人気ブログランキング | 話題のタグを見る

青い鳥


☆青い鳥はどこにいる.

以下に、屋根つきの小鳥用巣箱の写真を添付します。
青い鳥_b0312424_6381383.jpg

青い鳥はどこにいる?
僕は見たことがなかった。
家の庭に巣箱を作ってみたけれど、一羽の鳥も来ない。
行く先々で木の梢を見上げたり、空のあちこちを見るのであるが、
幸福を運ぶとされる青い鳥は、ついぞ姿を現さなかった。

あるとき僕は旅に出た。
山をこえて、川をこえて、広大な大地を渡り歩いた。
幸せになりたい一心で、青い鳥を探したんだ。
でも、結局、青い鳥はいなかった。
僕は青い鳥を探すことをやめてしまった。

青い鳥の事をすっかり忘れて大人になって、あるとき気づいた。
人々の幸せを願い、幸せを分け与えていく人たちのこと。
子供を愛し育てる母に、家族のために一心不乱に働く父に、人々の幸福を願い行動する友の心の中に、青い鳥が住んでいるということを。
「僕もそういう人になりたい。幸せを与える人になりたい」
そう決意して今日に至る。
今、青い鳥は僕の心の中にいる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-03-24 06:42 | ポエム | Comments(9)
Commented by 千早 at 2015-03-24 17:37 x
青い鳥は普通大人になったら見えなくなるんですよね!
でも、大人になって自分の心の中に青い鳥見つかったとはステキですね(^^)
Commented by 遠藤為盛 at 2015-03-24 22:35 x
青い鳥の話と言い、ねずみの嫁入りの話と言い、共通しているのは幸福は自分自身の近くにあるということでしょう。小乗の個人的戒律修行をしても青い鳥はいなかった。大乗の組織的修行のなかに青い鳥はいた。

人生のチャンスもいたるところにあるのかもしれませんが、掴むことは難しい。気がつかないからです。題目を唱えると、気がつかなくとも無作のうちに正しい道を選んでいます。題目を唱えると青い鳥が見えるということでしょう。それも物事が起こったあとで気がつきます。

三月が終わりに近づきました。四月には会合でサンパウロに行きます。それまでに科学随筆を進めます。総合タイトルは「科学より人生を学ぶ」。15年ほど前にブラジル聖教に出版した記事を再構成しています。先月は第一話から第三話をやりました。「人間とチラノサウルス」「腕時計の発明」「方位磁石」でした。今は大七話までできていますが、第十話まで完成させたい。ブラジルSGI学術部のホームページで公開されます。

改めて読んでみると、自分の文章では有り得ないというのが感想です。特に書き出し部分が。確かに私の能力では書けません。どこでこんな学習をしたのかと驚きます。多分使命がなせる業でしょうが、過去に書いた内容はしっかりと忘れております。4年間弱でほぼ月一回計35話位が出版されましたが、新聞の構造が変わりコラムは完了しました。出版されなかった原稿が5話位手元にあります。21世紀の科学の話題でさらに5話位を加え、年末までに書きたいと思っています。できればキリのよいところで、生涯50話で締めたい。少なくとも数年かかります。
Commented by sokanomori3 at 2015-03-25 06:29
千早さん、おはようございます。
子供時代、大人になると子供特有の感受性を失うんだと思っていました。
そんなことはないですね。
むしろ、年齢とともに心は豊かに繊細になりました。
単なるブドウのしぼり汁が、味わいの深いワインになるようなもの。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2015-03-25 07:04
遠藤さん、おはようございます。

大変なご活躍をされていらっしゃいますね。
実証を示され、歩まれていらっしゃることが嬉しいです。
しかし、チラノザウルスって恐竜ですよね?
人間と何の関係があるのでしょうね。(^^)

>題目を唱えると、気がつかなくとも無作のうちに正しい道を選んでいます。題目を唱えると青い鳥が見えるということでしょう。

私も、それなりに功徳をいただきましたが、つくづく思いますことは、創価学学会家族に囲まれて、池田先生に沢山教えてもらった功徳です。
愚鈍な私ですら、ちゃんとなりましたからね。^^
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2015-03-25 07:46 x
>チラノザウルスって恐竜、、、人間と何の関係が、、、

両者には結構類似点があります。本文はA4版で3ページ強です。

始まりから中ほどまでは20世紀末に発見された3体の保存状態のよい化石について書いてあります。とりわけ、スー(Sue)と呼ばれる雌の成獣化石です。チラノサウルスは大きな肉食恐竜であり、化石の数が少なくあっても断片のみでした。80%も保存されている化石は珍しく、その研究成果はこれまでの常識を覆しました。スーの肋骨は骨折が回復したあとがあり、額には別のチラノサウルスの歯が刺さっていました。直接の死因は傷口の化膿です。スーの脇にはやや小さい雄の化石と、子供と思われる小さい化石がありました。

チラノサウルスは家族生活をしていました。雌が負傷骨折したときに回復まで雄が雌を守り食糧を供給しました。この一家の死因は他のチラノサウルスとの争いに敗れたことです。夫婦だけでなく、子供も踏み潰されました。縄張り争いでしょう。チラノサウルスの巨大な体は、同種同士の争いのためのものでした。この辺が人類文明とそっくり。国家間の争いとそっくり。人類はチラノサウルスの教訓を継承していません。

チラノサウルスの脳は恐竜の中では大きいとはいえ、哺乳類と比べるとまことに小さい。他方、人間には立派な脳があります。私にはチラノサウルスの小さな脳が人類に向かって語っているように思えます。「人間どもよ、そんなに立派な脳があるのなら、戦争などやめてもう少し賢く生きることはできないのか」。

毎回テーマを変えてこのような話が30話続きます。言語はポルトガル語で、日本語と英語は私がポルトガル語をチェックする目的で書いたものがパソコンにあります。

突然話題が変わりますが、本日次男のリオデジャネイロ国立大学への補欠入学の知らせが来ました。長く苦しい戦いでした。入学手続きは明後日ですが、明日学校に行って、今週から始まった授業を聞く予定です。
Commented by ちよ at 2015-03-25 12:29 x
みんな 青い鳥を見つけて 嬉しいね!
Commented by sokanomori3 at 2015-03-26 00:10
遠藤さん、興味深いお話しありがとうございます。
肉食恐竜同士の縄張り争いですか。
過酷な生存競争が繰り広げられたのでしょうね。
そうして傷つけ合い、憎しみ合ったと‥
それにしても遠藤さんのお話はとても刺激的です。
多くの閲覧者も楽しく読んでいることでしょう。

次男さん、国立大学合格、おめでとうございます。
将来が楽しみですね!(^^)
★菊川広幸
Commented by sokanomori3 at 2015-03-26 00:11
ちよさん、こんばんわ。
青い鳥、学会員だもの‥ですね。^^
★菊川広幸
Commented by ちよ at 2015-03-26 09:31 x
うふふ


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:17
天翔る人さん、こんばんわ..
by sokanomori3 at 19:24
いつも楽しく拝見しており..
by 天翔る人 at 14:38
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:08
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:39
こんなにすごい忙しく大変..
by 千早 at 23:00
あなたは私に「それはおか..
by sokanomori3 at 06:28
私は「現状変更」を認めま..
by sokanomori3 at 05:07
1名様、当然ですよ。 ..
by sokanomori3 at 05:02
追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護