Introduction


創価の森通信
FREEDOM


Youtube「いつも何度でも」を以下に添付します




☆創価の森通信は創価学会自在会の同志と一緒に歩むブログです。
以下は別ブログの最新記事です。(別館は音声ソフト対応ではありません)
2018年8月11日 <ひらがな御書> 293.持妙法華問答抄
2018年8月11日 <別館> 小説・新人間革命執筆から25周年
2018年8月8日 <別館> 創価学会「魂の独立記念日」11・28
2018年8月5日 <別館> 第二次宗門問題(C作戦とは)
2018年8月4日 <別館> 極悪ペテン師・山崎山友の実刑判決
2018年7月28日 <ひらがな御書> 292.諸宗問答抄
2018年7月27日 <ひらがな御書> 291.本尊問答抄



一部の許可画像を除き、創価の森ブログ内の画像関係のコピー・転載等の無断使用を禁じます。「魚拓」にとることも禁じます。

ひらがな御書ホームページここをクリック!


にほんブログ村

# by sokanomori3 | 2019-11-01 01:01

人生は決意で面白くなる4


☆明るい部屋になった.


以下に、塗装が終了した部屋と廊下の写真を添付します。
b0312424_16181697.jpg
b0312424_16182851.jpg
b0312424_16184042.jpg
b0312424_16185024.jpg
b0312424_16185790.jpg
b0312424_16190465.jpg

写真解説「塗装が終了した脱衣場と洗濯機修理、白アリ薬剤散布の写真です」

前回の塗装工事記事のURLを以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/28570568/

塗装は二度塗りでもムラが出て、薄い部分は三度塗りしました。
蛍光灯も新品に変え、部屋がこんなにも明るくなりました。
母に、少しでも気持ちを明るくしてほしい・・
その願いから「暗い浴室」の改革をしました。

以下に、写真の解説を致します。
1.洗面台周辺のほぼ完ぺきな塗装の写真です。
2.天井、壁部分のほぼ完ぺきな塗装の写真です。
3.廊下の壁部分の塗装の写真です。(お手洗い前)
4.水漏れしていた洗濯機ホースの修理をしました。
5.床が白アリ?(腐れ?)被害があり、薬剤を穴に噴射しました。
(白アリ対策はこれではだめですが、一応の処置)
6.かなり傷みのある床板。(将来のリフーム対象)

室内の塗装は初チャレンジでした。
室内用の水性塗料(白)は、臭いはまったくなかったです。
刺激もなく、安心できるものでした。
予定では鏡や物置用の板を壁に付けるつもりでしたが、
水道の蛇口を交換したいと考え、今回はしませんでした。
夜中まで作業していたら母から叱られました。
母にとっては「いったいどうなるのか」との不安で一杯だったでしょう。

そもそもプラモデルも部品を余らすアバウト人間だった私。
その性格を知っている母は、私の技能に不信一杯なのです。
それと「息子に迷惑かけたくない」ということから嫌がるのです。
「息子の心、親知らず?」で、口喧嘩になりました。
で、かなり強引に作戦を敢行したのでした。

でも、私が茨城に帰って以降、母はこの綺麗になった部屋を使いつつ、
きっと喜びを感じているに違いないと思うのです。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-18 05:55 | 大工は魔法 | Comments(0)

人生は決意で面白くなる3


☆脱衣場リフォーム.


以下に、脱衣場の天井と壁リフームの写真を添付します。
b0312424_15523725.jpg
b0312424_15490294.jpg
b0312424_15491793.jpg
b0312424_15492881.jpg
b0312424_15493538.jpg
b0312424_15494992.jpg
b0312424_15495850.jpg
b0312424_15500592.jpg
b0312424_15501288.jpg
b0312424_15502082.jpg
b0312424_15503753.jpg
b0312424_21453776.jpg

写真解説「壁清掃から養生、ペンキ塗布、完成までの作業工程12枚の写真です」

前回の記事を以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/28568439/

さて、ついに今回のリフォーム大作戦の真打登場です。
上写真から順番に解説いたしましょう。

1.洗面台の上にあった「鏡付きの物入れ」を撤去し、壁を清掃しました。
2.壁が黒ずんで見えるのは塗装の剥がれでカビではありません。
3.釘やネジはサンダーで削り、平滑にしました。
4.壁を拭き掃除するとバケツの水はまっ白になりました。
5.壁のひび割れ、穴は全てパテ埋めします。
6.今回使用した塗装用具一式。(使い捨ての安物)
7.養生を施し、ペンキ塗装を開始しました。
8.天井方向など、部屋全体のコーナーにハケで塗装します。
9.次に中央部をローラーで塗布します。
10.塗装終了後に、養生を剥がします。
11.リフォーム終了後の美しい?脱衣場の写真です。
12.流し台上部の塗装の拡大写真です。

室内塗装は初チャレンジで、特に天井の塗りは疲れました。
何より掃除と養生が大事で、ミスをすると後で困ることになります。
埃が溜まっていると養生テープが剥がれるし、
養生がいい加減だと塗料が木材などに付着してしまう。
ゴシゴシやっていたら、指先がものすごく疲れました。
ですが、何とか塗装が終わりました。

次の記事は、→ここをクリック!



ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-17 06:02 | 大工は魔法 | Comments(0)

人生は決意で面白くなる2


☆プチ・ダッシュ村.


壁紙や家具の表層の剥がれ修理の写真を添付します。
b0312424_15192742.jpg
b0312424_15194765.jpg
b0312424_15200442.jpg
b0312424_15201372.jpg
b0312424_15202138.jpg
b0312424_15203478.jpg
b0312424_15204951.jpg

写真解説「1と2.壁紙の剥がれ修理、3から7.整理タンスの表装剥がれ修理の写真です」

前回の記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28564754/

ダッシュ村という番組がある。
山村や孤島でどっぷりと田舎生活をするという、
なんともレトロなチャレンジ番組である。
あるとき「親孝行のためにリフォームしよう!」と決意した私、
以来、私のモウレツな熱意は冷めることなく、
その訓練を茨城の自宅で修行して準備してきた。

今回目指したリフォーム内容を以下に示します。
1.風呂の脱衣場の天井と壁、隣接する廊下のペンキ塗装。
2.トイレの壁、タイル修理とペンキ塗装。
3.家具の表装の剥がれの修繕。(接着修理)

しかし、時間の都合もあり、トイレはまったく手が付けられませんでした。
廊下も「用意したペンキが無くなり」途中で終了。
壁紙などの修理はごく一部しかできませんでした。
母が「墓参り」だとか、様々な他の要求もあり、
意外と掃除などに時間が取られたということもあり、
目標の60%程度で終えて、次回持ち越しとなりました。

この記事の写真は、かなりのピンボケで、
いかに余裕がなかったかが良く分かりますね。^^
壁紙や家具の表装の剥がれを接着したのですが、
「クリンプ」という挟む工具をたった2つしか用意せず効率が悪かった。
安いものなので10個ぐらい用意しておけばよかったと後悔しました。
ともかく、ボンドを隙間に入れて押しつけ、クリンプで挟む。
あるいは養生テープで固定するという方法です。
(養生テープでは密着度が甘くいまいちです)

家具も剥がれは見苦しいのですが、修理すればスッキリします。
なんとなく貧乏くさいわが家が普通になりました。
ともあれ、これはオマケの修繕。
メインは脱衣場のリフォームでした。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-16 05:38 | 大工は魔法 | Comments(4)

人生は決意で面白くなる1


☆決意をカタチにする.


以下に駅で動かない電車と土砂崩れ現場写真を示します。
b0312424_14442655.jpg
b0312424_14443529.jpg
b0312424_14444536.jpg
b0312424_14445326.jpg

写真解説「1.動かない電車、2.駅で飲んだ缶コーヒー、3と4.線路の土砂崩れ現場写真」

西日本豪雨で線路が不通となり、陸の孤島となったわが故郷。
西日本豪雨の過去記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28432736/

夜行バスで岡山に入っても、そのバス停から実家の町には遠い。
頼みの綱の電車が動かないのだから、大変である。
そんな状況の中、実家のご近所さんが助けてくださった。
朝の7時に、遠い駅に降りた私を自動車で一時間かけて迎えに来てくださった。
学会家族とはいえ、ここまでしてくださる・・
感謝しても感謝しきれない地元の学会員さんなのです。

山肌にブルーシートのある写真は、不通になった線路の土砂崩れ現場です。
線路は不通のまま、8月下旬の工事完了に向けて修繕中です。
線路は赤く錆び、雑草が生えて、まるで廃線のよう。
この工事現場、お盆休み返上での復旧工事をしていましたが・・
この後、集中豪雨になり、大変危険な状態になりました。

路線の復旧は、どう見ても9月以降、あるいは10月と、
地元では忍耐の時が過ぎ去りそうです。

さて、この陸の孤島に私は親孝行のために帰郷しました。
それは、本格的なリフォームを行うためでした。
お正月に網戸の修理をしましたが、今回は本格的な修繕。
その工具類を事前にダンボール箱で送っていました。
sokafree.exblog.jp/28526123/

このリフォームのために、私は茨城の自宅で日曜大工を修行してきました。
その代表的な修行記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/26985284/
sokafree.exblog.jp/28415336/
sokafree.exblog.jp/28472625/

問題は、母の「抵抗」で、母としてみれば息子に迷惑をかけたくない。
そこで「やらんでくれ!」と逐次文句を言うのです。
私はその批判をやりすごし、あるいは強引に作業を進めたのです。
母にとっては「墓参り」や、ある種、私にのんびりしてもらいたい、
ですから私の大工仕事を「邪魔」するのです。

いずれにしても、私は今回ばかりは「信用」を得る戦い。
もし、失敗すれば「母の不信」は高まるだけ。
負けられない戦いだったのです。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-15 15:07 | 大工は魔法 | Comments(0)

決意し、実行してベストを尽くすことが幸せ


☆幸せリフォーム大作戦.


おはようございます。帰郷3日の朝です。
光陰矢の如く過ぎ去り、実家での生活最終日となりました。
全身筋肉痛です。指先一本一本まで痛いです。
田舎での仕事(リフォーム)がどういうものかは、明日以降にお伝えしますが、
予定通りに進まない現実の中で頑張っています。
岡山は水害の影響で、路線が土砂崩れで寸断され不通なのです。
このため電車は動かず、帰りは臨時の本数の少ないバスで、
このため早い時間帯で実家を出なければならず、
しかも、いろいろな出来事で仕事が遅れもして、
予定のリフォームは70%ほどで終わりそうです。

いろいろやりたいことが沢山あっても、
大雨にたたられたり、腹痛になったり(笑い)、
やってみると思いのほか大変だったりして、
山あり谷あり、もどかしい限りです。
なんだか、やればやるほど、家のオンボロさが露呈し、
私の将来の使命は大きくなるばかりです。

でも、この困難さも、全身筋肉痛も、私にとっては幸せの極致です。
やることは決まっているし、決意はできているし、
迷わず、一直線に親孝行できる、行動できることが、
物凄く、100%の幸せであり、悦びなのですから。
決意できていること、迷わず全力で実行できること、
このことがどれだけ幸せなことでしょう。

昔の私は真逆でした。
迷い、悩み、何らの行動もできず、憔悴した心で、
何をすればいいのか分からなかった青春でした。
今、私は365日、やるべきことが鮮明に見え、
「この行動が誰かのためになっている」との確信の中で、
今日を生き、今日を頑張れるのです。
その最たるものが故郷でのリフォームです。

私は遊んでいても虚しいばかりで、とにかく、
「何かいいことをしなければならない」という心の底からの欲求・・
これは若い時からその声があったのですが、
とにかく、ボロな家を改善することは物凄く楽しいし、
嬉しいし、でもなかなか進まないので悔しいし、(笑い)
で、今日は最終日、しっかりやろうと思っています。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-14 06:29 | 大工は魔法 | Comments(0)

運命を受け入れて楽しく生きる


☆私も雑草の一種です.


ある時から、私は草を愛し、
感動をもって見るようになった。
切っ掛けは、詩集「草の葉」を読んだからである。
以来、世界で一番興味深い植物が草になった。

詩集「草の葉」の記事を以下に示す。
sokamori2.exblog.jp/28411412/

夏、草は野に山に河川敷に生い茂っている。
コンクリートの隙間や割れ目にも生え、
誰の助けも借りずによく忍び、繁茂する。

彼らは、雑草と呼ばれ、駆除もされるが、
切られようと、踏みつけられようと、
一切の悲観と愚痴なく逞しく生き抜く。
強靭な生命力を駆使して炎天も平気だ。
運命を否定することなく全てを受け入れて草は生きる。
引っこ抜かれて太陽にさらされたらアウトだけれど、
切られたぐらいでは死なず、やがて頭をもたげ、
再び天空に飛び出してくる。

草にも恋があり、花も実もつける。
そうして、いく百、千の種子を大地に広げる。
風が吹けば動物のように揺れ動き、
葉と葉とをこすり合わせておしゃべりをする。
笑い、泣き、叫ぶ美しい草たち。

草は気高く、朗らかに、ひたすらに生きる。
草は小動物や虫たちの餌となり、隠れ家となり、
無数の虫が草むらで合唱曲を奏でもする。

草はきょうも世界中の野と山とに広がる。
いったい草はこの世に何本生え、
いったい虫は何匹いるのだろうか。
無数にして無限の繁栄を繰り返す草と虫たち・・

私も雑草の一種なのだ、とつくづく思う。
庶民に生まれ、庶民として生き、そして死ぬわが人生・・

「地位もいらぬ、名誉も、尊敬もいらぬ」
そういう雑草の生き方に心惹かれる。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-13 06:34 | ポエム | Comments(3)

人生、山あり谷あり怪我あり


☆松葉杖(まつばづえ)


玄関に置かれている松葉杖の写真を添付します。
b0312424_08003582.jpg


松葉杖が二本、玄関に置かれている写真です。
この松葉杖は、昨日わが家に持ち込まれました。
理由は、わたしの奥さんが怪我をしたからです。
朝、階段を踏み外して、足の怪我でギブスを巻きました。
幸い骨に異常はないのですが、全治一週間以上間違いないです。
「ドタン!」という物音と共に、悲鳴とも唸りともつかない、
聞いたことのない妙な声が聞こえました。
階段下を見ると奥さんがひっくり返っていました。
そんなことが昨日朝、ありました。

人生、山も谷もまさかの坂もあります。
猛暑ですし、ボーとして階段から落ちる、
などということがあります。

どうか皆さま、夏休み、適度な緊張感もお忘れなく。
以上、リアルな現場からのご報告でした。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-11 16:05 | 怪我・病気対策 | Comments(4)

悩み続けた日々の記録


☆4ヵ月の闘争が続く.


以下に、お灸や漢方薬、医薬の写真を6枚添付します。
b0312424_22373978.jpg
b0312424_22374578.jpg
b0312424_22375300.jpg
b0312424_22380030.jpg
b0312424_22381824.jpg

写真解説「お灸、漢方薬、その他各種、医者から処方された様々な薬の写真です」

1年前、右耳の難聴を治したいと耳鼻科に通った。
しかし、右耳はまったく良くならなかった。
sokafree.exblog.jp/27144512/
そして4ヶ月前、風邪から左耳の難聴が起こり、一進一退を繰り返した。
以下に、その時の風邪の記事URLを以下に添付する。
sokafree.exblog.jp/28274522/

聞こえてはいるが、微細な言葉は聞き洩らしてしまう。
「さとうさん」と「かとうさん」など、聞き間違えることがある。
ささやくような声を聞くことは困難なりました。
正確に仕事を運ぶには厳しい聴力です。

耳鼻科医の処方する薬のみならず、
漢方薬、鍼(はり)治療などやれることやった。
sokafree.exblog.jp/28470687/
投じた時間も多く、支払ったお金は15万円を超えました。
先日は会社を休んで、総合病院の精密検査を受けました。
「中耳炎の一種で、水か溜まっているのではないか」というのが
現時点の担当医師の推理でした。
水が抜ける薬?を処方され飲み始めた。

50歳から低下を始め、60、70歳代になるに従い、
人間の聴覚は難聴になることが多いのだという。
よって、高齢者は難聴者がとても多い。
日本補聴器工業会の統計では、難聴者は1428万人と試算しています。
すなわち、10人に1人が難聴であるとしているのです。
その難聴者は特に65歳以上が大半なのです。

対策として補聴器もあるが、極力、回復させたいと誰もが願います。
以下に補聴器の記事URLを添付する。
sokafree.exblog.jp/28401204/

あまりに治りが悪いので、お題目を真剣に唱えるようになりました。
まだ、私はやるべき仕事も使命も沢山あるから、
何としても治したいとの思いが強くある。

「過去世の私のホウボウをお許しください!」
「どうか、広宣流布のために回復させてください!」
「でも、治らなくても補聴器で広宣流布をいたします!」
そんなふうに祈り戦う日々が続きました。

今、その聴力は90%以上回復いたしました。
その喜びの記事を以下に示します。
sokafree.exblog.jp/28547640/


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-11 00:05 | 怪我・病気対策 | Comments(0)

耳が聞こえるんです(90%以上回復)


☆美しい夏の夜の風景.


電柱がある夜の草地の写真を以下に添付します。
b0312424_22593662.jpg

ありがたいことに耳が回復してきています。
4月に難聴になり、苦しんだ数か月でした。
その難聴の発端となる出来事の記事を以下に示します。
hsokafree.exblog.jp/28274522/

会社からの帰り道、多種多様な草の虫が大合唱していました。
物言わぬ星の下で、凛とした鳴き声を奏でるのです。
私はしばし佇み、その鳴き声に聞き惚れました。
これほどに美しく心地よい音色を、私は聞いたことがありません。
時折、風が吹いて、耳に風の音が轟くのです。
肌の気持ち良さと、風の音の心地良さ・・
つくづく「耳は宝」って思いました。
宝石のように輝く音たちでした。

ともかく聴力が90%以上回復してきました。
もう少しで完治しそうです。

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-09 23:15 | Comments(8)

続・相手を変えることはできるか


☆一念で天国に変わる.


前回の記事で「祈りで相手を変えることができるか」を記した。
sokafree.exblog.jp/28537860/
自分を変えることで、相手が変わると述べた。
では、人間以外はどうか。環境は変わるだろうか?
変わるのです。物理的に行動することで当然変わる。
例えば、汚れは掃除で奇麗になる。でも汚れが浸透していたら・・
部材を変えるか、買い替えるかで変えられる。
それは自分自身に技術があるか、お金があるかにかかっている。
けれど、一念で環境が瞬時に変わるということがあります。

私には本当に不思議な体験があります。
それは岡山の実家の「ボロ」の環境が「一念」で変化したこと。
岡山の実家は築50年以上で、本当にぼろいのです。
建てられた当時、たしか私が小学校5年生でした。
当時はピカピカでしっかりしていたが、今はぼろなのです。
衣服もクルマも何でも、年月とともにぼろになる。
家もまったく同じです。

そもそも、私は岡山のド田舎に生まれた。
家があり、山と川があり、田畑がある他は大したものはない。
もちろん、お店も学校も郵便局もあるが、以上終わり。
出くわすのはヌートリアやサル。(笑い)

東京が職場の私は、正月と夏休みは田舎に帰ります。
遠いです。何でこんな不便な田舎に生まれたのだろう?
実家が埼玉や千葉だったらどんなにか楽だろう。
加えて家はバリアフリーじゃなし、階段は鉄砲階段で危険だし、
断熱材のない壁や天井で、冬は寒く夏は暑い。
台所は猛烈に古く、本当に貧相です。
私としては悲しい家でした。

しかし、今は違うのです。実家が素敵な家になったのです。
それは「親孝行のためにリフォームしよう!」と決意したときから。
ボロ、汚い、壊れている、それを奇麗にする、修理する・・
それが親孝行になるんだと知ってから、やりがい満点の素晴らしい家になった。
私はこの8月、まるでダッシュ村のように大工仕事をします。
そのために機材をダンボールに詰めて一式を送りました。
sokafree.exblog.jp/28526123/
まるで、無人島にサバイバルの冒険に行くみたい。
ワクワクしているのです。ガンバロウと思うのです。
あれほど悲しく、切ない家が希望に満ちているのです。
地獄が天国に変わった。決意一つで。

「親孝行したい」という思いがあってのことです。
それがなかった自分のころ、そういう発想もない自分のころ、
実家のぼろは最悪で、悩みの種だったのです。

どうです、これ。心が変わっただけですよね?
使命を見つけた、決意した、それだけです。
母が喜ぶならハッピーな環境でしょう?

このように、環境すら目標や境涯で変わります。
これは40歳からの信心、祈りの功徳です。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-07 06:09 | 勤行 唱題 | Comments(2)

摩訶不思議な「日顕上人」の存在(消す記事)


☆文段集を見て驚いたこと.


<別館>に「師弟不二」に関する質問が寄せられました。
そこで、私は「日寛上人文段集」から回答しました。
質問は「師弟不二という言葉を第三代会長作ったのでは?」とのことでした。
私は「日寛上人が師弟不二を記されている」ことを掲げ、
「池田先生の造語ではない」とお答えしました。

そのQ&Aのある記事を以下に示す
sokamori2.exblog.jp/28362059/

さて、昭和55年3月1日に発行された全802ページの「日寛上人文段集」ですが、
この本を見ると、日寛上人の境涯、能力の高さに驚かされるのです。
その日寛上人は「中興の祖」であり、大変立派な僧侶でした。
私たちの御本尊様は日寛上人のもの。
そう考えるとありがたい極みなのです。

さて、このとき私は改めて「日寛上人文段集」を見て驚いたのです。
この本を監修していたのが、あの「日顕」だったからです。
冒頭には、日顕の挨拶文「序」があるのです。
(当時の会長の「北條」氏の挨拶文もある)
今、小説・新人間革命第30巻で、日顕の狂乱が描かれたばかり・・
その日顕が日寛上人の文段集を現代語で出した価値ある本の冒頭を飾っている。
とっても奇妙なんです。不思議なんですね。
悪魔が、日寛上人の本を出すことを許可し、
仏の創価学会にその教義の一切を渡し、
その後、完璧な悪魔になってC作戦をするのです。

すなわち、ノウハウを全て宗門は出し尽くし、
その上で邪宗門になって、その上で創価は日寛上人の御本尊になった・・
ちょっと出来過ぎた話なんです。

これ、池田先生が会長を勇退された翌年、9カ月後の本です。
先生を公の場から追い出し、北條会長を配下に置いての出版でした。
あらためて、このことは後日記事にしたいです。
まずは、記事の予告を申しげました。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-06 06:04

相手を変えることはできるか


☆正解は人間革命の祈り.


職場や学校、家庭やサークルなどで、
人間関係に悩むということはないだろうか。
基本的に、10人いて意見が一致するということはありえない。
あるものを見て、ある人は良いといい、ある人は悪いという。
だから、政治の世界には100点はない。
そのことを述べた過去記事を以下に示す。
sokanomori.exblog.jp/12208536/

食事という、およそ一致しそうなものも好みは分かれる。
まさか「ご飯が嫌い」という人はいないだろう。
(でも、いるかも知れない)
「麺類が苦手」という人は現実にいる。
驚くのは、たこ焼きやお好み焼きが苦手という人がいること。
食べれなくはないが「食感がイヤ」という。
日本人なら誰しも好むと思われる食材すらこれだ。
まして、定番のピーマン、ニンジン、キュウリ、トマト嫌いは沢山いる。
食べものの他に好き嫌いは広範囲に及び、顔や声、スタイル、マナーなど、
多種多様に異なり、人間関係が複雑になるのは仕方ない。

職場は利害関係がからみ、対立は日常的に起こる。
そこで、悩んで、御本尊に祈ることになるが、
一体、どのように祈ることがいいのだろう。
ポイントは「あの野郎、地獄に落ちろ!」という祈りをしないこと。
そんな祈りをしても、その祈りは叶わないと思った方がいい。
自分自身すら変えるのに四苦八苦するのに、
相手が変わるなんて基本的にはあり得ない。
そうではなく、「自分を変える」祈りが正解です。

現実に、日顕や山崎正友は変わったであろうか。
あなたが立腹する相手は、変化の兆しがあるだろうか。
確かに風邪を引いたから元気がない、そんな変化はあるだろう。
でも結局、元気になればまた嫌な相手になる。
オカシナ人はオカシイままだし、
毒舌、意地悪な連中は、延々と毒舌で意地悪だ。
その相手を、延々と「変わりますように」と祈る・・
私もそう祈ったことがあるが、即効性はない。
ただし、10年、20年という単位で変わる事はある。
長い歳月がかかることは間違いなさそうだ。

大事なことは、自分自身の「実力」を付けること。
見た目、話し方、行動、能力など、とにかく自分を変える。
人を恨む自分、相手を憎む自分、相手のせいにする自分、エゴな自分、
愚かな自分、怠惰な自分などを変えることです。
相手が変わらなくても、美しい身なりで、魅力ある話をし、行動が迅速かつ的確で、
能力が高く、人を恨まず、賢く努力家で・・
そんな自分になったら、付き合う人も変わるし、評価される。
嫌な奴と一緒にいなくても生きられるというものです。
このように学会では「一人の偉大な人間革命」が基盤になります。

自分を変えると環境が変わらざるをえないのです。
良い人になれば周囲から大事にされるし、処遇も良くなる。
付き合う人も変わるし、結果、生活する環境の空気も変わる。
場合によっては引っ越しも転職もする。
そうしてどんどん変わるのです。

嫌な相手も根っからあなたを嫌っている訳ではない。
もし私たちが、日々に成長し、賢く、かわいく、
気持ちのいい人となり、尊敬される人になっていったら・・
相手は笑顔となり、優しくなり、仲良くなるに決まっているのです。
あくまで、自分が変わった分相手が変わるのです。

「いや、祈ったら相手が変わった」と言う人がいるかもしれない。
当然、なくはないだろう。でも・・
嫌いな人を恨んで祈って、自分が変わらないのに、
相手が変わったという経験は私にはありません。

ともかく、一つ言っておきたいのは、オカシナ人間は必ずいるということ。
それが世の中だし、1人嫌な人がいなくなっても、次々に嫌な人は出てくる。
だから、そんなゾンビやゴキブリのような終わりのない相手を、
次々に祈って次々に変えるなんて物理的にできないから、
やっぱり自分を変えるしかないのです。

そのことを深く肝に銘じれば、もはや相手云々でなく、
御本尊の前に座り、「人間革命させてください」と祈るでしょう。
そうすれば不思議にも、ゾンビやゴキブリすら許せる自分になることでしょう。
私はそうしてきたし、だから原因は自分だし、
だから祈りも叶い、功徳も無限なのです。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-05 07:04 | 勤行 唱題 | Comments(6)

暑い暑い暑い夏


☆猫にパンチではない.


コップの下などに置くコースターの写真を添付します。
b0312424_21565665.jpg
b0312424_21570260.jpg

写真解説「猫の顔の刺しゅうのあるコースターにペットボトルを置いた写真です」

冷えた水の入ったペットボトルが「パンチ」に見えません?
ただ置いただけですが、たまたまパンチに見える。
まあ、それだけのことですが。(笑い)
今日はこれだけ。スミマセンです。

ともかく観測史上最高の猛暑が続いてます。
熱中症にお気を付けくださいね!
sokafree.exblog.jp/28516536/


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-03 05:43 | つぶやき | Comments(2)

目の前の「一」に挑む


☆一文字一文字の積み重ね.


池田先生が励ましのメッセージをくださいました。
その内容を以下に示し、所感を述べます。

原稿の執筆も、一文字一文字、一枚一枚の積み重ねだ。
御書に「衆流あつまりて大海となる、微塵つもりて
須弥山となれり」(288)と仰せである。
どんな小さなことでもいい。
目の前の「一」に挑む。
その繰り返しが、自らの「万」の力を引き出していく。
私は若き友に「何かの分野で一番に」
「十年一剣を磨こう」と呼び掛けてきた。
他人を羨む必要などない。
自分らしく、粘り強く朗らかに、
たゆまぬ挑戦を開始しよう!

(創価新報8月1日号より)

今、ひらがな御書は着手以来7年になろうとしています。
ブログでの挑戦は失敗し、ホームページにて再スタートをした。
そのホームページも明年3月に5周年になります。
今、ひらがな御書は292編の収録を果たしました。
明年には目標の310編の全てを収録する。
そこから、さらに収録内容を見直す。
着手から10年の2022年に完成を目指します。

ひらがな御書に近道はありません。
一文字一文字を、一つ一つ真剣に、
パソコンに打ち続けていく・・
目の前の「一」に挑み続けています。

池田先生、ありがとうございます!
必ず、絶対に成し遂げます!

ひらがな御書ホームページを以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-08-02 05:49 | ひらがな御書 | Comments(0)

戦いの準備が完了しました


☆8月に勝利します!


実家に送ったダンボール箱の写真を以下に添付します。
b0312424_19425482.jpg

写真解説「リフォーム工具・資材を詰めたダンボール箱が玄関に置かれている写真です」

正月に帰郷して網戸修理をした記事を以下に添付します。
sokafree.exblog.jp/27930298/

いよいよ夏も盛り、8月がやってきます。
8月の夏休み、かねてより計画していた実家のリフォームを実行します。
ダンボール箱には、リフォームのための機材が詰められています。
壁修理用具、塗装用具、清掃用具、その資材一式です。
不足はないと思いますが、もしあれば現地調達します。
十分に準備できたと思うし、後はベストを尽くすのみ。

母は「何もしなくていい」というのです。
でも、強引にですがしっかりやろうと。
まず、脱衣場の天井、壁を修理して塗装するのです。
できれば、母の部屋の壁の塗装もやりたい。
加えて、トイレの割れているガラスや破損しているタイルなども。
しっかり計測して、サンプルも持ち帰って、次回の帰郷の際と合わせて、
(次は正月)修理したいと考えています。

限られた時間(48時間前後)にどこまでできるのか。
あるようでない時間ですが、頑張ってやるつもり。

このダンボールは、本日到着します。
母は、いったい何が入っているのか?と思うことでしょう。
箱一杯にリフォーム物資が入っているとは思わないでしょう。
夜行バスで実家に行き、ガンガン仕事して茨城へ帰る。
「とにかくお母ちゃん、ビックリするだろうなあ」・・
今からニヤニヤしている私。

で、やるぞ、リフォーム!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-07-31 05:33 | 大工は魔法 | Comments(0)

続・創価学会への遺贈寄付の検討


☆創価大学への遺贈寄付.


前回の「創価学会への遺贈寄付の検討」に関する記事を示す。
sokafree.exblog.jp/28520730/

遺贈寄付は具体的にどのような手続きをすればいいのでしょうか
創価大学と三井住友信託銀の情報を示し所感を述べます。

1.創価大学への遺贈による寄付.
soka.ac.jp/about/contribution/bequeathalより

創価大学の学生支援・教育研究活動・施設の拡充等発展を支えるため、
遺言贈与として寄付いする制度があります。
寄付については、相続税法上の優遇処置を受けられます。
創価大学への遺贈寄付の方法を以下に示します。

•遺贈による寄付をご検討の方は、企画部校友課(042-691-2213)に相談する。
 (希望により信託銀行・専門家を紹介してもらえる)
•信託銀行の専門スタッフがご遺贈の相談を受け付ける。
 (相談料は無料。遺言書の保管・執行については金融機関所定の手数料が必要)
•信託銀行等金融機関が遺言書の保管と管理を行う。
•相続人の方からご逝去の通知を受け次第、遺言を執行する。
•創価大学へ寄付金が遺贈される。
•遺贈された財産は、相続税の非課税財産になる。

(以上、創価大学のホームページより)

2.金融機関の働き.
smtb.jp/personal/entrustment/=YY82Nd4Bより

自身の遺産を「社会・公益のために役立てたい」とするなら、
所定の銀行が学校法人等と提携している「遺贈による寄付制度」がある。
「遺贈による寄付制度」提携とは、学校法人などの公益団体の手伝いを
銀合等が提携して行うというもの。
その手続きと執行は以下の通りです。

•遺贈による寄付を希望する人は、提携銀行に相談・遺贈の申入れを行う。
•事務局にご相談の場合、三井住友信託銀行が相談窓口として紹介される。
•財務コンサルタント等専門のスタッフに相談する(相談料無料)。
•ご相談の秘密は保護される。
•遺言書は原則として公正証書で作成する。
(公証役場所定の公正証書作成手数料が必要になる)
•提携先の銀行が遺言書正本を保管する。
•逝去の通知があり次第、銀行が遺言を執行する。
•執行完了時に当社所定の遺言執行報酬を銀行が受け取る。

(以上、三井住友信託銀行のホームページより)



以上はインターネットで調べた「創価大学」に対する遺贈寄付の手順です。
宗教法人・創価学会に対しての寄付も同様であろうと思われます。
よく、「あの世にお金は持っていけない」と言いますが、
遺産が大学や学会で活用されるなら、貯める意味もありましょう。
私は、この制度を活用したいです。


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-07-30 05:26 | 良死の準備 | Comments(2)

創価学会への遺贈寄付の検討


☆死後も学会に貢献できる.


高齢化、核家族化が進む日本では、死去した人の引き取り手のない遺産も、
年々、増加傾向にあるようです。

その中で死んで遺産を寄付する遺贈寄付(いぞうきふ)があると知りました。
その遺産(生命保険含む)を、遺言に基づき寄付できます。
例えば「国境なき医師団」に遺贈寄付する・・
そうすれば、未来を担う人々の命を救えるかも知れない。
このように遺贈寄付で、人生の最後に社会貢献ができる。

私には子供がいません。
ゆえに、財産を子に託すことはでません。
勿論、兄弟や、親戚に分与されることになりましょう。
お世話になった親族に渡すにしても、
例えば葬儀を受け持ってもらうにせよ、
お墓に遺骨を納めてもらうにせよ、
その御礼は、100万円、あるいは200万円で十分ではないか。
あるいは、遺言にして、主要な親戚に数十万円を渡すにせよ、
何千万円という遺産がある場合は、過分な分配になる。

私が多額の遺産を残すということは考えられないが、
それでも数百万円の単位で「あまる」とするなら、
寄贈寄付は魅力のある制度である。
その対象として注目したいのが「創価学会」です。

生前に、御供養申し上げるにせよ、
出せるお金は老後の貯蓄を計算した上で行う。
だから、思い切った御供養はできない。
例えば、病気や何かの予備費のために1500万円を貯めたとする。
これは基本的に使うことはできない。
死亡で500万円の保険が下りるとして、総額2000万円の財産である。
個人年金で生活をまかない、その財産が減らないうちに、
病気となり、死んで残るお金を1500万円とする。

このうち、家の整理や葬儀、墓石への遺骨収納が500万円かかったとする。
その実行を依頼した人に、謝礼として300万円支払ったとしても残金は700万円である。
この700万円は、遺産として誰かが得ることになるが、
これを創価学会に寄付する。

生きているうちに寄付するより、安心して寄付できる。
だとしたら、とても良い制度ではないか。
まだ、遠い将来ではあるが検討したい。

私は3年前にお墓を購入しました。その記事を示します。
sokafree.exblog.jp/26399363/

次の記事は、→ここをクリック!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-07-29 07:22 | 良死の準備 | Comments(6)

暑中お見舞い申し上げます


☆42℃の時代が来る.


ゴッホの絵に描かれているヒマワリの写真を添付します。
b0312424_20554463.jpg

写真解説「一つの花が握りこぶしほどの大きさの太陽のようなヒマワリの写真です」

先日、埼玉県熊谷市で、7月23日、最高気温が41℃を超えた。
「41.1℃」は観測史上最高温度らしい。

この猛暑で、連日、多くの人が死亡している。
太陽の熱は地上に蓄熱され、さらに最高気温更新の可能性がある。
いつか本当に42℃を超える時代が来るのでしょう。
「42℃で大量死、酷暑ならぬ豪暑」という見出しが出るかも。
冷房なしに生きられない時代が来ていますね。

猛暑の中の外仕事は過酷を極めることでしょう。
あるいは室内でも、知らぬ間に大量の汗をかいています。
便秘で病院に行くと、「熱中症です」と言われた人がいる。
脱水症状で便秘になるのだそうです。
塩分と水分、しっかり補給したいですね。

どうか、熱中症くれぐれもご注意ください!


ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-07-26 21:08 | 創価の森通信フリーダム | Comments(4)

松野殿後家尼御前御返事(2018年8月度座談会御書)


☆松野殿後家尼御前御返事.


(ざだんかいごしょ まつのどの ごけあまごぜん ごへんじ)


松野殿後家尼御前御返事(まつのどの ごけあまごぜん ごへんじ)。
2018年8月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている松野殿後家尼御前御返事(1393ページ)のひらがな文、原文を示し、背景と大意を述べます。

○ひらがな文.


いまだ けんざんにも いらず そうろう ひとの かように 
たびたび おんおとずれの はんべるは いかなる ことにや あやしくこそ そうらえ 
ほけきょうの だい4のまきには しゃかぶつ ぼんぷの みに いりかわらせ たまいて 
ほけきょうの ぎょうじゃをば くよう すべき よしを とかれて そうろう 
しゃかぶつの おんみに いらせ たまい そうろうか 
また かこの ぜんこんの もよおしか.

○原文.


未だ 見参にも 入らず 候 人の かやうに 度度 御をとづれの はんべるは
いかなる 事にや あやしくこそ 候へ
法華経の 第四の巻には 釈迦仏 凡夫の 身に いりかはらせ 給いて
法華経の 行者をば 供養 すべき よしを 説かれて 候
釈迦仏の 御身に 入らせ 給い 候か
又 過去の 善根の もよをしか.


○現代文.


(あなたは)まだお会いしたこともないのに、
このように度々、お便りがあるのは、いかなることかと不思議に思えてなりません。
法華経の第四の巻きには、釈迦仏が凡夫の身に入り替わられて、
法華経の行者を供養することが説かれている。
釈迦仏があなたの身に入られたのでしょうかまたは、
尼御前の過去に積まれた善根があらわれてのことでしょうか。

○背景と大意.


弘安2年(1279年)3月26日、日蓮大聖人 58歳の御時、
松野殿後家尼御前に与えられた御書です。
一眼の亀の話から、別名を盲亀浮木抄ともいいます。
後家尼御前は、夫に先立たれた駿河国(静岡県)の女性門下です。
当時、駿河国では熱原法難が始まっている、緊迫した状況でした。
その中でも、妙法に出合い、南無妙法蓮華経の題目を唱えられることが
どれほど稀有のことかを御指南されています。

本抄冒頭の御文(1390)を以下に示します。

むりょうの くにに せいを うけて むへんの くるしみを うけて
たのしみに あいしかども いちども ほけきょうの くにには しょうぜず
たまたま うまれたりと いえども なんみょうほうれんげきょうと となえず
となうる ことは ゆめにも なし
ひとの もうすをも きかず
ほとけの たとえを とかせ たもうに いちげんの かめの うきぎの あなに
あいがたきに たとえ たもうなり.

無量の 国に 生を うけて 無辺の 苦しみを うけて たのしみに あひしかども
一度も 法華経の 国には 生ぜず
たまたま 生れたりと いへども 南無妙法蓮華経と 唱へず
となふる 事は ゆめにも なし
人の 申すをも 聞かず
仏の たとへを 説かせ 給うに 一眼の 亀の 浮木の 穴に
値いがたきに たとへ 給うなり.

大聖人は一眼の亀を引用されて稀有の仏法であることを述べられ、
さらに次の御文(1392)にて正邪の判断の困難さを述べられます。

ざんにん くにに じゅうまんして かんじん ところに おおし.
ゆえに れつを とりて しょうを にくむ.
たとえば いぬは すぐれたり ししをば おとれり
ほしをば すぐれ にちりんをば おとると そしるが ごとし.

讒人 国に 充満して 奸人 土に 多し.
故に 劣を 取りて 勝を にくむ、.
譬えば 犬は 勝れたり 師子をば 劣れり
星をば 勝れ 日輪をば 劣ると そしるが 如し.

讒人とは、讒言をする人の意。
奸人とは、心のよこしまな人、悪者の意。

大聖人の仏法は真実の仏法であるけれど、人々は悪に染まり、
顛倒して獅子より犬が勝る、日輪より星が勝ると嘘を言うと述べられています。
このような悪世に、「お会いしたこともないあなたが、御供養され、
信心を実践されていることは不思議です」と述べられているのです。

一眼の亀の過去記事を以下に示します。
sokanomori.exblog.jp/12588209/

○所感.


2016年12月31日時点の国内の宗教法人数は18万1497法人です。
宗教法人とは都道府県知事、もしくは文部科学大臣の認証で取得されたもの。
この数は、1日に1宗教を体験したとして497年かかります。
(18万1497法人÷365日=497年)
まして、1日の体験で何が分かるでしょうか。

この時代の中、正法を実践できる学会員の幸福はいかばかりのものでしょう。
大白蓮華53ページには、「今、この時に師弟として生れ合わせ、
あい難き大仏法に巡りあえたことが、どれほど深い宿縁であるか。
どれほど大きな福運であるか」との池田先生の御指導が掲載されています。

本年7月19日、オウム真理教の教祖ら7名の死刑執行が行われました。
死刑という結果に至ったサリン事件は、危険な宗教の実態を世に知らしめました。
https://sokafree.exblog.jp/28429114/

このような極端な事件は珍しいにせよ、18万余の宗教が厳然と存在している日本です。
私たちは偉大な師匠と生きられる人生の歓喜を奮い起こし、
日々の広宣流布に貢献したいものです。

<別館>に「広宣流布」に関する記事を書いています。
お時間のある方は、以下のURLをご覧ください。
https://sokamori2.exblog.jp/i59/



ひらがな御書の松野殿後家尼御前御返事の交互文と背景と大意を以下に示します。
hiraganagosho.web.fc2.com/b1390-1.html
hiraganagosho.web.fc2.com/b1390-2



ブログトップへ

# by sokanomori3 | 2018-07-24 21:57 | 座談会御書 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ご案内
自在会情報
ひらがな御書
ひらがな御書物語り
ひらがな御書に学ぶ
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句散歩
学会活動
功徳を得る信心
未分類

最新のコメント

遊さん、おはようございま..
by sokanomori3 at 05:43
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:39
2人目の非公開さん、おは..
by sokanomori3 at 05:33
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:28
治ってきてよかったです。..
by 遊 at 19:25
尚、上記の回答はあやふや..
by sokanomori3 at 12:06
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 11:39
ルピナスさん、おりがみさ..
by sokanomori3 at 17:18
奥さんけがされたんですね..
by 千早 at 08:10
こんばんわ。菊川さん。今..
by おりがみ at 22:50
奥様、お見舞い申し上げま..
by ルピナス at 20:58
みっちゃんさん、ありがと..
by sokanomori3 at 07:29
菊川さま 素晴らしい❗ ..
by みっちゃん at 06:45
福島の壮年さん、おはよう..
by sokanomori3 at 06:26
非公開さん、千早さん、う..
by sokanomori3 at 06:22
菊川さん おめでとうご..
by うさぎ at 23:33
ばんざーい ばんざーい ..
by 千早 at 16:44
前に書いたこと、ありまし..
by 福島の壮年 at 10:59
>喉は耳とつながっている..
by 福島の壮年 at 10:57
非公開さん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:59

リンク

以前の記事

2019年 11月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア