3月11日の朝に


☆山口代表の寄稿文.


今朝、通勤電車の中で 公明新聞を開いた。珍しくカラー印刷だった。
新聞の一面に「3月11日の朝に」と題された 公明党 党首の記事があった。
その山口那津男代表の寄稿文を 以下に転記する。

○3月11日の朝に.

3月11日の朝を迎えた。
静かに 厳かに 鎮魂と追悼の祈りを捧げることから、きょう1日をスタートさせよう。
そして、ご遺族の方々、被災された全ての皆さまの、あの日からきょうまでの苦難の歩みに思いを馳せ、公明党の全 議員 全党員とともに「再生」への誓いを新たにしたい。
断じて、「人間の復興」を成し遂げると。

○忘れ得ぬ光景.

瞼に焼きついた光景がある。
震災発生から間もない2011年3月半ば、仙台市の避難所で出会った一人のお年寄り。
凍える身を 毛布に包んで「生き残ったのが辛い」と 涙ぐむ姿が痛々しかった。
4月、福島県の相馬漁港で 言葉を交わした青年魚師。
「この先、何の当てもない。政治家なんて言葉だけじゃないか」
あらゆる面で後手続きだった 当時の政権への批判だったとはいえ、その真摯な叫びは、私の肺腑を抉らずにはおかなかった。
「待ってほしい。公明党がやる!」
心中深く、そう決意したことが思い出される。
遠く 三陸の海を睨みながら 涙を流していた女性の姿、遊び場を失った 悲しげな子供たちの顔も脳裏から離れない。行く先々で 見た廃墟さながらの光景も‥
震災3年目の節目を刻んだ今、私は この「忘れられない」「忘れない」ということの大切さに 思いを至している。
あのお年寄り、あの青年、あの子どもたちの痛みをわが痛みとし、層倍の復興加速に 死力を尽くす決意である。

○不条理を超えて.

復興への制度・体制は整った、インフラ整備も軌道に乗った、あとは各地域と個人の問題‥そう嘯く(うそぶく)政治家がいるやに聞く。
何と貧弱な政治観か。
公明党は 断じてそう考えない。
そこに助けを求めている人がいる。その一人のために現場を走る、知恵を絞る、命を削る。政治家はそうあらねばならないはずだ。
「政治は最高の道徳」(アリストテレス)、「愛なり慈悲なりの少ない政治は許されるはずはない」(松下幸之助)のである。
きのうまで 当たり前の生活を突然奪い、多くの人々を深い喪失感に追いやった3.11。
この不条理な仕打ちを超えゆく、愛と 慈悲と 最高善に満ちた政治が求められている。
その先頭に公明党が立つ。約束したい。




○所感
.

「痛みをわが痛みとし、層倍の復興加速に 死力を尽くす決意である」
一切が この一文に込められているように感じた。
われ 美しくも尊い行動と 決意とに 心から敬服するのみ。

以下に、3.11からの公明党の歩み(3年史)を参考に掲げる。
その公明党3年史は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-11 22:25 | 公明党 | Comments(0)

3.11からの公明党


☆東日本大震災と公明党(3年史)

公明党の 東日本大震災復興への 主要な取り組みを列記します。

○2011年.

3月11日
午後2時46分、M9.0の巨大地震が発生し、津波が東北方面の沿岸を襲う。
同日、公明党 災害対策本部を設置.
3月12日
東電福島第1原発1号機が水素爆発し、その後3号機、4号機も爆発.
3月13日
公明党 井上幹事長が宮城入り.
3月15日
公明党 原発災害対策本部設置.
3月18日
日本赤十字に1回目の義援金1億円を寄付
(2013年1月までに計6回寄付)
3月22日
政府に復興特措法の早期制定、復興庁設置などを緊急要請.
3月24日
公明党 山口代表 福島県民が避難する山形、宮城入り.
3月25日
原発事故対応で避難者支援、水、食料の安全確保などを緊急要請.
3月31日
漁港復旧、農作物の被害補償などの「農林水産業に係る提言」を申し入れ.
4月4日
井上幹事長 福島入り.
4月15日
山口代表 福島県、翌16日 岩手入り.
5月26日
「人間の復興」を基本理念とした「東日本大震災復興ビジョン」を発表.
6月20日
東日本大震災復興基本法 成立.
9月2日
菅首相退陣、野田内閣が発足.
10月1日
公明党 女性防災会議が「防災行政総点検」を開始.
(翌11月24日に政府提言)
12月7日
復興特区法成立、9日 復興庁設置法成立.

○2012年.

1月24日
福島県の復興・再生に関する提言(18歳以下の医療費無料化など).
2月3日
防災・減災ニューディール政策を提言.
2月10日
復興庁が発足.
3月5日
東日本大震災事業者 再生支援機構が業務開始.
3月10日
福島県で党代表懇談会を開始。
4月17日
公明党が提案した 仮設住宅の風呂の追い炊き機能、物置設置を厚労省が発表.
6月9日
山口代表、井上幹事長、公明党員が事故後の東電福島第1原発を視察.
(政党としては初めて)
8月21日
公明党 女性防災会議から「帰宅困難対策」を提言.
10.1
福島県の18歳以下の医療費無料化がスタート.
12月17日
衆院選で公明党が31議席を獲得.
12.25
自民公明両党が「東日本大震災の復興を最優先」とした連立政権合意書に署名.
12月26日
安倍内閣が発足。公明党から 太田国土交通相として入閣.

○2013年
.

1月4日
太田国交相 福島入りし、復興住宅を調査。翌5日、宮城入り.
2月1日
福島復興再生局が発足.
2月4日
公明党提案で 被災地の 農地法規制が緩和.
3月3日
太田国交相が仙台市で「復興加速会議」を開催.
(被災地自治体、建築業団体が出席)
3月6日
自公両党が復興加速化の緊急提言を安倍首相に要望.
3月10日
宮城県で、公明党東北復興会議を開催.
3月15日
高速道路無料化が、自主避難者にも拡大.
7月6日
山口代表が福島入り(風評被害に悩む農家の声を聞く)
7月21日
参院選で公明党が11議席を確保。自公両党で過半数を獲得、ねじれ解消.
8月9日
党青年委員会が3班に分かれて、各県の被災地を調査.
9月20日
井上幹事長らが 福島原発の汚染水漏えい対策現場を視察.
11月11月
自公両党で、原発復興加速化に向けた提言を提出.
12月4日
公明党の防災・減災ニューディールの考え方を反映した「強くしなやかにな国民生活の実現を図るための防汚際・減災等に資する国土強靭化基本法」が成立.

○2014年.

2月6日
「福島再生加速化交付金」などを盛り込んだ補正予算成立.
3月1日
公明党全国県代表協議会で復興加速決議を採択.
3月7日
自公両党が安倍首相に、復興加速を申し入れ.
3月8日
公明党東北復興会議を宮城県石巻市で開催.

(以上、公明新聞2014年3月11日の記事を参考に作成)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-11 21:49 | 公明党 | Comments(0)

前略 千早さま (8)


☆夜空に輝く月と星と。

本日 仕事を終えて 最寄駅から 自宅への帰り道‥
まるで 満月のように輝く半月(はんげつ)と その少し上に その月と変わらぬ 強い光を放つ 一等星がありました。あまりにも光が強くて 月も 星も 眩しいくらいでした。
寒い晴天の夜だからでしょうか。こんなに輝く星は 見たことがありません。
しばし 自転車を道に停めて 白く光る星を眺めていました。
さて 長く体調がすぐれない あなたさま。
どうか お体 ますます大事にしてくださいね。
焦らず ゆっくり 治してほしいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-10 22:39 | 前略 千早さま | Comments(1)

視覚障碍をもって生きる


☆盲学校教師の凄い人生.

以下に 書籍「視覚障碍をもって生きる」の写真を添付します。
b0312424_2133487.jpg

写真解説.
「木製のテーブルの上に 白い光沢のある表紙の本があります。黒文字で 本の表題 視覚障碍をもって生きるとある他、できることはやる。できないことはたすけあうと サブタイトルが赤文字で書かれています。
表紙には この他、イラストで 青い羽根が1つ描かれています」


本書は、20代後半で失明した著者 栗川 治氏が、体験を通じて会得した自らの哲学と、政治における福祉の歴史、並びに 今後の展望について述べている書籍である。
著者は 幼少の時から 失明の不安の中で生きていた。
それは 父親が視力を 失っていたし、その子息である著者 及び 弟が同様の視力低下のプロセスを経たからである。
病名は網膜色素変性症(もうまくしきそへんせしょう)。
彼は高校の教師となるが失明し、その後 盲学校の教師となる。

○失明まで.

父が視力を失い、自らも障がいが生じた小学生時代は 視力は0.2であり、暗くなると ほとんど見えなくなっていた。
また、視野は極端に狭く、譬えるなら 細い管を通して見ている状態であり、足元が見えず つまずき、野球などでは すぐにボールが視界から消えるなど 不便していた。
この症状は、失明した過去の父と同じであった。
子供ながらに 著者は 将来に対する不安をいつも抱いていた。
父親は失明後 40歳の後半から 再起のため鍼灸マッサージ師の勉強を開始した。
著者は 視力障がいを持ちながら 大学に進学、やがて高校の教師となった。
弟は兄より視力の低下が早く、父と同じく鍼灸マッサージ師の勉強を始めた。
著者の視力は年々悪化し、電柱にぶつかったり、道の側溝に落ちることなどが増え、やがて生徒のテストの答案が見えなくなる。
ついに視力のほとんどを喪失し、筆者は 盲学校の教師となった。

○盲の世界の認識.

著者の盲の世界の認識とは、いかなるものであろうか。
以下に、著者の認識を本文より抜粋する。
「盲学校の快適さは 裏返せば、一歩外に出れば 配慮も支援もない過酷な世界である。
障がい者のいない一般社会があり、そこに排除された障がい者が集められ、特殊な学校や施設に収容される。これは障がい者に対するアパルトヘイト(南アフリカにおける人民隔離政策)ではないか。
これまでは障がい者はいないとされてきた一般社会の中に、わが身を入れて、障がい者がいるのが当たり前で、しかも そこで快適に生きていけるように したいと願った」

○著者の哲学的思考.

彼は失われゆく視力の中で、「障がいとは何か」ということを思索する。
そして気付く。
「これまでは目の病気など 体や心の医学的問題、そして見えない、できないという個人の能力の問題が障がいと考えられてきた。
しかし、個人の心身や能力の不全は、程度や種類の差こそあれ、誰にもある問題だ。
その中で 障がいを感じるのは、日常生活や活動において支障があったり、困難があったりするからだ。実は、生活や活動のバリアこそが障がいの本質で、そのバリアを取り除けば 障がいは 障がいでなくなる」
著者は、このことについてエレベーターの譬えで語っている。
「人の足が動かず階段を昇れないとする。この個人の病気を治せとか、訓練して昇れるようになれとかいうよりも、エレベーターがないというバリアを認識し、その条件を整えることの方が建設的だ」
「障がいに対する偏見と劣等感の呪縛を、取り除く社会を作るべきだ」
著者はこの自らの信念によって歩み始める。

○それからの歩み.

著者の父はやがて 鍼灸マッサージ師の資格を習得、50代、60代に充実した職業人として再起した。70歳で定年後も、デイケアーのボランティアで活躍した。
その後、73歳で没している。
筆者においては、旺盛なる挑戦心で教師として、また ボランティアなど多彩な活躍をし、視覚障がい者を支え 現在 50歳を超えた。
前著では「異彩はバリアフリー(視覚障害教師が「障害」を問う)」を出版。
このほど2012年に本書「視覚障碍をもって生きる」を出版した。
本書は393ページの大著である。
本書の執筆には、音声訳ボランティア「水声会」の協力があった。
まさに支え 支えられ 苦闘を乗り越えた勝利者の本である。
彼は 自らの信念を終始 訴えている。「できることは自分でやるんだよ。でも、できないことは手伝ってもらう。遠慮はいらない」と。

○所感.

この栗川氏の家族の逞しさ 気丈さに終始驚きつつ読んだ。
両親も弟も含め、まるで不死鳥のようだ。
障がいをエンジンに変えて、周囲を圧倒する偉大な家族だ。
彼の人生は、まさに仏教で説くところの願兼於業(がんけんおごう)そのものである。
著者は、本書の後半部に、政治分野における障がい者の 社会参加に関する持論として、「私たち抜きに 私たちのことを決めるな!」(Nothing about us, without us!)との文言を再三 書き示し、福祉や制度のルール策定に 当事者不在の「決めてあげる」という旧来からの晴眼者理論に異議を唱えている。
そして、審議会などに、視覚障がい、聴覚障がい、身体障がいの力ある人たちが参加し、福祉の建設を推し進めるべきと訴える。

思ったことは、著者が 自らの個性を最大限に生かし、価値を創造し続けていることである。障がいとは けしてマイナスに固定されたものではなく、プラスに転じていけるということ。このことは、あらゆる分野に同様に言えることである。
尚、彼は音楽を楽しみ、マラソンも楽しむ人である。
一切を挑戦の中に置き、人生を味わい尽くさんとしているかのようだ。
新潟第九合唱団メンバーにして、ベートーベンの歓喜の歌を歌い、朝、仕事前にボランティアに伴走されながら10㎞のジョギングを日課とし、ハーフマラソンをも完走する体力を有する。快食にして快眠、健康で 頭脳明晰の人である。

私は本書読み終え、私自身の中の視覚障がいに対するバリアが完全に消失していることに気付いた。そして、障がい者の人たちが中心となって 福祉社会を作ることが大事であることを学んだ。本を閉じ、私はつぶやいた。
「目が見えないことは 不幸なる烙印の運命ではない。むしろ 目が見えないことでしか 果たせない使命がある」と。
学ぶことの多い 価値ある本でした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-10 21:41 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(0)

自在の子


☆盲導犬と2人の女の子.


一昨日、東京には粉雪が舞っていた。
私は 陸橋の上 人波の中を歩いていた。
前方に 反対方向から来る 一人の白杖の男性を見た。
男性は 杖を左右に振らず歩いていた。
「少しは見えるのだろうか」と思った。

粉雪を 皆 顔に当てて足早に歩いていたし 私も 余裕なく通り過ぎた。
と、すれ違いざまに、その男性の後ろに 2頭の犬が見えた。
一頭は黒色、一頭は茶色。その犬にはハンドル(持ち手)が付いていて、そのハンドルを持っている人影は小さかった。それは 一瞬の出来事で、その人影が 視覚に障がいのある女の子であると気付いたのは すれ違った後だった。
私は ハッとして後ろを振り向くと、小学生であろうほどの背丈の2人の女の子が カラフルな上着を着て 背筋を伸ばし 颯爽と歩いている。2頭の犬も 黒と茶の尻尾を左右に振りながら進んでゆく。元気に女の子と歩むさまは とてもほほえましかった。
こうしてみると 先頭の白杖の男性と 二人の女の子は 家族なのだろう。

3人(もしくは連れ添いがいて4人だったかも知れない)と、2頭の盲導犬が 粉雪の中を歩む姿は壮観で、映画のワンシーンを見ているような気分になった。
視覚障がいの人たちが 複数一緒に歩いている姿を 私は初めて見たのである。
私は心の中でつぶやいた。
「素晴らしい人生にするんだよ!」
私は (千早さんのように 明るく素敵なお姉さんになってほしいと思いつつ)
心の中でエールを送ったのです。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-09 06:02 | 自在の人 | Comments(0)

ドクターヘリと病院船


☆公明党が救助訓練を提案.

以下に 公明新聞の 病院船記事の写真を 添付します。
b0312424_2118484.jpg

写真解説.

「昨年 公明新聞に掲載された 病院船構想の切り抜き記事の写真です。イラストで 理想とする病院船の機能が分かりやすく 紹介されています。このイラストの解説は 記事文末に記します」


○ドクターヘリの活躍
.

公明党は、過去、ドクターヘリを提案、国会で成立させています。
ドクターヘリは 現在、36道府県で43機が活躍するまでになりました。
(東京都は独自の東京型ヘリを所有)
一刻を争う人命救助に、要として活躍するドクターヘリは、先の3.11大震災においても その有用性を内外に知らしめました。ただし、さらなる発展を考えたとき、予算の問題、またパイロット不足の問題があり、現在、自衛隊OBの活用を含め検討されています。

○病院船の提案.

公明党は、このドクターヘリに続き、重要な災害救助に関する提案を2011年5月(東日本大震災から2カ月後)に行っています。これは 大規模災時の医療拠点として、病院船(災害時多目的船)の建造を提案したものです。

公明党が訴える病院船とは、医療機能と災害者輸送などの機能を備えた自己完結型の総合拠点のことで、陸路が中心だった災害時の輸送経路を病院船で海路にも広げ、災害医療機能の向上を目指すもの。
しかし、当初 病院船構想の実現には、幾多の問題がありました。
それは、所轄官庁が定まっていないこと、建造費や維持費、平時の活用法、具体的な運営システムなどの 課題が山積していたのです。

この提案は、2013年8月31日、三重県尾鷲(おわせ)港沖で、国内初の実証実験として結実しました。これは、愛知、三重、和歌山の三県が、海上自衛隊輸送艦を使用した陸上自衛隊の衛生隊、広島県の災害派遣医療チームなどと合同演習をしたもの。
ヘリで患者搬送が行われ、病院船に見立てた輸送船の手術室(医療コンテナを使用)で模擬的な手術行為が行われました。
この実証実験を視察した横山信一参院議員(公明党)は、「既存船が 病院船に代わり得ることが証明された。このことは大きな成果だ」と強調しました。

○2014年は東京湾で訓練.

そして昨日、「病院船で大災害に備え」と題する記事が 公明新聞に掲載されました。
内容は、公明党・長沢広明氏が6日の参議院予算委員会の一般質疑で、「2014年度は東京湾上で訓練を行うべき」とし、「首都直下型地震を想定した訓練」を行なうことを訴えたというもの。的を得た提案でした。
結果、防災担当相は、長沢氏の提案から「今年は東京湾内で行うことに同意し、訓練内容を早急に決定したい」と答弁したことが記されていました。

ドクターヘリに続き、病院船の建造も実現するという国策を動かす公明党。
この他にも、数 限りなく提案し、実現化し続ける公明党。
その歩みと間断なき努力に、心より喝采を送りたい。(^^)


病院船イラストの解説.


以下に 病院船イラストについて解説いたします。
イラスト横に「災害時に命を守る 病院船」と 大きな文字の表題があります。
イラストには、画面向かって左 上部に陸地があり、右 下方向に病院船が描かれています。陸地は地震で建物が倒れ ライフラインが損傷し 住民が困っています。その被災地からヘリコプターが病院船に向かって飛行しています。
病院船は大きな客船のような形で 前方に日本の国旗がはためき 中央にヘリコプターが着陸できるスペースがあり、その後ろに大きな煙突があって そこに赤十字のマークが描かれています。その病院船の上下には 3つの見出しがあって、船舶の中で何が行われているかが イラストで説明されています。見出しの中には、1.車いすに乗って微笑んでいる高齢者、2.出産し微笑む女性の横で生まれた赤ん坊を笑顔で囲む人たち、3.オペ室で真剣に手術をしている医師たちが描かれています。また、病院船から 陸地に向かって矢印が描かれていて、「陸上医療施設へ搬送」と書かれています。その矢印の先には 壊れていない病院があります。以上


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-07 21:28 | 公明党 | Comments(4)

三千年の歴史


☆仏法三千年の真実.

人間の幸福とはいかなるものか  
問うた 人 数 限りなし  
その中に 打ち震える苦悶の姿と 嘆きの声とを  
見て 聞いて 同苦する一人の青年あり  
山の王 須弥山(しゅみせん)のふもと 
名を ゴータマ シッダールタという.

彼 王子の位を捨て 決然と一人 森林に交わる  
覚醒し 悟りを得て 語る  
されど聴衆 理解あたわず 通じず  
多く悶絶し 困惑するのみ.

彼 工夫して 小乗より語る  
かくして 華厳 阿含(あごん) 方等 般若と 説きたまえり  
機根 整い 要当説真実(ようとうせつしんじつ)と述べ 
ついに秘密の 妙法蓮華経を説く  
ここに 諸経の王 誕生せり.

滅後 仏法 四分五裂して シルクロードを渡る 
されど 仏は仏を知り 共振し 真実の法を登用す  
鳩摩羅什(くまらじゅう) 天台を経て  
海を渡り 東土(とうど)の地 伝教に至る  
しかして 悲しくも 末法の予言通り 
世も末にして 白法(びゃくほう)は隠没(おんもつ)せり.

仏滅後 二千二百有余年 
旭日の昇る 東海の浜辺 
漁民の子として 生まれし赤子あり  
幼名を 善日麿 (ぜんにちまろ)という 
彼 十二歳にして 仏門に入る  
不思議なるかな 大いなる誓いを立て 祈る  
「日本第一の智者となしたまえ」と 
この子 32歳にして日蓮と名乗れり  
種々の大難を越え ついぞ末法万年の仏となる.

以来 七百幾星霜 
その血脈 創価に受け継がれたり   

嗚呼 仏法の三千年の大河(たいが) 
高山(こうざん)より下り 大海に至る  
尊き仏種 五大陸に及び 今や 全世界に繁茂せり  
有り難きかな仏法 有り難きかな賢聖の人々  
我ら 胸中の肉弾に南無(なむ)し 妙法蓮華経を湧現せしめん  
永遠の幸福の法 われら堅持して 拡げゆくのみ.

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-07 07:00 | ポエム | Comments(0)

東日本大地震から3年


☆夕刊を読み襟を正す。

以下に 旧創価の森ブログから 引用した写真を 添付します。
b0312424_22592633.jpg

写真解説.
「3.11地震発生から30分程度経過したときの 携帯電話のネット画像の写真です。
このときはまだ 巨大地震の悲劇を 私自身 知りませんでした」



「中国の国防費12.2%増」
その見出しを 駅の売店に見て、50円玉を渡し 夕刊を買った。
中東での終わりなき内戦、尖閣諸島での長い緊張、さらに 先日は クリミア半島に突然 ロシア軍が侵攻した。21世紀が まさか このような異常な動乱を演じるとは‥
いまさらに 世の難しさを痛感していた。
その中で、中国がさらなる軍備拡張に力点を置き、ハードパワーの道を突き進むニュースを 砂をかむ思いで読んだ。
あちらこちらで頻発する 終わりなき 弱肉強食の世界‥
うんざりしながら、帰宅の電車の中で新聞をめくった。と、そこに 3.11地震で息子と夫を失った 一人暮らしの79歳の女性の話が 書かれていた。
「あれから3年なんだよなあ」
私は吸い込まれるように その記事を読んだ。
(以下 掲載文の要約)

この女性は あの地震のとき 夫と山あいにいて無事だったが、息子は津波で行方不明になった。安置所で息子と再会したのは3ヵ月後であった。
両足が欠けて、骨壺が軽かった。
当時、夫は「俺が捜す」といって、浸水地域を回って 何度もころび、脊髄を損傷して入院した。息子が見つかったと伝えると、「そうか」と一言‥
以来、食が落ち始め、1ヶ月後に息を引き取った。
心配をかけまいと 夫に言えなかったことがあった。
乳がんだった。
夫の死後に 行った手術は成功したが、体重は一時 10㎏ 落ちた。
その年の年末、ふと二人が すき だった湯豆腐に 一句 浮かんだ。
「湯豆腐に 息子を思い 夫を恋う」
和歌を書き溜め、今 650首を超えた。
この女性は 最後に、次のように言っている。
「歌でも詠んで 楽しまなければ 生きていけません」.

一方で 有無を言わせぬ 軍事力の異常な動きと、一方で 苦難に耐えながら 精一杯生きている女性の姿を見比べて、私は心でつぶやいた。
「一生懸命に生きなかったら バチがあたるよなあ」
今の21世紀は 20世紀と少しも変わらないように見える。
あの野蛮な殺戮の戦争と 繰り返される恐るべき災害とが 間断なく続く世にあって、けれど その運命の打撃にも負けず、歩みゆく人生であらねばならない。

ともかく 三度目の3.11が目前である。
あの災害を鮮烈に見つめなおし、生き方を さらに正したいと思っている。

旧創価の森ブログの3.11震災の記事を以下に添付します。
(旧創価の森ブログは、音声ソフト対応ではありません)
地震当日から翌日にかけての記事は、→ここをクリック!
3.11地震の私の体験は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-05 23:02 | 管理人より | Comments(0)

創価学会歌 躍進の歌(歌詞)


☆躍進の歌(元 中国健児の歌)


○ひらがな訳の歌詞.

1.
おんしの みむねを しっかと いだき やるぞ やろうぞ こうせんるふを
なみが さわげば ちは おどる にっぽん だんじは いきで ゆく いきで ゆく
2.
ほえる じゃしゅうに だんこと いどみ やるぞ やろうぞ こうせんるふを
だてにゃ ささない この りけん にっぽん だんじは いきで ゆく いきで ゆく
3.
わかい いのちは きぼうに もえて やるぞ やろうぞ こうせんるふを
くにの まもりは ひきうけた にっぽん だんじは いきで ゆく いきで ゆく

○ルビ付き歌詞.

1.
恩師の御旨(みむね)を しっかと抱き やるぞ やろうぞ 広宣流布を
波が騒げば 血は躍る 日本男児は 意気でゆく 意気でゆく
2.
吠える邪宗に 断固といどみ やるぞ やろうぞ 広宣流布を
伊達にゃ ささない この利剣(りけん) 日本男児は 意気でゆく 意気でゆく
3.
若い命は 希望に燃えて やるぞ やろうぞ 広宣流布を
国の守りは 引き受けた 日本男児は 意気でゆく 意気でゆく

○参考資料.

元歌は 作詞:高橋掬太郎 作曲:鎌多俊與の「あゝ海援隊」の替え歌で、最初 中国地方で「中国健児の歌」として歌われ、「日本男児は 意気でゆく」が、「中国健児は 意気でゆく」と歌われました。
草創期のころは 学会歌には替え歌が多くありました。
同志の歌、日本男児の歌なども替え歌です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-05 06:20 | 創価学会歌 | Comments(0)

山頂随喜


☆ひとふさの薬草を得る。

大なる山の上 希望の草の あると聞く  
われ ひたすらに 登りしに 
されど 暗雲のごとく 無惨なる結末の予感あり  

道中 おしなべて 悪路あり   
途方に暮れる断崖 幾重にも続く.  

行く手の障がいを 迂回しつつ進み 
あるいは 逃げ道なく 仕方なく 断崖に爪をたて
苔むした岩に 足を滑らせ 
青息吐息 歩み 進み ひたすらに天を目指す.  

やがて ついに 山頂の見ゆるところ 
果たして 宝 あるやなしやと 猛烈に 不安 わき起る  
無言にして 笑みなく 最後の岩を よじ登る  
その山の頂に 甘露の風と ひとふさの薬草ありき
「求めし宝 われ 得たり!」
雷鳴のごとき声を 心中に発す  

嗚呼 報われしこと 望外の随喜なり  
恐ろしき絶望なきに 心より安堵せり  
ありがたさ 身に染みて 打ち震えたる.  

力あるものにして 低山(ていざん)なりとも  
力なきの そは 低山にあらずして 大山(たいざん)なり   
登攀せし われ 歓喜して 声を出だす  
「友よ 小さき糧なれど 受理されよ」  

さては さて 次なる山に われ 赴かん  
さらなる宝 求めて 再び 旅立たん. 




上記は、ホームページの基盤完成の喜びを 詠ったものです。
その具体的な内容を書いた記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-04 06:30 | ポエム | Comments(0)

前略 千早さま (7)


☆第一目標をクリア。

千早さん、重ね重ねのご回答、誠にありがとうございます。

2日間、ホームページの制作に本気で取り組んで、特に日曜日の夜は 肩も 背中も パンパンになり、翌 月曜日は 朝から小雨交じりの曇天で 何とも冴えない一日のスタートでしたが、私の心は 見事に爽快で、まるで山登りをして ついに山頂を制覇したがごとく 晴れやかだったのです。

苦しみながら 喘ぎながら 一路 目指した山の頂。
ホームページのホの字もしらない 力なき己が挑戦。
卓越した実力のある人なら 山とは呼べないシロモノです。
でも、私にとっては大冒険でした。

山の頂上には 無残な大失敗が待ち受けているかも知れなかった。
おそる おそる それでも、夢を実現したいという一心で、構想 3ヶ月、パソコン教室に学ぶこと2ヶ月、そして 組み上げること1ヵ月で、その果てに あなたが願った長い巻物と、あなたが困惑した迷子になるという問題の解決とが、ついに果たされたのです。

ネットにアップし、私は あなたの返答を待ちました。
「もし ダメでも くじけないぞ!」と思いつつ、されど 恐怖のあまり胃がチクチクしました。
夜の9時過ぎ、あなたから「完璧ですよ!」と教えられた瞬間、全身を100万ボルトの電流が走り、胃の痛みも瞬時に消え去ったのです。
私は 心で 絶叫いたしました。
「山頂が 絶望でなく 希望であったこと!
何という 幸運で ありましょう!」と。

力ある人から見れば 馬鹿げた歓喜でしょう。
「その程度のことに 何だ!」と 呆れ返る人もいることでしょう。
けれど 非力な私としてみるなら、今回の挑戦は まるで 大きな山のてっぺんに立ったような快挙だったのです。
もし、あのジャンプの仕掛けが あなたの音声ソフトにおいて 狙い通りに読み上げられなかったら‥ きっと 私は 今頃 すっかり落ち込んでいたに違いありません。
とにかく これで、迷子になることが払しょくされたであろうことは間違いありませんし、ひとまず 私は 安堵の気持ちで 一杯です。

今日は ご褒美にて、おいしい お酒を飲んで ぐっすり眠ることにいたします。
まずは ここまで 本当に お世話になりました!(^^)



追伸:この歓喜を古風なポエムにしました。
そのポエムは、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-03 20:28 | 前略 千早さま | Comments(7)

大白蓮華 2014年3月号


☆大白蓮華3月号のご案内.

以下に3月号 大白蓮華(だいびゃくれんげ)の表紙写真を添付します。
b0312424_8363958.jpg

写真解説.
「1993年に池田先生が撮影されたアメリカ都市部のお写真が表紙を飾っています。青空の下、茶色、グレー、
ピンク、白色などの高層ビルや建物があり、その向こうに 空よりも青い海が見えます」



○目次.

2ページ
巻頭 言.池田大作 「座談会で蘇る!座談会で勝ち開く!」
6ページ
池田名誉会長と未来部 「未来を創る」.
8ページ
企画 世界広布(せかいこうふ)は一対一で進む③ 完
1960年から2012年までの池田先生の記録(ドイツ、ベルギー、フランス、オランダなど).
30ページ
第61回 池田名誉会長講義 「勝利の経典 御書に学ぶ 日妙(にちみょう)聖人御書」
44ページ
体験談「あしおと」 3編の体験談.
50ページ
3月度拝読御書の解説 「兵衛志御返事(ひょうえのさかんどのごへんじ)」
62ページ
婦人部輝きのグループ学習 「開目抄(かいもくしょう)」
68ページ
輝きのグループ学習 「諸法実相抄」
66ページ
社会で光る 「税理士 平川豪男(ひでお)氏インタビュー」.
76ページから115ページ
第39回SGIの日 記念提言「地球革命への価値創造の万波(ばんぱ)を」

○3月号の特徴.

今月号には、本年1月26日に発表されたSGIの日 記念提言の全文が40ページに渡り全文掲載されています。
同 提言には、写真も数多く使用されているので 見ごたえ、読みごたえがあります。
提言は「持続可能な地球社会を築くための方途」がテーマとなっています。

冒頭、牧口初代会長、マンデラ元大統領、日蓮大 聖人を掲げ、“同苦の精神と対話が連帯の心を呼び覚ます”と語られています。
善悪二元論による峻別が社会を蝕むとされ、“自分の側に善を置き、自分が敵視する人々をおしなべて悪とみなす思想”の危険性を訴えられています。

池田先生は、十界互具(じゅっかいごぐ)の仏法哲理から、「排除し 合うのではなく、自他共に“善性”を触発し合う 生き方を選ぶこと」「他を 抑圧しないこと」の重要性を記されています。
「他国の犠牲の上に自国の繁栄を築かない」、「異常気象による被害を最小限に抑える国際協力」(事前対策としての温室効果ガス低減・被災時の救援としての復旧、復興)など、世界の指針となる提言をなされています。
最後に池田先生は、地球環境を人類の公共財とすること、そして恩師 戸田先生の1957年の原水爆禁止宣言を例に出され、核兵器依存からの脱却を訴えられています。

3月度の座談会御書は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-02 09:02 | 大白蓮華 | Comments(5)

インドSGI特集


☆グラフSGI 3月号のご案内

2014年3月号は、インドSGIの特集になっています。
以下に、目次と記事をご紹介いたします。

○目次.

1ページ
池田先生が撮影されたインドでの写真(ニューデリーの文化祭風景).
「私たちは皆、人々に笑顔を贈り、幸福を贈るために生れてきた。世界は その使命の晴れ舞台」との池田先生のコメントがあります.
2ページ
日本の音楽隊、鼓笛隊紹介、中国・大連芸術大学院に池田研究所設立、ブラジル・韓国からの顕彰など.
4ページから35ページ
「太陽は昇る!すごいぞインド」と題された、インドSGI特集です。
「インドの全人口12億人に対して、25歳未満の占める割合が約半数に達する。2030年ごろには、人口が中国を抜き世界一になる」と冒頭に書かれています。
特集は、インド学生部の紹介記事に始まり、女子部、各種会合の写真があり、また、SGIメンバーのテニスプレーヤー、研究員、微生物学者、映像制作ディレクター、会社役員、大学教授、カメラマン、雑誌編集長、その他、大勢の現地メンバーが紹介されています。
特集の最後に 1500人を超えるSGIメンバーが創価菩提樹園に集った 第1回インド総会(2013年12月)の集合写真があります。
34ページ
東北の学会員の紹介記事(学生部、女子部、未来部).
37ページ
ジョン・ディ・マルティーノ氏(ジャズピアニスト)の体験談.
40ページ
読者の声.
45ページ
3月の座談会御書(英訳付き)

○グラフ紹介.

今、インド各地では、小説・人間革命の勉強会が行われています。
インドSGIメンバーの真剣な研鑽の眼差しの写真が印象的です。
仏法生誕の地 インドに、創価学会員として日蓮大 聖人の仏法が 生き生きと輝いていることに 心がときめきます。
加えて、ピンク色で“イケディアンの誇り”と題され、かの有名な創価池田女子大学が紹介されているのですが、日本の創価大学からの留学生2人の記事もあり、活発な交流の内容に 時代の変化を感じさせられます。

24から25ページの見開きで、池田先生の詩が写真入りで紹介されています。
写真は インドの森の上空を 100羽以上の鳥が飛んでいる風景写真です。
詩の題名は「月氏の曙 地涌の讃歌」 サブタイトル「わが深く敬愛するインドに贈る」。
以下にその詩の一部を転記します。

「見よ! 希望の大空に 鳥たちが舞う.
鳥とは サンスクリット語で 「二度生まれる」の謂.
ひとたびは 限られた殻のなかで
そして 再びは 限りない大空の自由のなかで.
そうなのだ 人間も また同じ
この世に 生をうけつつも 閉ざされた 小我の殻を打ち破り
大いなる 大我の大空へと 再び生まれゆかねばならないのだ」

世界192ヵ国地域に広がった創価学会。
タイSGI、そしてインドSGIに続き 次回4月号は ヨーロッパ特集とのこと。
本年は、全世界地域の創価学会が特集になるのでしょうか。
これからも楽しみです。(^^)

前回のグラフSGI2月号は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-03-02 07:52 | グラフSGI | Comments(0)

見えない人こそよく見える


☆ガイドヘルパーの手引き.

以下に 「見えない人こそ よく見える」の本の写真を添付します。
b0312424_22545779.jpg

写真解説.
「表紙の中央に 白杖をついている女性が ヘルパーに付き添われて歩くイラストが 描かれています。
説明文として “視覚障がい者のガイドヘルプにとって 本当に大事なことは何か”と書かれています」


視覚障がい者ガイドヘルパーの参考書です。
この書籍には 各種の事例を通じ、配慮に欠けた対話がトラブルの原因になること、また、不注意が事故や怪我をもたらす、子ども扱いや、強引なサポートなどが 利用者さんに大きな苦痛を与えることなどが示されています。
以下に 本文の一部を抜粋して示し、※箇所に補足説明をします。

○噛み合わない対話.

(ヘルパーAと利用者Bの対話)

A 「目がね、見えていないのは大変だと思うけど 前向きにいかないとね」
B 「そうですね」
A 「みんなもいろいろな人生を背負っているんだから、やっぱりね、あなたも楽しく生きていかないとね」
B 「わたしは 好きなことをさせてもらっているので 十分幸せですよ」
A 「まあ、元気出して! あなただけが見えないんじゃないからね」

※利用者さんは「そんなことは分かっているんだけど」と思いながら答えている。

B 「こんな感じの素材が好きなんだけど、このスカートは何色かしら?」
A 「ちょっと ババくさいなあ」
B 「じゃあ、これはどんな感じかな?」
A 「う~ん、なんか違うなあ。ああ、ピンクのいいのがあった。これにしときな!」
B 「私、ピンクは好きなんだけど、上の服と合わせるのが大変だから無難なシックなものを探してもらっていいかな?」
A 「ピンクが似合うよ、これがいいよ。これにしとき!」

※利用者さんに判断基準を与えていない。

B 「手が荒れちゃうから洗い物でゴム手袋したいけど、手袋すると感触が分からないので、どうしてもできないんだよね」
A 「そんなん、一緒、一緒」
B 「でもね、指が目の代わりをしている私にとっては大変なことなのよ」
A 「私もしてないで。見えてたって、せえへん。そんなもん、見えていても一緒!」

※筆者は「視覚障がい者は 手から火を噴くほどの肌荒れがあっても、手袋をしたくてもできない」と述べている。

○見えない人こそよく見える.

「残念なことだが、ガイドヘルパーに関する苦情や相談ごとの中に、ヘルパーがよそ見をしたまま話をするといった声が多くあった。
確かに 移動中であれば、利用者の顔ばかりは見ていられないが、そうでない場合でも顔を見ず会話するガイドが多い。
利用者は いったい私のことを どう思っているの?と訝っているのだ。
そのヘルパーには“どうせ見えていないのだから、どこを見ていても分からない”と思っているのかもしれない。しかし、全盲であっても、その人がどちらを向いているのか 声の方向で 顔の向きは分かるのである。
本来、相手の顔を見て話すことは、人としてのマナーです」

※上記のことを 多くの利用者さんが不満にしている。

「視覚障がい者とは、視覚に障がいがある人のことで、それ以上でも、それ以下でもない。
目が見えなくなると、残存感覚を使うので 見えている人に比べ 音に対する注意力や集中力が違うため、その分聞こえはよいかも知れないが個人差は大きい。
その中で、見えなくなったら何もできなくなると思い込んでいる人がいる。
また、「心眼」で何でもできると思う人がいる。
視覚障がい者は スーパーマンでもなければ、何もできない可哀そうな人でもない。
目が不自由なだけの「普通の人」である。
社会にはさまざまな人がいる。性別、年齢、職業、生活歴、性格、考え方や趣味、価値観など 千差万別である。見えていても 見えていなくても、一人ひとりみんな違うことを分かってほしい」

○所感.

世の中には 目配り 気配り 思いやりに欠ける人がいるものです。
ため口、押し付け、お説教‥
利用者がお金を払って依頼しているヘルパーが、上記Aのごときサービスであったなら、それは最悪だと思います。
かくいう私も ときどき 悪気なくオカシナことを言うことがあります。しかし、その時折に 相手の反応から反省し 軌道修正しつつ 対応力を向上させる努力を続けています。
気づきと反省のない人は ヘルパーとしては 適性を欠くことでしょう。

本書の参考資料は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-28 22:57 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(0)

資料 (見えない人こそよく見える)


☆参考資料です。

書籍「見えない人こそよく見える」の筆者紹介、書籍内Q&Aの抜粋など。

○筆者紹介.

速水 基視子 (はやみ きみこ)
網膜色素変性症で全盲となる。
視覚障がい者として 結婚、出産、育児の中、試行錯誤を繰り返しながら、見えなくてもスムーズな生活が送れるよう、ワンポイントアドバイスを盛り込んだ著書「キミちゃんのえがお」を出版。この作品はドラマ化され、テレビ、ラジオにも多数出演している。
その他、「難病と視覚障害と宝物」「キミちゃんの生活術」などで講演活動をしている。

速水 洋 (はやみ ひろし)
速水基視子さんの夫である。
盲重複障害者の更正援護施設に勤務している。
白杖歩行訓練士、在宅視障害者指導員。
著者に「青い空と白いつえ~ノンちゃんととともに」「青い空と白いつえ~訪問編」「キミちゃんのえがお」などがある。

○基視子(きみこ)さんの声から.

(前書きから抜粋し、一部文章の修正をしています)

私は18歳の頃、網膜色素変性症と診断され、23、4歳でほぼ全盲となりました。
20代の頃は まだ室内の灯りを感じることができましたが、現在の私は室内の灯りを感じることはできません。屋外で かろうじて明暗が認識できる程度です。
このような 見えない状態での生活も 過ぎてみれば早いもので 気づけば20年という月日が流れています。

世間では、全盲になると 耳がよくなるとか 勘がよくなると言う人がいますが、全盲になったからといって 、耳がよくなるわけでも勘がよくなるわけでもありません。
もちろん、全盲になったからといって 心眼を開くわけでもありません。
ただ 視覚を使えない分、別の感覚、つまり残存感覚を使って生活することから、傍目には 耳や勘がよくなったように感じ、見えない人は心の眼で見えるのだと なるのでしょう。

残存感覚を使っての生活といっても、見えなくなってすぐにそれが スムーズに行えるものではありません。
見えなくなった当初は 精神的なショックもあるうえ、目を使わず どのように生活すればよいのかさえも分かりません。
工夫と慣れと練習が必要で、最初は大変です。

○Q&A
.

視覚障がい者にどのように対応するのがいいのでしょうか?
以下に 本書のQ&Aから3つ抜粋します。

Q1. 視覚障がい者が困っている様子を見たら?
A1. 見たまま 感じたまま声をかければよい。「お困りですか?」など。
Q2. 基本的な手引きの形はあるのですか?
A2. どのようにすればよいのか本人に聞いてみるのがよい。
Q3. 歩く速度はゆっくりの方がいいのですか?
A3. 体の弱い人はゆっくりがよいが、元気な人もいるため、本人に聞くのがよい。

※すなわち、利用者さんの要望をヒアリングすることが大事です。

○本に書かれていること.

この書籍は、視覚障がい者のガイドヘルパーの参考書です。
利用者さんの移動介助をするためのポイントが書かれています。
具体的には 溝またぎ、段差移動、階段の上り下り、エスカレターの利用、電車・バスの利用、また、ガイドヘルパーの心得などが記されています。

本書の具体的内容は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-28 22:33 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(1)

前略 千早さま (6)


☆ひらがな御書のこと。

私は ほとんど 睡眠中の夢の記憶というものがありません。
本当は 見ているのだと思いますが 記憶に残る夢は 年に数度 あるかないかです。
また その記憶に残る夢も その日の朝に覚えているだけで 数時間すると すっかり忘れてしまうのです。
横になると数十秒で私は眠り パチッ!と 唐突に朝が訪れます。
目をつむり すぐに深い眠りに墜ち 覚醒まで 記憶は何もありません。

そんな私が 今朝 珍しく夢を見ました。
その夢は パソコンを見ている ほんの一コマの風景で ひらがな御書のホームページを作っているのです。数秒程度の パソコン画面と左右の私の腕だけのもの‥
ただ そんな 夢の断片です。
実力 不足で 思うにまかせないジレンマからでしょうか。
その焦りからでしょうか。(^^)

過去 旧創価の森ブログで 具体的な ひらがな御書の夢を語っています。
(以下の記事は 音声ソフト対応になっていません)
その旧ブログの夢の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-28 06:45 | 前略 千早さま | Comments(4)

白杖の青年


☆白杖の青年を見て‥

今朝の通勤経路でのこと。
急ぎ足で雑踏の中、縫うように人波を歩いていると、前方に空間が開けた。
と、そのとき、至近距離に 白杖を手にした一人の青年が視野に入った。
青年は前方を見据え、白杖を地上に垂直に伸ばして、駅員に寄り添われながら歩いていた。距離は1メートル少々‥
私はとっさに、進行の邪魔にならないように身をひるがえした。
危うく 青年と接触するところだった。
青年は 今風のオシャレな髪型で、グレーのコートを着ていた。
通り過ぎながら、青年のことを考えた。

「この通勤ラッシュの中、彼は どこから来て どこに行くのだろう」
「この何百という靴音を どんな気持ちで 聞いているのだろう」
「彼は これからの人生を どのように生きるのだろう」

以前の私なら、駅員に連れられて歩く姿を見て、不幸の象徴に感じたに違いない。
しかし、今は違う。そもそも 彼は 暗闇の中を歩いているのではないし、悲しみに魂を震わせているのでもないのだから。
彼の心には光があり、しかも夢も希望も同じくあるのだから。
そして 彼は、自在な心をして 自らの人生を最大限に活用しながら歩くことができる。
颯爽と 通勤ラッシュの波を切り裂き 愉快に歩むことができる。
盲の運命を乗り越え、決然と一人立ち、前進しゆく勇者として 生きることができる。

何故、そんなことが言えるのか?
それは 一人の自在の友の人生から 学び知ったから。
その友の姿が 私の世界観を 一変させたから。
だから私は、彼を平等に見ることができるのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-27 22:35 | 自在の人 | Comments(2)

アンドレ・マルロー


☆聖教新聞は偉人との出会いの場.

以下に 聖教新聞に掲載されたマルロー氏の写真を添付します。 
b0312424_235043.jpg

写真解説.
 「白黒の縦写真です。写真の詳細は 本文に申し述べます」 


昨日の聖教新聞に強く引き付けられる一枚の写真があった。
アンドレ・マルロー氏の写真である。
眉間に深い2本の縦じわ。左目の目じりには4本のしわ。
上目ずかいに見つめる左右の眼の間に 親指をかざし、鋭い眼光が何かを見抜いている。凄まじい顔つきだ。
私は魂を震わせながら、新聞の一部始終を読んだ。
以下に、本編記事から一部を抜粋し、私の所感を述べることにする。

○マルロー氏と池田SGI会長.

1974年5月18日。
「モナリザ展」のフランス政府の大使として、来日していたマルロー氏が語った。
「私が日本を訪れるのは4度目ですが、いちばんお会いしたいと思っていたのが 池田会長でした。さっそくですが、まず 私からおうかがいしたいのは 創価学会の活動とは どのようなものかということです」
単刀直入、余事を交えず質問するマルロー氏。氏は、これまで多くの日本の要人と会ってきたが、「礼儀的なふれあいばかりで、率直さは皆無」と語る。
SGI会長が答えた。(以下、要約)
「結論していえば 仏法を生活の上、現実社会の上に脈動させ、平和と文化の価値を創造することです」

マルロー氏は、「20の人生を生きた男」といわれた。
1901年、20世紀とともに生まれ、辻馬車から宇宙船まで、たった一世代のうちに変化を遂げるのを見た人である。
具体的には、インドシナの密林で遺跡を探査し、中国革命の動乱の目撃者となり、スペイン内戦では 国際義勇軍の飛行隊長として出撃。
第二次世界大戦では「ベルジェ大佐」の偽名で、ナチスへのレジスタンスとして戦った。
戦後は ドゴール政権の文化大臣として世界を駆けた。
アメリカのケネディ、インドのネルー、中国の毛沢東らと会ってきた。
そうした氏が SGI会長に深い関心を抱いたのも必然と言える。

日本の民衆を率いて 人間主義の思想を社会に広げる仏教指導者。
その思想とは? その運動の方向とは?
世界の行く末まで影響を与える存在なのか?

対話は 核問題、国連の役割をはじめ 意見が異なる部分も多かったが、氏より26歳も若いSGI会長に対する期待は 終始変わらなかった。

○パリでの再会.

SGI会長が教育の重要性を訴えると、マルロー氏は こう返した。
「創価学会のような人間形成の運動に力が加われば、人類にとっての亀鑑(きかん)となりましょう」
(亀鑑とは 人のおこないの手本、模範の意)
そしてマルロー氏は、再会を望んだ。

1975年5月19日。
一年後、SGI会長は パリにあるマルロー氏の自宅を訪ねる。
再びの対談‥ 未来への深い懐疑を垣間見せる氏に対し、SGI会長は 希望を手放さない。ほとばしるような対談が続く。
マルロー氏は SGI会長の話に応える。(以下、要約)
「かつて ヨーロッパに キリスト教がもたらした精神革命が、ふたたび 仏教によってもたらされないという保証はどこにもない」
(池田SGI会長のこれからに) 「期待しています」

この二度の語らいは、翌1976年8月に 対談集「人間革命と人間の条件」として結実した。
マルロー氏は、この出版から3ヶ月後に死去した。
その後、夫人からは その後、氏の原稿や画集、遺品などが折に触れて届けられた。
マルローの夫人は語っている。
「日本人で マルローと対談した人は 本当に限られた人だけでした。
池田会長は、マルローの尊い友人です」

○所感.

読んで、深い感動と歓喜とが生れた。SGI会長とアンドレ・マルロー氏の偉大さはもとより 聖教新聞社の記者の表現力にも感服した。読み応えのある記事だった。
傑出した人物を知る機会の場としての聖教新聞に感謝しつつ、新聞社に働く 様々な人たちにも深く感謝し、御礼を申し上げたい。

○アンドレ・マルローの履歴.

フランスの作家、美術評論家。
1901年11月、パリに生まれる。
21歳でフランス領のインドシナに渡るが、母国が行う植民地政策に疑問を感じて独立運動を支援する。
その後、中国でも革命運動の動乱を目の当たりにし、それらの経験を基に 「征服者」「王道」などを執筆した。
特に 中国革命を舞台にした「人間の条件」では「ゴンクール賞」を受賞。
また、スペイン内戦や第二次世界大戦下でのレジスタンス活動を通じて、「希望」「アルテンブルグの胡桃の木」を出版、“行動する作家”として 不動の評価を得た。
戦後は ドゴール大統領のもとで 情報相、文化相を歴任。
1976年11月 死去。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-27 00:06 | 聖教新聞 | Comments(0)

兵衛志殿御返事 (2014年3月度座談会御書)


☆兵衛志殿御返事(三障四魔事)
ひらがな訳:ひょうえのさかんごへんじ(さんしょうしまのこと)

以下に 大白蓮華50ページの写真を添付します。
b0312424_6314632.jpg

写真解説.
座談会御書「ひょうえのさかんごへんじ」の見出しの下に 観葉植物の蘭の花のイラストが描かれています。



○ひらがな訳.

しおの ひると みつと つきの いづると いると
なつと あきと ふゆと はるの さかいには かならず そういする ことあり
ぼんぷの ほとけに なる また かくのごとし
かならず さんしょうしまと もうす さわり いで きたれば
けんじゃは よろこび ぐしゃは しりぞく これなり

○ルビ付き本文.

しをの ひると みつと 月の出づると いると
夏と秋と冬と春とのさかひには 必ず相違する事あり
凡夫の仏になる 又 かくのごとし、
必ず 三障四魔(さんしょうしま)と申す 障(さわり)いできたれば
賢者はよろこび 愚者は退くこれなり

○現代訳.

海の潮が引く時 満ちる時 月の出る時 入る時 また、夏と秋と 冬と春との季節の境目には 必ず それまでとは相違する出来事がある。
凡夫が 仏になる時もまた 同じである。
必ず 三障四魔という妨げが出てくるが、賢者は喜び 愚者は退くのである。

○背景と大意.

本抄は 日蓮大 聖人が池上兄弟の弟 宗長(むねなが)に送られたお手紙です。
池上兄弟は 大 聖人門下で信心に励んでいましたが、父親の康光(やすみつ)が 真言律宗(りっしゅう)の極楽寺良観を尊敬していたため 兄の宗仲(むねなか)を勘当します。
この御書は 兄が 二度目の勘当となったときのものです。 
兄の勘当が解かれなければ 池上家の地位や財産は 弟が受け継ぐことになります。
すなわち 父の康光は、団結していた兄弟を切り離す狙いがあったものと考えられます。
大 聖人は、弟に宛てた本抄のお手紙で「凡夫が仏になる時には 必ず三障四魔が出現する」ことを述べられ、苦難を恐れず 賢者の信心を貫くよう ご教示されています。

大白蓮華59ページには、「もとより、私たちの信仰は、家族が争うことを勧めるものではなく、全員が信心しなければ和楽が実現できないこともありません。
一人が太陽になれば 光が一家を照らすように、自分が境涯を開けば、その福徳は一家を包み 和楽を実現できる」と記され、続いて、池田先生のご指導が掲載されています。
「大切なのは三障四魔の捉え方です。
“これは、自分が呼び起こした障魔だ!”と自覚することです。
一見、障魔から攻め込まれているように思うことがあるかも知れない。
しかし、本質は逆です。
私たちが自ら勇んで、成仏の峰に挑んだがゆえに、障魔が競い起こったのです」と。

○語句解説.

凡夫. 煩悩、宿業、苦悩に束縛され、迷いの世界で生死(しょうじ)を繰り返す者。
三障四魔. (さんしょうしま)信心を妨げる三種類の障害・煩悩障、業障(ごうしょう)、報障(ほうしょう)と、四種類の魔・陰魔(おんま)、煩悩魔、死魔、天子魔(てんしま)のこと。

以下に 三障四魔の補足説明のため 旧創価の森ブログの記事を掲げます。
(旧創価の森は、音声ソフト対応になっていません)
その三障四魔の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-26 06:41 | 座談会御書 | Comments(5)

私の幸せ


☆働いて、やりたいことをやる。


○くうねるあそぶ。

昔、「くう ねる あそぶ」という言葉が流行ったことがあります。
「食べて 寝て 遊ぶ」という意味です。
この言葉は、私は好きになれませんでした。
「それはグウタラではないか」と不快に思ったのです。
先日、電車の中に、心臓の薬の「求心」の意見広告がありました。
そこには次の見出しが書かれていました。

○働く、遊ぶ、休む。

似ているのですが、「くう ねる あそぶ」とは印象の異なる言葉でした。
この言葉は、スッと違和感なく、私の心に入ってきました。
しかし、もっと私的に言うなら、
「働く やりたいことをやる ぐっすり眠る」です。
遊ぶという言葉が 何となく しっくりしないからです。

私は働き、得られた対価で生活をし、許される範囲の中でやりたいことをしています。
そして、翌日の活力を得るために ぐっすりと眠っています。
これが私の日課です。
やりたいこととは、信仰です。幸せになること、幸せにするための行動です。
具体的には、祈り、学び、自分にできることを果たすこと。
その中に 健康作りのために運動することも、友人と語らうことも含まれます。

それらは遊びではありません。
周囲からは 遊びに見えるようなことでも 真剣勝負そのものです。
やりきれない量なので、工夫しながらやっています。この大真面目な私の目標と実践は、いわゆる世間で言う遊びの何十倍も楽しいことです。
ですから私は、遊びたいとは思いません。
今の道を真っ直ぐ歩むだけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
# by sokanomori3 | 2014-02-23 07:09 | 管理人より | Comments(4)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
別館のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ対策
任用試験
世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
未分類

最新のコメント

非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 23:14
kaisenさん、<別館..
by sokanomori3 at 06:17
というか もう決着ついて..
by ちよ at 05:47
kaisenさん、スミマ..
by sokanomori3 at 23:02
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 22:52
菊川様、連投スミマセン。..
by kaisen at 18:59
菊川様 コメントありが..
by kaisen at 18:40
おっと。。f^_^;  ..
by 師弟誓願 at 07:18
kaisenさん、古くか..
by sokanomori3 at 22:05
菊川様お久しぶりです。 ..
by kaisen at 15:03
>天気のことすら祈ってい..
by 凡ちゃん at 00:32
超科学主義者でした・・・..
by 凡ちゃん at 00:00
会合の前日まで大結集に走..
by 師弟誓願 at 15:52
>「祈ると晴れる」と言わ..
by sokanomori3 at 06:24
【模範解答】 随筆..
by 師弟誓願 at 01:39
「難しい」の意味は何を指..
by 師弟誓願 at 01:36
千早さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 22:58
日野原先生亡くなってしま..
by 千早 at 07:32
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:54
凡ちゃんさん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 21:29

リンク

以前の記事

2018年 11月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア