人気ブログランキング | 話題のタグを見る

特集・アジアの輝き


☆グラフSGI 8月号のご案内.

グラフSGI 8月号は、「すばらしき人々・アジアの輝き」と題され、マレーシア、インド、シンガポール、韓国、中国の特集になっています。
以下に、目次と記事内容をご紹介いたします。

○目次.

1ページ.
池田先生が撮影されたシンガポールの海岸の写真。(真っ青な海に沢山の船が停泊し、その中の一隻が白波を立てて進む写真です)
「桜梅桃李と自分らしく光り輝いていくことだ。信心を貫いていくならば、人が真似ることのできない自分らしい最高の魅力を発揮していくことができる」との池田先生のコメントあり。
2ページから33ページ.
アジア各国の男女青年部の特集が30ページのボリュームで掲載されています。
マレーシアの文化祭、インドの法華経展、中国を訪問した創価学会青年部訪中団、香港の合唱団、韓国の未来部の会合、そのアジアの同志の笑顔の集いの記事です。
34から37ページ.
SGI NEWS。
アルゼンチン、アメリカからの顕彰、アメリカ創価大学卒業式と卒業生の声など。
38ページから.
読者の声など。

○グラフ紹介.

アジアの同志の美しい笑顔が満載の8月号です。
その中で、マレーシアで行われた法華経展の記事に引き付けられました。
(グラフSGIの6~7ページ)
「イスラム文化圏で初の法華経展」との表題で、7万1000人が鑑賞、来場者からは「法華経に貫かれる平和と共生の思想を広めたい」との声が寄せられていました。
私自身、法華経展に参加した一人として、この展示会の凄さは身に染みています。あの感動が、イスラム文化圏に与えたインパクトはけして小さくはないでしょう。
それと、中国(香港)、韓国のSGIメンバーの紹介記事が良かったです。
中国と韓国とが、日本批判を強める時代背景の中で、ここにはまったく別の世界がある。それがとても嬉しいです。
香港の青年部の溌剌とした姿、韓国未来部の可愛らしい笑顔‥
韓国創価学会は、当初、無実の罪で投獄されるメンバーが相次ぐなど迫害されましたが、今は韓国社会が認める優良団体となり、やがて大学、市などから236もの顕彰が送られ、2009年には文化勲章(国家勲章)が池田先生に授与された内容が記されています。
ここには、領土問題や、ネガティブキャンペーンはありません。
幸福追求運動に共感し、たたえ合い、励まし合う国境なき学会員‥
感じることは、池田先生の凄さ、現地メンバーの命がけの信心、そして、SGIメンバーの若さです。未来ある青年が一杯いるんですよね、世界に。
それが創価学会ですよね。(^^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-07-17 06:24 | グラフSGI | Comments(3)
Commented by 千早 at 2014-07-19 00:07 x
今月もすばらしいですね!
母に一部分読んでもらおうかと思いますが、韓国の記事は何ページでしょう?
Commented by sokanomori3 at 2014-07-19 00:15
韓国の記事は24から33ページまであります。
その中で、本文中の迫害から国家勲章までの流れの記事は、26ページに書かれています。
★菊川広幸
Commented by 千早 at 2014-07-19 07:10 x
どうもありがとうございますm(__)m


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護