人気ブログランキング | 話題のタグを見る

創価の森の不思議な物語り


☆周桜を見学する千早さんの写真を添付します。
創価の森の不思議な物語り_b0312424_2359869.jpg

創価の森の不思議な物語り_b0312424_23592884.jpg<写真解説>
1枚目は、創価大学の森の中にある自然石でできた2つの石碑の写真です。
向かって右に周桜(しゅうざくら)の幹、左にうさぎさんの体の一部が映っています。
石碑の1つは、中央に池田先生の筆文字(金文字)で周桜と記されています。
もう1つの石碑は、周桜の説明文です。
2枚目は、周桜の石碑を千早さんが触って形を確認し、その千早さんをうさぎさんがサポートしている映像です。
まるで姉妹のような2人の後ろ姿です。




前回の記事は、→ここをクリック!
私たちは、創価大学の森を歩きました。
池田記念講堂から文学の池に向かいました。創価大学に来ると、必ず立ち寄る周桜(しゅうざくら)‥梅雨期はどんな姿をしているのでしょう。
道の周囲は森です。雨があがり、小鳥の鳴き声が聞こえました。
私たちは傘をたたみ、森林の中を歩きました。

周桜 の石碑が前方に見えました。森の中にいたのは私たちだけでした。
いつも私は、ここに来て、周恩来と池田先生の友情を思うのです。
周桜の記事は、→ここをクリック!
周桜は三本の幹が空に向かって伸びていたのですが、今回、その1本が切られていました。病気になったのでしょうか。
周桜は、もともと細い樹木です。幹を1本失ったことで、さらに細く見えました。
「周恩来は、池田先生と会ったとき、痩せ細っていました。周桜も痩せているんですよ」と話すと、千早さんは周桜に手を伸ばしました。
雨に濡れた桜の樹皮を触り、「そんなに細くない」と言いました。
うさぎさんが石碑の説明文を読み上げました。
千早さんは、じっと石碑を見ながら説明を聞いていました。
その2人の姿を、ちよさんと私が静かに見守りました。

文学の池 は、この周桜の先にありました。
池の中央に橋が架かり、その橋の左右に真っ白な噴水が見えました。
池には赤い水蓮が咲いていました。
私たちは文学の池の岸に向かう坂道を下りました。
池の水面に近寄ると魚が寄ってきました。
指を近づけると、さらに沢山の魚が集まりました。
「千早さん、魚を触ることができるよ」と言うと、千早さんは岸にしゃがんで手を伸ばしました。そのとき、沢山の魚が一斉に飛び跳ねたのです。
「きゃー!!」という声が森に響き、続いて4人全員の笑い声がしました。
千早さんが跳ねた水をかぶり、顔から水が滴り落ちました。(笑い)
私はこれからも幾度となく、この場所を訪れるのです。
この出来事を思い出して、私は微笑むことでしょう。

創価の森 (創価大学の森)は、不思議な森です。
この森の中で、私は19歳の時に池田先生にお会いしました。
あの時の私は、夢もなく、憔悴した心で悩んでいました。
何をすればよいのか、どう生きるべきか、まったく見当もつきません。
その私が池田先生とお会いし、この森の中で記念撮影をしていただいたのです。
あれから、36年の年月が過ぎました。私は55歳になりました。
大学は総合大学へと発展し、森も大きく深く育ちました。
この原点ともいえる創価の森に、千早さんとちよさん、うさぎさんと私とがいました。
その4人だけが、深い緑の森を歩いたのです。
広宣流布大誓堂(こうせんるふだいせいどう)が完成し、私たちは集いました。
信心をして、幸せになって、ひらがな御書という使命を千早さんから頂いた。
その千早さんが、さらにちよさんとうさぎさんが原点の森に‥
何という不思議な物語りでしょうか。
次の記事は、→ここをクリック!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-07-20 00:04 | ひらがな御書物語り | Comments(7)
Commented by sokanomori3 at 2015-07-20 06:56
千早さん、お誕生日おめでとうございます!(^^)
くしくも千早さんの誕生日にこの記事の投稿となりました。
不思議なめぐり合わせですね。
新しいスタートライン。これからの未来が益々、輝かしく美しい人生になられますよう、心よりご祈念申し上げます。^^
★菊川広幸
Commented by うるとらまん at 2015-07-20 07:47 x
千早さん、心は永遠の二十歳おめでとう。
Commented by いつも at 2015-07-20 12:58 x
菊川さん、こんにちわ。誠に美しい記事です。
千早さんお誕生日おめでとうございます。

今日は『月面着陸の日』

1969年のこの日、アポロ11号が月面の「静かの海」に着陸し、人類が初めて月面に降り立った(日本時間では7月21日早朝)。

アームストロング船長は「この一歩は小さいが、人類にとっては大きな飛躍である」とのメッセージを地球に送った。

広布を目指す、皆さん一人一人の一歩も同じですね。^^

Commented by 久遠の凡夫 at 2015-07-20 14:35 x
小さな一歩が大きくなって、今は世界192国になったんですよね。
Commented by 千早 at 2015-07-20 21:42 x
お祝いみなさんどうもありがとうございます!!
Commented by ちよ at 2015-07-21 05:50 x
千早さん お誕生日おめでとうございました
1日遅れです(笑)
Commented by sokanomori3 at 2015-07-21 21:49
うるとらまんさん、いつもさん、久遠のぼんぷさん、千早さん、ちよさん、こんばんわ。

いつもさん、素晴らしい情報、ありがとうございます!^^
アポロ11号、ライブで私、テレビ見ましたよ。
白黒画像で、その降り立つ瞬間を。
「この一歩は小さいが‥」
そうでした。どんな出来事も小さな一歩からですね。

>小さな一歩が大きくなって‥
久遠の凡夫さん、そうですね。
偉大なる走破も、一歩一歩の積み重ねですよね。
ありがとうございます!
★菊川広幸


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書の集い
ひらがな御書
ひらがな御書に学ぶ
ひらがな御書の解説
座談会御書・解説
御書の登場人物
仏法用語
小さな一歩でしゅっぱ~つ♪
千早抄 (体験談)
千早美術館
前略 千早さま
愛別離苦
日本点字図書館見学記
新版御書の拝読
新人間革命読書感想文
聖教新聞
創価学会総本部
日蓮大聖人
池田大作先生
池田先生の詩
池田大作先生の逝去
戸田城聖先生
牧口常三郎先生
幹部指導
功徳を得る信心
創価学会の記念日
創価ニュース
学会書籍のご案内
折伏教典の研究
創価学会歌
希望の哲学
創価学会の問題
宮田幸一氏問題
妙音・自由の人
障害者スポーツ
自在の人
自在会情報
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
勤行 唱題
公明党
政治
一般書籍のご案内
管理人より
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
飼い猫ラッキ一
<別館>のご案内
創価の森通信フリーダム
学会員として生きる
体験談
地域の灯台たれ
窓際族以降の17年
私の仕事
親孝行
良死の準備
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
介護士への道2023
介護福祉士2023年5月~
介護士の転職方法
ウクレレ愛好家
ボランティア芸人
夢修行
健康づくり
怪我・病気対策
ミニマリスト
大工は魔法
料理は魔法
健康ジョギング
フルマラソン
ぼっちキャンプ
ウイスキー愛好家
雑記帳
つぶやき
俳句
ポエム
日本・世界遺産見学
経済
フェイクニュース
創価学会批判
紛争・災害ニュース
沖縄の戦争
21世紀の戦争
九州大震災
大白蓮華
グラフSGI
公明党候補一覧
新版御書の全編拝読
任用試験
老後の人生設計
他宗教
サカマキガイ駆除
日顕宗
ダイハツミラ660
未分類

最新のコメント

今、創価学会は全世界19..
by sokanomori3 at 05:06
その最たるものが言論出版..
by sokanomori3 at 05:05
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:42
池田先生が亡くなられて、..
by 千早 at 22:48
菊川さんは イスラエルと..
by 千早 at 22:17
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 05:39
そもそも、池田大作に操ら..
by sokanomori3 at 05:26
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 05:14
池田先生が亡くなられたこ..
by 千早 at 22:38
ありがとうございます。 ..
by たかはしあかり at 16:38
人間革命 寂光の章 改め..
by 勇気 at 17:35
poorさん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:12
けっこう有名な名だたる評..
by poor at 16:48
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:34
追記 創価の森の小..
by sokanomori3 at 15:54
jun1さま、切迫した状..
by sokanomori3 at 15:32
赤ポスさん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:39
妙法の  広布の旅は ..
by 赤ポス at 01:04
りんさん、kaisenさ..
by sokanomori3 at 17:58
Commented b..
by sokanomori3 at 17:23

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2024年 11月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護