人気ブログランキング | 話題のタグを見る

前略 千早さま (13)


☆十一通御書と弟子への御手紙。

あなたさまのブログ、拝見いたしました。
あなたさまの記事は、→ここをクリック!
「十一通御書」(169頁~)を拝されたとのこと。(^^)
千早さんいわく 「どれも同じような内容ですよね」‥そうですよね。
当時の最高権力者、高僧に対して諌暁(かんぎょう)された11通の御書です。
その内容は「あなたたちは間違っている。公に対決しましょう」と、ほぼ同一の内容が述べられています。
この御書は、蒙古(もうこ)からの国書(中身は「蒙古の属国になれ」との内容)が届き、いよいよ他国侵逼難が現実となりうる前兆が現れ、「この難を解決するために日蓮の仏法に帰依せよ」と述べられています。
大聖人は、時を知り、即座に動かれました。
しかし、この十一通御書は結果として黙殺されました。
十一通御書の提出に当たり、日蓮大聖人は弟子に対し、「弟子檀那中への御状」(117頁)で「いよいよ大難が来ます。覚悟してその難を受けましょう」とご指南されています。
大聖人を怖れた各宗派の高僧たちは、公場対決(こうじょうたいけつ)ができません。
この後、極楽寺良観との祈雨対決(きうたいけつ)となり、良観は敗北します。
理証(りしょう)でも勝てない。現証(げんしょう)でも勝てない。
惨めな敗北の中、追い詰められた良観は策謀を巡らせます。
その結果、竜口の法難、門徒の弾圧、佐渡流罪が巻き起こるのです。
この歴史の発端となった御書が十一通御書です。
それにしてもスゴイ闘いですよね。
師子王のごとき御本仏の闘いに驚くばかり‥
なかなか教学に出てくる御書ではありません。
けれど、その御書を一部始終読んでいただき、その事実を知っていただけたことは、ひらがな御書作成を果たす一員として大きな喜びです。
十一通御書(背景と大意)は、→ここをクリック!
弟子檀那中への御状は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-06-18 06:32 | 前略 千早さま | Comments(2)
Commented by 千早 at 2014-06-18 22:20 x
こうして説明してもらうと更に様子がわかります。ありがとうございます。
御書の一節だけではあまりピンとこないけれど、全文を読んだ方が大聖人様が一人の「人」なんだという感じがしてきます。
御書全編を読んでその御書の書かれた背景や時代の流れなど把握しながら読んでいけたなら大聖人様が人物としてくっきりと自分の中に飛び込んでくるようになるんでしょうね。
大難を覚悟された諌暁。すごい勇気ですよねえ。
大聖人様の弟子なのに、すごく小さい事にびくついてしまう私、なさけないですねえ(笑) 勇気出して折伏少しずつだけどがんばります (^^)
Commented by sokanomori3 at 2014-06-18 22:45
千早さん、こんばんわ。
>すごく小さい事にびくついてしまう私、なさけないですね‥
千早さんだけではありません。私も同じですよ。
ここまでの覚悟、ここまでの行動が、一体、誰ができるでしょう。
大聖人と不二(ふに)であられたのは、まさに創価三代の会長(牧口、戸田、池田先生)でいらっしゃいました。途方もない人生であられました。
その師匠と一緒の時代に生きている私たち。
ありがたいです。本当にありがたい。
私も少しずつですけれど頑張ります!(^^)
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 05:03
歩行解散、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:48
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護