人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本点字図書館見学記 2


☆金倉さんとの出会い。

以下に、日本点字図書館の触知案内図の写真を添付します。
日本点字図書館見学記 2_b0312424_6125719.jpg

写真解説.「エレベータ近くの壁に設置されている触知案内図(触って確認する見取り図)の写真です。A4用紙ほどの大きさで、避難路、部屋のレイアウト、トイレなどが表示され、点字で名称が記されています。写真は2階案内図」

前回の記事は、→ここをクリック!

日本点字図書館は、東京都新宿区高田馬場にある。
高田馬場駅から徒歩5分の位置。
視覚障がい者を支援する社会福祉法人で、点字図書・録音図書や録音雑誌などを、全国および海外の視覚障害者へ無料貸し出ししている図書館である。
創立者は本間一夫氏。
1940年(昭和15年)11月10日、本間氏は豊島区雑司ヶ谷の借家に「日本盲人図書館」を創立した。今の日本点字図書館である。
本間氏自身、幼少期に失明した視覚障がい者であった。
この図書館は、現在、国内有数の視覚障がい者支援サイトである。
館内見学においては、金倉さん(仮称)という女性が案内をしてくださった。
(あえて、実名を伏せさせていただきます)
冒頭、「お金はありませんが、金倉と申します。宜しくお願いします」とユーモアを交え、けれどとてもまじめに挨拶をされた。
ハッとするような挨拶に気持ちが和らいだ。
エレベーターに乗り、上階に案内された。

最初は館内案内図の説明であった。壁に掲げらた平面図は、視覚障がい者が指先で触って確認できるように凸凹に作られている。
視覚障がい者の場合、最初に館内のレイアウトを知っていただくという。
次に、会議室に通された。窓の向こう側に、鎖が間近に見えた。
「この窓の外の鎖は、滝をイメージして作られています。視覚障がい者に滝の如く情報を与えたいという願いが込められています。ステンレス製の鎖で、全部で26トンの重さがあります。台風の日には鈴のような音色がします。丸い穴は、火災の時などに消防士が入る入口です」とのこと。
私は人の拳ほどもある大きな鎖を眺めながら言った。
「26トンですか、凄いですね。丸い穴、そういう意味ですか。でも、その穴が建物のアクセントになっていますね。素晴らしいデザインです」
金倉さんは、こと細かく説明をしてくださった。
「建物の箱の部分は国の補助金で作られましたが、中身は補助金ではありません」
「この図書館は、昭和15年に日本盲人図書館として創立され、当時、700冊の点字図書の貸し出しからスタートしました」
「現在、職員60名、パート70名、ボランティア400名が働いています。でも、運営費が十分に賄えず、年間の営業日数を減らさざるをえなくなりました」
「運営費はどのように賄っているのですか?」と聞いてみた。
「財政の悪化から国からの補助金が減少し、昨年は赤字になりました。財源は、国からの補助金が20%で、その他は書籍や物品の販売やコンサートチケットの収益、寄付金でまかなっています」
冒頭、「お金はありませんが」との挨拶に加え、図書館の財政困窮が印象に残った。
聞きながら、「ささやかでも寄付しなければならない」と思った。
金倉さんは、年齢は私より年配であられる。
とても清らかで礼儀正しい人である。その説明の声は、凛としていてる。
私にとっては、1つ1つの情報が どれも驚きで新鮮だった。

次に見学したのは、中途失明者の点字学習室であった。
ここでは、ボランティアの人たちが、点字の読み方、書き方を教えているのだという。
「この点字をマスターするのに、どのぐらいの期間がかかりますか?」と聞くと、「3年程度」とのこと。勿論、早い人はいる。しかし、遅い人は3年もかかるらしい。
実際に、指先からザラザラとした点字を文字と認識し、読めるようになるのは大変だろうし、また、点字で文章を書くのは、逆方向で作るのであるから、これも忍耐強い訓練が必要であろう。その訓練を、ボランティアの人たちが無償で支えているのである。
また、パソコン音声化ソフトを利用して、インターネットやメールの利用ができるよう 1対1でパソコンの操作指導も行われている。
ボランティアは晴眼者だけではない。視覚障がい者のボランティアスタッフも混ざっている。
数年もの長きにわたり、文字の読み書きを支援するボランティアたち。
その現実を鮮明に伝えようとする金倉さん‥
私は 説明をじっと聞き入った。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-07-06 21:45 | 日本点字図書館見学記 | Comments(1)
Commented by 千早 at 2014-06-30 23:05 x
日ごろ何気なく利用している日本点字図書館、こうして聞くと勉強になりますね。
創立者が視覚障害者だったなど、知りませんでした。
創立者やそこで働く人達の思いやご苦労をあまり想像していなかったことに再度反省。
恩恵を受けてきたのに。


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 05:03
歩行解散、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:48
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護