがな御書300編の収録作業を完了させるつもり。
そこから2年をかけてコツコツと300編の校正作業を行います。
やがて足掛け10年の歳月を投じて、ひらがな御書は完成します。
その完成は5年も先です。道はまだ半分です。

10年の歳月、それは過ぎ去れば短いかも知れません
でも歩む私たちの日々から見れば大冒険の旅です。
残り89編の戦いこそ本番と思っています。

歩み始めたとき、数多くの人たちから批判されました
「お前なんかにできる訳ない!」「売名行為!」「甘い!」
外野はいつだって、こうなのです。批判は止むことはありません。
ひらがな御書に限ったことではない。仕事も同じでした。
何かにチャレンジすれば、必ず悪口を言われる。
天才イチローすら沢山の悪口を言われた。
sokafree.exblog.jp/26091608

一方、不思議なことに支援者が現われたのです
諸天善神でした。奇跡のようなドラマがありました。
そのチカラをがなければ、ひらがな御書の今日はありません。
スタッフの方々のご協力で、量も質も大いに飛躍したのです。
ボランティアの皆さま、そして千早さん。
大感謝です。ありがとうございます!

さあ、今日から新たな戦いの始まりです
ホームページ4周年までに、どこまで歩めるでしょうか。
では、いつもの合言葉を申し上げたいと思います。
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2017-03-16 00:02 | ひらがな御書 | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
任用試験
未分類

最新のコメント

やったー! 千早さんとし..
by 1979 at 01:22
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 22:21
凡ちゃん ありのままがい..
by ちよ at 19:35
1979さん、コメントを..
by 千早 at 17:16
依正不二(依法=環境と、..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 10:16
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:32
へえ~~ こんな便利なメ..
by 千早 at 00:04
永遠の凡夫さん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:42
あ、これ以前に見かけたこ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 17:14
1979さん、永遠の凡夫..
by sokanomori3 at 05:45
e永遠の凡夫さん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:43
(^^♪ こんにちは。 ..
by 1979 at 19:16
こんばんは! (^^♪ ..
by 1979 at 19:11
<星の使い>より ..
by 1979 at 18:37
ある昔話を思い出しました..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 14:57
人間誰しも、欠点はありま..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 13:11
花さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 06:01
こんばんは!初コメントま..
by 花 at 22:56
ルピナスさん、おはようご..
by sokanomori3 at 06:26
福島の壮年さん、とろサー..
by sokanomori3 at 06:19

リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア