人気ブログランキング | 話題のタグを見る

沈下橋(ちんかばし)


☆この年の瀬をつなぐ橋あり.

以下に、先日撮影した沈下橋に関する3枚の写真を添付します。
沈下橋(ちんかばし)_b0312424_21434067.jpg
沈下橋(ちんかばし)_b0312424_2144323.jpg
沈下橋(ちんかばし)_b0312424_21442059.jpg
写真解説.「1枚目は沈下橋を横側から撮影した映像です。全部、木材で作られていて欄干(手すり)がありません。2枚目は橋を歩きながら撮影した写真です。橋の幅は2mほどしかなく、左右に高さ20㎝ほどの高さの幅木があるだけです。3枚目は橋から見た風景写真。水流が川下に緩やかに流れています」

とある町に沈下橋を見つけた。
僕は初めて沈下橋を見た。
欄干のない橋だから、足を踏み外したら川に落ちてしまう。
木で作られた弱い構造の橋である。
「何でこんなカタチなの?」と聞くと、奥さんが教えてくれた。
「洪水で流木とか橋にかかると、ダムのようになって水があふれて川が決壊するの。手すりがないのはそのためで、増水すると水面の下に橋が沈むのよ」
奥さんは、なんて物知りなんだろう。
「へー!」と感心しつつ話を聞き、この橋を渡ってみた。
手すりがないのでやっぱり怖い。酔っぱらって落ちた人は1人や2人はいるだろう。
自転車で渡るには勇気がいる。危険だから押して歩くべきだろう。
人命を考えるとリスクが大きいが、河川の決壊を防止するという使命のある橋だから仕方ない。あちらを立てればこちらが立たず、か‥
この世の中を象徴する橋なんだね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2014-12-23 23:18 | ポエム | Comments(6)
Commented by ちよ at 2014-12-24 06:12 x
もぐり橋なら 知ってるよ
Commented at 2014-12-24 17:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2014-12-24 22:02
ちよさん、もぐり橋ですか。
そんな風にも言うのでしょうか。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2014-12-24 22:03
非公開さん、いつも支えてくださりありがとうございます。
助かります!(^^)
★菊川広幸
Commented by ちよ at 2014-12-25 20:30 x
もぐり橋は 本当はあゆみ橋というそうです
もう 時効なので話しちゃいますが 家を建てている間
駐車場代が無くて もぐり橋のそばに 車を放置していました
無事 安い駐車場が見つかり 車も無傷で帰ってきましたが
今ではいい思い出です
当時借りていた駐車場
前に他人様の車が2台
その鍵を預かり2台出してから 我が家の車を出す という不便な駐車場で しかも 2台目は高そうな外車
出かける時は 車を3台公道に出し 2台駐車場にしまうという面倒くさい所でした
で その駐車場代 約26000円
高い!よね
Commented by sokanomori3 at 2014-12-25 20:56
2万6000円!
ひえ~!!(笑)
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護