人気ブログランキング | 話題のタグを見る

愛する中国の歌


☆新・人間革命 革新32より.

皆さまは、ふるさとの方面歌を愛していらっしゃるでしょう。
私は中国方面歌「地涌の讃歌」を心から愛しています。
本日、中国方面歌を中華人民共和国で訪中団が歌っていたということが、聖教新聞に連載中の新・人間革命に書かれていました。
中国地方と中国は、私の中ではまったくの別物でしたので、少々驚きました。
中国地方の方面歌が、なぜ中華人民共和国で歌われたのか?
以下に、その文章を抜粋いたします。



伸一は言った。
「皆さんへの御礼の心を込めて、私が作詞した歌を披露いたします。
この歌は、日本の中国方面の友に贈る歌として作りましたが、今回、歌詞を一部、手直しして、中国語に翻訳してもらいました。
歌のタイトルを“愛する中国の歌”としてお贈りし、友情の証とします」
中国語の歌詞が配られた。
一行(いっこう)が持参してきたカセットデッキから流れる「愛する中国の歌」の調べに合せ、訪中団の通訳を務める周志英(しゅうしえい)が歌を披露した。
次いで、蘇州(そしゅう)の人たちが歌い始めた。
しかし、一度聴いただけとあって、皆の声が詰まった。
すると、周志英だけでなく、訪中団メンバー全員が中国語で歌いだし、合唱を応援した。
そのあと、訪中団が日本語で熱唱した。

「轟く歓喜の 中国に 平和の船出も にぎやかに
ああ 紅に 友は燃え 友は燃え
進み 跳ばなん 手と手 結びて‥」

歌い終わると皆が拍手し、お互いに讃え合った。
蘇州市の関係者が口々に感想を述べた。
「いい歌詞です。山本先生の中国を思う、お心がよくわかります」
「歌いやすい曲です。もう覚えましたよ」
伸一は、笑みを浮かべた。
「ありがとうございます。私たちは、この歌を歌うたびに、皆さんを思い出すでしょう。蘇州に友情が広がったことは大きな収穫です。嬉しいです」
歌は心を結び合う。歌に込められた換気や希望、愛、友情、そして平和を願う心は、人類共通の思いである。ゆえに歌は、同じ人間としての魂の共鳴をもたらす。
.


今、尖閣諸島や南シナ海で中国の覇権主義が問題化している時代です。
その中国問題は、→ここをクリック!
日本人は過去、8割の人が中国に好意を持っていたという統計がありますが、しかし、今は日本人の多くが中国を憎悪しています。
その最中、池田先生は中国方面歌の替え歌で、日中友好の懸け橋を作られたことを述べられました。何というタイミングでしょう。
「どこまでも仲良く、どこまでも信じていきなさい」
そのようにおっしゃられているように感じました。
また、広大無辺な慈悲と愛情の行動が、相手をも慈悲と愛情の人々へと転換しゆくことを教えてくださっているようにも思いました。
それにしても、中国方面歌が、本物の中国で歌われていたとは‥
さらなる愛着をもって、この歌と共に歩みたいと思います。
中国方面歌は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-06-05 22:16 | 聖教新聞 | Comments(4)
Commented by ちよ at 2015-06-06 06:47 x
どんなに中国との関係が悪くなろうと
民音は関係なく中日の友好を築きます
「朱鷺」は 安倍晋三首相も鑑賞されは中国の習近平国家主席に感想を伝え その後和やかな会談になったと伺いました
Commented by sokanomori3 at 2015-06-06 06:57
ちよさん、おはようございます。
文化交流、民間交流は大事ですね。
目立つのは武器ですが、その向こう側に、本来の社会があり、文化がある。
そこから慈悲や愛情や尊敬、あるいは美しい人間性が伝わってくる。
武器は撤収し、笑顔と握手、抱擁とが必要ですね。
☆菊川広幸
Commented by 千早 at 2015-06-06 21:42 x
> 「どこまでも仲良く、どこまでも信じていきなさい」そのようにおっしゃられているように感じました。
私もそんな風に感じました。
直接は何もできないから、私ができることは祈っていくことかな…。
Commented by sokanomori3 at 2015-06-07 06:35
千早さん、おはようございます。
今回は、ある意味、衝撃でした。
ここまで細やかな民間外交をされている池田先生に。
共産主義と資本主義との壮絶ないがみ合いの時代を、一体、誰が無くしたのか。それは池田先生ではなかったか。
1人の民間人が、中国に渡り、さらにソ連に渡って、国家元首を動かす。
今から思えば奇跡のような出来事です。
見習わなければなりませんね。
私は中国や韓国の友との間に、友情の架け橋を作り、強固なものにします。そして恒久平和を祈ります。
それ以外にないと思いました。
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
母の旅立ち
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
太鼓
未分類

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:10
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 20:54
こんばんは。菊川さまから..
by キョンシー at 20:39
オガワさん、こんにちわ。..
by sokanomori3 at 17:16
初めてコメントさせていた..
by オガワ at 11:18
尚、キョンシーさんもそう..
by sokanomori3 at 07:19
普通に考えれば、5月に親..
by sokanomori3 at 07:08
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 07:05
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:35
菊川さま、こんばんは。 ..
by キョンシー at 19:41
キョンシーさん、こんばん..
by sokanomori3 at 19:24
菊川さま お返事ありがと..
by キョンシー at 12:11
キョンシーさん、おはよう..
by sokanomori3 at 04:58
菊川さん ブログ配信あり..
by キョンシー at 12:10
kaisenさん、ありが..
by sokanomori3 at 06:00
お悔やみ申し上げます..
by kaisen at 20:11
いつもさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:59
菊川さん、この度はお悔や..
by いつも at 00:36
レオさん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:27
ご冥福を心よりお祈りしま..
by レオ at 14:10

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護