人気ブログランキング | 話題のタグを見る

5党合意で安全保障関連法が成立


☆マッチポンプ政党の矛盾.

以下は、個人的な思いを述べているに過ぎません。論争はいたしません。
あえてコメント欄は閉じております。ご意見は無用です。



現国会では、安保法案に衆参合わせて116時間を超える審議が行われました。
この116時間という数量は、国会史上最長だといいます。
(衆院116時間、参院100時間)
まして、本国会においての質疑応答の時間配分は、衆院において与党14%、野党86%、参院において与党23%、野党77%であり、野党側に十分に審議時間が割り当てられました。

公明新聞 は、次のように述べています。

「戦争法案」、「海外派兵」、「徴兵制への道」など、国民の不安を仰ぐレッテル貼りに終始する野党により、最近の安全保障環境の激変ぶりを踏まえた議論が深められなかったことは残念である。対案を示さず、「廃案」を繰り返すだけでは、国民的議論を喚起することにならない。
(以上、2015年9月18日「主張」より).

民主党のある議員は、「暴力的な採決は絶対に認められない!」とし、「民主主義の終わりだ!」と暴れましたが、自らが暴力で審議を阻止している姿は、自語相違にしか見えません。
議長の演台に詰め寄り、マイクを奪い取る暴力は許されるのでしょうか。
通路をふさぎ、会議の機能を停止させることは正義でしょうか。
以下に、今回の国会について、私の個人所感を列記いたします。

暴力 を振るう政党が、与党を暴挙と叫ぶ矛盾。
議長席のマイクを奪い、議事の進行を妨害する矛盾。
委員長を9時間も監禁する犯罪的行為の矛盾。
延々と関係のない話を続け、審議に応じない矛盾。
議会への通路をふさぐ女性議員が与党議員に「セクハラ!」と騒ぐ矛盾。
史上最多の216時間の審議をしているにも関わらず、審議不足と叫ぶ矛盾。
対案も立てず、反対だけを唱える業務放棄の矛盾。
5党合意した法案を、強行採決と叫び暴れる矛盾。
多数決の場面で、大暴れしながら「無効!無効!」と騒ぎたてる矛盾‥
その別記事は、→ここをクリック!

今国会 はともかく異常でした。
弁護士が「違憲」と発言したことから、鬼の首をとったがごとき大騒動へ。
審議は深まらず、党利党略のチャンスとばかりに騒ぎとなりました。
彼らの「べき」は、多数決という民主主義を破壊する行為に見えました。
民衆の怒りの炎を全国に広げ、大騒ぎにしたいだけのマッチポンプ工作に見えました。これが政治家のやることかとウンザリしました。
ともかく、9月19日、AM2:19、安全保障関連法は参院において採決されました。
賛成148票、反対90票。5党合意での成立でした。
むしろ、結果が出たことはよいことと思います。
政治の仕事は山積していますから。



追記:マッチポンプの意味をウィキペディアから引用します。
「マッチポンプとは、偽善的な自作自演の手法・行為を意味する和製外来語。
マッチで自ら火事を起こして煽り、それを自らポンプで消すなどと喩えられるように、問題や騒動について自身でわざわざ作り出し、あるいは自身の行為がその根源であるにもかかわらず、そ知らぬ顔で巧妙に立ち回り、その解決・収拾の立役者役も自ら担って賞賛や利益を得ようとする行為を指して用いられる表現」‥とのことです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori3 | 2015-09-19 06:32


創価の森通信Freedom   音声ソフト対応BLOG


by sokanomori3

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

外部リンク

検索

カテゴリ

全体
ブログ案内
ひらがな御書
ひらがな御書の集い
ひらがな御書に学ぶ
自在会情報
自在の人
妙音・自由の人
前略 千早さま
千早抄 (体験談)
千早美術館
日本点字図書館見学記
新版御書の全編拝読
ひらがな御書の解説
他宗教
視覚障がい書籍紹介
盲導犬
読者の皆さまへ
創価の森の小さな家
創価の森通信フリーダム
<別館>のご案内
座談会御書
勤行 唱題
体験談
創価学会歌
管理人より
聖教新聞
大白蓮華
グラフSGI
日蓮大聖人
牧口常三郎先生
戸田城聖先生
池田大作先生
池田先生の詩
一般書籍のご案内
学会書籍のご案内
ポエム
幹部指導
健康づくり
怪我・病気対策
健康ジョギング
障害者スポーツ
創価学会の記念日
創価学会総本部
公明党
仏法用語
御書の登場人物
新人間革命読書感想文
創価ニュース
政治
紛争・災害ニュース
九州大震災
希望の哲学
つぶやき
雑記帳
創価学会批判
創価学会の問題
夢修行
料理は魔法
大工は魔法
良死の準備
宮田幸一氏問題
サカマキガイ駆除
任用試験
日本・世界遺産見学
フェイクニュース
私の仕事
日顕宗
沖縄の戦争
公明党候補一覧
他宗教
経済
俳句
学会員として生きる
功徳を得る信心
フルマラソン
介護士への道2020
介護士への道2021
介護士への道2022
親孝行
ミニマリスト
窓際族以降の17年
地域の灯台たれ
ぼっちキャンプ
折伏教典の研究
ウクレレ愛好家
新版御書の拝読
21世紀の戦争
愛別離苦
ボランティア芸人
未分類

最新のコメント

追記:日興上人の日興遺誡..
by sokanomori3 at 06:47
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori2 at 06:44
公開でコメントくださった..
by sokanomori3 at 19:07
非公開さん、ご指摘ありが..
by sokanomori3 at 06:15
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:12
非公開さん、ご相談内容が..
by sokanomori3 at 21:28
尚、私が戦うと考える根本..
by sokanomori3 at 07:35
非公開2さん、おはようご..
by sokanomori3 at 07:21
千早さん、おはようござい..
by sokanomori3 at 07:10
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 06:53
非公開2さんのコメントの..
by sokanomori3 at 17:21
現実の世の中に生きている..
by 千早 at 07:31
もう一つ追記します。 ..
by sokanomori3 at 05:00
追記します。 小松..
by sokanomori3 at 04:54
まささん、おはようござい..
by sokanomori3 at 04:44
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori3 at 04:35
学会は断固戦争反対のはず..
by まさ at 00:11
kaisenさん、こんば..
by sokanomori3 at 19:04
記事を読んでいて私も..
by kaisen at 18:32
gutさん、こんばんわ。..
by sokanomori3 at 21:26

リンク

ランキング登録をしています。バーナーのクリック協力をお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



PVアクセスランキング にほんブログ村

ひらがな御書ホームページ

以前の記事

2023年 11月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

ブログジャンル

ボランティア
介護