人気ブログランキング | 話題のタグを見る

千早抄 1 <網膜色素変性症>


☆絵が大好きな子供。

以下に、中学生のときの千早さんのスケッチブックと画用紙の写真を添付します。
千早抄 1 <網膜色素変性症>_b0312424_2039796.jpg
写真解説.「スケッチブックはオレンジ色で、その表紙に千早さんのイラストとサインが書かれています。画用紙は丸められて長年保管されていたため、すっかり筒状に固まっていました」

千早さんは次女として生まれた。
1歳上に姉がいた。
千早さんは幼少のころから目に障がいがあった。
テレビなど、極端に近くで見ていたという。
幼稚園からメガネをかけた。メガネで得られた視力は0.1であった。
近くはメガネをかけなくてもはっきり見えていた。
おとなしい、消極的な子供だったという。

○競争心のない子供。

小さなときから絵を描くのが好きだった。
小学6年の時、ブラックジャックの漫画を見て、「看護師になりたい」と作文に書いた。
けれど、本当になりたいと思ったのではない。
将来的に、何かをしたいという目標や夢は持っていなかった。
千早さんは語っている。
「意欲のない子供でした。今もそうですが、勝ち負けに興味がないんです。負けて悔しいとかないし、最初から勝てる気もしないし、勉強ができるようになりたいとか、何かで勝とうとか、そういうことを考えない子供でした」
競争心のない子供。運動会でも7~8名で走ってビリか、ビリから2番目だった。
「ちゃんと一生懸命走っていますよ。でも、悔しいとかありません」
見方によっては優しい、平和な子供である。
やがて中学校に進学する。
姉と千早さんと友人とで、漫画を描き始めた。熱中した。
手塚治虫の漫画の描き方の本を読み、コンクールに応募したこともある。
イラスト、水彩画、様々なものを楽しく描いた。
千早さんの当時の作品は、→ここをクリック!

○目が見えなくなっていく。

英語、国語、理科が好きだった。生物とか、星とか、元素とかに興味があったという。
原子のまわりを電子がくるくるまわる。太陽のまわりを地球がまわる‥
不思議に思った。一方、地理と歴史が嫌いだった。
「先生の教え方が悪かったのかも」と笑う。
そんな千早さんの目が徐々に見えなくなっていく。
幼少のころから、教室の席は一番前だった。矯正視力0.1の目で何とか見ていた。
しかし、中学3年のとき、一番前の席から黒板の字が見えなくなった。
そのとき、千早さんは席替えで一番後ろの席を選んだという。
一番前の席しか座ったことのない千早さんにとって、後ろの席は憧れだった。
「どうせ見えないから、どこでもいいわけです。一番後ろに行きました。嬉しかった。もちろん、黒板の字は見えません。先生の言葉を聞きながらノートをとりました」
遠くが見えなくなった千早さん。
その千早さんの目は、やがて近くも見えなくなる。

○網膜色素変性症。

高校入学当初、近くが見にくくなった。
高校2年生のとき、テスト用紙の文字が見えなくなった。
これでは学校を続けることはできない。
やがて教科書も見えなくなった。かすかに見えるものの、読むのに時間がかかった。
太い線のノートを見つけ、太いマジックでノートをとった。
千早さんの目は、それから さらに見えなくなっていく。
高校2年生の時、視力障がいの原因が「網膜色素変性症」であることが分かった。
医師から「言いにくいことですが、将来、失明する可能性が高い病気です」と告げられた。
その話に、ショックはなかったという。
ただ、「将来、自分はどうすればいいのだろう」と漠然と不安だったという。
千早さんは、高校2年生の3学期に盲学校に転校した。
そこには4人の生徒がいた。
男子生徒3人、女子生徒1人。そこに千早さんが加わった。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-08-20 21:54 | 千早抄 (体験談) | Comments(2)
Commented at 2015-02-19 21:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-02-19 23:42
21:36さん、こんばんわ。
千早さんが目が見えるようになったら、いいですよね。

>iPS細胞を使った網膜色素変性症治療の臨床試験(治験)を18年度にも開始する。

どうなりますか。大いに期待したいですね。(^^)
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 03:38
1名様、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:34

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護