人気ブログランキング | 話題のタグを見る

期待を超えた人生


☆見えない生活を楽しむ.

以下に、「期待を超えた人生」の書籍表紙の写真を添付いたします。
期待を超えた人生 _b0312424_12405335.jpg
写真解説.「青色の表紙に 鳥が空に向かって飛び立つイラストが描かれ、黄色の文字で「期待を超えた人生」、続いて「全盲の科学者が綴る教育・就職・家庭生活」、ローレンス・スキャッデンと記されています」

このほど、全盲の科学者ローレンス・スキャッデン氏の本を読みました。
その著者の人生は、→ここをクリック!
本書「期待を超えた人生」の中には、興味深い内容が多数語られています。
その一部を抜粋し、以下にご紹介します。
(コンパクトにするため文章を変えています)

○反響音.

私の親しい友人には、盲導犬を使っている人がたくさんいます。
「なぜ盲導犬を使わないのですか?」と聞かれるとき、私はときどきふざけて「白杖には餌をやらなくていいからね」と答えます。
これも事実ですが、現実には、忙しいスケジュールに、盲導犬を散歩させたり、餌をやったり、手入れをしたりする時間を使いたくなかったのです。
私は盲になってから、大事なスキルを学びました。
それは教えられたものでも、頭で理解したものでもありません。
両親は、私が遊びに行くときに電柱やクルマを避けて行くのをよく見ていました。
私に若干の視力が残っているのだと思っていたらしいのですが、実は足音からの反響音を使っていたのです。これを反響定位(Echolocation)と言います。
1749年、フランスのデニス・ディデロは、「一人で歩く盲人が、障害物を発見して避けることができる」ことを観察して論文を書きました。
ディデロは、その人の顔に当たる空気の流れが変わるのだと結論づけました。
その後、150年間にわたり、いろいろな議論が繰り返し行われ、温度変化や磁気、電気、あるいは第六感であるとも言われました。
これに対し、ダン・キッシュの研究では、必要不可欠なことは「聴覚」で、周囲に騒音がなければ対象物を安定して感知することができると結論付けました。
その通りです。見える人の多くは、実際に起こっている反響音をほとんど聞いていませんが、盲の人はいつも周囲の音にすべてを集中しています。
私は舌でチッという短い音で距離を測ることができます。
ロサンゼルスの学校では、この舌打ちは悪い習慣だということで「舌打ちをしないように」と生徒に言っていましたが、先生はこのテクニックがいかに私たちに役立つものかを知らなかったのだと思います。
反響音は、弊、壁、垣根の位置、木の葉の茂り具合などの情報を与えてくれるのです。
私の反響定位能力は、若いころのように鋭くなく、年齢と共に聴覚が鈍ってきています。
かつて聞けた高い音はもう聞こえません。
20代、30代のときのものとは比べ物になりません。

○人生の楽しみ.

青い海、緑の森林、滝、小川、白い雲の塊が浮かぶ青空、日没、満天の星空‥これは私が最も大切にしている、最も恋しく思う光景です。
でも、私はこれらを体験し記憶できていることを幸せに感じています。
風景の説明を受けることは大変嬉しく、詳しければ詳しいほどありがたいです。
妻、娘、あるいは孫の顔を見えるようになりたいか、と聞かれることがあります。
もちろんそう思います。
でも、私には彼らがどんな顔なのかは想像ができます。
そして、この内的な覚知で充分だと思うのです。
美しい声を聞くこと、すばらしい香水や自然の香り、そして肌から伝わる触感‥
視覚は、離れたところにある美しい光景を知るときに強みを発揮しますが、視覚以外の要素は状況においては、視覚よりも向いていることがあります。
目の見える人は、視覚が他の感覚チャンネルを減退させるままにして、得られるべきその楽しさと美しさを逃しているようです。

私は行ったことのないところに行くことが大好きです。
有能なツアーガイドが付いてくれると、ちょっとした短い旅行でも楽しいものになります。
一方、だめなツアーガイドは、本来ワクワクするようなはずのもを退屈なものにしてしまいます。
私は音楽を聴くことが好きです。本を読むことも好きです。
社交ダンスは運動として好きですが、その面白みは、音楽に合わせて踊るときに、しっかりと協調するスキルを他の人と共有するところにあります。
さらに私は、自然の中を歩き、他の人と自然を共有することが大好きです。
嫌いなものは、ほんの少しだけです。
同じことを何度も繰り返して議論する委員会は嫌いです。
度量の狭い人も嫌いです。視野の狭い人とは話をしたくありません。
意見を交換し、実りのある会話ができないからです。
私の人生は、これからも大いに楽しめるものであり続けると思います。
とくに、私が付き合いを大事にしている人と共有できるときはそうです。

○著者からのメッセージ.

私の生涯を振り返るとき、タオル掛けから後ずさりし、兄が母に「ラリーの目から血が出ている」というのを聞いている自分を思い出します。
60年以上経った今、その少年と母親のことを悲しく思いますが、私の悲嘆はそのとき以上になることはありません。
その少年は、喜びと成功の人生、すべての悲しみと嘆きを超えた経験を学んだのです。
さて、私から伝えたいメッセージがあります。
盲の子供に、私と比較して「ローレンスはこれをうまくやったのに、なんでお前はできないんだ」と言わないでください。才能は皆、違っています。
子供が小さい時には、その子の才能や興味を性急に判断すべきではありません。
いろいろなことをやらせてみるべきです。
その中で、両親ができることはいくつかあります。
盲の人も、見える世界の中で仕事を競い合い、地域の活動に積極的に参加していく必要があるので、できる限り自立することを助けることです。
服を着ること、身なりを整えること、一人で食事をすること、自立歩行などです。
そして、両親は、できる限り毎日、いろいろなことを書いている本を読んであげることを強く勧めます。遊びのためではなく、知識的基盤を作り上げるためです。
そして点字を学ばせることです。
加えて、画面上のすべてが読める専用ソフトの入ったコンピューターを持つことは絶対に必要だと思います。
これはスクリーンリーダーと呼ばれ、キーボード操作とコマンド操作を憶えれば、盲の生徒も他の生徒と充分に競争することができるのです。
コンピュータのパワーは、とても大きなものです。

次に、読書感想文を申し上げます。
その記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-09-21 16:02 | 視覚障がい書籍紹介 | Comments(0)


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26
菊川さんのウクレレが、聞..
by gut at 15:11
いつもさん、非公開1さん..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん、おはようござい..
by いつも at 08:22
非公開さん、ありがとうご..
by sokanomori3 at 03:38
1名様、こんばんわ。 ..
by sokanomori3 at 20:34

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護