人気ブログランキング | 話題のタグを見る

資料:呵責謗法滅罪抄 (かしゃくほうぼうめつざいしょう)


☆大難を得て罪障消滅する。

以下に、呵責謗法滅罪抄(かしゃく ほうぼう めつざいしょう)の主要な御文を抜粋する。最初に ひらがな文、次に交互文を示す。

○ひらがな訳(抜粋)

1125ページ.
「むしより いらいの 10あく 4じゅう 6じゅう 8じゅう 10じゅう 5むけん 
ひぼう しょうほう いっせんだいの しゅじゅの じゅうざい 
たいざんより たかく たかいより ふかく こそ そうらめ」
「ふぎょうぼさつを のり うちし ひとは はじめ こそ さ ありしかども のちには 
しんぷく ずいじゅうして ふぎょうぼさつを あおぎ たっとぶ」
1126ページ.
「にちれんは ほけきょうの めいきょうを もって じしんに ひき むかえたるに すべて くもりなし 
かこの ほうぼうの わがみに あること うたがい なし 
この つみを こんじょうに けさずば みらい いかでか じごくの くをば まぬがる べし」
「こくしゅは ほうぼうの そうらが かたうどとして にちれんを うらみ 
あるいは くびを はね あるいは るざいに おこなうべし 
たびたび かかること しゅったい せば むりょうこうの じゅうざい いっしょうの うちに きえなんと 
くわだてたる たいじゅつ すこしも ちがう ことなく 
かかる みと なれば しょがんも まんぞく たるべし」
1129ページ.
「にちれんは かの ふぎょうぼさつに にたり」
「にちれんと ふぎょうぼさつとは くらいの じょうげは あれども 
どうぎょう なれば かの ふぎょうぼさつ じょうぶつし たまわば 
にちれんが ぶっか うたがう べしや」
1131ページ.
「にほんこくの いっさい しゅじょうの ふぼなり」
「いっさい しゅじょうの ふぼを めりする なり ふぼを るざい するなり」
1132ページ.
「れいせば この さどの くには ちくしょうの ごとく なり 
また ほうねんが でし じゅうまん せり 
かまくらに にちれんを にくみしより ひゃくせんまんのくばいにて そうろう 
いちにちも いのち あるべしとも みえねども かく おこころざし あるゆえに 
いままで いのちを ささえたり」
「いかなる よの みだれにも おのおのおば ほけきょう じゅうらせつ たすけたまえと 
しめれる きより ひをだし かわける つちより みずを もうけんが ごとく 
ごうじょうに もうす なり」

○御書原文(抜粋)

1125頁.
「無始より已来の十悪 四重 六重 八重 十重 五無間 誹謗正法 一闡提の種種の重罪 大山より高く 大海より深くこそ候らめ」
「不軽菩薩を罵打し人は 始こそ さありしかども 後には 信伏随従して 不軽菩薩を仰ぎ尊ぶ」
1126頁.
「日蓮は法華経の明鏡をもつて 自身に引き向かへたるに都てくもりなし 過去の謗法の 我が身にある事 疑いなし 此の罪を今生に消さずば 未来争か地獄の苦をば免るべき」
「国主は 謗法の僧等が方人として 日蓮を怨み 或は頚を刎ね或は流罪に行ふべし 度度かかる事 出来せば 無量劫の重罪 一生の内に消なんと謀てたる大術 少も違ふ事なく かかる身となれば所願も満足なるべし」
1129頁.
「日蓮は彼の不軽菩薩に似たり」
「日蓮と不軽菩薩とは 位の上下はあれども 同業なれば 彼の不軽菩薩成仏し給はば 日蓮が仏果疑うべきや」
1131頁.
「日本国の一切衆生の慈悲の父母なり」
「一切衆生の父母を罵詈するなり 父母を流罪するなり」
1132頁.
「例せば 此の佐渡の国は畜生の如くなり 又 法然が弟子充満せり 鎌倉に日蓮を悪みしより 百千万億倍にて候 一日も寿あるべしとも見えねども 各御志ある故に 今まで寿を支へたり」
「何なる世の乱れにも各各をば法華経 十羅刹 助け給へと 湿れる木より火を出し 乾ける土より水を儲けんが如く 強盛に申すなり」

○解説.

文永10年、大聖人52歳の 御時、佐渡において四条金吾に宛てられた書。
末法の衆生には、各種の重罪があり、その罪が大聖人ご自身にもあることを語られ、その罪を今生に消すためにも折伏を行じきることが大事であると述べられている。
強く謗法(ほうぼう)を折伏すると大難に遭うが、その難を受けることによって過去の自身の謗法を滅して成仏できるとご指南されている御書である。
大聖人は 不軽菩薩が逆縁の衆生を救ったように、大聖人御自身が大難を顧みずに南無妙法蓮華経で救うのであるから成仏は間違いないと述べられている。
最後に、四条金吾の信仰を讃歎され、湿れる木より火を出し 乾ける土より水を儲けんが如く強盛に祈念されている旨を述べられ 励まされている。

呵責謗法滅罪抄の別記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-04-24 21:33 | 座談会御書 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護