人気ブログランキング | 話題のタグを見る

期待を超えた人生(まえがき)


☆全盲の科学者が書いた自伝.

「期待を超えた人生」(323ページ)という本がある。
全盲の科学者、ローレンス・スキャッデン氏が書いた本である。
以下に、日本点字図書館理事長の冒頭文と著者のまえがき(一部抜粋)を紹介し、その上で、本書の読書感想を述べたいと思う。
日本点字図書館記事は、→ここをクリック!

○序・見えなくなって残念なことは何か.

2011年夏 日本点字図書館理事長 田中徹二.

「スキャッデン氏の失明は5歳ですが、私は20歳のとき盲人としての生活を始めました。2人とも盲導犬は使わず、白杖による単独歩行をしましたが、空間認知の能力はかなり違ったようです。
見えなくても前に物体があるときに感じる圧迫感は、フェイシャルビジョンと言われますが、これは聴覚によってもたらされるものです。
この判断能力は、スキャッデン氏のほうがかなり優れていたようです。
そうした能力もさることながら、私が彼にかなわないと思うのは、旺盛な好奇心と実行力、それにねばり強さです。
それはスキャッデン氏が視覚障がいを持ちながら、大学教授や政府機関の要職など、高い社会的地位を獲得していった経緯によく表れています。
「もし見えていたらどうなっていると思うか?」
「見えなくて残念なことは何か?」といった、よく聞かれる質問に対する答え方も妙(みょう)を得ています。「うまい!」と思いますし、まったく同感です。
本書は、視覚障がいを研究しようとする人、視覚障がい児をもつ両親、家族、取り巻くすべての人々に、大きな示唆を与えてくれます。
また、これまであまり視覚障がいと縁がなかった人々に読んでもらえば、盲についての知識が増え、私たち視覚障がい者にとって、知識のなさからもたらされる差別に苦しまなくてもすむようになるでしょう」

○まえがき.

著者 ローレンス・スキャッデン (アメリカ人).

「この本はただ自伝を書いたものではありません。
「トラウマ物語」を書くつもりもありません。
誰もが何かしらの困難を背負って生きていて、私の場合はたまたまそれが、見えない、ということだったのです。
しかし、人間は適応力があり、柔軟性に富み、困難があっても、楽しく、生産的に生きることができるのです。
私よりもっと大変な状況にある人はたくさんいます。
たとえば、私はインドの最も貧困なスラムに行ったり、アメリカを含む多くの地域での困窮状態を観察したことがあります。
私はこういう人たちのように、単に生き残るだけの生活よりも、見えない、というほうを選びたいと思います。
障がいについての本は、昔からだいたいにおいて、盲は身体障がいの中で最も悪い事態だと多くの人が考えている、と書いてあります。
私はいろいろな障がいについての相対的な良し悪しを議論するつもりはありませんが、私としては、ろうや重度の知的障害よりも盲のほうがいいと思っています。
私はあらゆる種類の障がいのある人や慢性病の人と知り合いになりましたが、人が克服できない障がいはないと考えています。
私は、私の経験や考え、意見を聞かせてほしいとよく人から言われます。
質問は子供のほうが説得力があります。子供は私が当惑するだろうとか、傷つくだろうなどといった恐れに縛られることはないのです。
私は率直に答える用意があるのだけれど、大人はとっても控えめです。
この本は、私がいつも聞かれることへの答えを出す良い機会だと思っています。この本で私が望みとするのは、知っていただきたいことを伝えること、楽しんでもらうことです」



以上が、冒頭文章の抜粋です。
著者は「誰もが何かしらの困難を背負って生きていて、私の場合はたまたまそれが、見えない、ということだったのです」と記している。
目が見えない、イコール不幸‥それは違います。それはまったくの偏見です。
私は千早さんとお付き合いさせていただき、そのことを知りました。
勿論、その困難は小さくはありません。けれど困難を克服し、輝くことができるということを私は千早さんから学んだのです。
千早さんの紹介記事は、→ここをクリック!

次に、著者ローレンス・スキャッデン氏の人生を語ります。
スキャッデン氏の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-09-20 00:08 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(5)
Commented by うるとらまん at 2014-09-20 06:45 x
おはよー!全盲のシンガー大城トモヤも同じ事言っていました。自分は目が見えないだけで何でもできると。歌を聞いていても、ハンディを感じないんです。彼のことがNHKテレビが最近取材ありました。放映日時わかりましたら教えますのでみてください。くくるは大城さんに近づけるよう頑張ります。
Commented by ラン at 2014-09-20 09:49 x
「病気・障害が不幸なのではなくて、それに負けてしまうことが不幸」なのですね✨よい記事をありがとうございます。
Commented by sokanomori3 at 2014-09-20 14:19
うるとらまんさん、ランさん、こんにちわ。
このスキャッデン氏は宿命を使命と開いた人です。
その人生を次に記事にします。
お楽しみに!^^
★菊川広幸
Commented by 千早 at 2014-09-20 21:19 x
スキャッデンさん、すごい人ですね。
障害があってもおぎなえる部分がずば抜けていたらこんな風に能力を発揮できるんでしょうね。
みんながこのようにできるわけではないけれど、桜梅桃李ですもんね。
小さくても自分にできること、少しずつでも挑戦できるとよいなあと思います。
Commented by sokanomori3 at 2014-09-20 21:28
千早さん、こんばんわ。
見える見えないは関係ないようですね。
ハンディがあって、それを努力でどうするかですよね。
その点、あなた様も立派ですよ。
スキャッデンさんに負けずとも劣らない。
いや、あなたはまして、六難九易(ろくなんくい)の信心をたもっていらっしゃる。ならば、あなたの方が凄いということになります。
あなたの小さな一歩一歩は、偉大なる使命の歩みです。
小さいように見えて、大きですよ。^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護