人気ブログランキング | 話題のタグを見る

過疎地の親孝行


☆過疎地での親孝行を考える.


過疎地の親孝行_b0312424_5533212.jpg年末から正月明けに、創価の森<別館>にシリーズで記事を書きました。内容は親孝行のこと。
内容は、さして特別なものではありません。
「そんなことが親孝行?」と思っている人もいることでしょう。
親孝行の基本は、親が喜んでくれるかどうかだと思います。
ですから、帰郷も雑談も全部、親孝行です。(^^)
もちろん、それだけではありません。私が社会人としての力を保ち、いざ何かがあれば母の安全と安心とを引き受けられることも一種の親孝行だと思います。
この写真は、別館記事に使用した映像の原本写真です。

引き戸の格子にぶら下がる猫のユーモラスな後ろ姿です。
別館の親孝行シリーズは、→ここをクリック!

さて、今、少子高齢化の時代で地方は過疎化が進んでいます。
人口の減少で市町村は統廃合を行い、行政コストを下げて効率化を図っています。
しかし、地方経済はお金が稼げないので過疎化が止まりません。
このことが気になり、先日、岡山県の行政に関する論文を読みました。
その論文に、「基盤産業がない地域は衰退していく運命にある」と記されていました。統廃合で行政コストを落しても「外貨を稼ぐ事業所」がない限り地域の維持は不可能と述べていました。仕事のない過疎地に若者は留まることができません。
私は衰退する故郷に生活しませんでした。
でも、私が今の時代に、今の境涯を持つ若者だったら、農業や漁業といった地方事業の仕事をしたかも知れません。
インターネットで調べると地方が農業労働者を募集していたりします。
農家のお仕事ナビ→ここをクリック!
農業を学び、地方再生について仕事をするのもいいのではないでしょうか。
若い未来ある方々には、ぜひ、素晴らしい夢を持っていただきたいです。
そして、地方再生を大いに考えてほしいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-01-12 06:00 | 別館のご案内 | Comments(17)
Commented by いつも at 2015-01-12 15:12 x
菊川さん、こんにちは。
食料品の価格が上がりましたね。
食べるものぐらい自分の国で作ろうよ。
国民の多くはそう思っているでしょうね。
農業改革の障壁は農業団体の既得権益でしょう。
生産性の低い小規模農業で、後継者不足云々言ってるようでは、これから先はないように見えます。
企業参入が出来るよう規制を取っ払って、例えば、今や世界に知られるトヨタの「かいぜん」で農業をやった方が、もっと上手くやるように思えます。
若者に志ある農業を提供出来るじゃないでしょうか。
今の政権で実現してもらいたいですね。
但し、隣国の財閥企業のようにならないよう、注意しなければいけませんが。


Commented at 2015-01-12 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-12 19:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 遠藤為盛 at 2015-01-13 05:27 x
私にはわからないのですが、日本国内でなぜ外貨が必要なのですか。岡山県の地域経済がドルでもっているとは思えませんが。かつては倉敷紡績のような花形輸出産業がありましたが。近過去の歴史を見ると、日本の国内生産がそれほど脆弱とも思えません。円高時代安かった海外製品に頼りすぎ、生産者も消費者も甘やかされてしまったのでは。苦しいけれども不平を言わずにやればできると思います。日本人には根性があったはずです。今年も経済回復は思いにまかせないでしょう、厳しいですよ。ヨーロッパ危機、逆石油ショック、中東戦争などがいつ襲ってくるかわかりません。工夫と努力で個人単位でがんばるしかない。現実と希望との間にはかなりの隔たりがありますから。

ロシアではルーブルが半値に落ちました。日本の円安どころではありません。この問題はロシア一国では解決できないし、出口も見えない。原料費や輸入品は高騰しているので、ロシア人は仕方なく高くて悪い自国産品を買うしかない。ソ連時代に逆戻りです。でもまだいいほう。隣国のベネスエラ(これが正しい発音)は石油以外に産業がなく、ロシアどころではない状況にあります。石油が100ドル以上のときは高笑いしていましたが、今や経済地獄です。国民には有無を言わさぬ貧困が襲ってきました。カタールの一般国民の生活はどうなるのでしょうか。ニュースでは金持ちの話しか報道されません。ああだこうだと言える日本は、まだまだましなほうではないでしょうか。

ところで、岡山県の過疎地域とはどの地方なんでしょうか。羽出村(旧名しか知りません)、奥津町、泉源村、田代峠(通行不能)あたりは昔に行ったことがあるので知っています。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-13 06:19
いつもさん、おはようございます。
農業、林業、漁業、畜産業などが元気な国になってほしいですね。
日本には技術も科学もあるのですから、要は仕組みだけの問題でしょうから、政治と企業と地元との間でしっかり取り組んでほしいです。
少なくとも耕作放置地などが多数存在していることをこのままにはできないでしょうね。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2015-01-13 06:26
非公開さん、おはようございます。
相手の方、お若いんですかね?
内部と言っても、十人十色ですよ。
内部だから良い人、外部だから悪い人なんてことはありませんし、メールでの対話は誤解を生じやすいです。
そのようなことはあるものです。引きずらないで、相性の合わなかった人として、前を向いて元気に歩んでほしいです。
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2015-01-13 06:35
遠藤さん、おはようございます。
外貨は、おそらく市町村単位での外貨、すなわち、該当集落の収益のことを言っているのだと思います。
ドルなどの本当の外貨でなく、日本円での収入を意味しているかと。
過疎地域は、都市部以外の田舎です。
これは岡山県に限りません。
全国のあらゆるところが過疎になっているのです。
たとえば北海道は、全土で人口減少がありますが、札幌には人口の流入があり、そのかわり札幌以外はどんどん減少しています。
都市は栄え、田舎は恐ろしいスピードで過疎化が進んでいるのです。
買い物難民と呼ばれるほど、店もなく、病院もなく、学校もなく、あらゆるものが町から消えてなくなっているのです。
このことは日本の大問題で、政治の力でなんとかしなければなりません。
★菊川広幸
Commented at 2015-01-13 13:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-13 21:12
非公開さん、こんばんわ。
1つ良いこととすれば、その相手のような人にならないという目標を立てられることです。反面教師にするということ。
そうすれば、そんな出来事も功徳になります。(^^)
★菊川広幸
Commented at 2015-01-14 03:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-14 06:15
03:38さん、そのようなことになったら{現実にはありえませんが)、ますます批判が高まるでしょうね。このような現実を受け止められる自分になったことは少しの成長と思っております。
★菊川広幸
Commented at 2015-01-15 02:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-15 06:20
02:57さん、あなたの罪ではありません。
世の中にはオカシナ人がいるのです。
ストーカーもいます。
ネットにはむしろそういう人が多いものです。
けれど、あなた様は実名など、プライバシーの侵害をされていないなら、何も悩まれる必要がなくはありませんか?
プライバシーの侵害をされたら警察で対応ができます。
むしろ、相手がブログをもっていたら、相手こそ逃げられないのですから、何も恐れる必要はないと思うのですがいかがですか?
★菊川広幸
Commented at 2015-01-15 09:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-15 12:31
09:40さん、恩知らずなんてこともありませんよ。
会って、人間関係もできていない中、怒りだすような人に恩などありません。さよならでよろしいかと。(^^)
★菊川広幸
Commented at 2015-01-15 12:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori3 at 2015-01-15 21:15
12:48さん、どういたしまして。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
未分類

最新のコメント

人間革命 寂光の章 改め..
by 勇気 at 17:35
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:12
けっこう有名な名だたる評..
by poor at 16:48
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:34
追記 創価の森の小..
by sokanomori3 at 15:54
jun1さま、切迫した状..
by sokanomori3 at 15:32
赤ポスさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:39
妙法の  広布の旅は ..
by 赤ポス at 01:04
りんさん、kaisenさ..
by sokanomori3 at 17:58
Commented b..
by sokanomori3 at 17:23
池田先生15日自宅で、亡..
by りん at 15:35
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 06:29
菊川さん、黒目が剥がれ落..
by 千早 at 08:57
1名、投稿者さま、こんに..
by sokanomori3 at 09:37
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:41
菊川さんのお友達 心配で..
by 千早 at 13:42
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 04:46
菊川さん、こんにちは..
by kaisen at 16:40
ishipotesさんに..
by sokanomori3 at 05:44
kaisenさん、おはよ..
by sokanomori3 at 05:17

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護