人気ブログランキング | 話題のタグを見る

続・箱根駅伝で創価大学陸上部が初陣


☆創価大学陸上部が夢舞台を語る.


続・箱根駅伝で創価大学陸上部が初陣 _b0312424_6242617.jpg聖教新聞(1月6日)に、今回、箱根駅伝を走った10人の創大ランナーと、陸上部監督、コーチのコメントが掲載されていた。
新聞には、「挑んだ!駆けた!次へつないだ!」との見出し。
駅伝強化を始めて26年で掴んだ悲願の夢舞台を疾走した関係者の声を記録に留めたい。
以下に、そのコメントを抜粋し、所感を述べる。

1区 21.3㎞ 3年生.
自分の役目は波を作ることでした。最後の1㎞は本当に苦しく、長く感じました。仲間の顔を思い浮かべながら“1秒でも早く”という気持ちで走りました。
来年もこの場所に立てるよう、新たな挑戦を開始します。

2区 23.1㎞ 3年生.
15㎞付近の坂で、ふくらはぎが痙攣しかけました。残り1㎞は苦しかった。しかし、大声援が背中を押してくれました。(他校の)レベルの高さを肌で感じましたが、来年までに勝負できる実力をつけます。

3区 21.4㎞ 1年生.
沿道の応援のおかげで、きつくなった時も諦めずに走り切ることができました。予選会とは比べものにならないレベルの高さに、まだ今の実力では勝負できないことを痛感しました。かならず、リベンジします。

4区 18.5㎞ 1年生.
最後まで競い合うかたちで粘りました。次は、主要区間を走れるよう、この1年でしっかりチカラをつけます。

5区 23.2㎞ 2年生.
厳しい山上りでした。箱根は一筋縄にはいきません。この悔しさを糧に、来年も勝負を決する5区でリベンジできるよう、練習を重ねます。

6区 20.8㎞ 4年生.
少しでも順位を上げようと積極的な走りで勝負しました。予選は故障で走れなかったので、大会出場を勝ち取ってくれた仲間への感謝を胸に走り切りました。

7区 21.3㎞ 1年生.
必死にくらいつきましたが、段々とペースが落ちてしまいました。来年は区間で一桁の順位を出せる走りを目指し、練習に励みます。

8区 21.4㎞ 3年生.
陸上競技を勧めてくれた父(昨年逝去)に出場を誓った箱根駅伝です。約束を果たし、喜んでくれていると思います。今後は、1㎞3分ペースで20㎞を走れるランナーになります。

9区 23.1㎞ 2年生.
苦しい展開でしたが、“ここで諦めたら申し訳ない”という気持ちで走りました。もっと実力を磨いて、再び、箱根に戻ってきます。

10区 23.0㎞ 4年生.
このタスキを、来年の箱根駅伝につなげたい。さらに10年、20年先の後輩たちに託したい。その一心で走りました。

監督.
悔しい結果でしたが、選手たちは次につながる新たな伝統を築いてくれました。
沿道の応援が、創大の選手はもちろん、他校の選手を懸命に応援する姿に、他大学からも「創価大学の応援団は素晴らしかった」と言われました。
この1年で、シード権を獲得できる実力を磨きます。

ヘッドコーチ.
選手には、「出場できたことへの感謝と共に、この悔しさを忘れるな」と伝えました。

コーチ.
選手は精一杯走ってくれました。悔しさはありますが、走る姿を見て、純粋にうれしく思いました。創大チームは可能性を秘めています。



所感:言葉にならない言葉が一杯あるのでしょう。否、数日たち、数か月経過する中で、本当の心情が涌くのではないでしょうか。
思ったことは、彼らにとっては終わりでなく、始まりということ。
創大陸上部の駅伝は、ここから始まる!と思います。
陸上部の皆さま、初陣、しかと見させていただきましたよ。どうか、来年も雄姿を見せてくださいね。そして、強豪校への階段を登ってください。
ともかく、皆さま、本当にお疲れさまでした!
当日のライブ中継記事は、→ここをクリック!

写真解説:使用している写真は、箱根駅伝の専門誌に掲載されていた創価大学陸上部です。赤と青の縦じまのユニフォームと青いパンツで颯爽と集団走行をしている映像です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-08 06:32 | 創価ニュース | Comments(10)
Commented at 2015-01-09 00:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-09 06:27
非公開さん、ご報告ありがとうございます。^^
★菊川広幸
Commented at 2015-01-09 06:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 福島の壮年 at 2015-01-09 10:08 x
菊川さん、遅くなりましたが、
新年 明けましておめでとうございます。

『☆本当は書きたくないけれど』
の記事、私は学生部の時にリアルタイムで
目の当たりにしてきました。

退転前の原島は、「教学室長」という立場で、
学生部の首都圏の部長から選抜されたメンバーへの
「部長講義」なるものを担当し講義していましたが、

「これから、俺が最高の講義をしてやるからな!
しっかりと聞いいてくれ」

と、それはそれは傲岸不遜な態度に終始していました。

先生は、彼の生活の乱れと横柄な態度を
何度も厳しく窘められたそうですが、聞く耳を持たず、
結局は山友という大魔に付込まれ、惨めな最期を迎えます。

こういう事実は、後世のためにしっかりと
誰かが書き残さなければいけないことですね。
大聖人が、三位房ら、退転の輩の最期を書き綴られたように。

本年も有意義なブログを綴られていかれることを
ご期待し、楽しみに拝見させて頂きます。

本年もどうか、宜しくお願い致します。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-09 20:50
非公開さん、と、言うことでよろしくです。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2015-01-09 20:55
福島の壮年さん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
きっと福島さんは、悔しい思いをされながら、山友や原島の行為をご覧になられていたのでしょうね。
私は、さっぱり、そういう書物などを見ていないし、新聞も読んでいませんでしたから、まるっきり知らなかったのです。もちろん、後から知りましたが。
山友の逮捕といったような報道はTVで見ています。
しかし、真相が分からなかったので深く理解できなかったのです。
私はむしろ、藤原弘達と内藤国夫などの方がインパクトは強いです。
彼らは外部者であり、全く空想の批判を繰り返した確信犯でしたから。TVにも出ていましたし。
でも、山友や原島はよく分からない。
何となく知っている程度です。
しかし、内部だからこそ、その画策は巧妙かつ多大なイメージダウンを作ることができるのでしょう。そういう意味では、師子身中の虫としての彼らの存在はいかなるものだったのかと思うのです。
つづく
Commented by sokanomori3 at 2015-01-09 21:36
つづきから

そのことを池田先生自らが書かれる‥
スゴイことだと思っております。
藤原と内藤、宗門、そして日顕の問題はほぼマスターしました。
残り、山友と原島をしっかり学びたいと思っています。
尚、これから書きます山友と原島の記事はシンプルにまとめたいと思っています。(簡単な主要な事実の記録として)
この2人のことは池田先生が一番詳しく知ってらっしゃる。
そこからしっかりと学びたいと思います。
彼らの恐ろしい、病的なまでの行動を。
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2015-01-10 02:08 x
菊川様、私も少し勉強させていただきましたが、山友関係の文章を読むと疲れます。彼は創価学会員で最初に司法試験に合格した期待の星でした。妙法の弁護士として立派な人生を送るという生き方もあったはずです。その星がなぜ落ちたのか、魔は痛いとこに潜んでいます。痛いからこそ魔なのですが。誰にでも失敗はあります。誰でも道をはずしそうになることもあります。そんな時に「これではいけない」と思って立ち直るのか、「世の中こんなものよ」と思って何もしないのか。そのときは小さな違いですが、その小差の積み重ねが生死にかかわる大差になるのでしょうね。いけない状況になった時こそ御本尊様の前に座ります。激励してくれる同志がいます。
Commented at 2015-01-10 02:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-10 06:31
02:26さん、おはようございます。
それは知っていました。嫌な感じです。
法然も岡山ですよ、確か。^^
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 05:03
歩行解散、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:48
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護