人気ブログランキング | 話題のタグを見る

千早抄 (あとがき)


☆千早抄作成の経緯。

このほど、千早さんの体験を「千早抄」としてまとめました。
8月14日から書き始めた10編の記事を読みやすくするために順番に並べ替えました。
この物語は、インタビューから3ヶ月以上の時間を経て完成したものです。

○千早さんとの出会い。

私は3年前、ネットで 視覚に障害がある千早さんに出会いました。
最初、「文字と写真でつくられている もの言わぬブログを、目が見えない人が なぜ見るのだろうか?」と不思議に思いました。
実際には 音声ソフトで 聞いていることを知りました。
ある日、その千早さんからメールが届きました。
「ブログを立ち上げたので、アドバイスが欲しい」とのことでした。
以下に千早さんのメール(2012年9月4日)を示します。(抜粋)



「自己紹介いたします。
家族で私のみ信心しています。
※、※、※、※、猫、金魚と住んでいます。
小さい時から自信のない人間でしたが、20歳の時、生きていけないと思うくらい自分に自信がなくなり、信心を始めました。
目のことでは、特に、高校生の時に病名がわかってからは、変に納得し、「失明するでしょう」と言われても、どうせ、もう見えないと思って、ショックより納得で、視力が徐々に下がる恐怖心も本当に感じない鈍感な私でした。
病名は、網膜色素偏性症で、全盲です。左目は光を感じるくらいです。
窓の外が明るいとか、蛍光灯が視野に入れば、「なんか光っているのかなあ」とわかりますが、窓の形も蛍光灯の形も全くわかりません。
小さい頃は網膜色素変性症の症状が軽く、高度近視もあったので、めがねをかけて0.1の視力でした。でも、近くは何でも見えて、絵や漫画を描くのが好きでした。
徐々に視力が落ちる病気なので、高校の途中から近くも見えなくなってきて盲学校に転校しました。
盲学校の時、学会に入会し、鍼灸マッサージの資格も取りました。
私のブログは、自在会の人が見つけて読んだところで、大白の抜粋された本文と通解のみを、ただうつしているだけで、どれほど必要とされるのか、役に立つのかなんて全くわかりません。
日記は視覚障害に関わることなどをなるべく入れておくと、誰かが検索した時に、偶然ひっかかってくれるといいな、という思いもあって書くことにしました。
でも、せっかくやるんだったら、しっかり祈って取り組んで、何か誰かの役に立てたら嬉しいんですけど‥
私、信心はまだまだだし、世間知らずなので、学会に傷をつけるようなことがあってはいけませんので、勝手に一人でやらず、きちんとした人にチェックを入れていただいた方がいいと思い、あつかましくお願いいたしました」



この一通のメールから千早さんと交流が深まり、やがて ひらがな御書が生まれました。
もし、千早さんのご家族が学会員だったら‥私はひらがな御書を作らなかったことでしょう。彼女は家族の中で唯一の学会員だったのです。
過去に、千早さんのことを旧ブログに記事にしています。
千早さんとのメール内容、→ここをクリック!
千早さんとのリアル会談、→ここをクリック!
ひらがな御書の誕生、→ここをクリック!

○再会とインタビュー。

千早さんに最初にお会いしたのは、昨年の4月でした。
そして、ひらがな御書がホームページになったのは本年3月です。
無我夢中で、ひらがな御書をカタチにして、人心地になったとき、私は千早さんとのもう一つの約束を思い出しました。
それは、「またお会いしましょう」と申し上げたこと。
ふと「今、会えないだろうか」と思ったのです。
それは、「人の命の保証はない」との考えからです。へんな話ですが、私が死んでしまうということもある訳で、約束を果たしたかったのです。
私は、過去から「千早さんの体験書きたい」と申し上げていました。
この機会に「体験記事作成のためにインタビューをさせてください」とお願いしたのです。
本年4月末、私は千早さんのご自宅に出向きました。
そのときのインタビューをもとに、この千早抄を記事にいたしました。
これが千早抄執筆の経緯です。

千早抄のカテゴリは、→ここをクリック!
千早美術館は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-08-20 21:17 | 千早抄 (体験談) | Comments(2)
Commented by ちよ at 2014-08-20 23:31 x
千早さんに 愚癡めいたことを言った時
ちよさん そんなことを言っちゃダメ と
叱られました
率直なその言葉に どれだけ 心が救われたことか‥
Commented by 千早 at 2014-08-21 12:25 x
いえいえちよさん、私の方こそたくさんの励ましをもらいどんなに助かったか。
本当にどうもありがとうm(__)m


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護