人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山崎正友(やまざきまさとも)の経歴


☆極悪ペテン師と呼ばれた男.

今、小説「新・人間革命」の連載が続いている。
時代背景は1978年。これから語られるのは「山崎正友」である。創価学会の重職にありながら、師敵対(してきたい)、創価学会の破壊を企てた人物である。
山崎正友氏は、私の同郷である岡山県に生まれた。
やがて京都大学に進学し、弁護士となる。
以下に、山崎氏の経歴と著書を述べ、所感を申し上げたい。

○経歴.

1936年(0歳)  岡山県に誕生.
1955年(18歳) 京都大学法学部に入学.
1962年(26歳) 創価学会学生部グループ長.
1963年(27歳) 創価学会学生部部長.
1963年(27歳) 創価学会学生部常任幹事、創価学会学生部法学委員長.
1965年(29歳) 創価学会理事補.
1965年(29歳) 創価学会副学生部長.
1967年(31歳) 創価学会理事.
1969年(33歳) 創価学会学生部主任部長.
1969年(33歳) 創価学会副理事長.
1970年(35歳) 創価学会学生部参与.
1970年(35歳) 創価学会副総合学生部長.
1978年(42歳) 創価学会参事.
1979年(43歳) 創価学会参与.
1980年(44歳) 創価学会参与を辞任.

○著書.

1. 創価学会・公明党の犯罪白書 (第三書館)
2. 闇の帝王、池田大作をあばく (三一書房)
3.「月刊ペン」事件埋もれていた真実 (第三書館)
4. 平成獄中見聞録 (ラインブックス).

○所感.


1977年以降、創価学会の内情がマスコミに頻繁に報じられるようになった。
これは山崎正友氏と原島嵩(はらじまたかし)氏の内部告発が情報源であった。
1980年、創価学会から除名された山友氏は、正信会(しょうしんかい)に入会。
後に正信会を裏切り日顕(にっけん)と同盟し、反創価学会活動の中心的役割を担う。
自民党に情報を提供して池田名誉会長の証人喚問を画策した人物である。
また、自らが経営する会社「シーホース」が多額の借金を抱えて倒産の危機に陥り、宗門との問題をネタに創価学会を恐喝した。
この恐喝で3億円を受け取ると、さらに5億円を要求し、最終的に恐喝罪で逮捕された。
裁判では、山崎氏の主張の50数箇所が虚偽であると指摘された。

1991年、懲役3年の実刑判決を受け刑務所に収監された。
このことで山崎の弁護士資格は剥奪された。山崎は判決が「創価学会の内部告発を封じるための冤罪」であると主張した。(1994年に服役を終えて仮出所)
彼は、創価学会の批判記事の執筆活動を行い、週刊新潮などの週刊誌上で発表、いくつかの学会批判の書籍を出版している。
2008年12月29日、神奈川県厚木市愛名の自宅で倒れ死去。
享年73。(満72歳没)

彼は、なぜ、創価学会の破壊を企てたのであろうか。
池田先生の側近という立場から、なぜ、池田先生を破滅させようと暗躍したのだろうか。
彼は創価学会を裏切り、正信会を裏切り、最後は日顕とともに生きた。
彼は人生の終わりに何を思ったのだろうか。
山崎正友氏の別記事は、→ここをクリック!
原島嵩氏の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-10 06:42 | 新人間革命読書感想文 | Comments(8)
Commented at 2015-01-10 09:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-10 20:52
非公開さん、学園の理事長は知りません。
さて、どうなんでしょうね?
★菊川広幸
Commented at 2015-01-11 15:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-11 17:47
非公開さん、以前、聞きましたよ、そのお話し。
池田先生は本当にスゴイ人です。
そんな振る舞いできません。
それにしても山友、そういう役職だったのでしょうか?
いずれにしても、これから新・人間革命に鮮烈に描かれることでしょうから、しっかり学びたいと思います。
情報、ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented at 2015-01-14 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-14 22:30
10:25さん、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
反逆者には感謝の心がありませんね。
そのことは共通していますね。^^
★菊川広幸
Commented at 2017-01-21 16:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2017-01-21 17:49
非公開さん、こんにちわ。

>なぜ、学会は恐喝されて、3億円支払ったのでしょうか?
ちょっと疑問に思いました。

そうですね、どうしてでしょうね。
確か、シーホース?とかいう会社があって・・
池田先生が永遠の小説・人間革命ではっきりと語ってくださることでしょう。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護