人気ブログランキング | 話題のタグを見る

風になってくださいⅡ


☆24編のエッセーを収録.

以下に、書籍「風になってくださいⅡ」の表紙の写真を添付します。
風になってくださいⅡ_b0312424_791021.jpg
「本の表紙には、薄い雲がかかった青空の写真(流れるような雲の写真)があり、表題の「風になってくださいⅡ」の黒文字と、サブタイトル「視覚障がい者からのメッセージ」の赤文字が表記されています」


全盲の著者(松永信也氏)が 日常の出来事を詩的に書きつづる。
そのエッセーは、以下の通り。
「風になってください、黄色の水仙、ありがとうカード、桜茶、ゆいちゃん、祈り、露草、不良少年、サンドイッチ、京言葉、診察券、阿吽坊(あうんぼ)、星、阿久根にて、転落防護柵、蛍、バリアフリー映画、大根役者、風の会、子どもの質問、お年玉、コンビニのおにぎり、乾杯!、握手」の24編。
以下に、その中から「星」と「子どもの質問」の2編(要約)をご紹介する。
(文章を短くまとめるため、原文の一部を改変しています)

○星.

子どものころから、僕は、星を見たことがなかった。
月は はっきり見えていたが 何度挑戦しても 星は見えなかった。
僕の目では、そのささやかな光は 確認できなかった。

ある日の夜、友人が「今夜は空がきれいだから、星を探そう」と言い出した。
バイクにまたがって、僕たちは深夜の川沿いの土手に向かった。
たわいもない話をしながら、
夜空を見上げていた僕は、微かに 輝くものを見つけた。
確かにそれは 星だった。
僕たちの頬を、熱いものがつたった。
その夜、僕は 何度もその星を見た。一度、視線を離した僕が、再度、闇の中から その微かな光を探すのは大変な作業だった。
友人は、僕の頭を手で持って、その星の方向に合せた。
何度も、何度も挑戦し、明け方には、ほとんど数秒でその星を探せるようになった。

45歳の若さで、その友人がこの世を去ったとき、
僕は、そっとベランダに出て、夜空を見上げた。
もう失明していた僕には、暗闇だけが存在していた。
それでも、僕は 長い時間、夜空を見上げていた。
友人は、星になった。

○子どもの質問.

僕は毎年、福祉授業などでたくさんの小学生に出会う。
子どもたちは素直に感じ 発言し、行動する。
目が見えない僕を、ほとんど何もできないと思っている子もいるし、かわいそうと言う子もいるし、不自由や不便がそのまま不幸につながると思っている子もいる。
これは紛れもなく、僕が見えていたころ、口にはださなくて、何となくイメージしていたことと同じなのだ。

僕は子どもたちに、視覚障がいの意味を伝える。何故なるのか、どんなことが困るのか、どんなにしてほしいのか、体験を交えながら伝える。
話を聞く子どもたちは、どんどん変化していく。
最初、教室に足を踏み入れたとき、少しこわばっていた空気が、時間とともに うんうんとうなずき、へぇーっとつぶやき、時には 微笑みだすのだ。
思いもかけない質問が飛び出すことがある。

「見えなくなって、良かったことはありますか?」
「神様が5分間だけ見せてくださるとしたら、何を見たいですか?」

授業が終わって、休み時間になると、子どもたちは近寄ってきて手伝いをしてくれる。
そして、手伝ってくれた子どもは、とてもうれしそうだ。
人間という生き物には、もともと、助け合うことを喜びと感じるDNAがあるのかもしれない。
それが、社会を構築していくエネルギーの源なのだろう。

○所感.

「星」を読んで、私はジーンときた。
「子どもの質問」は、私が経験したプロセスと同じで、「そうだよなぁ」と共感した。
「星」では、友人の死が語られ、その友人を思いながら 見えない目で夜空を見上げる著者がいて、何とも言えない感動が魂を揺さぶった。
「子どもの質問」では、最初、目が見えないという現実だけからみると、視覚障がい者は「不幸な人」、「可哀そうな人」と映る。しかし、接し、言葉を交わし、知りあうと、そのことが 不幸ではないことに気付く。
そして、子どもたちは 著者をさりげなくサポートできるようになる。
私は千早さんと出合い、ひらがな御書をスタートしたが、まったく同じプロセスであった。
ひらがな御書の千早さんの記事は、→ここをクリック!

「人間という生き物には、もともと、助け合うことを喜びと感じるDNAがあるのかも‥」
読んで「その通り!」と、私は共感したのである。(^^)
困ったときはお互い様だし、助け、助けられるのも当たり前。
そんなことは、特別なことではない。

「風になってください」の参考資料は、→ここをクリック!
初版の「風になってください」は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-05-17 07:51 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(4)
Commented by 千早 at 2014-05-17 23:08 x
いつも良い本の紹介ありがとうございます。
すばらしいですね。読んでみたくなりました。
私もこの方と同じ網膜色素変性症です。
星のお友達、亡くなってしまったんですね…。
でも、ステキなお友達でしたね。
> 人間という生き物には、もともと、助け合うことを喜びと感じるDNAがあるのかもしれない。
白杖で一人歩きしている時など、誰かかれかが助けてくれます。けれど、結局は人様に迷惑をかけているのでは?と思ってしまうけれど、この言葉を読むと少し安心します。
Commented at 2014-05-18 04:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2014-05-18 08:16
千早さん、おはようございます。
この「風になってください」の本は、とても素晴らしい本です。
読まれるといいですよ、これ。(^^)
それと、「迷惑をかけているのでは?」ということはありません。
そもそも、迷惑というのは「悪事を働く人」のことです。
サポートする人たちは、喜んで支えているのです。
むしろ、嬉しいのです。
お互い様ですよ。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2014-05-18 08:16
04:38さん、了解です。
まず、メールをいたします。
ご連絡、ありがとうございます。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護